筆記試験

【玉手箱の効果的な対策方法をご紹介】 例題から特徴を把握しよう

玉手箱対策を進めて選考突破を目指そう

選考突破のために玉手箱の対策を講じることが重要です。しかし以下のような不安をお持ちの方は多いでしょう。

「点数アップに効果的な対策方法を知りたい」
「玉手箱の対策をしたいけど何をしたらいいのか?」
「そもそも玉手箱って何?」

そもそもWEBテストは就活最初の関門です。なぜならWEBテストは、エントリーシートの提出と同時に求められることが多く、WEBテストの結果が芳しくないと書類選考で不合格になる可能性があるからです。

就活最初の関門は対策を講じることで突破することができます。特に玉手箱はテストの内容と種類を知ることで、効果的に勉強を進められます。対策を進めて就活最初の関門を突破できるように準備を進めましょう。

この記事では自宅で受験するWEBテストの中では、最も実施されている「玉手箱」を詳しく解説していきます。玉手箱対策を進めて選考突破を目指しましょう。

玉手箱とは

玉手箱は日本エス・エイチ・エル社が提供している検査で、受験者のパソコンにて自宅で受験します。テスト形式は能力検査と性格検査の2種類からなります。

また日本エス・エイチ・エル社はIT企業で導入企業の多いGAB・WEB GABといったWEBテストも作成しています。そのためGAB・WEB GABにも玉手箱と同じテスト形式が取り入れられているのです。

玉手箱の対策をすることでGAB・WEB GABの対策にもつながるので玉手箱対策を進めておきましょう。

そもそもWEBテストとは

そもそもWEBテストとは、企業が就活生の能力・性格をはかるために用いられるオンラインテストのこと指します。実施される時期はエントリーシートの提出と同時に受験するよう求められることが多いです。リクルートの調査結果によると2018年のWEBテストの導入率は94.0%となっており、ほとんどの企業が導入しています。

またWEBテストの種類はとても多くSPI・玉手箱・TG-WEBなどの比較的導入企業が多いものから、あまり聞きなじみのない物まで数多く存在しています。

WEBテストの目的は面接に進む人を絞るため

ではWEBテストはなぜ実施されているのでしょうか。それは企業がWEBテストを実施する目的を理解すると理由がわかります。

WEBテストは「企業が就活生の能力・性格から自社とのマッチ度をはかり、面接に進む人を絞る」のが目的です。大手企業や人気企業には就活解禁とともに応募者が殺到します。

しかし応募者全員と面接をすることは膨大な時間を要するため難しいです。そこでWEBテストを実施し候補者を絞ることで、選考基準に合う学生に絞って面接をすることができます。そのため企業は効率的に面接に進む人を絞る目的でWEBテストを実施しています。

玉手箱の主な導入業界と企業

玉手箱の主な実施企業は、総合商社、専門商社、証券銀行、投資銀行です。具体的な実施企業は三菱地所、アクセンチュア、みずほフィナンシャルグループ、日立製作所、日産自動車、オリックスなどが挙げられます。

商社や銀行といった仕事にスピードと正確性の両面が求められる業界に多く導入されています。玉手箱の対策を行うことで、多くの企業の選考突破に近づくことができるでしょう。

玉手箱の特徴は問題数が多く時間が短い

玉手箱の特徴は問題数が多く、回答時間が短いことです。時間にすると一問あたり約30秒で解かなければなりません。つまりスピード感をもって問題を解き進める必要があります。例題や参考書の問題を解き、問題に慣れておくことが大切でしょう。

また企業によって出題する科目の組み合わせが変わることも特徴です。能力テストの問題形式は計数理解テスト・言語理解テスト・英語の3種類があります。その中から企業によって出題する科目の組み合わせが変わります。

例えば三井住友銀行では計数理解テスト・言語理解テストの2種類のみの実施です。実際に玉手箱を受験する際に慌てないように、企業によって出題する科目の組み合わせが変わる特徴を知っておきましょう。

SPIとの違いは解答時間が短いこと

SPIの能力検査の合計試験時間が70分間に対して問題数が最大97問。一方玉手箱は合計試験時間が101分間に対して225問です。

一問あたりの解答時間にするとSPIは約50秒、玉手箱は約30秒です。先ほどの特徴でもお伝えしたように玉手箱は問題数が多く、時間が短いことがわかります。

玉手箱は対策が簡単

SPIでは1つの出題形式に対して数種類の問題が出題されます。一方玉手箱では1つの出題形式に対して1種類の問題のみが出題されます。つまり玉手箱はSPIよりも問題の種類が少ないので対策が簡単です。

例えば出題形式が推論の場合、SPIは問題の種類は4種類ありますが、玉手箱の問題の種類は1種類のみです。具体的に玉手箱の出題形式は合計8種類です。

推論を含んだ計数理解テストの問題は3種類・言語理解テストの問題は3種類・英語の問題は2種類と非常に問題の種類が少ないです。そのためこの8種類の解き方と出題形式を覚えることが玉手箱のテスト対策のコツと言えます。

それでは次に手箱の出題形式別例題と対策のコツを詳しく解説しているので、是非参考にしてみてください。

無料の問題集で玉手箱やTG-WEBに対策しよう

Webテストの練習をするには、問題を多く解く必要があります。そこでおすすめなのが「WEBテスト問題集」です。こちらの問題集では、玉手箱とTG-WEBに対策できる問題が非言語と言語に分かれて掲載されています。

詳しい解説つきなので、問題が解けなかったという人も力をつけることができます。分からなかった問題をそのままにせず、解説を読んで意味や解き方を理解することが大切です。無料でダウンロードできるので、腕試しがしたいという就活生にもおすすめです。

玉手箱のテスト形式別例題と対策のコツ

ここからは実際にテスト形式別の例題と対策方法について解説していきます。問題数や時間は目安だと考えると良いでしょう。先にお伝えしたように企業によって出題する科目の組み合わせが変わるからです。

具体的に能力検査では、計数理解テストの3種類の問題形式から1種類・言語理解テストの3種類の問題形式から1種類・英語は2種類の問題形式から1種類が出題されます。万全な対策を進めるためにも、まずは問題形式と例題を知っておきましょう。

1計数理解テスト

計数理解テストはいわば数学の問題が出題されます。内容は主に、四則演算を制限時間内に精度高く解答するものです。

そして前途の通り、計数理解テストの問題は3種類・言語理解テストの問題は3種類・英語の問題は2種類と非常に問題の種類が少ないです。そのためこの8種類の解き方と出題形式を覚えることが対策のコツと言えます。参考書を繰り返し解き、解き方と出題形式を覚えておきましょう。

また参考書を解く際にはタイマーを使用すると良いです。タイマーをセットすることで本番でもスピード感をもって解き進められます。是非活用してみてください。

【テスト形式】
・四則逆算 50問/9分
・図表の読み取り 29問/15分
・表の空欄の推測 20問/20分

四則逆算

・四則逆算 50問/9分
四則逆算は一部が空欄になっている方程式を完成させる問題です。9分間で50問が出題されます。電卓が使用できるのであらかじめ準備しておきましょう。

例題と解説

【例題】
1. 31×◻=270+◻
2. 48÷3=◻÷6

【解答】
1. 9 
◻(31-1)= 270
30 × ◻= 270
◻= 9
よって解答は9となる

  1. 96
    (48÷3=16なので空欄に96を入れれば6で割った時に16になる)

図表の読み取り

・図表の読み取り:29問/15分
図表から法則性を見出し、計算などの作業を素早くこなすことを問われる問題です。こちらも四則逆算と同様に電卓が使用できるのであらかじめ準備しておきましょう。

例題と解説

【例題】

【解説】

表の空欄の推測

・表の空欄の推測 20問/20分
表の数値から法則性を読み取り空欄部の「?」に当てはまる答えを類推する問題です。表は1問ごとに異なります。

例題と解説

【例題】

【解説】

2言語理解テスト

言語理解テストはいわば国語の問題が出題されます。内容は主に長文を読み、設問に解答するものです。そのため解答の正答率を上げるためには、長文を正しく読解する必要があるのです。

つまり言語理解テストは提示されている情報を素早く、正しく読み解くことが対策のコツです。提示されている情報を紙に図式化することや、キーワードを書き出すことで正しく情報を読み解くことができます。是非試してみてください。

【テスト形式】
・GAB形式の言語(論理的読解)32問(8長文✕4問/15分)
・IMAGES形式の言語(趣旨判定)32問(8長文✕4問/10分)
・趣旨把握 10問/12分

GAB形式の言語(論理的読解)

・GAB形式の言語(論理的読解)32問(8長文✕4問/15分)
GAB形式の言語は長文を読み、問題に解答する形式のテストです。

例題と解説

【例題】

【解説】

IMAGES形式の言語(趣旨判定)

・IMAGES形式の言語(趣旨判定)32問(8長文✕4問/10分)
IMAGES形式の言語は長文を読み、問題に解答する形式のテストです。GAB形式とは形式が違うので注意してください。

例題と解説

【例題】

【解説】

趣旨把握

・趣旨把握 10問/12分
1000字程度の文章を読み、その後4つの選択肢の中からもっとも筆者の訴えに近いものを一つ選ぶ問題です。

例題と解説

【例題】

次の文章を読んで、筆者の訴えに最も近いものを選択肢の中から1つ選びなさい。都市は元来、その規模の大小にかゝはらず、政治、経済の中央集権的な機構が作りだした、高度技術生活の凝結体である。従つて、都市を形作る要素は、それ自体技術文化と緊密に結びついてゐるのだから、民族として発展した基本社会のうちにあつて、おのづから、頭脳的な地位を占めるものである。こゝから、首府が地方に対し、都邑が農山漁村などに対して、支配的となり、指導的となり、強圧的となり、搾取的となることがある。都市自体の、近代主義的な優位には、かういふ人為的或は堕性的な向がみられる一方、都会人と所謂「田舎の人」との間には、複雑な対立感情が発生したのであるこゝで詳しくこの問題にふれることを避けるが、要するに、「文化」といふ言葉の広い意味に於ては、一民族の協同体としての等質文化のほかに、都市は都市としての文化様相を備へ、田舎は田舎としての文化様相を保ち、その何れも、各々の生活表現を豊かに健かに示す限り、互に相侵さず、羨まず、軽んぜず寧ろ、独自の面貌を誇りつゝ、時に他を慰め、鼓舞し、酔はすことこそが望ましいのである。都市文化は、それが技術的に高度なるが故に尊くはない。地方文化は、それが「自然」に護られてゐるのみで愛すべきものとはならぬ。近代都市の文化的危機は、それが技術的には高度であつても、「永久的なもの」の欠如、つまり、歴史的なものゝ消滅と雑居的な勢力の横行に原因する。一方、都市文化は、「物質的なもの」を多く含んではゐるけれども、それは単に外観であつて、都市には都市の極めて重要な精神があり、都会人は必ずしも「物質的」だとは云へない。たゞ、「物質」にする観念が、都市と田舎とでは甚だ相違するのである。都会人は、「物」を使用する側から見る。田舎の人は、「物」を作る側、獲る側から見るのである。ただ、都会人は、生活をも技術的に考へる傾向があり、「物を使用する」ことに、より多くの興味と欲望を感じ、遂に生産の労苦を忘れて消費の快楽を追ふ結果となる。しかしながら、都会人は、あらゆる刺激によつて、心理的に鋭くされ、それが病的にまでなつてゐるものもあるが、また、その鋭さが、精神生活の面で、一種の強味を発揮する場合もある。これは、感覚に趣味の洗煉といふ形で現れ、頭脳活動に於て速度と飛躍性とが加る。近代都市の最も惨憺たる現象のひとつは、その住民の大多数が、いはゆる都会人でなく、または都会人になりきらず、しかも、都会人的要求を満たし、満たさしめんとしてゐる状態である。

  1. 都市に住む人は、利便性を享受できる一方で、地方の自然性にも憧れを持つ
  2. 文化は地方も都市も関係なく成立するものである
  3. 都市住民の最も大きな課題は精神面と物質面で乖離(かいり)がある点である
  4. 田舎は自然を利用し生活するという意味ではものを使う側である

【解答】3
最終段落、「近代都市の最も惨憺たる現象のひとつは、その住民の大多数が、いはゆる都会人でなく、または都会人になりきらず、しかも、都会人的要求を満たし、満たさしめんとしてゐる状態である。」に同意

3英語

【テスト形式】
・GAB形式の英語(論理的読解) (24問:8長文✕3問/10分)
・IMAGES形式の英語(長文読解) (24問:8長文✕3問/10分)
英語のテストは企業によって実施しないこともあるので、受験する前に確認しておきましょう。

GAB形式の英語(論理的読解)

・GAB形式の英語(論理的読解) (24問:8長文✕3問/10分)
英語の長文を読み3つの設問に対して正誤を問う問題です。

例題と解説

【例題】
英語の長文を読み、次の質問ごとに最適な説明を選択してください。

A:The statement is patently TRUE or follows logically, given the information or opinions contained in the passage.

B:he statement is patently UNTRUE or the opposite follows logically, given the information or opinions contained in the passage.

C:You CANNOT SAY wether the statement is trure or untrue, or follows logically, without further information.

Rising temperature and extreme weather conditions brought on by climate change could reduce rice yields by as much as 40 percent by the end of the 21st century in much of central and southern Japan, according to research data released by the Intergovernmental Panel on Climate Change.
The official public launch of the full IPCC assessment, “Climate Change 2007: Impacts, Adaption and Vulnerability,” identifies regions of world most likely to be affected by climate changes, and highlights crops and agriculture under threat in Asia as a whole.
Evidence included in the report that was gathered by the International Rice Research Institute suggests that rice yields “decrease by 10 percent for every 1 degree increase in growing-season minimum temperature,” leading to a decline in potentially good agricultural land.

問1 The decrease in rice yields in Japan was caused by rising temperature and extreme weather conditions brought on by climate changes.

◯A

◯B

◯C

問2 According to the official piblic launch of the full IPCC assessment, most of the world regions are likely to be affected by climate changes.

◯A

◯B

◯C

問3 A 1 degree increase in growing-season minimum temperature could result in a 10 percent decrease in rice yields.

◯A

◯B

◯C

【解答】
問一:C

問二:C

問三:C

この文章では、気候変動による気温上昇や異常気象により、21世紀末までに日本の多くの地域で米の収穫量が減少する可能性について述べられています。それを理解することができれば、後は設問に沿って回答することができます。正しく英文を読み解き、設問に回答しましょう。

IMAGES形式の英語(長文読解)

・IMAGES形式の英語(長文読解) (24問:8長文✕3問/10分)
英語の長文を読み設問の答えとして適切なものを、与えられた選択肢の中から選ぶ問題です。

例題と解説

【例題】
次の文章を読み、続く設問の解答を5つの選択肢の中から1つ選びなさい。

If you want to be a better singer at karaoke, or would like to sing well without tension in front of many people, "ABC Karaoke School" is the place for you.

The following are comments by the students at ABC Karaoke School:
- After a month of training, I was able to sing in the right key.
- My voice carries much better than before.
- Singing in a loud voice keeps your mind and body young and healthy.

Singing out loud relieves stress and helps people unwind, and a stress-free, relaxed state of mind and body keeps you young, healthy, and beautiful.Our lessons are usually two hours long and take place every Saturday. We have 3 recitals per year in our school, so you will have the chance to sing in front of people (these are not mandatory, of course). We offer a free lesson every Wednesday night from 18:00 to 20:00. Just drop by and see the difference!

Tel:0123-000- *** (for reservations and inquires about free lessons; reservations are required)

1.What kind of text is this?
〇 A product advertisement
〇 An advertisement for students
〇 An event announcement
〇 An advertisement for teachers
〇 An audition announcement

2.According to the text, which of the following is true?
〇 Anyone who wants to enroll in the school needs to pass an audition.
〇 The students are dissatisfied with the school.
〇 One of the students said that singing is good for your health.
〇 A good singer earns a lot of money.
〇 lf you are always nervous in front of people, learning karaoke will be difficult for you.

3.According to the text, which of the following is false?
〇 Free lessons are available only every Saturday night.
〇 The lessons are not only for people who want to sing well, but also for those who want to sing without being nervous.
〇 lf you want to take free lessons, you should call 0123-000-***
〇 Free lessons need to be booked in advance.
〇 The school has 3 recitals per year.

【解答】
1. An advertisement for students

  1. One of the students said that singing is good for your health.
  1. Free lessons are available only every Saturday night.

上記英文は、ABCカラオケ教室が受講生を募集するために、レッスン内容や受講生の声を記載しているものです。それを理解することができれば、後は設問に沿って回答することができます。正しく英文を読み解き、設問に回答しましょう。

また英文を正しく理解するためには、知っている単語を増やすことです。参考書などで知っている単語を増やし、対策を講じておきましょう。

4性格テスト

性格テスト 68問/20分
性格検査では受験者の性格の特徴や思考の癖をはかります。性格の特徴や思考の癖をはかることで社風にマッチするか、求める人物像に合った人かがわかるからです。問題形式は質問に対して選択で回答します。

例題

以下の質問はあなたの日常の行動や考えにどの程度あてはまりますか。
最も近い選択肢を1つ選んでください。

A.一人で旅行するのが好きだ
B.皆で旅行するのが好きだ

A.買い物ではよいと思ったらすぐ買ってしまう
B.気に入っても一度店を出て考え直す

A.勝負は時の運だ
B.勝負は努力の結果だ

A.気が合うのは想像力のある人だ
B.気が合うのは実行力のある人だ

A.うそも方便である
B.うそはついてはいけない

〔選択肢〕
Aに近い
どちらかといえばAに近い
どちらかといえばBに近い
Bに近い

おすすめの対策方法3選

ここからは能力検査の効果的な対策方法やポイントをご紹介していきます。就活では玉手箱の対策以外にもES作成などやることがたくさんあります。

効果的な対策方法を知ることで、玉手箱の対策時間を短くでき、ES作成や面接対策に時間を充てることができます。

玉手箱対策は解答時間が短いため、解答スピードを上げる必要があります。そのためには、8種類の解き方と出題形式を覚えることが対策のコツです。

そして解き方と出題形式を覚えるには問題集を繰り返し解くこと、一日30分と時間を決めて取り組むことが効果的な対策方法です。それぞれ詳しく解説しているので是非参考にして、効果的に玉手箱対策をしましょう。

また紹介するポイントは玉手箱のみならず、どのWEBテストにも応用できるので、是非参考にしてください。

1.問題集を活用し解答スピードを上げよう

玉手箱対策は問題集や参考書を繰り返し解くことがポイントです。繰り返し解くことで問題の解法を覚えることができるからです。

前途の通り玉手箱は問題数が多くスピード感をもって解き進めなければなりません。具体的には、一問あたりにかけられる時間は約30秒しかありません。そのため1問に対する解答時間を短くする必要があります。

解答時間を短くするためには、自分の苦手分野を認識し解き方を覚えることで解答時間を短くすることができます。上でもお伝えしたように、玉手箱は出題形式が8種類と決まっているため解き方を覚えておくと回答時間を短くすることができます。

これは玉手箱に限らず多くのWEBテストは問題のパターンが決まっているものが多いので、解き方を覚えることはどのテストでも効果的な対策です。問題を繰り返し解くことで解き方を覚えておきましょう。

おすすめの参考書は「玉手箱・C-GAB編 これが本当のWebテストだ!」です。問題数が多いのでスピード感を意識して、一問あたり約30秒で解けるように繰り返し解くと良いでしょう。タイマーをセットすることで本番でもスピード感をもって解き進められます。

おすすめの活用法は、参考書を2周解くことです。1周目はわからない問題があれば飛ばすなど本番さながらのスピード感で解いてみてください。このときわからない問題や間違えた問題があれば付箋などの目印を付けて、解き方を覚えましょう。

そして2周目に付箋などの目印を付けた問題のみを解きなおしてみてください。短期間で効果的に8種類の解き方を覚えられます。是非行ってみてください。

2.一日30分スキマ時間を活用しよう

一日30分と聞くと長いと感じるでしょうか。それとも短いと感じるでしょうか。WEBテスト対策は毎日コツコツ継続して行うことが大切です。1日30分と時間を決めることで集中して取組めるだけでなく、解き方を効率からです。

これはエビングハウスの忘却曲線といい「人が何かを記憶した際に、時間経過でどれだけ忘れていくのか」を示したデータです。

具体的には、20分後には42%忘れる・1時間後には56%忘れる・9時間後には64%忘れる・1日後には67%忘れる・2日後には72%忘れる・6日後には75%忘れる・31日後には79%忘れることを示しています。

つまりエビングハウスの忘却曲線によると、人は何かを学んでも1日後には67%もの情報を忘れてしまうことがわかります。

ではどうすれば学んだことを忘れずに記憶することができるのでしょうか。それは1日以内に10分、1週間以内に5分、1か月以内に2~4分復習をすることです。

これはカナダのウォータールー大学の研究結果によると、学習した後24時間以内に10分間復習をすると、記憶率は100%に戻る。そして次の復習は1週間以内に5分をすると記憶率が100%に戻る。さらに次の復習は1か月以内に2~4分復習すると記憶率がまた100%に戻るということを示しています。

つまりこれらのデータから、学習後定期的に復習をすることで記憶に定着できるのです。つまり毎日コツコツ取組むことは、本番で実力を発揮するための一番の近道なのです。スキマ時間を活用して就活最初の関門を突破しましょう。

3.エントリー前に実施されるテストを確認しておこう

応募する企業・業界によって実施されるWEBテストは変わります。実施されるテストが変わると対策方法も変わります。

例えば、TG-webなどの問題の難易度が高いテストは事前に対策を進めておく必要があります。そして実施されるテストがわからないと効果的に対策することができません。そのためエントリー前に実施されるテストを確認しておきましょう。

【「応募企業名」スペース「WEBテスト」】
と検索すると過去に実施されたWEBテストの種類を確認することができます。

また予期せずテストの種類が変更される可能性もあるので、応募企業のホームページから問い合わせてみるのも一つの手です。エントリー前に実施されるテストを確認しておきましょう。

WEBテストの練習ができるサイト3選

ここからはPCで簡単にWebテストを受験できるサイトをご紹介します。ご紹介するサイトには玉手箱の形式も含まれています。そのため参考になるでしょう。

対策本が届くまでの期間や、ちょっとしたスキマ時間に受験してみてください。

1.お試し!Webテスト キャリタス就活

Webテストを受験できるサイトの1つ目は、キャリタスが提供している「お試し!Webテスト」です。「お試し!Webテスト」ではSPI・玉手箱・TG‐WEBなどの主要なWEBテストを受験することができます。

テスト内容は非言語問題と言語問題に分かれています。非言語問題は全10問で制限時間が7分です。言語問題は全5問で制限時間が4分です。そして答え合わせの際にそれぞれの問題に対して、詳しい解説もついているため復習することもできます。

まずは自分の実力を知りたい・WEBテストの問題を知りたいという方はこのサイトを活用してみてください。

2.適性検査対策 WEBテスト マイナビ

Webテストを受験できるサイトの2つ目は、マイナビが提供している「適性検査対策WEBテスト」です。「適性検査対策WEBテスト」では会員登録をせずにWEBテストを受験することができます。

テスト内容は非言語・言語・一般常識に対してそれぞれ10問解くことができます。会員登録せずに、スキマ時間で受験したい方はこのサイトを利用すると良いでしょう。

また会員登録をすると、受験できる問題数が増えます。さらに問題の正答率を見る機能が使えるようになります。問題の正答率を見ることで、ご自身の苦手分野を特定することができます。苦手分野を特定して、点数アップを望む方にはこのサイトを活用するとよいでしょう。

3.言語・非言語Webテスト リクナビ

Webテストを受験できるサイトの3つ目は、リクルートが提供している「言語・非言語Webテストリクナビ」です。リクルートはSPIを作成している企業です。そんなリクルートがWEBテストの練習用にオリジナル問題を提供しているサイトです。

テスト形式は実戦形式に近い、言語問題15分・非言語問題35分の計50分で構成されています。受験後にはご自身の得点がランキングとして見ることができます。受験者全員と比較して点数を高いのか・低いのかを知ることができます。

そのため自分の実力を客観的に知りたい方や、試験の本番前に実戦形式で練習したい方におすすめです。是非このサイトを利用してみてください。

玉手箱対策は3年生の12月までに始めよう

SPIの対策は大学3年の12月には始めておきましょう。「以外と遅いのではないか?」と思った人もいるでしょう。就活ではSPI対策のほかにも、自己分析や企業研究、OB訪問など、就活では準備しておかなくてはいけないことがたくさんあります。

そのため、SPIだけに時間を割いてはいられないのです。自己分析や企業研究を3年生の12月までにある程度進めておき、3年生の12月以降はSPIの対策をするとよいでしょう。

しかしSPIを突破できなければ、先の選考に進めないため早くから始めることに損はありません。自己分析や企業研究の時間も必要ですので、自分で時間やどれをいつから始めるというのは早めにスケジュールをたてて管理していくといいでしょう。

またSPIの対策時期は志望する企業や業界により異なります。経団連に加盟しているいわゆる大手企業は大学3年生の12月から対策をするとよいです。しかし経団連に加盟していない企業やベンチャー企業などの中小企業では、大手企業よりも選考のスタートが早いため、11月から対策を始める必要があります。

また外資系企業を志望している就活生は大学3年生の8月には対策を始めておきましょう。外資系企業では10月から選考が始まることが多いです。選考前にしっかりと対策を講じておきましょう。

玉手箱対策はスピードが大切

もうすでにお伝えしていますが、玉手箱は問題数が多く回答時間が短いです。時間にすると一問あたり約30秒で解く必要があるので、スピード感をもって問題を解き進める必要があります。そのためには例題や参考書の問題を解き、問題形式に慣れておくことが大切です。

解答スピードと正答率を両立できるよう対策を進めましょう。
自宅で受験するWEBテストの中では最も実施されている玉手箱。玉手箱の対策を行うことで多くの企業の内定に近づけるよう、是非この記事を参考に対策してみてください。

以下の記事ではWEBテストについて詳しく解説しているので、併せて確認してみてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ