身だしなみ

内定式に適した髪色【男女別】|スプレーの使用やプリンはアリなのか

内定式は役員や社員との顔合わせの場になる

内定式は内定獲得後、しばらく時間が空いてから行われます。そのため就職活動時の緊張が途切れてしまい、学生気分で参加してしまう内定者が一定数います。しかし内定式で出会うのは同じ内定者だけではありません。先輩社員はもちろん、役員とも顔を合わせることになるのです。

内定式に出席する以上、その企業への入社を決意している学生がほとんどでしょう。そうであるならば、内定式での振舞いには注意を払うべきです。学生気分で参加し、相応しくない振舞いをしてしまうと、その後お世話になる社員の方々からの評価を落としてしまう恐れがあるのです。

外見は第一印象に大きく影響する

人の第一印象を決める最も大きな要因は外見です。就職活動中の面接においても、髪型を整え、スーツのシワを伸ばすなど、身だしなみに気を遣っていたことでしょう。内定式においても同様であり、その場に相応しくない外見で参加してしまうと、自身の第一印象を悪いものにしてしまいます。

入社を決意しているのであれば、他の社員の方々から持たれる第一印象はいいに越したことはありません。学生気分を引きずったままの身だしなみで内定式に参加してしまい、結果、自身の評判を自分自身で落としてしまうことのないように注意が必要です。就職活動時と同様、社会人としてのマナーを意識し、身だしなみを整えておくようにしましょう。

髪型や髪色はチェックされている

内定式には内定者として参加するのであり、社員としてではありません。あくまでも学生という立場で参加することになります。しかしその立場に甘え、学生気分を引きずった身だしなみで内定式に参加するのはNGです。特に髪型や髪色には注意する必要があります。就職活動が終わり、学生生活を満喫する中で、髪色を明るくする人もいるでしょう。髪の毛を伸ばしている人もいると思われます。

しかし、そのままの髪型や髪色で内定式に参加してしまうと、大きくマイナス評価を受けてしまう恐れがあるのです。内定式では、社会人として自覚ある行動をすることが求められています。髪型や髪形には特に注意を払い、社会人として相応しい身だしなみに整えて内定式に参加するようにしましょう。

あなたが受けない方がいい職業をチェックしよう

就活では、自分に適性のある仕事を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My analyticsで強み・弱みを理解し、自分がどんな仕事に適性があるのか診断してみましょう。

就活の身だしなみは清潔感を保ちつつ自分らしさを演出することも大切

就活の身だしなみにおいて、悩む人は多いです。第一印象に影響を与える大きな要素だからこそ、身だしなみについて悩むかもしれません。しかし、大前提として就活の身だしなみに、どの企業にも共通する「正解」は存在しません。

そのため、清潔感を保つことは前提として、自分らしさを演出することも大切だと覚えておきましょう。解説した内容は参考にしたうえで、自分自身で考えて納得して選択することが大切です。

内定式の髪色のマナー4つ

内定式に参加する前に、髪色のマナーを見直しておくことが大切です。入社が決まっているからといって気を抜いていると、企業側にそれが見透かされるでしょう。内定式には、春からお世話になる先輩や上司なども参加しているかもしれません。少しでもいい印象を持ってもらうためにも、まずは外見から気をつけてみましょう。

①地毛に近い落ち着いたい髪色がおすすめ

髪色は、地毛に近い落ち着いた髪色が無難です。就活が終わったタイミングで髪色を明るくしすぎてしまった人は、落ち着いた色にもどしておきましょう。就活のときと同じ程度の髪色の暗さで内定式にのぞむことをおすすめします。

注意点としては、黒染めスプレーは使わないということです。雨や汗でスプレーが落ちて、服についてしまう可能性があるからです。余裕を持って、髪色は暗くしておきましょう。

②髪の毛は長さにも気をつける

清潔感をだすためには、髪の毛の長さやセットの仕方に注意が必要です。女性の場合は、髪の長さに合わせてまとめるなどの工夫が必要です。前髪の長さやスタイルには気を遣いたいところです。

男性の場合も、眉毛と耳は見えるようにしておくのがいいでしょう。ヘアアクセサリーはつけないようにし、髪をまとめるには普通のヘアゴムやピンを使用してください。

③スプレーの使用は注意が必要

髪を染めている人が内定式に参加する際、黒髪に見せるためにスプレーを利用する方法もあります。「黒染めスプレー」や「髪色戻しスプレー」として、ドラッグストアなどで500円前後で販売されています。スプレーなのでわざわざ髪を染めることなく黒髪にでき、落とす際もシャンプーで簡単に落とせるアイテムです。

使用する際は、スプレーがスーツやシャツに付着しないように、汚れてもいいパーカーなどに着替える必要があります。内定式の1日だけ黒髪にしたい場合、このスプレーはとても役に立つでしょう。ただ、簡単に染められて落とせる分、雨や汗に弱いです。染料なので少し濡れたぐらいでは落ちませんが、土砂降りの日などは使用を避けた方が無難でしょう。

④プリンはマナー違反

たとえ暗い茶髪であっても、プリンになって清潔感に欠けるよう髪色になっているようであれば、それは社会人として相応しくありません。プリンは、内定式での髪色としてNGです。もしプリンになってしまっているのであれば、内定式までに染め直しましょう。

意外にプリンは目立つものです。それがたとえ暗い茶髪であっても、自分で思ってるよりも周囲の人にとっては気になるものなのです。ましてや、それが内定式という多くの人が並ぶ場所では嫌でも目立ってしまいます。きちんと髪の付け根まで見て、髪色を調整するようにしてください。

あなたが受けない方がいい職業をチェックしよう

就活では、自分に適性のある仕事を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My analyticsで強み・弱みを理解し、自分がどんな仕事に適性があるのか診断してみましょう。

内定式での髪色はマナーを守り清潔感を意識しよう

内定式での髪色マナーには、上記で紹介したものがあります。いきなり髪色で印象を悪くしてしまっては、なかなかそれを取り返すことはできないでしょう。もしそれで注意を受けたとしたら、こちらのテンションも下がりますよね。内定式にはマナーを守った身だしなみで参加しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ