業界研究

【販売の仕事とは】業務の内容とメリット・デメリットを紹介

販売の仕事は未経験から就職しやすい職業

販売の仕事は未経験でも就職しやすい職業であり、新卒の就活生にも人気です。販売の仕事を目指すなら、どのような仕事内容なのかを知っておくことが大切です。また、販売の仕事ならではのメリットやデメリットを知っておくことで、自分に合っているかが判断できるでしょう。

就職先を決める際には、職業について理解を深めておかなければなりません。事前知識なく就職先を決めてしまうと、内定がもらえないだけではなく、就職できてからも理想と現実にギャップを感じてしまい、仕事に不満を持ってしまう可能性があります。

販売の仕事とはどのようなものなのか、基本的な理解を深めて自分に合っているかどうかを判断し、就職を目指すかを決めていきましょう。

販売の仕事内容

ひとくちに販売の仕事といっても、その内容は多岐にわたります。もっともイメージしやすいのは、店舗でのレジ打ちなどの仕事でしょう。接客をし、レジ打ちや品出しをすることが主な仕事です。また、店舗の在庫管理も仕事に含まれており、倉庫の整理なども業務のひとつです。

他にも店舗の商品レイアウトを決めたり、場合によってはおすすめ商品のポップを作成したりすることもあるでしょう。店舗での仕事は販売員だけではなく、店長やマネージャーなどの仕事もあります。

店長は店舗の管理やシフトの作成などもあげられ、マネージャーまでになると、複数店舗の管理をおこなうこともあります。就職してすぐは販売員として現場で仕事をしますが、その後は店長やマネージャーなどの仕事も任されるため、これらも覚えておきましょう。

販売の仕事が向いている人の特徴

販売の仕事には向き不向きがあるため、就職を目指すなら自分が向いているかどうかを確認しておきましょう。どのような人が向いているのかを知っておくことで、就職してから理想と現実のギャップを感じにくくなり、仕事に不満を持ちづらくなるでしょう。

また、自分が向いていないとわかった場合でも、努力次第で販売の仕事で活躍することは可能です。どのような人が向いているのかを知っておくと、販売の現場で活躍できる人の特徴も理解できるでしょう。

人とコミュニケーションを取ることが好き

販売の仕事は初めのうちは接客がメインになるため、人とコミュニケーションを取ることが好きな人に向いています。接客の際にはお客様と距離を縮め、いかに自社の商品の魅力を伝えられるかが重要です。

人とコミュニケーションを取ることが苦手だったり、そもそもあまり話をしたくないという人は、販売の仕事には不向きといえます。また、コミュニケーションはお客様と取るだけではなく、販売員同士でも必要です。

販売の仕事は接客中は個人の努力で商品を売りますが、店の運営を考えるとチームプレーを意識しなければなりません。販売員同士でコミュニケーションが取れていると、お店を円滑に回すことができ、結果的にお客様ともコミュニケーションを取りやすくなるでしょう。

商品のディスプレイなど工夫して売り上げに貢献できる

商品のディスプレイを考えることも、販売員の仕事です。そのため、ディスプレイを工夫する意識が高く、自分で売り上げを作りたいと考えている人は、販売の仕事に向いているでしょう。商品ディスプレイは、店舗によってある程度の決まりがあることも多いですが、細部については販売員に裁量が任せられています。

自分でディスプレイを変更して、少しでも売り上げを伸ばそうとする意識を強く持てる人なら、販売の仕事にやりがいも感じやすいでしょう。仕事にやりがいを感じ、前向きに取り組むことは大切であり、この意欲があるかどうかで、仕事を楽しめるかも違ってきます。

向上心を持って売り上げに貢献する意識を持てる人のほうが長続きしやすく、現場でも活躍しやすいでしょう。

商品について自ら勉強する姿勢がある

販売の仕事で成功するには、商品についての深めることが大切です。仕事を続けているうちに商品への理解は深まりますが、自分で勉強する姿勢がある人のほうが、販売実績をあげやすいでしょう。

自社で販売している商品にはどのような特徴あるのか、いかなる魅力があるのは細部まで把握しておくことが大切です。商品についての理解が深められていることで、お客様にも商品をおすすめしやすくなり、販売実績も上がるでしょう。

また、他社製品とはどのような違いがあるのか、自社製品ならではの魅力はなにかを知っておき、差別化できるポイントを知っておくことも大切です。さまざまな視点で自社製品をみて、商品について自発的に勉強してお客様に提案できる人が、販売の仕事には向いているでしょう。

販売の仕事の動向

販売の仕事を目指すなら、この職業がどのような動向になっているのかを把握しておくことも大切です。近年ではネット通販の市場が拡大しており、各社ネット販売に力を入れています。

通販サイトでの需要が増えたことで、実店舗での販売は少なくなっており、中には店舗を持たずに営業している企業もあるでしょう。ただし、すべての企業が通販サイトへの移行に進んでいるわけではなく、高額な商品を扱う企業は、実店舗での販売に力を入れています。

高い商品は、実際に手に取って確認してから購入したいと考える人が多くいます。また、商品の金額に関係なく、買う商品は事前に直接確認したいという人もいるため、店舗での販売の仕事がなくなることはないでしょう。

販売の仕事のメリットとデメリット

販売の仕事にはメリットとデメリットの両方があるため、これらを知っておくことも大切です。販売の仕事に就くことで、どのようなメリットがあるのかを把握しておくと、仕事から何が身に付けられるのかがわかります。

また、デメリットも知っておくと、販売の仕事ならではの注意点も理解できるでしょう。どちらか一方を知っているだけでは、職業理解としては不十分です。両方を正しく把握することで、自分に合った仕事かどうかを判断できます。

メリット:販売スキルが身に付く

販売の仕事を経験することで、販売スキルが身につきます。スキルが身についていると、別の販売職に転職した際にも、スキルや経験を活かすことができるでしょう。企業や分野によって販売する商品は異なりますが、商品を売るという基本の部分は同じです。

そのため、スキルを身につけておくことで、将来的な転職の道も開けます。転職をしない場合でも、販売のプロフェッショナルとなることで、キャリアアップも目指せます。また、販売スキルはただ商品を売るだけではなく、お客様とのコミュニケーションも含まれるため、複合的なスキルといえるでしょう。

コミュニケーション能力は業界や企業に関係なく役立つスキルであり、今後の社会人生活を送るうえでも活かせるシーンは多いでしょう。

デメリット:成果が年収に反映されにくい

販売実績は企業内での評価につながりますが、これは年収には反映されにくいです。企業によっては販売実績がよければインセンティブ報酬を出すこともありますが、すべての企業がこの限りではありません。

多くの企業はインセンティブ報酬を設定しておらず、販売実績に関係なく、年収は一定である場合がほとんどです。年収は勤続年数やキャリアによって変わることが多く、入社してから役職がつくまでは、年収が変わらないことも多いでしょう。

販売実績によってどの程度の成果が出ているかはわかりますが、年収には反映されにくいことから、お金を働くモチベーションにしたい人には大きなデメリットとなります。販売の仕事は給料が低いことも多いため、金銭的なデメリットが出やすいことは理解しておきましょう。

販売の仕事について理解を深めてから就活を始めよう

就活を成功させるには、志望する仕事についての理解を深めておくことが大切です。販売はどのような仕事なのか、仕事の内容や仕事に就くメリットとデメリットの両方を知っておきましょう。

仕事への理解を深めておくと、選考で有利になりやすいだけではなく、就職してからも仕事に不満を感じにくくなります。就活はただ就職できるならよいわけではなく、その後の仕事にやりがいを感じられるかどうかも重要です。

就職に失敗したと感じないためにも、仕事への理解を深めておくことが大切といえるでしょう。販売ならではの仕事の魅力や今後の動向を知ることで、自分に合った仕事かどうかを判断することが大切です。仕事への理解を詳細に深めて、販売の仕事への就職を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ