面接対策

【面接における強みの答え方】例文5選や注意点をご紹介

面接では自分の強みや弱みについてよく聞かれる

面接で聞かれる内容は業界や企業によって違っていますが、どの業界でも共通して自分の強みや弱みを聞かれることは多いです。強みや弱みは面接で聞かれやすい質問ですし、履歴書やESなどでも記入しなければならないことも多く、就活攻略のためにはしっかりと考えておかなければなりません。

面接を勝ち抜くためには、面接官から高評価を獲得する必要があります。どれだけ優れているか、自身の強みを強くアピールすることが大切です。しかし強みだけではアピールとしては不十分であり、弱みについても上手に伝えていかなければなりません。就活では強みと弱みはセットにして聞かれることが多いです。それぞれの上手な答え方を知り、面接を攻略していきましょう。

面接力診断で、苦手な分野を見つけよう

今年の就活は、web面接で選考を行う企業も増え対策法がわからず、戸惑っている方も多いはず。

そんな時は、「面接力診断」を活用してみましょう。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、自分の面接力をグラフで見える化し、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で分かります。

web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考の突破しましょう。

企業が強みについて面接で聞く理由

面接で自身の強みや弱みを上手に伝えるためには、そもそもなぜそれらが聞かれているのかを知っておく必要があります。面接では質問の1つひとつに意図があるのです。企業の質問の意図を読み取り、どんな点が評価されているのかを知って、上手な回答を考えていきましょう。

自己分析ができているか見るため

企業が強みについて面接で聞く理由としては、自己分析ができているか見るためというのがあります。自己分析は就活の最も基礎となる部分であり、それができているかどうかで、就活への真剣度が分かります。

主観だけではなく客観的に自分を見て、自己分析ができているかが重要であり、自分の長所短所を理解し、それを理路整然と説明できるかどうかがカギです。客観的に物事が見られることをアピールするためにも、自身の強みや弱みを論理的に伝えていくことを心がけるようにしましょう。

企業の業務内容に適性があるかどうか

強みや弱みを聞く理由としては、企業の業務内容に適性があるかどうかを知るためであることも挙げられます。強みや弱みは能力自体も見られており、アピールしたものが企業の仕事に合っていること、仕事で活躍できるものであることが大切です。

また強みについては仕事で活かせることが大切ですが、弱みについては仕事をする上で致命的ではないかを見られています。どれだけ仕事に活かせる強みがあっても、弱みが致命的なものであれば、仕事で活躍するのが難しくなってしまう場合もあります。

適材適所という言葉の通り、企業の型に当てはまるかどうかの判断材料となりますので、企業に合わせてアピール内容を変えることが大切です。仕事への適性は業界や企業によって求められるものが違いますので、志望先によってアピールを変えていきましょう。

面接で強みをアピールする方法4つ

面接では、限られた時間の中で自分の意見や強みをしっかりとアピールする必要があります。それだけでなく、多くの就活生がいる中で埋もれないように、採用担当者の記憶に残らなくてはなりません。そのためには、よりわかりやすく、より効果的なアピールが必要です。

①結論から伝える

まず初めに「私の強みは○○を△△できることです」というように結論を先に伝えるようにします。だらだらと結論を後回しにして話すよりもスッと頭に入り、採用担当者の印象に残りやすくなります。ストーリー性を持たせようとしてか、所属サークルの説明や過去の体験から入る人もいますが、話のゴールが見えない状態で長話を聞くのは意外と苦痛なものです。

端的な言葉で結論を伝え、そのあとに具体的なエピソードなどの補足をしていきましょう。結論を伝える際は、「私は常に高みを目指し、そのための努力を怠りません」といったオリジナルのキャッチフレーズを考えましょう。

②アピールする強みは1つに絞る

面接の場でしてしまいがちな失敗のひとつが、あれもこれもと詰め込みすぎてしまうことです。アピールしたい強みが沢山あるのは素晴らしいことですが、「協調性と行動力と向上心と責任感があります」などと言われても説得力に欠けます。

強み、あるいはこれが自分らしさだ、といえる1つの強みに絞ってアピールしましょう。どうしても絞り切れない場合は、「発想力と、それを実行に移す行動力」といったように、アピールの主軸となる強みと関連づけてアピールすると良いでしょう。

③具体的なエピソードを盛り込む

自己PRに欠かせないのが「具体的なエピソード」です。これがなくては自己PRではなく、ただの自己満足になってしまうでしょう。「様々な工夫をしました」「納得するまで話し合いました」などと伝える人は多いですが、これでは具体的とは言えません。

「どんな工夫をしたのか」「どうやって納得させたのか」など、過程や用いた手段をより深くまで掘り下げたエピソードでなければ意味がありません。「生徒会長と部長を兼任した」「弱小チームを優勝に導いた」といった華々しさはなくても大丈夫です。事実を細かく積み上げた具体的なエピソードを盛り込みましょう。

④強みによって得た成果を伝える

エピソードの締めくくりには、必ず成果を伝えましょう。成功談でも失敗談でも、何かしらの学びや得たもの、作り上げたもの、感じたことがあるはずです。それらを言葉にして伝えることで、エピソードがきれいに着地します。ここで何も思いつかなかった就活生は「失敗したという経験を得た」「結果は伴わなかったがみんなで協力できた」と締めくくることが多いです。

しかし、これを仕事に置き換えるとどうなるでしょう?「うまくいかなかった」で思考が止まる社員では困るのです。学びも成果もないエピソードを披露しても意味がありません。失敗したのなら、その経験から「何を学んだか」「次はどうすべきと考えたか」という、次に繋げる向上心が感じられる締めくくりを心がけましょう。

面接で強みをアピールする例文5選

面接で高評価を獲得するためには、自身の強みについて上手にアピールしていくことが大切です。強みを正しくアピールすることで、採用メリットの高さを伝えることができますし、選考を有利に進めることができます。ここからは、面接で強みをアピールする例文を5つご紹介していきます。解説と合わせてポイントを確認しましょう。

例文①

私の強みはコミュニケーション能力の高さであり、特にプレゼン能力に強みがあります。大学時代は文化祭の実行委員に所属しており、文化祭の企画は全て実行委員が企画することになっていました。
企画については前年にやったものを少しだけアレンジするというのが通例でしたが、私は前年とは全く違うものを提案しました。最初は賛同が得られなかったものの、プランの実現にあたって必要なものを事前に準備し、それを提示することで全員の賛同を得ることが出来ました。
企画は大盛況であり、多くの人から満足の声を聞くことが出来ました。御社でもプレゼン能力を活かし、お客様に魅力的なプランを提供することで満足を勝ち取りたいと考えています。

強みのアピールの例文では、コミュニケーション能力の高さがアピールされています。単にコミュニケーション能力とするだけではなく、プレゼン能力が高いと能力を具体的に挙げることで、より伝わりやすく好印象です。

アピール内容が結論から語られており、それを補完するエピソードも伝えられていますので、説得力を高めたアピールができています。能力を使って企業でどのように活躍するのかも明確にされており、これも好印象でしょう。

例文②

私には、目標に向かって諦めずに試行錯誤する強みがあります。高校時代、私はまったくの素人から剣道部に入部しました。有段者である他の部員との力の差は大きく、落ち込むこともありました。しかし「卒業までに先輩から一本取る」という目標を掲げ、日々の練習に取り組みました。
家では素振りや足運びなどのできる自主練をし、自分や他の選手の試合をビデオに撮って研究するなどして研鑽を重ねました。その結果、2年生で先輩から一本を取ることができたのです。この途中で諦めることなく継続する力を、御社でも発揮していきたいと考えています。

この例文では「粘り強さ」という言葉を一度も使わずに「粘り強さ」をアピールしています。「粘り強さ」というたった一言でまとめると、他の就活生と被るためオリジナルのキャッチフレーズを考えましょう。

例文③

私は埋もれがちな小さな声を拾い、チームに活かすことを心がけています。大学1年生の時、所属していた音楽サークルでは週に1回のミーティングが行われていました。しかし、上級生ばかりが発言をし、全体でミーティングをする意味がないと感じました。
そこで私は休憩中に同級生の2~3人ずつと話し、新しい練習方法を提案したいという話があることを知りました。その次の週、私はミーティング中に学年ごとの発言時間を設けることを提案しました。その結果、同級生が提案した練習方法が取り入れられ、1年生でも積極的に発言しやすくなりました。

この例文では「問題提起」「改善のためにしたこと」「成果」が時系列順に整理されており、聞き手に伝わりやすく構成されています。

例文④

私はやるべきことをリストアップし、期日から逆算して計画を立てて必ず目標を達成します。大学2年生の時の学園祭では、クラスで縦○メートル・横○メートルの大きな一枚の絵を完成させることを目指しました。私は、最初に必要な手順をリストアップしました。
次に、クラスメイトの協力を得て工程表を作成し、それに沿って制作を行いました。余裕をもって計画をしていたため、学園祭の1週間前には完成し、残りの日程は別の出し物の準備を手伝えました。計画を立てることも遂行することもチームの協力が必要であること、そして計画の大切さを改めて実感することができました。

この例文ではアピールの主軸は「計画性」ですが、チームとの協力にも触れて、2つのアピールが同時にできています。複数のアピールをする場合は「主」と「副」のバランスに気を付けましょう。

例文⑤

私は常に高みを目指し、そのための努力を惜しみません。私は大学に入ってTOEICで900点以上をとるという目標を掲げました。入学当初は550点程度と目標達成には程遠かったため、毎日図書館に通って学習をしました。
TOEICで点数を取るための勉強だけでなく、実用的な英語も学びたかったので洋画や洋楽、童話の原書などを活用しました。これらを続けた結果、TOEICで915点を獲得し、洋画の字幕に頼らずに内容を理解できるようになりました。今は中国語の勉強をしています。努力家を御社でも発揮し、特に海外支部での戦力になりたいと考えております。

この例文では「向上心」がアピールのメインになっています。TOEICだけでなく実用英語、そして次は中国語と、「常に高みを目指す」というフレーズが言葉だけでないことが伝わります。

面接で強みをアピールする際の注意点

面接で強みをアピールする際は、自分の強みやアピールできるポイントであれば何でも良いというわけではありません。場合によってはアピールの内容が無意味になってしまったり、むしろ逆効果になってしまったりする可能性もあります。せっかくのアピールの場で、マイナス評価になってしまうことは避けたいものです。では、面接で強みをアピールする際にどのような点に注意する必要があるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

仕事に関係のない強みはNG

よく見られるのが、仕事に関係のない強みをアピールする就活生です。仕事に関係のない強みには、趣味や特技に通じるものがあげられます。性格や人柄上の強みは仕事上で行かせられます。

仕事と人間関係は深いつながりがあるため、面接官は入社する就活生の人柄を見極めようとしているのです。そのような意図もあって強みを尋ねているため、趣味や特技といったスキル面の内容だと不満を持たれる可能性があります。プライベートと仕事は分けて考えておきましょう。

簡潔にまとめる

ただ長く話しても、採用担当者の記憶には残りません。むしろ要点を絞って話せないとしてマイナス評価にも繋がりかねないため、説明はわかりやすくまとめましょう。場合によっては「2分で話してください」などと指定がある場合もありますが、指定がなければ1分程度でまとめられるように答えを用意しておきましょう。大まかな流れとしては以下の通りです。

①結論「私の強みは○○できることです。」
②具体的なエピソード「大学のサークルで~」
③成果「この経験から○○を学びました」
④企業への貢献「この○○という強みを御社の○○に活かしたいと~」

企業の社風に合っているか考える

企業の社風や求める人材、職種などに適しているかを考えて、強みをアピールしましょう。

【例】
銀行や官公庁:誠実、真面目、勤勉、常識的
商社、クリエイティブ系:斬新な発想、チャレンジ精神、提案力
研究、開発系:興味関心、知識、発想力、論理的思考

業界や職種によって多少差はあるかも知れませんが、企業の社風によって求められる人材や素質に違いがあることがわかります。「斬新な発想の銀行員」や「保守的なデザイナー」、そういった人がまるきりいないわけではありませんが、「他にもっと向いている仕事があるのでは?」と採用担当者は思うでしょう。

どんなに才能溢れる魅力的な人でも「弊社には不適合」と判断されてしまうことがあるのです。自己分析と企業研究をしっかりと行い、アピールの方向性を間違えないようにしましょう。

面接で強みについて聞かれたら的確にアピールしよう

面接では強みや弱みについて聞かれることが多く、これが上手に答えられずに困っている人は多いです。企業が強みなどを聞くのは意図がありますし、上手に答えて高評価を獲得するためには、それらも知っておく必要があります。

強みは上手に伝えることで能力の高さだけではなく、企業への適性や仕事で活躍できる将来性などをアピールすることができます。選考でも大きく有利になりますので、志望する企業に合わせてアピール内容を考えていくことが大切です。

弱みも上手に伝えられればプラスの評価となりますが、失敗すればマイナスの評価になりますので注意しなければなりません。面接では強みと弱みをしっかりアピールすることが大切ですので、上手な答え方を知って、就活を攻略していきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ