履歴書

【英語の履歴書の書き方】記入する項目や作成のポイントを解説

英語の履歴書は日本との違いに注意して作成する

外資系の企業や海外企業を志望する場合、通常の履歴書ではなく、英語の履歴書の提出が求められることがあります。また、インターンシップに参加する際も、エントリーの段階で英語で記入する必要がありますので、英語の履歴書の書き方や書式などを、事前に確認しておきましょう。

英語の履歴書は、日本の履歴書をそのまま英語にすればいいわけではなく、形式が異なります。また、履歴書を提出する際には、カバーレターが必要です。

ここでは、英語の履歴書の基本となるフォーマットやスタイル、履歴書に記入する項目、書き方のポイントなどを詳しく解説していきます。外資系や海外企業へ英語の履歴書を提出する際に、ぜひ参考にしてみてください。

以下の記事では、英語の志望動機の作成方法について解説しています。

英語の履歴書の基本のフォーマット

英語の履歴書は日本で一般的に使われている履歴書のように、市販されているものを使うわけではありません。決められたテンプレートはなく、形式は自由となっていますので、ほとんどの人はパソコンを使い自分で履歴書を作ります。

用紙のサイズはレターサイズかA4、文字色は黒のみを使い、本文の文字サイズは12~14ポイントに設定します。見出しは本文より2ポイントほど文字を大きくして、読みやすいフォントを使いましょう。

数字はアラビア数字のみを使います。特に指定がない場合はWordソフトを使用し、PDFに変換したファイルを提出します。履歴書は1枚におさめるようにし、多くなっても2枚までがよいでしょう。これまでのあなたの経歴が分かりやすく書かれていればOKですので、シンプルで読みやすい履歴書になるように工夫してください。

以下の記事では、英文履歴書の書き方について解説しています。

英語の履歴書の3つのスタイル

英語の履歴書には、基本となる3つのスタイルがあります。一つ目は、年代順に記載していくものです。これまでの学歴を時系列で並べて書きましょう。この時に注意したいのが、時系列は新しいものから順に並べることです。日本の履歴書とは逆になりますので、気を付けてください。

二つ目に、職務別にスキルや経歴、業績のみをまとめて書くスタイルがあります。これは専門知識やスキルをアピールしたい人、職歴にブランクがある人に向いていますので仕事での経験がない新卒者にはおすすめしません。

三つ目は、年代順と職務別を混合させたスタイルです。自分のスキルや業績を説明したあとに、学歴や職歴を新しい順にまとめます。応募する仕事に対しての知識や、経験をアピールしたい時によく使用されるスタイルです。

以下の記事では、海外就職の方法について解説しています。

英語の履歴書に記入する項目

英語の履歴書は、自分で記入する項目を決めていきます。日本の履歴書のように空欄を埋めていけばよいというわけではありませんので、必須事項を書き忘れないように注意しましょう。氏名や連絡先は必ず記載する項目ですが、そのほかにも希望職務、スキル、学歴などを入れましょう。

日本では生年月日や性別などは必ずある項目ですが、アメリカの場合、雇用差別禁止法により個人情報は基本的に記載しません。日本国内の企業を通してアメリカの企業へ応募する際は必要になりますので、あらかじめ確認しましょう。

以下の記事では、海外の就活事情について解説しています。

氏名・連絡先

英語の履歴書の最初の項目は、氏名と連絡先です。氏名は大文字で、名前・苗字の順に書き、間は1文字分のスペースを空けましょう。フォントの大きさは見出しと同じく、本文より大きめにします。Mr.やMs.などの敬称は不要です。

氏名の後に住所・電話番号・メールアドレスとなります。住所は番地・町名・都道府県名、最後に郵便番号の順です。日本で住所を書く時とは逆の順番になりますので、注意してください

都道府県名の「都・府・県」は省略し、「市・区」はそのまま記載します。例えば「神奈川県横浜市」の場合は「Yokohama-shi,Kanagawa」となります。電話番号は日本の国番号である81をつけましょう。(+81)-90-0000-0000のように、普段使っている番号の一番最初の「0」は外します。メールアドレスは、そのまま記載すればOKです。

以下の記事では、海外就職の方法について解説しています。

希望職務

希望職務は「OBJECTIVE」という見出しにします。本文では、希望する職種とその理由を記載しましょう。志望動機とは異なりますので、熱意や意欲を示すのではなく、志望職務とこれまでの経験・スキルがどのように関係しているのかを簡潔に説明します。1~2行が目安です。

希望職務は記載しなくてもOKですが、特定の職種の募集へ応募する場合や、希望の職種が決まっている場合は、OBJECTIVEの部分をしっかり書くことで、アピールにつながります。例えば「Seeking a 〇〇 position which will require my 〇〇 skills…」などと書くとよいでしょう。応募する職種に関する、知識やスキルがあることを伝えてください。

以下の記事では、海外と日本の就活の違いについて解説しています。

スキル

スキルは「QUALIFICATIONS」の見出しで自分の能力や経験、業績などを伝える項目になります。日本の履歴書では、これまでに取得した免許や資格の名前を羅列しますが、英文の場合は、希望職務(OBJECTIVE)の仕事に適している能力があることをアピールできるように、応募する職種に関するスキルに絞って記載しましょう。箇条書きでまとめていき、それぞれ具体的な数字や実績があれば記入してください。

新卒でこれまでにスキルや経験がない場合は「SUMMARY(要約)」「PROFILE(プロフィール)」「QUALIFICATIONS(資格)」「STRENGTH(長所)」といったタイトルで、資格や能力をアピールしてもOKです。英語の履歴書では、主語は基本的に省略されます。「able to~」「Strong ~ skills」などの表現を使うと効果的です。

以下の記事では、海外インターンの特徴について解説しています。

学歴

学歴は「EDUCATION」の見出しになります。新しい順に並べて、最終学歴の学位・大学名・所在地・学位を取得した年を記載しましょう。学士号は「Bachelor of ~」、修士号は「Master of ~」、博士号は「Doctor of ~」となります。~の部分には専攻を記載します。

正式な学位名がない場合は「Diploma in ~ Studies」(~学修了書)と書きましょう。優秀な成績を残した時には「Grade Average:A」のように記載するとアピールできます。例えば「Master of Science,〇〇 UNIVERSITY,Tokyo(2022)」となります。大学名は全て大文字にして、最後に学位を取得した年を記載しましょう。

以下の記事では、海外と日本の就活の違いについて解説しています。

大学の選考分野の表記一覧

・法学部 Laws
・文学 Art
・数学 Mathematics
・情報工学 Information Technology
・経済学 Economics
・理学 Science
・工学 Engineering
・農学 Agriculture
・経営学 Business Administrations
・社会学 Scociology
・社会科学 Social Science
・教育学 Education
・医学 Medicine
・薬学 Pharmacy
・獣医学 Veterinary Medicine
・情報工学 Computer Science
・心理学 Psychology
・外国語学 Foreign Studies
・芸術 Fine Arts

上記は、大学の選考を英語に直したものです。大学によって、学部の英語表記が異なる場合がありますので、不明な時は大学に確認してみましょう

以下の記事では、海外インターンに参加するメリットについて解説しています。

英語の履歴書を作成する際のポイント

英語の履歴書は、日本語の履歴書と大きく異なります。ここでは、英語の履歴書を作成する際に気を付けたいポイントを確認してみましょう。志望動機は履歴書に記載せず、カバーレターとして別紙で添付します。

また、年齢や顔写真などプライベートな情報は、履歴書に記載する必要はありません。慣れていないと戸惑ってしまうこともありますが、事前に確認して作成しましょう。それぞれのポイントを詳しく解説していきますので、参考にしてみてください。

以下の記事では、海外インターンシップについて詳しく解説しています。

志望動機は履歴書ではなくカバーレターに記載する

日本では、履歴書やエントリーシートに志望動機を書きますが、英語の場合は履歴書ではなくカバーレターに記載します。カバーレターは、英語の履歴書と一緒に企業へ提出する書類で、志望動機や自己PR、学歴以外のアピールポイントなどを記載する非常に重要な書類です。企業が履歴書をしっかりみてみようと思うきっかけにもなりますので、しっかり作成しましょう。

カバーレターには、氏名と連絡先、提出先の担当者の名前と連絡先、応募したい職種、スキルのアピール、職種にふさわしい理由、志望動機や熱意のアピールを記載します。志望動機では、あなたを採用することによって、企業へどんなメリットがあるのかを具体的に表すようにしましょう。「~をやりたいです」という目標よりも「~ができます」と伝えると、効果的です。

以下の記事では、カバーレターの記入方法について解説しています。

年齢や顔写真などプライベートな情報は記載しなくてよい

英語の履歴書では、プライベートな事情を公開することや差別につながる項目は書かないようにするのがルールです。生年月日、年齢、性別、顔写真、配偶者や子供の有無、家族構成、通勤時間、志望動機(カバーレターに記載)などは、基本的に必要ありません。日本の履歴書には必ず記載する項目もありますので、違いに注意しましょう。

また、国籍や宗教なども書くことはありません。特にアメリカなど多様な人種がいる国では、個人情報から採用を決めるのは違法とされている場合もあります。不要な情報を記載してしまうと、海外の文化を理解していないと感じられてしまい、マイナスの印象を与える可能性があります。仕事と関係のない、プライベートな情報は書かないようにしましょう。

以下の記事では、アメリカの就活事情について解説しています。

英語の履歴書の書き方をよく理解してから作成しよう

英語の履歴書は、日本の履歴書と異なる点が多く、慣れていないと書き方に悩んでしまうかもしれません。市販の履歴書を使用するのではなく、基本のフォーマットに沿って自分でパソコンを使い作成するのも特徴的です。

記載する項目、学歴の書き方や順番、志望動機や自己PRについてなど、英語の履歴書の書き方や、作成する際に注意するべきポイントを事前にしっかり理解しておきましょう

履歴書やカバーレターは、日本の企業へ提出する際と同様に、企業があたなのことを知りたいと思うきっかけになります。自分の魅力を伝えらるように読みやすさを考慮して、スキルや能力、企業があなたを採用するメリットなどを、しっかりアピールしましょう。

以下の記事では、海外インターンシップの魅力について解説しています。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ