面接対策

【最終面接の結果がくるまでの期間】電話とメールでの問い合わせ方法

最終面接の結果はいつ頃くるのか

就職活動を無事に終えるためには、企業が課している選考すべてに通過している必要があります。そのどの段階であれ、結果待ちのときにはそわそわするでしょう。最終面接であれば、その思いもひとしおです。なかには、時間が過ぎるのが遅く感じたり、何をするにもうわの空で手につかなくなってしまうという方もいることでしょう。

そのような場合に少しでも安心感を得るためには、企業からの結果通知がどれくらいの期間でなされているか、その平均値を理解しておくとよいです。この記事では最終面接の結果に注目して、それがいつ来るのか、どのように知らされるのか、そのときにどう対応すべきなのか紹介していきます。

いつ最終面接の合否連絡がくるかは企業によって違う

内定確定までのフロー

・就活解禁日に一斉に面談を実施、約2週間全員が終わるまで内定を出さない
・全ての面接が終わってからボーダーライン上の学生内で判断する
・経営会議で合否の意思決定をしなければいけないため必ず1週間以上かかる
・中小、ベンチャー企業等で優秀な学生は採用したいため当日に連絡をする
・大企業で既に最終面接前に採用すること決定、面接直後に合格連絡がくる

最終面接の合否連絡は、企業のその時の採用選考状況や、採用面接後の内定を出すか出さないかの会議のフローなどによってまちまちです。例えば、企業によって内定結果を出すフローは上記のようになっています。

企業によって通知する時期が異なるため、必ずしも結果連絡が早いから合格、遅いから不合格ということはありません。いざという時に焦らないために、最終面接後の連絡が来るまでの一般的な期間を目安として知っておきましょう。

【39点以下は危険度MAX】面接前に苦手分野を見つけて対策しよう!『面接力』を無料で診断してみる

面接の結果連絡が遅くて不安な人は、待つ間に自分の面接力を振り返っておきましょう。自己分析や業界・企業理解、身だしなみなどがどの程度できていたのかを把握することがおすすめです。

再び面接の機会があった場合に、自分の弱点を把握していることは大きなメリットになります。「面接力診断」で自分の面接力を知るだけでなく、自分の弱点を把握し、やるべき対策を念入りにおこないましょう。無料でダウンロードできるので、内定が出たら就活を終えるという人も気軽に試してみてください。

最終面接後の連絡は3~5日程度が一般的

最終面接後に内定の連絡がくるまでの期間として、もっとも一般的なのが、3~5日程度です。どこの会社でも、3~5日程度で連絡しようと努力しているようです。ですから、最終面接を終えてから、内定の場合は1週間以内に連絡がくると思っていればいいでしょう。

もちろん最終面接ですから、内定をだすと決めてからも、会社内の事務的な手続きなどで連絡が遅れてしまう場合もあります。しかし、それでも内定の場合には1週間以内には連絡が来ると思っていいでしょう。

早い時には最終面接後の翌日に連絡が来ることもある

経営者クラスがおこなうケースが多い最終面接ですから、すぐに結果が出ることも珍しい話ではありません。内定を連絡するまでの期間が伸びてしまい、そのせいで他社に学生が流れてしまうとかなりの痛手です。ですから、最終面接で内定が出ている場合には、最短で翌日に連絡が来ることもあるということは覚えておいて下さい。

最初から決まっているため即日連絡というケースもある

企業がどういう位置付けで実施しているかにもよりますが、最終面接を最後のネガティブチェックとしている場合があります。つまり、本当に会社として受け入れがたい理由がなければ内定を出すという立ち位置で最終面接をおこなっているケースも多いです。その場合は、最終面接終了後、即日に連絡がくるということもなくはないです。

結果連絡の方法は電話・メール・郵送

結果連絡の方法はさまざまですが、採用の場合は電話、不採用の場合はメール・郵送で連絡をするケースが一般的には多いです。企業側が電話で連絡をおこなう理由は、最終面接の場合その後のスケジュール調整をその場でスピーディーにしたいという考えがあるためです。

他社の選考状況によっては志望順位が変わってくることもあるため、自社の志望度を再度確認する意味合いもあります。合否連絡の方法は会社によってそれぞれであり、採用の連絡がメール・郵送での連絡になるケースもあります。志望度の高い企業に関しては、事前に企業の結果連絡の方法を確認しておくようにしましょう。

企業から電話がかかってくる際は合格の可能性が高い

企業側から電話で採用の連絡がくる際には、合格の可能性が高いでしょう。わざわざ電話で不合格を伝えるときは、企業のファンに継続的になってほしいと考えていた場合や、今までインターンシップに参加していたことがあるなど連絡を頻繁にとる関係だったケースが考えられます。

また、企業側としても採用通知をしただけでなく、内定承諾を得なければ採用人数を確保することはできません。内定の連絡をする時に、なぜ内定になったかという意図を説明したり、ぜひ入社して欲しいというアプローチをしたりするためにも、直接電話をかけることが多いでしょう。

最終面接後はいつでも電話に出られるようにしておく

最低でもこの期間は、いつでも電話に出られるようにしておき、メールなどもすぐに返信できるように定期的にチェックするようにしておきましょう。この期間に油断して連絡を取り逃してしまうと、内定から不採用になる可能性が少なからずあります。

出られなかった場合は早めに折り返す

企業から電話連絡がくるタイミングが電車での移動中などの場合は、当然出られないこともあり得ます。そのような場合は、大前提として早めに折り返しましょう。折り返しの殺到により混乱が生じることを避けるために、合否連絡を非通知でおこなう企業もあります。番号を通知して電話をかけてきている企業の場合は、折り返しの電話を期待している面があるといえます。

折り返しが遅れることで、悪い印象を残さないように注意しましょう。また、折り返し電話をかける際は、時間帯にも気を配る必要があります。始業直後や定時後の時間帯は、担当者も仕事が立て込んでいる可能性があります。このような時間に折り返し電話をすると、社会人としてのモラルを疑われてしまうかもしれません。折り返し電話をかける際は、「早めに」かつ「時間帯に注意」しましょう。

最終面接の結果を電話で受ける時の注意点

最終面接の電話は突然かかってきます。突然電話がかかってきた際にスムーズな対応をするためにも、受ける時の注意点をおさえておく必要があります。最終面接の結果を言い渡される大切な場面において、適当に対応するのは失礼です。

合格か不合格かの結果は電話に出ないと分かりませんが、受ける態勢をきちんと整えておくべきです。ここからは、最終面接の結果を電話で受ける時の注意点をご紹介します。

電話に出る場合は場所を考える

電話がかかってきたときに外出している可能性もあります。音楽が流れていたり人がたくさんいたりする場所にいるときは、静かな場所に移動してください。騒がしい場所にいると、重要な内容を聞き流すかもしれません。

何度も同じことを聞き返すのは失礼にあたるため、静かな場所で集中して話を聞くことが大切です。また、こちらの騒音も向こうに聞こえるため、自分の声が伝わりにくく迷惑を掛けてしまいます。また、電波が入りやすい場所で話すことも相手への配慮としておさえておいてください。

携帯を長時間持たない時は留守電設定しておく

携帯電話を長時間持たない時は、留守番電話の設定をしておく必要があります。設定をしておかないと自動的に留守番電話にならない機種も多く、着信があってもメッセージを残せない場合があるのです。スマートフォンでは、留守番電話を管理するアプリもあります。

音声メッセージをテキストで表示できるアプリもあり、音声が出ないため電車の中でも確認が可能です。(参照:ドコモ留守電アプリ(ドコモ スマートフォン))不在時に着信が入っていたら、すぐに電話を掛け直す必要があります。企業が不在の場合は、必ず留守番電話を残してください。学校名、氏名、用件などを忘れずに伝えましょう。

合否連絡がこない場合は連絡を入れても問題はない

不合格については、通知連絡をしないという会社も中にはあるようです。最終面接まできている候補者に対する扱いとして不適切だとはいえますが、そういった会社があるのも現実です。また、企業が採用に関する事務連絡の運用を外注会社に任せているケースも多いため、その企業側の漏れの可能性ももちろん無くはありません。

3日ほどで連絡をするといわれているにも関わらず、就活生側から連絡をするというのは確かにマナーの観点から望ましくありません。他の企業からも内定が出ていて判断に迷うことなどもあるでしょう。そういう意味でも、一度確認のため連絡を入れてみるのもひとつの方法です。

問い合わせの際はメールと電話どちらが良いのか

企業に問い合わせをする場合、メールと電話のどちらにするか悩む人も多いでしょう。基本的にはどちらでも構いませんが、すぐに返事が欲しい場合は電話がおすすめです。電話だと、最終面接の連絡がいつ来るのかを直接聞けるので、メールのように返信を待つ必要がありません。

確認して返事をすると言われた場合も、その場で返事がいつ頃になるかを聞くことができます。返事をもらえれば今すぐでなくてもいいという人は、メールを使うのがおすすめです。メールは必要な要件を確認した後に送信するので、電話と違って話す内容を間違えるリスクが少ないというメリットもあります。

メールの場合

いつもお世話になっております。XX大学のXXです。
先日は、お忙しいところ面接の機会を賜り、誠にありがとうございました。○日までに最終面接結果のご連絡をいただけるとの事でしたが、現時点でお返事を頂戴しておりません。ご多忙のところ恐れ入りますが、お手すきの際で構いませんので、ご連絡をいただけますと幸いです。

メールで最終面接の結果を問い合わせる場合は、なるべく企業の営業時間内に送るようにしましょう。メールは時間関係なくみれるものですが、営業時間内の方が相手の目に留まる可能性が高いです。件名を忘れずにつけ、誰からのメールなのかひと目で分かるようにしておきましょう。

上記の例文では、最終面接時に連絡する日付について聞いていたことを書き、返事をもらっていないという現状を伝えています。あらかじめ連絡する日付を聞いていたことを書くことで、その期限を過ぎたからメールを送っている旨を伝えられるでしょう。最後に「お手すきの際で構いませんので、ご連絡をいただけますと幸いです。」と入れることで、相手に対する配慮を示すことができます。

電話の場合

いつもお世話になっております。△月△日に面接して頂いたXX大学のXXと申します。最終面接の合否についてお電話いたしました。担当のXX様から○日以内に連絡があるとお伺いしたのですが、その後どうなりましたでしょうか。お忙しい中申し訳ありませんが、ご確認の程よろしくお願いいたします。

電話の場合は、最終面接の結果を待たされているという気持ちが前に出て、高圧的な態度にならないように注意しましょう。誠実な対応を心掛けることで、企業によい印象を与えることができます。最終面接をした日付と名前を述べ、結果について訊ねましょう。上記は、電話をかける場合の例文です。

電話の場合は、口頭で面接をした日付と学校名、氏名をはっきりと話す必要があります。その次に、「最終面接の合否についてお電話いたしました。」と電話の要件を伝えましょう。先に内容を伝えずに話しを進めると、相手に「結局何が聞きたいのだろう」と思われてしまいます。「担当のXX様から○日以内に連絡があるとお伺いしたのですが」など、具体的に伝えることで、人事部の中での行き違いがあった場合に素早く解決してもらえるでしょう。

メールや郵送だから不合格ということもないので要注意

確かに電話で結果の連絡がきた際には合格の可能性は高いのは事実ですが、メールや郵送だからといって確実に不合格ということはありません。理由としては例えば、採用数が非常に多い場合です。例えばですが、800名ほどの採用を計画をしている会社があるとしましょう。

その場合は基本的には800名への合格通知では承諾率を考えると足りないため、企業によりますが実際には3倍ほどの内定を出しているケースも多いのが実情です。特にですが、郵送という形の場合は送付するコストもかかることから、どちらかというと合格のケースの方が多いようです。そうした背景が、メールが一番不合格の可能性が高いといわれる理由でしょう。

結果の連絡が遅い場合に考えられる5つの理由

企業からの結果連絡が遅い場合には、5つの理由が考えられます。企業からなかなか連絡が来ない場合は、以下の理由のどれに当てはまるのか考えてみましょう。連絡が遅くなってしまう理由について、どのような状況になっているのかを想像することができれば、不安な気持ちを解消することが可能です。

理由①不合格者は後回し

結果の連絡が遅い理由として、合格者の連絡を優先し、そのあとに不合格者への連絡をおこなうということが考えられます。特に不合格が決まっている場合にはいったん、連絡が落ち着いてから実施しようとする企業も中にはあります。

合格者を優先的に対応し、不合格者に対しては最後に不採用についての通知メールを一本送るという会社は多いといえるでしょう。

理由②採用担当者が多忙

最終面接の結果が遅い場合、「採用担当者が多忙」という理由があげられます。規模の小さい企業になると、採用担当者の人数が少なく、応募者への連絡がスムーズにできないことがあるのです。

企業の中で、採用の他にも別の業務を担っている可能性もあります。企業の繁忙期と時期が被っている場合は、特に多忙を極めるでしょう。

理由③スケジュール通りにいかず面接を終えていない

最終面接の日程は、基本的に企業側が決定します。企業が組んだスケジュール通りにいけばいいですが、就活生の都合により日程が変更されることも多いです。最終面接には役員や社長が同席するケースが多いため、そのような上層部ともスケジュールのすり合わせをしなくてはなりません。

最終面接の結果が遅い場合は、当初のスケジュールからズレが生じていることも考えられるでしょう。

理由④採用するかどうかずっと迷っている

合否連絡に時間がかかっている場合、当落線上にいる可能性があります。同じようなスキルを持った候補者が複数いる場合、企業はその中から誰を採用するかをより慎重に吟味し、判断します。また、他の候補者の選考が終わっていない場合に、その結果をみてから採用するか否かを決めようとしているケースもあります。

企業は、採用予定人数を設けて採用活動をしています。採用枠がすべて埋まってしまった後に、よりよい候補が出てくるような事態を避けるため、他の選考状況をみている可能性があるのです。企業の採用活動には、莫大な資金が投入されています。企業にとって価値のある人材を集める必要があるため、合否の決定は慎重におこなわれているのです。

理由⑤内定辞退が出たときのためにキープされている

結果連絡に時間がかかっている場合、いわゆる補欠として扱われている可能性もあります。企業は採用活動を始めるにあたり、採用予定人数を決めて活動を進めています。その採用人数を確保するために、辞退者が出ることも考慮し、多めに内定を出すことが一般的です。

不測の事態として内定辞退が相次いでしまい、採用予定人数を優秀な人材で埋めることが難しくなってしまうような事態もあり得ます。そのような事態に陥った際に優秀な人材を当初の予定人数分しっかりと確保するために、当落線上に数名候補者をキープすることがあるのです。企業はより良い人材を獲得するべく採用行動をしています。そのため、内定辞退に備えたキープを設けることも致し方ないといえるでしょう。

最長で2週間程度かかる場合もあるため諦めずに待つこと

それ以上連絡が来ないようであれば、不採用になっている可能性がきわめて高いです。先にも述べたように、会社側はなるべく早く、できれば1週間以内に連絡したいと思っているものです。そのため、どれだけ選考が難航していても、2週間以内には内定の連絡をするのが一般的といえるでしょう。

土日を挟むことで自然とそうなる企業もある

採用面接は、最終面接までを人事がおこない、最終面接は役員や経営陣によっておこなわれることが一般的です。合否の決定においては、それまでの人事の見解と役員、経営陣の面接での感触を勘案し、総合的に判断するものですが、役員や経営陣は日々の業務も多忙であり、決定に至るまでにはそれなりに時間がかかります。その結果、土日を挟んでしまうことが多くあります。

大企業になればなるほど、意思決定に至るプロセスが多くなり、このような傾向にあります。特に、企業が繁忙期の場合は採用活動に関わる社員のスケジュールを合わせることが難しいです。志望している企業に関しては、例年どれぐらいの日数で合否連絡がおこなわれているのか、事前に調べておきましょう。

不採用だと連絡するのが後回しになる

不採用ですとどうしても連絡するのが後回しになってしまい、自然と連絡が来るまでの期間が長くなってしまいます。したがって、最終面接で内定がでない場合は、連絡するまでの期間が2週間以上かかるのもよくあることなのです。これらのことをわきまえると、内定の連絡が来るまでの期間として、ぎりぎりのラインは2週間だと思っておいた方がよいでしょう。

最終面接で落ちてしまう理由

ここまで最終面接の結果連絡について解説してきました。ここでは、最終面接で落ちてしまう理由について解説していきます。最終面接とそれまでの面接では、みられるポイントが異なります。そのため最終面接はそれまでの面接と同じような気持ちで、同じような準備をおこない、臨むべきものではありません。

最終面接のための対策をしっかりとおこなって臨まなければ、よい結果を得ることは難しいのです。最終面接まで残ったにもかかわらず、準備不足により落とされてしまってはもったいないです。以下を参考に最終面接のための対策をしっかりと進めておくようにしましょう。

企業と価値観が合わない

最終面接で落ちてしまう理由の1つ目は、企業と価値観が合わないと採用担当者に判断されてしまうことです。最終面接において、採用担当者はその就活生の価値観が企業のものと合致しているのかを入念にみてきます。いくら優秀なスキルを持っていたとしても、自社とは合わない価値観を持っていたのであれば、入社後企業に対して違和感を覚え、意欲的に仕事に取り組めなくなってしまう可能性があります。

最悪の場合、早期に退職してしまう可能性もあるのです。せっかく採用した人材が企業において効果的に機能しないようなことは、採用担当者にとって避けたい事態です。そのため、そのようなことが起きないよう、最終面接の段階で企業の価値観と合致しているのかを吟味してくるのです。

入社意欲が低い

最終面接で落ちてしまう理由の2つ目は、入社意欲が低いと採用担当者に判断されてしまうことです。最終面接まで残る候補者は皆、それぞれ魅力的なスキルやポテンシャルを有しているものです。スキル、ポテンシャルといった点では候補者それぞれ、それほど差がないでしょう。そのため、最終面接においては入社意欲を重視して、選考をおこなっているのです。企業は自社の発展のために仕事に邁進してくれる人材を求めています。

そのため同程度のスキルを有しているのであれば、入社意欲の高い人材を企業は採用したいと考えるのです。企業研究が不十分だと、「自社に関心がないのかな」と入社意欲が低いものと考えられてしまう恐れがあります。そのようなことの無いよう、企業研究は入念におこなっておくが重要になるのです。

最終面接を突破できない原因を突き止めよう

最終面接で落ちてしまう場合、そこには必ず理由があるものです。面接で失敗しがちなケースを把握して、当てはまるものがあれば対策を講じる必要があります。そこで活用したいのが「最終面接完全対応マニュアル」です。 このマニュアルでは、最終面接で失敗するケースに沿った内定獲得法を紹介しています。また、人事直伝の最終面接で意識すべきポイントも公開しています。無料でダウンロードできるので、最終面接が不安な就活生におすすめです。

最終面接後に内定の連絡が来るまでの期間は1週間程度

最終面接後に連絡が来るまでの期間は、1週間程度であることがわかりました。早ければ3~5日などに連絡をする企業もありますが、1週間程度を目安に待つようにしましょう。2~3週間たっても連絡がこない場合は、こちらから問い合わせても問題ありません。連絡手段には電話かメールがありますが、早く返事が欲しい場合には電話がおすすめです。電話とメールどちらの方法で問い合わせる場合も、マナーを守った態度を心掛けましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ