業界研究

【不動産業界での面接のポイント】よくある質問と志望動機例文

不動産業界での面接のポイント

不動産業界では、建物や土地に関わる仕事をおこないます。商業施設、ビル、マンション、リゾート施設などの開発を手掛ける開発業者、注文住宅や建売住宅などを取り扱うハウスメーカー、物件の売買や賃貸の仲介をおこなう不動産仲介業者、マンションなどを販売する住宅販売会社、不動産物件を管理する管理会社などに分かれています。

ほかにも、マンションやビルの建設を手掛ける、総合建設会社も不動産業界に含まれます。幅広い業務に関わるため、深い知識が必要となり、他者とのコミュニケーションも欠かせません。

不動産業界を志望するなら、どのような人物が求められているのか理解し、面接で効果的にアピールできるようにポイントをおさえておきましょう。

不動産業界で求められる人材

不動産業界の仕事は、建物や土地に関する幅広い知識が必要になります。それだけでなく、即戦力となるスキルや、仕事に対する熱意も不可欠です。面接では、企業から「この人なら活躍してくれそうだ」と感じてもらうことが大切といえます。

ここでは、不動産業界で求められるのはどのような人材なのか、詳しく解説していきます。どのようにアピールすれば好印象を残せるか、事前に確認しておきましょう。これから不動産業界の面接を控えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

企業の社風と合っている

一言で不動産業界といっても、業務内容は企業によって大きく異なります。取り扱う商品の違いや、企業の規模だけでなく、顧客にどのように接するべきか、契約書の取り扱い方法、トラブルの対処法など、独自のやり方や考え方があります。

ほかにも、マンションと戸建てのどちらをメインに取り扱っているかや、事業用物件が多い、接客が中心、賃貸物件の管理業務が中心、ということでも違いがでます。細かい業務内容は、入社後に身に付けていけば問題ありませんが、社風や企業の方針などは、面接の前にしっかりと確認して覚えておくとよいでしょう。

どんなに優秀で能力があったとしても、企業の社風と合わなければ、長く勤め続けることはできません。志望企業の特徴を、事前に調べておくことが大切です。

誠実で勉強熱心

不動産業界だけでなく、全ての業界に当てはまることですが、誠実な人はどの企業でも重宝されます。当たり前のことと思われますが、特に不動産業界においては、とても重要なポイントです。

不動産業界の仕事は、高額な現金を扱うこともありますし、不正を働こうと思えばできてしまうのが現状です。そのため、悪いことをしたいと思って入社する人はいませんが、面接で「誠実で信頼できる人」と感じられるかどうかは、とても重要です。

また、不動産業界は、幅広い知識が必要になります。取り扱う案件が変われば、その都度調査や勉強をする必要があるでしょう。毎回、先輩や上司に聞いて教えてもらうわけにもいかないため、自ら積極的に必要な勉強をしていくことが大切です。面接では、自分で調べ問題を解決していく力をアピールしましょう。

コミュニケーションスキルがある

不動産業界の仕事は、人と接する機会が多いため、コミュニケーションスキルは必須です。不動産の仲介や開発をおこなう時にも、様々な人と話をして仕事を進めていかなければなりません。

接する人々は仕事も年代も幅広く、その時の状況に合わせて、適切に対応していくことになるでしょう。相手の意図や求めることは何なのか把握して、すぐに行動に移せる素早さも重要です。

「私はコミュケーション能力があります」といっても、面接官とうまく会話ができなければ、説得力がありません。スキルがあることを伝えるだけでなく、面接を通して、円滑なコミュケーションができることをアピールしていきましょう。面接官が何を知りたいと思っているのか、質問の内容と意図を理解して、適切な答えをいうことで、自分のコミュケーション能力を相手に伝えることができます。

運転免許・資格があると好印象

不動産業界の面接では、免許の有無についてよく聞かれます。仕事をする上で車の運転は必須となるので、できれば運転免許は持っていた方がよいでしょう。マンションや賃貸を紹介する時にも、顧客を車に乗せて内覧することが一般的です。

電車での移動も可能ですが、営業職は車の運転が必要な場面も多くあります。もし面接の時点で免許を持っていなくても、それが理由で不採用になるわけではありません。しかし、業務上必要になるので、これから取る意思があることを伝えておくとよいでしょう。

入社後は教習所に行く時間を確保するのも難しくなります。できれば、入社予定日より前に取得できるようにしておくと安心です。免許取得のための合宿を利用すると、料金も比較的安く、短期間で取得することができます。

不動産業界の面接でよく聞かれる質問

ここからは、不動産業界の面接でよく聞かれる質問を紹介していきます。どの業界でも同じような質問がされますが、面接官が回答から何を知りたいと思っているのかをくみ取り、適切な答えをいえるようにしましょう。

自分の持っている能力やスキル、企業や仕事に対する熱意をしっかりと伝えられるように、心掛けてみてください。面接でよい印象を残せるように、事前に面接の練習もしておきましょう。これから紹介する質問の例も、ぜひ参考にしてみてください。

志望動機や自己アピールに関する質問

・志望動機を教えてください
・なぜ不動産業界を選んだのですか?
・入社後にやりたいことは何ですか?
・不動産業界へ入るために何か努力したことはありますか
・我が社のどんな点に魅力を感じますか?
・学生時代に力を入れたことを教えてください
・長所を教えてください

志望動機や自己アピール、長所などは面接で必ず聞かれる質問です。志望動機では、業界や職種に対する動機だけでなく、なぜ他の企業ではなくこの企業を選んだかが重要となります。面接官が納得できるような、明確な理由を説明しましょう。

こうした質問に答えるには、企業研究が欠かせません。企業研究では、志望する企業の特徴や方針、社風を調べます。企業研究で得た知識も活かしながら、どんな点に魅力を感じ入社したいと思ったのか、自分の言葉でしっかりと伝えましょう。入社後の具体的な目標を述べると、前向きな姿勢をアピールできます。

不動産業に関する質問

・不動産販売の魅力はどんなところですか?
・不動産業と環境問題の関係についてあなたの考えを教えてください
・郊外に売れ残ったマンションをどう販売しますか?
・定期借地権について説明してください
・あなたの理想の住まいについて教えてください
・これからの不動産販売に大切なことは何ですか?

不動産業界について、きちんと理解しているかを確かめる質問です。業界について、企業の事業内容について、事前に深いところまで調べて整理しておくと、スムーズに答えられます。

うまく答えられないと、志望度の高さを疑われてしまう可能性もあります。突っ込まれた質問がされると予測し、答えを用意しておくとよいでしょう。自分自身の考えをまとめて、分かりやすく相手に伝える力も大切です。

不動産業界の面接での志望動機例文

私は飲食店でアルバイトをしていました。メニューやサービスでお客様に満足して頂きたいと考えていましたが、多くの方に「このお店は居心地が良い」と仰っていただくうちに、建物そのものも、大切な要素であることを実感いたしました。建物について深く調べるうちに、不動産業界に興味を持つようになりました。 店舗開発を得意とし、飲食店物件の仲介に注力している貴社を知り、ぜひ飲食業界向けの不動産仲介営業職として働きたいと考えております。これまでのアルバイト経験で培った接客姿勢やコミュニケーション力を活かし、不動産の魅力をお伝えしていきたいと考えております。

なぜ不動産業界に興味を持つようになったのか、そのきっかけと企業を志望する理由を述べています。飲食店の仕事は、不動産業界と直接関係ありませんが、接客やコミュケーションスキルはどちらの業務にも大切になります。入社後の目標も合わせて伝えることで、仕事に対するやる気もアピールしています。

関連記事
不動産業界の志望動機の書き方とは【作成ポイント・例文付き】

不動産業界の面接で効果的にアピールしよう

不動産業界の仕事は専門性が高く、幅広い知識が必要となります。また運転免許証や、コミュケーションスキルがあるかどうかも重要です。特に営業職は、車を運転する機会も多いので、入社予定日までに取得を目指してみてください。

また、面接で効果的にアピールするためには、その企業を選んだ理由や、これまでに経験した中で学んだこと、仕事に活かせるスキルなどを伝えるようにしましょう。企業によって業務内容や求める人物に大きな違いがありますので、企業研究は念入りにおこないます。

志望する企業の社風や方針、仕事に対する姿勢なども理解した上で、面接対策をしていきましょう。面接官に良い印象を残し、この企業で働いて欲しいと思われるように、準備を進めていってください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ