業界研究

アパレル業界の自己PRのポイント3つ|新卒の未経験でも採用される例文をご紹介します

アパレル業界の自己PRの書き方

アパレル業界の自己PRを書く際、一般的な業界とは若干異なるポイントがあるため、それらを踏まえた上で執筆する必要があります。具体的には、なぜアパレル業界を志望したのか、なぜそのブランドを志望したのか、そして就職したあとにどうしたいのかという展望の3種類の要素を踏まえて執筆すると、採用担当者に好印象を与えることができます。特に、ブランドはブランドごとに方向性や指針が全く違うため、きちんと把握しておかないと的外れな自己PRに繋がりかねないので注意が必要です。

なぜアパレル業界なのか

最初に書かなければならない要素は、なぜあなたがアパレル業界を志望したかです。給料が安く仕事は厳しいという一般的なアパレル業界に対するイメージがあるにもかかわらず、なぜそのような業界を志望をしたのかを、自己PRに含める必要があります。アパレル業界でなければならない自分なりの理由を考え、それを採用担当者にわかりやすい形でアピールしていくことが求められます。

これまで自分が経験してきた部活動やサークル活動、大学における活動、アルバイトの経験などありとあらゆる分野の体験談やエピソードに絡めて、アパレル業界でなければ自分は輝けないという確固たる意志を自己PRに含めて執筆すると、高い説得力を持つ自己PRを執筆することができます。

なぜそのブランドなのか

次に含めなければならないのは、なぜあなたがそのブランドを志望したのかという点です。これはブランドごとにある程度正解があり、それに沿った答えでなければ評価されないため、注意が必要です。例として、ユニクロで有名なファースト・リテイリングを志望したとして、応募者が「高級志向なので御社のブランドに志望しました」と述べた場合、全く的外れな回答となってしまい、その時点でこの応募者は我が社のブランドをまったく理解していない、とみなされ採用担当者から落とされてしまいます。

各ブランドが、消費者に対して自社のブランドをどのように見られたいと思っているのか、どのようなブランドだと思われたいのかをきちんと把握し、それに沿った自己PRを記載することが求められます。

就職後どうしたいのか

最後に求められる内容は、そのブランドに就職した場合どのような展望を描いているかということです。アパレル業界は実力主義を採用しているブランドが比較的多いため、有能な人材は20代後半で店長を任され、30代でエリアの管理を任されることも珍しくありません。

こうした有能な人物は出世できる環境が用意されていることが多いだけに、採用の段階で担当者も、就活生がどのようなキャリアプランを形成しようと考えているのかを知りたがっています。ブランドによっては、総合職と地域限定社員といったシステムもあります。採用の関係でどちらのキャリアを選択するのか次第で、選考の次のステップに進ませるか、落とすかということもあわせて採用担当者は考えなければならないからです。

関連記事

【アパレル業界向け】エントリーシートの自己PRを魅力的な内容にするための書き方ポイント4つ|例文あり

人気業界の年収をチェック!

高収入の職種を探しているという就活生は、人気業界に属する企業の年収を知っておくといいでしょう。人気業界のトップに位置する企業は、年収も平均を上回っていることが多いです。年収を知るためにおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。

この資料では、各企業の年収以外にも売上高や純利益を掲載しています。企業を比較する際に、これらは必ずおさえておきたい情報になります。無料でダウンロードできるため、業界研究として活用したい就活生にもおすすめです。

自己PRのポイント①笑顔が他人から褒められたことを話す


アパレル業界では、見た目というのは武器になります。アパレルの社員というのは、そこのブランドの顔とも言えますから、出来れば見た目がいい方が良いに決まっています。しかし、その見た目が良いというのは、何も素顔が可愛いとかきれいとかそういうことだけではありません。人を引き付ける笑顔があれば、それはすごく大きな武器となるのです。ゆえにそれは自己PRで評価されるアピールポイントとなります。

笑顔がどのように褒められたか具体的に話す

アパレル業界では笑顔で接客することが求められますし、自分の笑顔の良さをアピールすることが大切です。しかし単にいつも笑顔でいられる、笑顔が魅力的であるとアピールしても説得力がありません。自己PRは説得力を持たせることが大切ですので、笑顔がどのように褒められたか具体的に話すようにしましょう。

漠然と笑顔をアピールするのではなく、どのようなシーンで、どのように褒められたかをできるだけ具体的に説明することが大切です。笑顔にもさまざまな種類がありますし、人を幸せにする笑顔もあれば、安心させる、あるいは相手を笑顔にする笑顔もあります。どのような笑顔だと褒められたのかを説明し、第三者の意見を交えることで説得力を高めていきましょう。

面接の最中も笑顔を心がける必要がある

笑顔を自己PRのアピールポイントとするためには、面接も笑顔で対応する必要があります。笑顔がアピールポイントと言われているのに、面と向かって話している時にまったく笑顔が見られないのは矛盾しています。面接中は、自分のアピールポイントを忘れないように心がけましょう。

自己PRのポイント②接客を褒められた経験を述べる

接客を褒められた経験というのも、アパレルへの自己PRとしては評価されやすい点です。たとえ将来的に本社で勤務したいと考えていても、いきなり本社勤務なんていうことはそうそうありません。基本的には接客から始まります。そのため、接客が得意だというのはとても良い自己PRになるのです。

アパレルでない接客業でもアピールポイントになる

アパレル業界を志望するのであれば、事前にアパレルショップなどでのアルバイトの経験があれば有利に働くことが多いです。実際の業務を知っていることで即戦力として期待できますし、経験も充分であれば高評価にもなりやすくなります。しかし必ずしもアパレルの仕事を経験している必要はなく、アパレルでない接客業でもアピールポイントになります。

アパレルかどうかに関係なく、接客業の経験があることは大きな強みになりますし、しっかりとアピールしていくことが大切です。業界が違っても接客業に求められることは共通しています。また、接客スキルが高ければ好印象を与えることができます。接客業の経験があれば、業種などに関係なくアピールしていきましょう。

接客の際にどのように工夫した結果褒められたのかを話すと効果的!

ただ褒められたというだけでなく、それを自己PRとしてアピールする際には、接客の際にどういう工夫をしていたかも話すようにしてください。その工夫により褒められるようになったというエピソードであれば、より接客に対する姿勢や能力が伝わり、アパレルに評価されやすくなります。接客で褒められた経験をアピールする自己PRで用意するエピソードは、上記のような工夫の伝わるエピソードが吉です。

実績を残した場合はその数字をアピールする

アルバイトでも続けていればさまざまなスキルが身に付きますし、スキルを活かして活躍できることも多いです。特に実績を残した場合は、自己PRではその数字をアピールすることが大切です。アルバイトの実績であっても高く評価されるものは多いですし、実績をアピールすることで能力の高さを裏付けることができます。

接客業を経験していれば自己PRの題材として使用することはできますが、そこで得たものが何もなければ効果的なアピールにはなりません。単に経験しているだけでは評価の対象にはなりませんし、高評価を獲得するためには、実績を残していることが大切です。具体的な数字でアピールすることで、実績も伝わりやすくなりますし、より印象を与えやすくなります。

自己PRのポイント③体力のアピールも効果的

接客の経験もないし、笑顔や性格にもあまり自信がないというのであれば、アパレルへの自己PRとして、体力をアピールすることがおすすめです。アパレルでの仕事というのは基本立ち仕事で、休みもシフト制で不定期なことが多いです。
そのため、見た目の華やかさに対して体力仕事だったりもするのです。その結果、アパレル業界では体力アピールが評価されるのです。

未経験者は体力があることを強調すると良い

アパレル業界は華やかなイメージがある反面、大変な仕事も多く、体力が求められることも多いです。自己PRでは体力のアピールも評価の対象となりますし、未経験者は特に体力があることを強調すると良いでしょう。未経験者では仕事で必要な能力や知識などが備わっていない場合も多いですが、体力をアピールすることで評価されますし、好印象も与えやすいです。

アパレルでは最初のうちは店舗での立ち仕事が多いですし、体力がなければ続けるのが難しく、早期に辞めてしまうことも少なくありません。未経験の場合は特に今後の成長力を期待して採用を決定しますので、仕事に耐えられるだけの体力があることは大切です。体力があることをアピールし、きつい仕事でもやりとげられることを伝えていきましょう。

アパレルを選んだ理由はしっかり説明すること!

体育会系の部活経験や、体力を使うアルバイトの経験をアピールして証明していくと良いでしょう。ただ、こうしたアピールを自己PRで採用する際、志望動機で、何故アパレルなのかということに納得のいく説明が出来ないとならないので、自己PRとあわせてその点もしっかりと注意していくようにしてください。

関連記事

【アパレルの自己PRで抑えるべきポイント】採用担当者の心を捉える書き方を例文と共にご紹介
アパレル業界を志望する場合の自己PR例文3選
アパレル業界を志望する場合の自己PRです。アパレル業界は、服のデザインや製造、販売、物流などに関係する業界です。一見華やかではあるので、目を引く業界ではありますが、実際志望動機でどのようにアピールしたら良いのかを、ポイントとあわせてご紹介します。
例文①

私は、学生時代にアパレル業界のアルバイトを経験しました。幼い頃から、「いつ見ても笑顔だね」や「愛嬌が良いね」と言われてきました。接客業は「笑顔が一番」と思い、華やかなアパレル業界のアルバイトを始めました。しかしアパレル業界は、表向きは華やかではありますが、思った以上に体力とメンタルの強さが必要な仕事だと思いました。就職先にアパレル業界を選択するかどうかを悩んでいた時に、あるお客様に言われたひと言で私の気持ちが固まりました。「あなたは、いつも探しているものを会話から汲み取ってくれるから助かります」と言われました。私は、その言葉を嬉しく感じ貴社に入社して、ひとりでも多くのお客様が喜んでくださる商品を提供したいと思い志望しました。

アパレル業界のアルバイト時代にお客様の一言で職種を決めた例文です。接客業は、いつも笑顔で対応しなくてはいけません。自己PRを書く時には、自分の武器ともいえる、笑顔を一番に協調しましょう。また、体力とメンタルの強さは、学生時代にスポーツなどをして身に付けたことを自己PRに盛り込むと良いでしょう。
例文②

私は高校進学後、アパレル業界に興味があったので、もっとファッションについて知りたいと思い服飾系の大学に進学しました。その中でも、スタイリストの仕事に惹かれたので、学校が推進するアパレル業界のアルバイトをしながら、アシスタントの経験を積んでいます。先日、学校のイベントでもある発表会において、自分がコーディネイトした服を披露して特別賞をいただきました。私は、コンセプトにあったスタイリストの仕事も得意とするので、さらに貴社で実績を積んで業績アップに貢献したいです。

スタイリストを志望した例文です。毎年、流行に影響を受けるアパレル業界。いち早く流行を取り入れるには、どのようなところから情報を収集しているのかを自己PRに盛り込むと良いでしょう。また、ファッションセンスを磨くための努力もアピールできると良いです。
例文③

私は、成人したお祝いに、初めてオーダースーツを親に作ってもらいました。その時に、「どんなデザインが良いかを調べてね」とお店の方に言われ、スーツのデザインを調べたことがきっかけで、洋服のデザインに興味を持ちました。出来上がったスーツに袖を通した時の着心地の良さは格別でした。

私は、オーダーのような着心地の良さを、既製品でも伝えられるようになりたいと思いました。貴社のデザインは、そのときの気持を思い起こすことができる商品です。是非、デザインと縫製業務のできる貴社で経験を積んで、事業拡大へ貢献したいです。

オーダーのような着心地の良さを既製品でも作れる企業へ就職したいと思っている自己PRです。スーツだけではなく、幅広く他のデザインもやってみたいチャレンジ精神を盛り込むと、やる気が伝わるでしょう。

アパレル業界で評価される自己PRはお客様から褒められた経験をアピールするのが効果的!

以上、アパレル業界で評価される自己PRのポイントのご紹介でした。アパレル業界で評価されるのは、やはりアパレル業界で活躍できるだろうなと感じさせる内容のアピールポイントになりますね。そのような自己PRをして、しっかりと良い評価を得ていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ