面接対策

【コンピテンシー面接の対策マニュアル】よく聞かれる質問と3つの対策

コンピテンシー面接をおこなう企業は多い

就活の面接にはさまざまな種類がありますが、コンピテンシー面接をおこなう企業は増えています。コンピテンシーとは成績優秀者に見られる行動特性という意味があります。仕事においては一定の役職や役割などで結果を残している人の行動特性という意味があり、それらに照らし合わせて面接の合否を決定するのがコンピテンシー面接です。

コンピテンシー面接は通常の面接とは評価の基準が違っていますし、面接の進め方も違うため、事前にしっかりと対策をしておかなければなりません。対策ができていないと失敗してしまうことが多いですし、事前準備の有無が合否に大きく影響してしまいます。コンピテンシー面接とはどんなものかを正しく理解して、上手に対策を進めていきましょう。

あなたの面接力は何点?

面接において、服装などの身だしなみは第一印象に大きな影響を与えます。また、自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?

それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードして、効率的に面接対策を進めましょう。

コンピテンシー面接とは

コンピテンシーとはそもそも、高い成果を残せる人に共通してみられる行動特性のことです。これを面接に採用することによって企業が求める能力を備えもっている人材かどうか見極めようとするのが、コンピテンシー面接です。

過去の経験を深く掘り下げて質問し行動パターンを判断する面接!

コンピテンシー面接は、主に過去の経験を深く掘り下げて質問を繰り返すことによって過去の行動パターンが再現性のある成果を残せる行動になっているのかを面接で判断します。ここでは、過去の結果の大小ではなくその結果を導き出すためにどのように考え、行動しその結果に至ったのかを面接で質問されます。

ですので、行動特性を振り返って検証していないと深く掘り下げて質問されたときに応えることができなくなってしまいます。まずは、コンピテンシー面接というものがどのようなものかを理解したうえで、どのような対策をとればいいのかを考えていきます。

圧迫面接と勘違いしやすい

コンピテンシー面接では、1つの質問事項に関する質問内容を次々と掘り下げて出してくるという面接になります。そのために質問される就活生にとっては、掘り下げた内容の質問に対してストレスをかなり感じることになります。その方法が、次々と答えに窮するような質問をして追い詰められるような圧迫面接のように感じることがあります。しかしコンピテンシー面接では質問内容は整理されており理路整然と出題されていきます。

その点が回答したことに対してどうして、なぜそのように行動するのかなどの質問を矢継ぎ早に出してきて、面接者を追い詰めるような圧迫面接とは異なります。ただ、深く内容を考えて質問されることに応えなければなりませんので、そのような状況に慣れていないとストレスを感じ圧迫面接ではないのかと勘違いすることがあります。

コンピテンシー面接で見る採用基準

コンピテンシー面接で見る採用基準

コンピテンシーという言葉は、仕事上で優秀な成果をあげる社員に共通している実践する場合の行動特性をさすものです。そのような人材をみつけるためにコンピテンシー面接を採用します。面接官は、就活生の行動の特性を見極めるために、用意された質問を次々と投げかけてきます。その質問に答える内容や態度から行動特性を推し量り、優秀な人材かどうかを判断して採用基準とします。最近では、このコンピテンシー面接は、公務員をはじめとして各種団体や企業などでも採用しています。

論理的思考力があるかどうかをコンピテンシー面接では、採用基準の一つとしています。面接官は、1つの出来事などの課題に対しての質問を掘り下げてより深い質問内容とすることで、どのように面接者が対応するのかを観察しているのです。回答時に論理的に考えずに答えていると、矛盾が面接者のなかで起きるので、回答に行き詰ることがあります。回答をする前に、質問内容を把握し論理的に回答を組み立てて用意することが重要となります。

行動パターンを読むことができる

コンピテンシー面接では、受験している方の1つの出来事に対処する行動パターンを短時間で知ることができるように質問が用意されています。そのためにその回答内容や答え方から受験者の資質を捉えることがができるので取り入れられています。質問内容は、次々と掘り下げられ、それに対する対応力などが試されることになります。その回答から就活生の本質的な潜在能力や特性などが判明し評価されることになります。

面接官としては、1つ課題に対する就活生の応えた行動などが一貫性し矛盾なくできているかを見抜くことができるので、主体性などもわかりやすくなります。受験する場合には、コンピテンシー面接の方法を理解して事前に質問を想定しておきましょう。そして行動に対する動機や答える時に想起した経験などをまとめておくと論理的な説明ができるようになります。

人間性を見抜くことができる

上述したように一貫性のない答え方をすると矛盾が生じるという面接ですので、回答に窮するとその場を取り繕うような内容の話をして誤魔化すという方も出てきます。その面を面接官は、監察してその人間性を見抜くのです。また常にしっかりと熟慮して行動をするような計画性のある人間を見抜き採用したいと考えています。

さまざまな経験が、少ない場合には課題に対しての回答もしにくくなりますが、自分の経験してきた事柄などをしっかりと振り返ることで一貫性のある話題や回答にする事ができます。過去の失敗から学んだことや自分が経験をして力となった出来事などとその時の行動について事前にいくつかまとめておくことも重要です。採用担当者にも自己分析を通して語られる回答は、説得力のあるものとなります。

対策①成果を出した経験をピックアップ!

コンピテンシー面接で面接官が見たいのは高い成果が残せる行動特性を身につけているかということです。今現在、これまでの人生経験で大きな成果を残していなくても全く問題ありません。必要なのは成果をだすためにどのように考え行動し、壁にぶつかったときにどのように考えて改善策を検討し実行したのか、改善策がうまくいかなかった場合にどのように修正したのかを知りたいのです。

そこで、質問されるのは過去の経験がほとんどなので、これまでに自分の人生経験の中で成果を出すことができた経験をたくさんピックアップしておきましょう。

取り組み内容や物事に向かう姿勢を伝える

最初の質問は、履歴書やエントリーシートに書いた内容から聞かれることが多いので、履歴書などに具体例として書いた内容をさらに深く考えておくようにします。これまでに取り組んできた内容についてや、大会に向かう姿勢、困難に立ち向かった姿勢など、履歴書ではさらっと触れる程度だったことも細部までよく思い出し、自分の果たした役割などを明確にしておく必要があります。

時系列に沿ってよく思い出し、その時に感じたことや必要だと考えたこと、また実際にどう動いたかをできるだけ詳しく思い出しておきましょう。エントリーシートなどに具体例を載せていない場合も、例えば自分の性格を表した言葉へと繋がる具体的な取り組みを伝えるようにしましょう。

目標としていたことを具体的に伝える

コンピテンシー面接では、最初はエントリーシートなどに書いた内容の確認程度の簡単な受け答えから始まりますが、第2問、3問と続くに従ってより深く掘り下げて質問をされます。これはあなたの取り組み内容や物事に向かう姿勢を詳しく知るためですから、できるだけ深く掘り下げた内容を答えるようにします。

あなたの伝えたい内容の目標を聞かれたら、できるだけ具体的に伝えるようにしましょう。例えば大会で優勝した、〇〇点を取ったなど数字で表すとより具体的で伝わりやすくなります。もちろん、そのために自分が何をしたか、どのような役割を果たしたか、どのような提案をしたかなども具体的に伝えるようにしましょう。

対策②なぜ成果を出せたのかを考える

コンピテンシー面接では、繰り返し過去の経験を掘り下げて質問をされます。経験を掘り下げて質問されますので、嘘をついてしまうとその嘘を隠すためにさらに嘘をつかなくてはならないため矛盾が生じてしまいます。

つまり、小手先の対策ではコンピテンシー面接を通過できないため、きちんと対策をたてることが重要です。面接官が聞きたいことは、どのような考えで行動してきたかということなので、これまで自分が成果をだしてきた経験に対して、どれだけ深く掘り下げて考えることができたかが大切だといえるでしょう。

成果を具体的に振り返る

大学時代などの過去や現在の自分の果たしている役割のなかで、成果のでた出来事などをしっかりと捉えてみましょう。おかれている環境の中で行動した結果、どのような成果があったのかを振り返りながら冷静な視点でまとめて置きます。例えばサークル活動においてサポ-ト的な役割を果たし成果をあげた場合に課題だったことを、どのように解決したかなどをまとめておきます。

人それぞれに自分にあったポジションがあり、その役割や環境を活かして成長したことは説得力のある回答内容になります。まず自分のことをしっかりと理解しておくことが重要です。成果からその背景にあったことを理解することで、さまざまな異なる事例に対しても対応するだけの力量やメンタル面の強さも出てきます。そしてより自分の分析を深くすることができます。それをまとめておくことで、質問に対してもロジカルに説明することができやすくなるのです。

努力した点や工夫した点を伝える

例えば「学園祭の実行委員をして成功した」という経験があったとします。具体的には、周囲と協力して、滞りなく全てのイベントを終了できたことを成功とするとしましょう。成功は華々しいことでなければいけない訳ではありません。コンピテシー面接で面接官が最も聞きたいのは「あなたの果たした役割」です。

その成功のためにどのような提案をしたのか、どのような努力をしたのか、どのような工夫をしたのかが聞きたいのです。例えば複数のイベントが同時進行する場面で、円滑に進むように連絡を取り合うことにしていたが、片方のイベントでトラブルがあり電話が使えなくなったため、走って様子を確認したことなど、その時に実際起こった出来事をしっかり思い出せば、あなたが工夫した点や努力した点が色々と出てくるはずです。

 

対策③何を聞かれても答えられるようにする

3つ目の対策は、何を聞かれても答えられるようにすることです。「当たり前のことじゃん」と思いがちですが、これは非常に大事なことだといえます。一般的な面接では、1つの質問に答えられなくても次の質問で取り返せばそこまで印象が悪くなることはありません。

しかし、コンピテンシー面接の場合は1つの質問を掘り下げて聞かれるので、答えられなくなった時点で何も伝えられないのです。ですので、反復練習をおこないどんなことでも答えられるように、準備しておきましょう。

活動環境や役割を説明できるようにする

エントリーシートなどでサークル活動を頑張った経験について触れているとコンピテンシー面接では、具体的に何を頑張ったのかを聞かれる場合があります。より具体的に伝えるには、まず背景となるサークルにはどのような役割があり、その中で自分がどの役割を担ったのかを具体的に説明する必要があります。

例えば「サークル自体はESSで英語のスピーチで関東大学連盟の大会に出場していたが、自分は渉外という立場で各大学とのスケジュール調整の役割を担っていた」などです。この場合、渉外という役割で自らが代表として各大学と交渉を持ったということをまずは説明します。そして、各大学の代表が集まる場面で自分がどのような役割を果たしたかを話せるようにしておきましょう。

どのように考えて行動したのかを伝える

具体的に「何をしたか」を話すことはもちろんですが、その際に「自分はどのように考えて」行動したのかを話すことも大切です。具体例としてわかりやすいのは「困難を乗り越えた経験」です。例えば、サークル内、ゼミ内などの意見を合わせなければならない場面で、どうしても意見の合わない経験があったとします。その時にどのように考えたのかが大切です。

例えば、意見の対立を明確にしたいと思ったとします。そのために自分はどのように行動したのか、ということまで考えておきましょう。例えば、「各意見のメリットとデメリットを書き出して明確にした上で、よりメリットが大きいと思う人の多い意見を採択するよう提言したところ、明文化したことでメリットの大きさが明確になり意見がまとまった」などです。

自己分析の徹底も大切

コンピテンシー面接の対策としては、自己分析を徹底することも大切です。就活を攻略するためには自己分析は必要不可欠なものですが、コンピテンシー面接の対策においても必須だと言えます。自己分析をすればさまざまなことが分かりますし、それがコンピテンシー面接の攻略にも役立ちます。なぜ自己分析をするのか、どのような方法で自己分析をおこなえばいいのかを知ることが大切です。自己分析の意味とやり方を知って、面接の対策を進めていきましょう。

自分の行動や経験に疑問を持つことで行動原理を探る

自己分析の方法としては、自分自身の経験について「なぜ?」と繰り返し疑問をぶつけ続けるものがあります。例えばアルバイトの経験がある場合は、なぜアルバイトをしたのか、なぜそのアルバイトを選んだのか、なぜ続けられたのかなど、なぜと問いかけます。

コンピテンシー面接もこれと同じなので、事前に繰り返し疑問をぶつけて考えることで、本番でもアピールがしやすくなり、好印象も与えやすいです。なぜと繰り返し疑問をぶつけてみることで、自分の行動原理を探ることができます。なぜそのような行動をしたのか、どのように考えた結果行動したのかを知ることが、コンピテンシー面接攻略のカギです。自身の行動原理を正しく理解した上で、面接に臨みましょう。

人間性をより深くまで理解できる

自己分析を徹底することで、人間性をより深くまで理解できます。コンピテンシー面接は行動特性を知るための面接ですし、評価基準である行動特性と合致していれば高評価を獲得することができます。つまり攻略するためには、評価される特性をアピールすることが大切であり、そのためには自分自身について深くまで知っておかなければなりません。

自分の人間性を深くまで理解し、求められている行動特性に合わせてアピールすることで、好印象を与えることができます。自分自身についての理解を深め、自分という人間をどのようにアピールするのか、自分の特性をどのように伝えるかを考えることが大切です。自分の人間性をきちんと理解した上で、行動特性のアピールに繋げましょう。

コンピテンシー面接の質問例

コンピテンシー面接では、どんな質問がされるのでしょうか。面接対策でもご紹介したように、コンピテンシー面接は深堀して質問されます。ここでは3段階に分けた質問の例をご紹介します。場合によっては、さらに細かく深堀して聞かれる可能性もあるので、気をつけましょう。

質問例①

質問例①

  1. なぜそのサークルに入ったのか教えてください
  2. 今まででとくに力を入れたことを教えてください

1段階目は、「サークルに入った理由」や「力を入れたこと」などの導入になるような質問をされます。履歴書やエントリーシートに書いている内容が、聞かれる場合がほとんどだといえます。1段階目の質問では、「就活生がどんなことに興味があるのか」や「どんなことを頑張っているのか」が見られているのです。

質問例②

質問例②

  1. サークルで一番大変だったことは何ですか
  2. その中で見つかった課題は何ですか

2段階目は、「その経験で一番大変だったこと」や「ぶつかった課題」を聞かれます。実際に行動したことや経験したことなどのアクションが、重点的に聞かれているといえるでしょう。この質問では、行動力や問題解決力が見られています。さらにここのエピソードの大きさで、次に質問される内容が変わってきますので、より具体的なエピソードを話すようにしましょう。

質問例③

質問例③

  1. その経験を通してどんなことを学びましたか
  2. それを改善するにあたってどんなことに取り組みましたか

3段階目は、「経験を通して学んだこと」や「どのように取り組んだのか」などを聞かれます。これはそのエピソードの結果に近いものとなります。「県で〇位になった」と具体的な数値を出すと説得力が増し、より魅力的になるでしょう。この質問では、就活生がどんなスキルや能力を持っているのかを見ているのです。嘘をついたり話を大きくしたりはせず、事実を述べるようにしましょう。

コンピテンシー面接は自分の過去の出来事を整理して話せるようにすること

コンピテンシー面接は対策なしで挑んでしまうと悲惨な結果に終わってしまいますが、きちんと対策をして臨んだ場合は決して恐れるようなことはありません。上述した、コンピテンシー面接の対策をきちんと実行して面接に臨むことができれば繰り返し問われる質問に対しても問題なく応えることができるようになります。

関連記事

【コンピテンシー面接とは】就活生必見の対策方法と人事が見ている5つのポイント|参考になる本と質問例もご紹介

【最終面接の質問内容を一挙大公開】平均30分の時間で採用担当者が見るポイントと回答での注意点

就活の面接マナー徹底攻略!全42のマナーを一挙公開

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ