面接

私服で面接を受ける際の正しい服装

面接に「私服でお越しください」と言われる理由

面接時の私服は、ビジネスカジュアルを指していることが多いです。私服で大丈夫と言われたからジーンズを履く、パーカーを羽織るなどして面接に臨むと、「ビジネスマナーがわかっていない」という烙印を面接官に押されてしまう危険性があります。

面接では話す内容ももちろんですが、その人の雰囲気なども見られています。余計なところで思わぬ減点を食らわないよう、企業のイメージに合った私服を着ていくようにしましょう。

企業は応募者のタイプを判断しようとしている

私服で訪問することを求められる場合、就活生の人柄を服装からも見てみよういう面接官の意図があります。襟がよれている、シャツにしわがある、靴が汚れているなど、私服に清潔感がない場合、「細部まで気を回すことが苦手な性格なのか」と見られています。

また堅いイメージの企業の面接に伺う際、ジーンズを履いていく、パーカーを羽織っていくなど、企業イメージにそぐわない服装で行くと、「自社の雰囲気には合わない」と烙印を押されてしまう可能性もあります。

あくまで面接という特別な場面であることと、その企業の企業イメージを勘案し、それに沿った私服を選んでいるかで、社会人としての環境への順応性も見られているのです。私服だからこそ、着るものにはいつも以上に気を回して面接に臨むようにしましょう。

「服装ではなく内容に力をいれてほしい」という気遣い

一方で、私服での訪問が求められる場合でも、面接官の関心が服装にほとんど向いていない場合もあります。このような場合、リラックスして本来の力を見せてもらいたいという面接官の意図があります。面接の場は誰でも緊張するものです。

緊張してしまい、自身の実力をしっかりと発揮できないケースもあるでしょう。しかし、企業は大勢の就活生の中から採用する人を決める必要があります。企業としては少しでも優秀な人材を確保したいので、面接に臨む場合には就活生に自身の実力を100%発揮してもらいたいのです。

ただそのようなケースでも、明らかに社会人としてふさわしくない私服で臨んだ場合はもちろん減点対象となりますので、常識の範囲内で着ていく私服の選定は行ってください。

ファッション業界の場合はセンスが見られている

面接する企業がファッション業界である場合は、私服のセンスを見られている可能性があります。どのような企業にもそれぞれ独自のカラーがあります。一言にファッション業界といっても、ビジネスカジュアルをメインに取り扱っている企業もありますし、パーカーやジーンズなど、カジュアルなファッションを専門に取り扱う企業もあるのです。

面接官は、自社で活躍出来る人材を見出すために採用活動をおこなっています。ファッション業界であれば、自社のカラーにふさわしくない服装で面接に来られると、その時点でマイナス評価になってしまう可能性が高いです。ファッション業界を志望する場合は、その企業のカラーも考慮した上で服装を判断しましょう。

TPOを守った服装ができているかが見られている

私服でお越しくださいと指定をする企業の意図としては、就活生の常識力を知りたいと考えている場合もあります。私服で参加していい場合でも、就活の場であることには変わりありませんし、カジュアルすぎる服装はよくありません。

言葉を額面通りに受け取ってしまい、本当にラフな服装で臨んでしまうと常識がないと判断される可能性がありますし、就活でもおかしくない服装をすることが大切です。就活中の私服と言えばどのような服装を指すのかが見られており、TPOを守った服装ができているかがチェックされています。TPOを考えずに、自分勝手に好きな格好をしていないか、常識が身に付いているのかが見られていますので、その場に応じて選ぶ服装を考えることが大切です。

面接に着ていく私服はビジネスカジュアル

面接で私服の指定がされている場合は、デニムやトレーナー、スニーカーなどのラフすぎる服装はNGです。私服といっても面接の場合はビジネスカジュアルを心がける必要があり、カジュアルになり過ぎないように注意しなければなりません。ビジネスカジュアルの服装は電車などでビジネスマンが出勤している服を参考にしてみるといいでしょう。スーツで出勤している人も多いですが、業種や職種によっては私服で出勤している人もいます。

ビジネスマンは私服とは言え、カジュアルすぎる服装はしていませんし、フォーマルに見える服装をしています。ビジネスカジュアルはスーツ以外で仕事をしていてもおかしくない服装ですので、カジュアルになりすぎないように注意しておきましょう。

服装自由=私服ではない

就活では服装自由と指定がされる場合もありますが、服装自由=私服とは限りません。服装自由とされていても、スーツで参加しなければ印象が悪くなる場合もありますし、本当に私服でもOKな場合もあります。

上手に服装を決めるためにも、服装自由とはどのようなものなのかを知っておくことが大切です。服装自由は困ることも多いですが、ポイントさえ押さえていれば問題はありませんので、ポイントをしっかりと理解して、当日の服装を決めていきましょう。

【スーツと私服の判断基準】
服装に関する記載なし→スーツ
「服装自由」→どちらでも良い。学生の大半はスーツを選ぶ
「私服可」→どちらでも良い。学生の6,7割はスーツを選ぶ
「私服で起こしください」→原則私服。学生の2,3割はスーツを選ぶ。
「スーツ不可」→私服
「あなたらしい格好で」→私服を着て理由を話すこと多し。スーツでも理由を話せるなら可

迷ったらスーツが無難

企業から服装自由と指定され、どんな服装をすればいいのかわからず迷った場合はスーツを着ていくのが無難です。服装自由ではスーツを着ていったからといってマイナスの印象を与えることはありませんし、真面目な印象、誠実な印象を与えて好印象になる場合も多いです。

私服を着ていくことで、個性をアピールできる場合もありますが、すべての企業でプラスに働くわけではなく、マイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。就活中はスーツを着るのが基本ですし、服装自由であってもスーツを着ている人は多いです。当日に他社の選考や説明会などがある場合も多いですし、当日に予定が重なっている場合などは、それらに合わせてスーツを選ぶのが無難でしょう。

身だしなみも含めた「面接力」

あなたは自分の「面接力」を把握できていますか?面接力とは面接を突破できる力のことです。身だしなみ、自己PR力、対応力など、面接では様々な能力が見られています。

面接に強くなりたいなら、まずは現状把握。面接力を確かめるために「面接力診断」で診断してみましょう。

男性の服装はジャケットとチノパン

男性の場合のビジネスカジュアルは、ジャケットとパンツのスタイルが基本です。面接の場合は特にフォーマルさを意識しなければなりませんので、ジャケットは必須です。クールビズでジャケット不要の場合もありますが、面接の場合は着ておくのが無難でしょう。
パンツについてはデニムではなく、チノパンが無難です。

ベージュやグレー、ブラックなど落ち着いた色を選ぶことが大切です。ジャケットの下にはシャツを着ますが、Tシャツだとカジュアルに見えてしまいますので、襟付きのシャツを選ぶようにしましょう。色は必ずしも白である必要はありませんが、落ち着いた色味のものを選ばなければなりません。迷った場合は白シャツを着ておけば間違いはありません。

必ず襟付きのものを着用する

男性の面接にふさわしい私服としては、襟付きがマストです。ポロシャツやシャツが当てはまります。そのため、Tシャツや、カットソーののうな襟のついていないトップスは避けるようにしましょう。Tシャツとポロシャツはそんなに変わらないのではないか?と思われる人がいるかもしれません。しかし襟だついているだけで、きちんと感は全く違うのです。

面接の時期が冬絵あれば、襟なしのトップスにジャケットをはおっても問題ありませんが、多少カジュアルな印象が出てしまいます。冬の場合はシャツにジャケットやセーターなどが無難な格好でしょう。

男性のNGな服装

男性のNGな服装として、デニムや上記で述べたTシャツ、などカジュアルすぎる私服や、アクセサリーやドクロ、十字架のようなインパクトの強い私服があげられます。また洋服と合わせて靴も考えなくてはいけません。

光沢のある先のとがった靴や、ダメージだからといって敗れている靴、汚れている靴は控えましょう。個性のある服がNGと言っているわけではありませんが、あくまで面接です。私服で個性を出すのではなく、面接内容で個性を出していきましょう。

女性の服装はカーディガンとブラウス

バリエーションが多い分、女性のほうが私服選びは大変です。しかし、基本は男性と変わりません。面接では清潔感のある清楚なスタイルを心がけましょう。女性の私服面接では、ブラウスにカーディガンを基本にチョイスしていくとうまくいきます。

まずは清楚なブラウスと、上質なカーディガンを選びましょう。色は明るく華やかなほうが印象に残ると思いますが、派手すぎるものは悪目立ちしてしまいます。パステルカラーか、グレーやベージュなどのベーシックな色のものがおすすめです。

スカートは丈に注意!ストッキングを着用する

ボトムスは、スカートでもパンツでも構いません。露出が高くならないように、スカートならひざ丈のものが好ましいです。足元は、肌色のストッキングとパンプスでまとめましょう。また、アクセサリーはつけても構いませんが、つけすぎはイメージダウンのもとです。派手にならないよう、小ぶりなアクセサリーを控えめにつける程度にとどめておきましょう。

ヒールの高さは3cmまで

女性の場合は靴にはヒールがついていますが、ヒールが高過ぎるものはカジュアルに見えてしまいますので私服の身だしなみとしてはNGです。3cm以上のヒールはフォーマルな場にふさわしくありませんので、高くなりすぎないように注意しましょう。ヒールが高過ぎるとカジュアルになってしまうだけではなく、移動などもしづらくなりますので就活中に履くにはデメリットが多いです。

就活では一日にさまざまな企業を訪れなければならない場合もありますし、長距離歩かなければならない場合もあります。当日に他の就活の予定がない場合でも、ヒールが高過ぎると疲れやすくもなりますし、面接で実力を発揮できなくなる可能性もあります。ヒールは高過ぎないものを選び、疲れにくいヒールの太いものを選びましょう。

女性のNGな服装

女性のNGな服装としては、露出の高いもの、原色を複数ものがあげられます。流行りのワンショルダーや膝上丈のミニスカートは露出の高い服となります。

露出の高い服装の場合、せっかく面接の内容が充実していても、セクシー路線で勝負していると思われてはもったいないです。露出や原色であまり個性を強調しすぎず、あくまで就職面接にふさわしい服装でのぞみましょう。

私服で面接を受ける際の靴選び

私服で面接を受ける際の靴選びは、意外に難しいもの。悩んでしまう方も多いでしょうが、全体のバランスをみて考えましょう。男性ならジャケットを着たビジネスカジュアルですから、服装に合わせた色味の革靴がおすすめです。靴下も服装から浮かない色のものを選びましょう。

女性は基本的にパンプスにストッキングが最適

女性も基本はパンプスにストッキングです。サンダル、ミュールなどのカジュアルなものは避け、服装になじむパンプスを選ぶようにしてください。

男性はダークカラーの革靴

私服で面接を受ける場合は、男性はダークカラーの革靴がおすすめです。私服だからといって、カジュアル過ぎるものはNGですし、スニーカーなどではフォーマルな場にふさわしくないとマイナスの印象を与えてしまう可能性があります。革靴であればカジュアルとフォーマル両方に使うことができますし、身だしなみでもマイナスの印象を与えることはありません。

ジャケパンスタイルに合わせてもおかしくはありませんし、私服用にも革靴を一足持っておくと便利です。革靴も落ち着いた色味のダークカラーのみOKで、派手な色であったり、デザインのついているものはNGです。落ち着いた雰囲気のシンプルなデザインのものを選び、派手なものは避けるようにしましょう。

面接に私服で臨む場合のカバンは?

私服で面接を受ける場合は、清潔感を演出できる「ビジネスカジュアル」にするとご紹介しましたが、カバンはどうなのでしょうか。私服面接に相応しい服装をしていても、カバンが浮いてしまうと印象が悪くなってしまいます。服装だけでなく、カバン選びにも注意しましょう。

男性はビジネスバッグが望ましい

男性の場合は、ビジネスバッグが好ましいです。とくに手提げのビジネスバッグを選ぶと、印象が良くなるでしょう。普段使っているリュックや、ショルダーバッグを面接に持っていくのはNGです。私服だからといって、なんでも良い訳ではないのです。あくまで就活の一部だということを、忘れてはいけません。カバンの色は、実際に手に持ってみて服装と合うものを選びましょう。

女性は肩掛けのビジネスバックがおすすめ

女性の場合は、男性と違い肩掛けのビジネスバッグが好ましいです。手提げのビジネスバッグはNGという訳ではありませんが、肩掛けの方が一般的だといえます。しかし、私服に合わせて、可愛い柄のリュックやトートバッグで行くのは、男性と同様NGです。面接官の心を掴むために、シンプルなデザインのものにしましょう。

注意すべき点は、就活用のカバンも好ましくないことです。「就活だから就活用でいいや」と思いがちですが、ビジネスカジュアルの格好と合わない場合が多いです。見た目が不自然になってしまうので、私服で面接を受ける際はビジネスバッグを選びましょう。

面接では服装だけでなく身だしなみ全体に気を付ける

服装と同様に注意しておくポイントが髪型です。髪型は、面接官の第一印象を大きく左右する要素です。髪の毛がボサボサだったり、派手な色に染めていたり、清潔感のない髪型をしているとそれだけでマイナス評価を受けてしまいます。

面接においていくら上手に自分自身をアピール出来たとしても、面接という特別な場に臨むにあたり、それにふさわしい身だしなみが出来ていないのであれば、社会人としての基本的なマナーが分かっていないという烙印を押されてしまいます。要らぬ減点を招かないためにも、服装だけでなく髪型も面接の場にふさわしいものにしておきましょう。

身だしなみチェックリスト

身だしなみで確認すべきチェック項目を紹介します。私服面接前にぜひ確認してくださいね。

【男性】
・髭はそっているか
・髪の毛は目や襟足にかかっていないか
・トップスは襟付きを着用しているか
・ボトムはデニムではないかまた、ダメージ加工されていないか
・靴はダークカラーを選んでいるか
・ビジネスバックを所持しているか
・アクセサリーは外しているか

【女性】
・髪の毛が顔にかかっていないか
・原色の眩しい洋服を選んでいないか
・スカート丈は短すぎていないか
・ストッキングを着用しているか
・ヒールは3cm程度か
・アクセサリーは華美なものをつけていないか

私服面接のときの服装はビジネスカジュアルがベスト

「面接は私服で来てください」と言われると、戸惑ってしまいますが難しく考えることはありません。スーツ以外で、そのまま仕事ができそうな服装を選べば大丈夫です。男性なら、ジャケット・襟付きシャツ・チノパン。女性なら、カーディガンとブラウス、それにスカートかパンツでまとめるようにしましょう。私服で面接を受ける際は、清潔感と清楚さを忘れずに、きれい目スタイルを心がけましょう。

私服面接を受ける場合の好ましい服装とNG例【男女別】

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ