その他

新入社員はいつからボーナスを貰えるのか|初年度に貰える条件と平均支給額についてもご紹介

ボーナスが貰える初年度の条件とは

4月に新卒として入社して、夏になると世間はボーナスの話題になっています。ところが新入社員は初年度とありボーナスのことが気になっても中々口に出せないものです。ボーナスに関しては給与とは違い、法律で規定されているものではなくあくまでそれぞれの会社の采配に任されています。もしも会社の経営が悪化した場合、支給金額を減らされたり、最悪の場合ボーナスが出ないとうこともあることを心得ておきましょう。

ボーナス支給の条件として査定期間がある!

ボーナス支給の条件として、査定期間というものがあります。上半期と下半期の査定期間で、従業員に対する評価に応じてボーナスが支給されます。

新入社員はボーナスなし?

「ボーナス支給の条件として査定期間がある」とご紹介しましたが、入社したばかりの新入社員はどうなのでしょうか。結論から述べると、初年度のボーナスを規定通り貰えることはほとんどありません。新入社員は査定期間が足りない、もしくはまだ一人前に仕事ができる状態でないことが大きな理由です。ただし、法律で「新入社員のボーナスはなし」と決められている訳ではないので、一概にはいえません。では、新入社員はいつからボーナスを貰えるのでしょうか。

初年度の新入社員はいつからボーナスを貰えるのか?

新卒として4月に入社した場合には、公務員と民間企業とで違いがあります。公務員の場合は、初年度の夏からボーナスが支給されます。ただし、まだ社会人になったばかりですので、貢献度が低いことから当然金額が低くなります。

7月は寸志程度!ボーナスがでるのは冬から

民間企業の場合、試用期間が3ヶ月とすると本採用となるのは7月からとなります。査定期間がないことから、初年度の夏のボーナスは支給されないと思った方が良いでしょう。支給されてもほんの「寸志」程度で、5万円程というところもあるのです。しかし中には民間企業でも業績が良く、初年度でも特例として夏のボーナスが支給されることもあります。初年度の夏のボーナスに関しては、「貰えればラッキー」程度に考えておき、あてにして浪費しないようにしましょう。

初年度の冬のボーナスの額とは?

新卒が問題なく冬まで勤務し続ければ、査定期間を終えて冬のボーナスが貰えることになります。現代の日本では会社によりまだ景気がよいとは言えない状況のところも多く、いくら貰えるのかは企業次第となります。中には運悪く会社の業績が悪化して、会社の規定にあっても冬のボーナスが出なくなってしまうケースもあるのです。世間一般的に初年度の冬のボーナスは、平均で基本給の2ケ月といわれています。

だいたい基本給の2カ月分が冬のボーナスになる

初年度の基本給の平均は大卒で約20万円、修士課程修了でも22万円程となります。基本給の2か月分といっても、高額なものを買うほどではないと思いましょう。初年度の冬のボーナスは自分の身の回りで必要な生活用品を購入したり、親孝行に使うなどした方が無難です。

初年度のボーナスは冬に支給される!月給の二カ月分

初年度のボーナスは、民間企業ならば冬からを期待した方が良いでしょう。会社の規定に記載されていて、前年度まで支給されているのならまず貰えるはずです。ただし、業績により金額が増減することは考えられます。就活の際に企業研究をしっかりしておくことで、「ボーナス無し」を避ける様にしましょう。