就活の悩み

就活で秋採用を勝ち取るためのコツを抑えよう!応募する企業の探し方からあなたの問題点までを徹底解析

就活で秋採用は現実的なのか

就活でのメインとなる時期はやはり春採用です。春採用では大量に人材を確保しようと動いていますし、チャンスが多いのも事実です。しかしここで思うような結果が出ないからといって、就活自体を諦める必要はありません。秋採用にもたくさんチャンスは転がっています。ただ春採用に比べると募集している企業数、募集人数が少ないのが秋採用のデメリットです。

のんびりと就活がしたいからという理由だけで、最初から秋採用を狙うのは得策ではありません。志望する企業の募集がなかったり、納得のいく条件の企業が見つからない可能性もあります。あえて選択肢の少ない秋採用だけに絞る必要はありません。秋採用は春採用でしっかり就活をし、それでも満足のいく結果が出ず、まだ就活を頑張りたいという熱意のある学生に残されたチャンスであることを覚えておきましょう。

秋でも募集している企業はある

結論から言うと秋でも募集している企業はあります。春採用に比べれば募集人数の少なさなどからハードルが高い部分もありますが、思わぬ優良企業の採用枠が残っているという可能性があります。ただ秋採用は春採用のように何度もチャンスがあるわけではありません。

少ないチャンスの中でしっかりと結果を残さなければならないので、一つ一つの企業に対してきちんと準備をしておかなくてはなりません。逆に言えばきちんと準備し、対策さえできていれば秋採用で内定をもらうことも充分に可能だということです。春から就活を続けて体力的にも精神的にもきつい時期ではありますが、就活に悔いを残さないようにここが踏ん張りどころだと思い頑張りましょう。

通年採用している企業もある

多くの企業は春採用、秋採用のように期間を限定して採用を行っておりますが、楽天や三菱商事など、通年採用している企業もあるということを知っておきましょう。通年採用は新卒だけでなく、中途採用や春採用の時期に就活を行えない留学生なども対象になっています。

手の企業の募集が残っている場合も多いですが、競争率が高く狭き門であることは確かです。通年採用をやっている企業は実力主義の場合も多く、また中途採用も兼ねていることもあってか即戦力が求められている場合が多いです。その点も選考のハードルが高い理由になっています。とはいえチャンスでもありますので、能力に自信があったり挑戦してみたいという人は受けておいて損はないでしょう。

大手の子会社

秋採用の狙い目の企業として大手の子会社が考えられます。大手の子会社は遅い時期まで募集している場合が多いです。大手は春採用の時点で募集が殺到します。圧倒的に人気のある企業ばかりですし、大手に入れば高待遇が望めるとそこを狙う就活生も多いでしょう。しかし一方で大手の子会社に注意を払う就活生は少ないです。
大手の子会社でも親会社と変わらない待遇である場合も多いですし、親会社ほど応募が殺到しないので実は狙い目の企業なのです。親会社に就職できればそれに越したことはないかもしれませんが、子会社でも活躍している企業はたくさんあります。特に大手の待遇を求めて就活をしているのであれば、子会社にも目を向けておくと必ずいい企業と出会うことができるでしょう。

中小企業を狙う

春採用では大手の企業が一気に人材を獲得するため就活生もそこに注意を向けがちですが、中小企業でも隠れた優良企業はたくさんあるということを知っておきましょう。特に秋採用は中小企業の募集が多いです。人材を確保しようと内定を出したものの、就活生が大手に流れてしまい内定の辞退者が多かったり、そもそも就活生が選考に集まらず中小企業は採用が足りていない企業も多くあるのです。秋採用でも優良企業で高待遇の中小企業が募集をしているというケースも少なからずあります。特に業界では有名なものの就活生にはあまり知られていない企業なども多いですし、しっかりと調べれば優良な企業に就職することは可能です。

内定がもらえない原因を見つける

就活の解禁からわき目も振らずに就活に取り組んでいるのに、それでも内定がもらえず秋採用に望みをかけるという学生は意外にいます。長期間就活に取り組んできたので、就活のノウハウは蓄積されているからと秋採用になめてかかってはいけません。それまでの就活で満足のいく結果を得られなかったのであれば、内定がもらえない原因がどこかにあるはずです。秋採用に挑む前にしっかりとそれを見つけて解決しておきましょう。そうでないとまた同じことの繰り返しになり、秋採用が終わっても内定がゼロなんてこともあり得ます。一度仕切り直すつもりで自分を見つめ、それまでの就活では何がいけなかったのかをしっかりと考えましょう。

応募している企業数が少ない

自分ではたくさんの企業に応募して、過密なスケジュールで就活をしていたつもりでも周りから見れば実は応募している企業数が少ないという場合もあります。一般的に就活生は平均30社の面接を受けていると言われています。それと比べて自分は充分に就活が出来ていたのかをしっかりと考えましょう。注意点として、ただ忙しく過ごしていたから就活を頑張ったと勘違いしてはいけないということです。
履歴書の内容を考えたり、説明会に行くのも就活の一部ですが、それはあくまで準備でしかありません。実際に企業に応募し、面接をして初めて就活をしていると言えます。選考を受けた企業のすべてから内定をもらえるわけではありません。むしろ何十社と受けても内定をもらえるのはごく一部の会社だけです。就活自体の分母が少なければ内定をもらえる確率もぐっと減ってきます。内定をもらう確率を少しでも上げるために、たくさんの企業の選考に参加できていたかどうかもう一度考えてみましょう。

話す内容に独自性がない

企業が新卒の就活生に求めていることは即戦力として働けるかどうかではなく、人柄を重視して採用しているのがほとんどです。なので面接では自己PRや志望動機などが結果を左右する重要な役割を担います。人柄が重視されるので特異な能力を持っているということよりも、個性的であるとか、この人でなければいけないと思わせる何かが必要になります。自己PRなどで、ありきたりな題材と文章で独自性がないと面接官の印象にも残らず、面接で落とされてしまいます。
突飛な内容を話さなければならないというわけではありません。いわゆる量産型の学生と思われないように自分の個性をアピールすればいいのです。自分の主観が入った文章を作成する事で、独自性を出すと良いでしょう。その人の主観が入っていれば、物事に対しての捉え方からどんな人間なのかということを相手に伝えることができます。自分の自己PRなどを見直し、本当に自分という人間を伝えられる文章かどうか再確認してみましょう。

自分の意思で就活しているように思えない

企業は学生の人柄を重視すると同時に意欲があるかどうかを見ています。本当にこの企業で働きたいと思っているかどうかを自己PRや志望動機、面接の受け答えから判断していきます。ただ何となく就活をしていて就活の軸が自分でも決まっておらず、最終的な決定が両親や友達、もしくは企業といった他者にあると企業に意欲が伝わらず、内定がもらえません。基本的なことですがしっかりと自分の意思で就活をすることが大切です。親が勧めるから、友達の評判がいいから、企業が内定をくれるなら就職しよう。そういった受動的な態度はすぐに見抜かれてしまいます。意欲を認められるためには能動的でなければなりません。自分が本当に行きたい企業を探し、能動的に就活に取り組みましょう。

客観的な意見をもらおう!

内定がもらえない原因を自分で振り返り、修正してみたものの、それでも結果が出ない。もしくはどこが悪いのか自分では分からない場合は客観的な意見をもらい原因を探っていきましょう。就活エージェントや学内の就職支援などを利用し、客観的な視点であなたの就職状況を見てもらうことで新たな気づきがあるかもしれません。履歴書の添削や面接の練習をやってくれる場合もありますし、企業を紹介してもらえることもありますので、一度利用してましょう。また就活を終えた周りの友達に意見をもらうのもいいでしょう。

実際に内定をもらっている人から見てどこがいけないのか、より身近な意見を聞くことで打開策が見つかるかもしれません。一人で悩むのは大変ですし疲れも溜まります。就活に行き詰ったら周りの助けを借りるなど、就活を続けることを考えましょう。

就活のプロ「就職エージェント」を利用するのも有効

行き詰まったときに是非検討してもらいたいのが、就職エージェントサービスです。就活生の面接や書類選考対策、企業紹介までをトータルでサポートするのが就職エージェントですが、その特性上、年間数百人単位の就活生を支援しているケースも少なくありません。そのため、一人では難しい振り返りや、自分自身の問題点の発見などをプロの視点から的確に見つけ、アドバイスを受けることが出来ます。基本的にはサービスに申込み後、エージェントとの面談を行い、その場で就職のアドバイスや企業選びのサポートを受ける形になります。また、就職エージェントは独自の企業求人を持っていることも多く、自分では見つけられない優良企業を紹介してもらうことも出来ます。さらにエージェントの紹介経由であれば、書類選考や1次面接などの選考フローをスキップできるケースもあります。これだけメリットの大きい就職エージェントですが、実はこれらのサービスは基本的に無料で受けることが出来ます。どうしても一人での就活に行き詰まったら、ぜひこういったサービスを利用してみましょう。

おすすめ就職エージェント「キャリアパーク!就職エージェント」

キャリアパーク!就職エージェントでは年間1,000名以上の学生と面談をし、内定へと導いたエージェントが非常に親身になって、サポートしてくれるのがメリットです。

就活のプロとも言えるエージェントが書類選考や面接はもちろん、内定後の相談や内定先企業の決定まで一貫してサポートしてくれます。また、厳選した企業を紹介してくれるので、多数の求人を抱える大手エージェントに比べて、一つ一つ企業との繋がりが強いのも特徴と言えるでしょう。

無料申込みはこちら

面接後は必ず振り返ろう

就活では自己PRや志望動機を考えたり企業分析をしたり、事前の準備も大切ですが、何より本番での経験が大切です。どれだけ練習しても本番で力を出せなければ意味はありません。また本番の緊張感の中でしか得られないこともあります。面接が終わればその出来に関わらず必ず振り返り反省しましょう。

どこが良かったか、どこが悪かったかを分析して次に繋げましょう。スラスラ話せたからOKではありません。きちんと内容が伝わったかどうかが大切なので、どんな内容を話したのかを見直しましょう。面接に完璧はありません。必ず反省する点があるはずです。そうやって反省を繰り返し少しずつ完璧に近い状態に近づけていくのが就活攻略の鍵です。大変な作業ではありますが、繰り返していけば必ず面接も上手くいきます。面接が上手くいけば内定がもらえる日はそう遠くはないでしょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ