職種研究

【研究概要を就活で問う目的】理系学生のための書く際のポイント

理系の学生や院生は就活で研究概要を問われることがある

就活で企業を選ぶ際に、大学で学んだ専門知識を活かせる分野の企業や、研究職を選ぶ就活生は多いでしょう。その中でも特に、理系の学生や院生は、大学でおこなっている研究の概要を問われることがあります。それは就活生自身が理系学生や院生だからという場合もありますし、志望する先が研究職だからという場合もあるでしょう。

就活で研究概要について問われた場合、どのように答えれば良いのでしょうか。専門用語はどの程度使ってよいのか、重視されるのは研究の中身なのか、それとも説明の仕方なのかなど、疑問は尽きないでしょう。

そこで、研究概要の答え方や、押さえておくべきポイントなどをご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

就活のESなどで研究概要を問う目的

そもそも、採用担当者はなぜ就活生の研究概要について問うのでしょうか。「なぜこの質問をするのか」の根本について考えるのは、とても大切なことです。しっかりと質問の意図を汲んで答えなければ、「知りたいのはそこじゃない」と思われるような、的外れな答えになってしまうでしょう。

まずは、「なぜ研究概要について問われるのか」をしっかりと把握しましょう。意図を把握した上で答えを組み立てると、より説得力のある主張になります。

文章能力やわかりやすく伝える力を見るため

社会人としてまず必要とされる能力は、「文章能力」と「伝える力」です。機械化の進んだ現代で文章能力なんて、と思う人もいるかもしれませんが、文章能力、あるいは日本語能力が必要ない職場など、日本にはほとんどありません。

研究論文を作成する、成果発表のプレゼンをする、会社の上司や同僚とコミュニケーションをとる、など、どんなときにも文章力は必ず必要です。物事を順序立てて説明すること、「いつ・だれが・なぜ・どこで」などを明確に伝えること、相手に応じてわかりやすい言葉を使い分けること、このどれもが必要となります。読みやすい文章をつくること、伝わりやすい表現をすることを心がけて、研究概要を伝えられるようにしましょう。

問題に取り組む思考や姿勢を見るため

研究を進めていくと、思わしい成果が得られなかったり、何らかのトラブルが起きたりすることは珍しくありません。そういったときにどのように考えて対応し、行動したのかを伝えましょう。そこから、就活生が問題に取り組む際の思考や姿勢を、採用担当者は読み取ろうとしているのです。

仕事を進めるうえでも、壁やトラブルはいくらでも発生するでしょう。顧客の求める品質になかなか届かなかったり、プロジェクトの方向性が急に変わったり、そういったことはいくらでも起こり得ます。そんなときに発想の転換ができたり、臨機応変に対応できたりする人材、あるいは、企業や研究チームの方針に沿った考え方ができる人材を、企業側は求めているのです。

研究内容そのものに企業側が興味を持っている

植物や野菜の品種改良、エネルギーシステムの効率化、病気やホルモンに関する研究など、研究の内容そのものに企業が興味を持つことも、可能性としてはあり得ます。もしくは、研究のテーマではなくサンプリングの方法や実験方法などに興味を持つこともあるでしょう。

例えば、器具や薬品を扱った経験があるのとないのでは、教える側の負担も教わる側の負担も段違いです。特に、面接で研究概要について尋ねられた時は、面接官が興味を持った部分についてグイグイと質問してくることもあり、そこでしどろもどろになってしまってはもったいないです。

自分のおこなった研究のテーマや結果だけでなく、研究の過程や、そのテーマの背景や今後についてなどもしっかりと説明できるようにしておきましょう。

就活で研究概要を書く際のポイント

ここまでで、就活で研究概要について尋ねられる理由や、そこから企業や採用担当者が何を知りたがっているかがわかったでしょう。これらを踏まえて、自分なりに研究概要をまとめていきます。

エントリーシートや履歴書に書く場合は、枠に合わせて要約する必要があるため、一度下書きをしましょう。面接で聞かれた場合に備えて、おおよそ1分程度で話せるように要点をまとめ、質問に応じて補足できるようにしておくとよいでしょう。では、研究概要をまとめる際に押さえておくべきポイントをご紹介します。

わかりやすい言葉で書く

研究概要をエントリーシートや履歴書などに書く際にまず気を付けるべきは、わかりやすい言葉で書くことです。特に、研究概要のような専門性の高いことを説明する際には、専門用語を多用しがちになります。

もちろん、その道の専門家が相手であれば、専門用語を使った方が、専門知識や理解度を証明しやすいでしょう。しかし、必ずしも採用担当者や面接官が専門知識をもった人だとは限りません。

そのため、誰が読んでも伝わるような文章をこころがけましょう。可能であれば、自分と同じゼミや学部の友人ではなく、その道の専門知識のない、他の学部の友人や親、兄弟などにまとめた内容をみてもらうといいかもしれません。あまり稚拙な言い回しにならないように気を付けながら、わかりやすい言葉でまとめるようにしましょう。

端的にまとめる

①表題
②研究の背景
③研究内容やアクシデント、その対応など
④成果、結果
⑤考察、学んだこと、今後の展望など

研究概要を実際に書く際、どの順で何から書けば良いか困る人もいるでしょう。大まかには、一般的な論文と同様の構成で構いません。大まかには上記の順でまとめます。

特に忘れがちなのが、「②研究の背景」です。なぜそのテーマを選んだのか、そのテーマについて研究する意義や目的を明らかにしておきます。もしも先輩や教授の研究からの引継ぎであるなら、研究の背景について、しっかりと学んでおきましょう。

④や⑤に関しては、就活中にはまだ結果が出ていないこともあるでしょう。そんなときは、自分の仮説や現時点まででの気づきについて述べましょう。

ですます調とだである調のどちらでもよい

研究概要をまとめて書く時は、「ですます調」と「だである調」のどちらがいいのか、迷う人もいるでしょう。結論からいうと、どちらでも構いません。論文やレポートは、基本的にだである調で書くものなので、だである調で違和感はありません。

一方で、あくまでも就活用の書類なので、ですます調で書いた方が丁寧に感じる、という見方もあります。どちらも間違いではありませんが、研究概要を書くのがエントリーシートや履歴書の一部分であった場合は、書類としての体裁を考えると、ですます調で書いた方が統一感があります。

一方、A4用紙などに研究概要だけをまとめる場合などは、どちらの文体で書いても構いません。強いていえば、だである調で書く方が、ですます調よりも語尾の文字数が押さえられるため、より多くの情報を盛り込めるというメリットがあります。

研究概要をA4用紙にまとめるときは図やグラフを使ってもよい

研究概要を問われる際、エントリーシートや履歴書に設けられた記入欄に書くだけとは限りません。場合によってはA4用紙1枚、あるいは複数枚にまとめるように指示されることもあります。

研究概要をそれだけ詳しく問われるのは、研究職や専門知識の必要な業務に応募した場合が多いです。そんなときは、専門用語を使用しても問題ないでしょう。また、せっかく表現の枠が広いのですから、図やグラフを使用して、より伝わりやすくしましょう。図やグラフの使用が禁止されている場合は、もちろん文章だけで表現する必要がありますが、特に禁止事項がなければ問題ないです。

ただし、図やグラフの多用と大きさの調節には注意が必要です。図やグラフを多用してしまうと、肝心の文章が少なくなってしまうため、バランスを考えて使用しましょう。また、図の画質やグラフの文字の大きさなど、細かいところにも気を配るようにしましょう。

就活で研究成果を書くときは読み手のことを考えて書こう

就活で理系学生や院生が研究概要について問われるのは、そうめずらしいことではありません。そして、研究概要を問う理由は、研究内容に対する興味だけでないことがわかったでしょう。文章能力や語彙力、わかりやすい言葉で書く気遣い、問題解決の能力や思考力など、さまざまな要素が問われているのです。それに応えるには、ただ淡々と、それこそ論文のように書いた研究概要では不十分なのです。

作成した研究概要を読むのが現場の研究者や技術者とは限りません。採用や面接を担当する人事課や重役は、専門知識に関して詳しい可能性も、逆に疎い可能性もあります。解説した面接官の意図や研究概要を書く際のポイントなども踏まえて、誰にでもわかりやすく、読みやすい、読み手のことを考えた文章を作るようにしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ