OB・OG訪問

OB訪問をする必要性が分かる3つの理由

就職活動を進めていく中でOB訪問という言葉を聞くようになります。実際に何をどうしたらよいのか初めてではわからないものです。実際のところOB訪問をする必要性はあるのでしょうか。そこで、OB訪問をする必要性が分かる3つの理由ついて説明していきます。

OB訪問の必要性が分かる理由1~希望の会社について詳しくなれる~

OB訪問をする必要性があるという理由で第一に挙げられるのは、希望している会社の生の社員の声を聞けるという事です。興味を持った会社のセミナーに参加して話を聞いてもホームページを見てもなかなかその会社で働くことの実態は見えてこないものです。

  • 必要性に気付いて行動する学生はいい結果を残す

OB訪問の必要性として挙げられるのは以下の通りです。
・その会社では働くいい点も悪い点もわかる
・自分と同じ学校を卒業した先輩がそこの会社でどんな仕事をしているのかがわかる
・セミナーではわからない裏情報や社員の本音が聞ける
・その会社が自分が志望するに値するかの判断材料ができる

セミナーでは得られない生の情報を聞けると言うところがOB訪問の必要性を掲げる最大の理由です。OB訪問の必要性に早く気付いて行動する学生ほど就職活動ではいい結果を残しています。

自己分析の浅さは人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るには、自己分析が必須です。自己分析を疎かにしていると、選考で説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。

ツールでサクッと自己分析を終わらせて、選考を有利に進めましょう。

OB訪問の必要性が分かる理由2~面接で熱意を伝える材料になる

OB訪問の必要性はそれだけではありません。実際にOB訪問をして先輩に話を聞く事でエントリーシートや面接での志望動機に深みが出てきます。内容もより具体的になるでしょう。他の学生に差をつけるという点でもOB訪問の必要性を感じられますよね。

  • OB訪問の内容を活かすコツ

OB訪問の内容をより具体的に活かすコツは以下の通りです。
・詳しい仕事内容を知った上で応募しているのをアピールできる
・志望度が高いというのをアピールできる
・他の学生よりも具体的に志望動機ややりたい仕事について語る事ができる

面接に合格するためにはOB訪問の必要性を知るのは大切な事だと言えます。

OB訪問の必要性が分かる理由3~面接に優位になる場合がある~

OB訪問の必要性を語る際に外せないのがいわゆるコネです。OBの先輩が人事に通じているとは限りませんが、もしつながりがあったり何かを伝える機会があるのなら面接を直接有利にすることも可能です。面接でのアピールももちろんですが、社員から聞いた「この学生は優秀らしい」という話は非常に信憑性があるものです。もしOBの先輩にそう思わせることができれば、OB訪問の利点を最大限に活かすことができるでしょう。

  • OB訪問でいい印象を与えるコツ

OB訪問の先輩にいい印象を与えるコツは以下の通りです。
・就職活動を熱心にしている様子をアピールする
・その会社への就職への本気度を伝える
・自分が入社したらこんな活躍をしたいというプレゼンをする

OBの先輩と会っただけで内定に少しでも近づくという点を考えるとOB訪問の必要性がわかってきますね。就職情報でOB訪問の必要性が語られているのはこういった理由があるためなのです。

OB訪問の必要性を理解して就職活動でいい結果を出しましょう

OB訪問の必要性についてお分かりいただけましたでしょうか。OB訪問をするのとしないとでは就職活動の結果に大きな差が出てくるはずです。特に第一志望の会社のOB訪問ができた際にはその効果を実感することができるでしょうか。ぜひOB訪問をしてみてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ