内定後

【内定式はスーツで行けばいいのか】押さえておくべき服装ルールと3つの注意点~色・柄・上着~

内定式の服装ルール

内定式の服装ルール1,指定がなくてもスーツで行く

内定式の服装で指定が無い場合は、スーツでいくのが暗黙のルールとなっています。内定式とは、内定者が、その会社で働くことを改めて覚悟するために集まる会です。そういう場所に仕事をするのにふさわしくない服装でいくのは、不適切となります。仕事の制服ともいえるスーツで行くのが、適切なのです。
もし、自分だけがスーツ以外の服装で行くと、浮いてしまい、悪い印象が残ってしまうでしょう。もちろん、それくらいで内定取り消しになったりはしません。しかし、服装1つで印象を悪くしてしまうのは勿体ないですよね。男女問わず、内定式にはスーツで行くようにしましょう。

内定式の服装ルール2,リクルートスーツが無難

内定式の服装としてはスーツで行くのがルールですが、スーツといっても色々ありますよね。内定式の服装として適切なスーツは、リクルートスーツとされています。内定式というと、なんとなくパーティーのような響きがするので、スーツであれば多少派手なものでも大丈夫と思いがちです。しかし、それで行けば、明らかに場違いとなってしまいます。
先述のように、内定式はあくまでも仕事に関する場です。働き始めてもいない学生としては、せめて服装に関して気を付けるのがマナーなのです。リクルートスーツがなくても、暗いネイビーや暗いグレーのスーツを選んで、内定式に行きましょう。

内定式の服装ルール3,私服=オフィスカジュアル

何も記載がなければ、内定式の服装はスーツだとご紹介しました。企業によっては、「内定式には私服でお越しください」と記載されている場合もあります。そういう場合にも、スーツで行くのはルール的に問題ありません。スーツで行けば、明らかにマイナスイメージとなることはないでしょう。もし、私服で行く場合は、デニムやスニーカーをさけるのがマナーです。ジャケット・シャツ・チノパンといったような、清潔感のあるオフィスカジュアルを意識しましょう。

内定式にスーツで行く際の注意点

内定式にスーツで行く場合、柄や上着はどうすべきか、迷う人は少なくありません。スーツといっても、その色や柄はさまざまですし、季節によっては上着がなければ寒いです。しかし、もし間違えた色や柄、上着を選んでしまえば、採用担当者からの評価が下がってしまいます。
就活生が内定式に行く場合は、どういった色・柄・上着が正しいのでしょうか。以下では、色・柄・上着のなかでも就活生が迷う、「紺色」「ストライプ柄」「コート」についてご紹介します。迷っている就活生は、ぜひ参考にしてください。

紺色

まずは、「紺色」です。黒と思って購入したスーツの色が、実は濃紺だったという人もいるのではないでしょうか。内定式の服装マナーとして、スーツを着用する場合に最も無難な色は、黒となります。しかし、濃紺程度の大人しい色ならば、何の問題もありません。むしろ、限りなく黒に近く色も落ち着いている濃紺ならば、大人びた印象を残せるでしょう。
ただし、明るすぎる紺色はNGとなるため、気を付けてください。紺色の中には、青々として明るい色のものがあります。そういった色のスーツを内定式に着ていけば、周りに馴染めず、浮いてしまう可能性があるでしょう。

ストライプ柄

次に、「ストライプ柄」です。ストライプ柄のスーツは、意外とどこにでも売ってあるため、内定式で着ても良いと思いがちです。実は、ストライプ柄のスーツを内定式で着てもいいかどうかは、職種によります。アパレル系など、オシャレさや個性が求められる企業に就職した場合は、ストライプ柄のスーツを着用しても目立つことはありません。
ただし、普通の企業に就職した場合は、黒無地のスーツの方が無難です。銀行員や公務員などの誠実さが求められる業種の場合、ストライプ柄は少しカジュアルすぎるイメージを与えてしまいます。そのため、内定式では避けた方が良いでしょう。

コート

最後に、「コート」です。内定式がおこなわれる時期が寒い場合は、コートを着用するべきか迷う人も多いでしょう。内定式にコートを着用していくのは、マナーとして問題ありません。男性ならばステンカラーコート、女性ならばトレンチコートが良いでしょう。
ただし、デザイン性が高すぎたり、オシャレを意識しすぎたものは、企業側からの評価が下がる可能性があります。あくまでも仕事に関する場なので、派手すぎるものを着用するのはNGです。黒やグレーなど、スーツに似合う色のコートを選びましょう。

内定式ではリクルートスーツが無難!オフィスカジュアルもアリ

内定式での服装ルールには、以上のようなものがあります。人前で目立ちたいのなら、実際に仕事をはじめてから、いい意味で目立つのが一番です。内定式で下手に目立てば、評価を下げるだけ下げて終わってしまうでしょう。そうならないためにも、内定式の服装マナーをしっかりと把握しておいてください。