自己分析

就活の軸の見つけ方|企業選択に後悔しないコツをご紹介

就活の軸の見つけ方に困る人は多い

就活をスムーズに進めるためには、就活の軸を設定することが大切ですが、この見つけ方が分からず困っている人は多いです。就活の軸の見つけ方にはさまざまな方法があり、やり方はひとつではありません。

軸がなかなか見つけられないという場合は、やり方を間違えている可能性があるため、別のやり方を試し、視野を広げることが大切です。就活の軸は見つけ方さえ間違えなければ必ず見つかるものであり、正しく設定していれば、就活をよりスムーズに進めることができます。

就活を攻略するためには、軸の設定を欠かすことはできませんので、まずはしっかりと基礎を固めることが大切です。自分に合った軸の見つけ方を知って、就活の攻略を目指しましょう。

就活の軸とは

就活の軸を正しく設定するためには、そもそも就活の軸とはどんなものなのかを理解しておく必要があります。なぜ必要なのか、根本的な意味を理解できている人は少ないです。就活の軸を設定するのには意味があり、明確な必要性があります。就活の軸を設定することで得られるメリットも大きいため、なぜ必要なのか、根本的な部分から理解を深めていきましょう。

就活の方向性を定めたもの

就活の軸とは、簡単に言えば就活の方向性を定めたものです。どんな業界、企業を志望するのか、どんな仕事がしたいかを決めたものが、就活の軸であると考えましょう。世の中にはたくさんの仕事があり、就活にはその中から自分に合った企業、仕事を見つけ出す作業も含まれます。

適切な選択をするためには、指標となるものを設定しなければなりません。それが就活の軸となります。就活の方向性を決めておくことで、何をすべきなのか、どんな業界、企業を目指すべきなのかが分かり、就活を効率的に進めることができます。

何の指標もなく就活を進めているだけではなく、効果的に成果を上げることが難しく、自分に合わない企業ばかりを受けて選考で失敗する可能性も高いです。就活の軸とは、最短距離で成功を目指すための指標になると考えましょう。

業界・企業を絞り込むのに必要

就活の軸を決めることで選択肢を絞り込むことができ、どの業界、企業を志望するのかを決めることができます。就活の選択肢は非常に広く、効率的に就活を進めるにはまずそれを絞り込まなければなりません。

選択肢があまりにも多いとどれを受けれがいいのかが分からず、ひとつずつしらみつぶしに受けていたのでは、時間がかかり過ぎてしまいます。特に新卒の場合、専門職以外であれば、ほとんどの業界、企業にチャレンジできるため、その他の就活方法よりも選択肢の幅は広いです。

就活の軸を設定して方向性を定めておくことで、志望先についても限定的に考えることができます。志望先を絞り込むことで、本当に自分に合った業界、企業だけを目指しすことができ、マッチする企業へも就職しやすくなります。

就活の軸があれば一貫性のあるアピールが可能

就活の軸は、就活全体をスムーズに進めるためだけではなく、選考でのアピールのためにも設定が必要なものです。就活の軸を決めておけば、就活の取り組み方に一貫性が出るため、選考でもアピール力を高めることができます。企業は学生の能力や人柄だけではなく、就職意欲も大切にしており、いかに自社への興味が強いかをチェックしています。

他の企業と並行して選考を受けるのは構いませんが、問題はどんな企業を受けているからです。業界や企業、仕事の特徴など、統一感なく就活を進めている場合は、自社の選考にも何となく望んでいるという印象を与えてしまいます。就活の軸を持っていれば、一貫性を持って志望先を選んでいることが分かり、1社1社に真剣に取り組んでいると判断されやすいです。

就活の軸の上手な見つけ方

就活の軸は個人によって違うものであり、明確な答えはありません。そのため、考え方のプロセスさえ理解していれば、簡単に見つけることができます。軸が決められずに困っているという人は、見つけ方、考え方の段階でつまづいている可能性が高いです。

少し工夫して考えることで、就活の軸は見つけられ、自分に合った方向性を決めることができます。就活の軸の上手な見つけ方を知り、どのように考え、設定すればいいのかを理解していきましょう。

自分のやりたいことを探す

就活の軸を見つける上では、まず自分がどんな仕事をしたいのかを考えることが大切です。大切なのは自分のやりたいことを明確にし、選択肢を少しでも広げることです。仕事は大変なものですが、やりたいことを通じて目標ややりがいがあれば乗り越えられることも多く、意欲的に取り組むことで成長もしやすいです。

また、選考では仕事への意欲をアピールするのも大切です。自分は何がやりたいのかを再確認して、それを仕事に当てはめて考えることが第一のステップです。

やりたくないことから消去法

就活の軸は、やりたいことからだけではなく、やりたくないことから探すのも大切です。絶対にこれだけはやりたくない仕事、就職したくない業界を考え、それらをすべて洗い出していきましょう。やりたくないことを洗い出せば、その仕事を除けば後に何が残るかを考えます。

やりたくない仕事を取り除けば、残るのは少なくともやってもいい仕事であり、それらが就活の方向性をとなります。やりたくない仕事を続けるのは苦痛ですが、やってもいい仕事であれば、苦痛を感じることもなく、意外と長く続けられることも多いです。好きなこと、やりたいことが見つからなくて困っている人は、やりたくないことを挙げ、そこから消去法で考えるのもおすすめです。

仕事に求める条件を考える

やりたい仕事ややりたくない仕事から、ある程度の選択肢に絞り込めば、さらに詳細な仕事の条件を考えていきましょう。どんな仕事をする場合でも、仕事の条件は重要であり、条件次第で仕事から得らえる満足度、やりがいなども違ってきます。

仕事に求める条件は人によって違いますので、まずは自分が求めたいものをすべてをリストアップしていきましょう。誰しも条件いい企業で働きたいと思うのは当たり前ですが、すべての条件が叶えられる理想の企業がある可能性は、限りなく低いです。

条件を満たす企業が見つからなければ、少しずつ条件を減らし、絞り切った選択肢をもう一度広げていきます。すべての条件を削る必要はありませんので、絶対に譲れない条件だけは残し、ある程度志望先が見つかるレベルまで条件を選別していきましょう。

就活の軸を見つける方法

就活の軸を見つけるためには、考え方を工夫して選択肢を絞り込んでいきますが、さらに具体的な方法もあります。なかなか軸が見つけられないという人は、その他の方法も試しながら、軸を見つけ出すことが大切です。

頭の中で考えるのは大切ですが、それだけではなく、他にも軸を見つけるための方法はたくさんあります。軸を見つけるためには、ひとつの方法に縛られないことが大切ですので、どんな方法がるのかを知り、いろいろ試して自分に合った方法を見つけましょう。

自己分析

就活の軸を見つける基本は自己分析です。まずはここから始めましょう。自己分析は自分自身を知ること、見つめ直すことであり、さまざまな方法があります。過去の経験を棚卸したり、印象的なエピソードを思い出すなどが一般的な方法でしょう。

また、エピソードの中から自身の脳力や人柄を考え、長所や短所、性格などを考え、自分は何が好きで何が嫌いかを考える方法もあります。どの方法でおこなう場合でも、とにかく自分を深く知ることが大切です。

自己分析は軸を見つけるために必須のものであるため、他の方法を試す場合でも、きちんとおこなっておかなければなりません。自己分析をベースにおこない、そこから他の方法に派生して軸を見つけていきましょう。

インターン

どんな業界、企業に興味があるのか分からないという場合は、インターンに参加し、実際に仕事を経験してみるのもおすすめです。インターンは明確に志望先が決まっている場合だけではなく、志望先が決まっていなくても参加できるものであり、得られるメリットも大きいです。

ネットを使えば業界や企業についての理解を深めることはできますが、情報には限りがあり、すべてが信用できるとは限りません。また、仕事の適性などは、実際に経験しなければ分からないことも多いです。

インターンを経験すれば、企業との相性がいい場合でも悪い場合でも、選択肢のひとつとして考えることができます。相性がよければ同業界を中心に、悪ければ他の業界を見ればよく、方向性を絞り込む方法としてはおすすめです。

OB訪問

OB訪問も就活の軸を見つけるにはおすすめの方法であり、実際に企業で働く先輩社員から話を聞けば、仕事についての理解を深めることができます。業界や企業、仕事について社会人から話を聞ける機会は少ないため、貴重な情報が手に入り、かつ情報の精度も高いです。

最前線にいる人の話であれば、仕事についての理解も深めやすく、自分との相性なども判断できます。また、年が近い先輩であれば、先輩が就活をしていたときの軸や就活の方向性を聞くのもおすすめです。

実際の例を参考にすれば、どのように就活の軸を設定すればいいのか、イメージがしやすくなります。就活の軸は人によって違いますが、他人のものを参考にするのはおすすめの方法であるため、イメージを膨らませるためにも、どのように就活に取り組んだかも聞いてみましょう。

間違った就活の軸の見つけ方

就活をスムーズに進めるためには、きちんと就活の軸を設定して取り組むことが大切ですが、就活の軸さえ決めていれば就活が成功するとは限りません。就活の軸を決めていたとしても、それが間違ったものであれば失敗する可能性が高く、選考でも上手くいかずに行き詰ってしまう可能性が高いです。

単に就活の軸を決めればいいわけではなく、自分に合った正しい設定をすることが、就活攻略の第一歩です。間違った就活の軸の見つけ方を把握して、ミスのない設定を目指しましょう。

知名度を優先してしまう

就活の軸を決める際、さまざまな指標がありますが、企業の知名度だけを優先して方向性を決めるのはよくありません。知名度の高い大手企業となれば、選考も難関であることが多く、内定獲得率もぐっと下がります。

その他の企業も受けながら、大手企業の選考も並行して受ける分には問題ありませんが、大手だけに絞ってしまうと、失敗率が格段に上がります。大手ばかりを受けるのは「大手病」とも呼ばれており、就活に失敗する原因のひとつでもあるため、避けなければなりません。

知名度を指標のひとつとして考えるのは問題ありませんので、必ずその他の指標、条件も加えて就活の軸を決定しましょう。学生からの知名度が低くても、優れた企業はたくさんありますので、隠れた優良企業に目を向けることが大切です。

選択肢を増やし過ぎる

就活の軸を決定する際、選択肢を絞り込みすぎるのはよくありませんが、反対に選択肢を広げすぎるのもNGです。そもそも就活の軸は、方向性を決めて選択肢を絞り込むためにおこなうものであり、条件などを増やし過ぎると就活をスムーズに進められなくなります。

やってみたい仕事、憧れの企業がたくさんあるのはいいことですが、すべてを受けるとなれば時間がかかりすぎ、1社ごとの対策も弱くなりやすいです。やりたい仕事はすべて選択肢に入れるのではなく、自身の特徴を踏まえた上で、適性があるかを判断することが大切です。やりたい仕事と自分に合った仕事が、必ずしもイコールとは限りません。自分の特徴、能力を正しく把握し、適性も考慮に入れながら、選択肢を絞っていきましょう。

自分に合った方法で就活の軸を見つけよう

就活の軸の見つけ方はさまざまであり、やり方はひとつではありません。どんな方法でもとにかく、自分なりの就活の軸を決めることが大切であるため、ひとつのやり方に固執せず、さまざまな方法を試してみましょう。

就活の軸が人によって違うように、適したやり方、見つけ方もそれぞれで異なります。明確な正解はないため、さまざまなことを試す中で、自分に合った形に変えていくことが、就活の軸を見つけるための近道だと言えます。

就活の軸を決めることで、格段にスムーズに進むでしょう。膨大な選択肢がある中で指標もなしに突き進むのは危険であり、困難です。就活の軸を正しく設定し、攻略のための指標を明確に見つけて、本当に自分に合った企業への就職を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ