就活の悩み

【自信の付け方とは】就活をする上で自信がない理由や改善策をご紹介

自信のなさは面接官に伝わる

就活をする上で、精神面を支えるために自信をつけることは重要です。自信がない状態で面接に臨むと「落ち着きなく見られる」「声が震えてしまう」「面接で回答に自信が持てない」などのデメリットしかありません。毎年採用をおこなっている面接官には、自信のない言動や仕草はすぐに伝わってしまうものです。熟練の採用担当者になれば、エントリーシートの時点で文章の内容から判断し、自信のない応募者を見抜くことも可能になります。

あなたの面接力は何点?

面接において、自分の見せ方は第一印象に大きな影響を与えます。また、自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?

それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードして、効率的に面接対策を進めましょう。

就活をする上で自信がない理由

就活は、人生を左右する重要なものになります。そのため、迷ったり不安に思ったりするのは当たり前です。自信がないのは、不安要素が多いのが影響していると考えられます。きちんと自分の就活のプランを練り、ひとつひとつ不安要素を取り除いていきましょう。不安要素を取り除くことで成長にもつながります。

質問に答えられる自信がない

就活で最も不安に思うのは、面接ではないでしょうか。質問内容に対する回答に自信がない就活生は多いです。就活支援課などで面接対策、模擬面接をおこなうことで面接の雰囲気はわかりますが、実際の質問内容まではわかりません。企業によってはユニークな質問を用意していることもあるため、就活生は質問内容に常に不安に思っています。

就活をするには応募をしないと始まりません。ESなどの応募書類の提出に追われて、業界や企業研究に力を入れることが難しい就活生も多いと思われます。企業に応募した明確な理由がないと面接を乗り切るのは非常に難しく、質問に自信をもって答えることはできないでしょう。

緊張してしまう性格である

面接は非常に緊張する場です。普段は普通に話せる人でも、とても緊張するでしょう。あがり症のため、緊張してうまく話せない就活生も数多くいると思われます。緊張してうまく話せないと、面接官にアピールすることが非常に難しくなってしまいます。しかし、緊張してしまうのは仕方ないことです。

緊張で言葉に詰まる場合は、面接官に「すみません緊張しています」と伝えるといいでしょう。中には緊張をほぐそうとする面接官もいるため、無理をせずに正直に話した方が気持ちが楽になるはずです。

どうせ落ちると思っている

気になる企業があればエントリーできるため、ダメ元で大企業に応募する就活生も多いです。志望する企業が自分のレベルより高いと感じている就活は、非常に勉強になります。自分のレベルより高い企業は、応募してくる学生もレベルが高いので、よほど努力をしないと書類選考で落とされてしまうケースがほとんどでしょう。

書類選考に合格し面接に進めたなら、勉強になること間違いなしです。学生のレベルも高いため、集団面接での質問の際の回答方法など同じ就活生から学べることも多くあります。そういった面接を経験することでスキルアップができるのです。

努力が足りないことを自分で理解している

努力をしている就活生は、就活を経験していくにつれて自信がついてくることが多いです。それは事前に企業研究や将来像などを考えていたことにより、軸の形成ができているためです。緊張する方でも、面接を経験していくうちに少しずつ面接に慣れていくでしょう。

しかし、就活の準備をしていない学生は軸ができていないため、いざ就活を始めても振り回されて自信を失ってしまうことがあります。就活生として明らかに平均以下の努力しかしていないことを自覚している就活生は、準備で出遅れた分きちんと自分の軸を作ることから始めましょう。軸のないままの就活は自信を失うだけではなく、内定ももらえず負のスパイラルに陥ってしまうでしょう。

自信がない就活生がすべき改善策5つ

自信がない就活生は、どのような行動や考え方をすればいいのでしょうか。ここからは、自信がない就活生がすべき改善策を5つご紹介していきます。

事前準備を徹底する

就活は、事前準備が非常に重要になります。いざ面接に行ったとしても、事前準備が不十分だと先に進むことは難しいです。自信をもって面接へ臨めるよう、事前準備を徹底しておきましょう。面接は就活生の人間性を選考する場なので、丸暗記の回答は避けましょう。

ただ、何も考えずに面接に臨むのではなく、この質問内容ではこれを話そうというワードを事前に決めておき、話を膨らませるようにしましょう。「このワードならこの人間性をアピールできる」など、複数のバリエーションを持っておくことが重要です。面接で自分の言葉で話せるように準備を進めましょう。

自分の可能性を否定しない

就活を経験すると、心が折れそうになることが何度もあります。そのようなときは「自分は就職できるのだろうか」などとネガティブな言動が多くなりがちです。そして、自分の可能性を否定し自信を失う就活生が多くいます。

ただ、ネガティブな言動だけでは先には進めません。誰しもが、就活はつらいと感じているでしょう。この時期を乗り越えれば先に進めます。つらいからと言って逃げ出さずに、自分の可能性を信じましょう。

面接の場数を踏む

面接は、経験を積めば積むほど上手になっていきます。これは自信にもつながるので、就活の成果としてもあらわれるでしょう。また、面接慣れしていない就活生は、面接官から見ても分かるものです。場数を踏んでいる学生は、回答に自信をもっていますし、面接で気を付けるポイントを網羅しています。

志望度の高い企業の面接に行く前に、場数を踏んで面接慣れしておくことが大切です。面接の場数を踏むと気を付けるポイントもわかり、志望度が高い企業でも自信をもって面接に取り組めるでしょう。

客観的な意見を参考にする

面接の対策には、客観的な意見が非常に重宝します。自分では見つけられなかった欠点を見つけてもらうことができ、意外な改善点がみつかることも多いです。エージェントや学内の就活支援を利用し、書類や模擬面接でどこがNGなのか、客観的に見た時の意見をもらう対策は効果的です。

就活支援課の職員は、専門的な知識を有している場合が多いため、欠点や改善点の指定が非常に鋭いです。模擬面接でも細かい指摘をおこなってくれるため、面接で失敗することも少なくなります。就活は、利用できるものを利用していく精神がないとなかなか成果は出ません。就活の際は、ぜひ就活支援課を利用してみてください。

成功体験を持つ

就活は、採用よりも不採用になる割合が非常に多いです。努力していても報われずに自信をなくしてしまうこともあります。成功するイメージがないと自信をつけることは難しいですが、就活の序盤は経験が少なく成功体験を見つけることが難しいです。しかし、小さなことでも成功体験があると自信に繋がります。何かで成功した経験がないと自信は付けづらいものです。小さなことでもいいので成功体験を持ちましょう。

例えば、面接での回答がよかった、応募先の企業へ元気よく挨拶できたなどの小さなことで構いません。この小さな成功体験の積み重ねが自信をつけるきっかけになります。自信をつけるためには、小さな出来事も見逃さないようにしましょう。

就活で自信があるように見せるコツ

続いて、就活で自信があるように見せるコツをいくつかご紹介します。自信がない人がすぐに自信をつけるのはなかなか難しいですが、あくまでも「自信があるように見せる」だけであれば、振る舞いひとつで可能な面もあるでしょう。形から入ることで、いつの間にか自然と自信が身につくこともあります。下記のような点に注意を払い、堂々と振舞いましょう。

ハキハキと大きな声で話す

ハキハキと大きな声で話す人は、自信があるように見えます。人は話の内容もさることながら、それ以上に話している当人の身振りや手振り、仕草、表情、声のトーンといった外見的な面を気にする傾向があるため、それを利用しましょう。話の内容が全く同じだとしても、うつむきながら小声で話す人より、大きな声でハキハキと話す人の方が好感を持たれます。ハキハキと大きな声で話すためには、お腹から声を出すことを意識しましょう。

背筋を伸ばす

自信があるように見せたい場合は、背筋をしっかりと伸ばし姿勢を正しましょう。そうすることによって呼吸が楽になり、リラックス効果が見込めます。姿勢を正すことによって相手にきちんとした印象を与えることができますが、それに加えて自身にリラックス効果があることも見逃せません。

リラックスしている人は、そうでない人に比べると精神的余裕を持っているように見え、安定感がある印象を与えられます。精神的に安定している人は、余裕があり自分に自信があるように見えがちです。精神的な余裕を得るためにはさまざまな方法がありますが、リラックスすることもその一因として考えられます。

笑顔を心がける

自分に自信があるように見せたい場合は、笑顔を心がけましょう。笑顔を心がけておくことで、不安な気持ちが自然と和らいでくることが多いです。また、相手も人間である以上、一緒にいて不快になる人よりは楽しい気持ちになれる人の方が好ましいでしょう。

緊張していると笑顔でいることが難しいかもしれませんが、口角を軽く上げるなど少しの工夫でも印象を変えることができます。こちらが穏やかでいることで相手にもそれが伝わり、次第に緊張が解け次第に自信を持って発言できるようになるでしょう。

自信の付け方は行動を重ねることで手に入る

就活は自分自身との戦いです。なかなか内定をもらえずに心が折れそうになることが何度もありますが、続けているうちに経験値も増えていきます。自信がないのはあなただけではありません。しかし、自信がないままでは就活は成功しないので、行動をすることで自信をつけて行きましょう。自信がつけばそれが態度や表情にもあらわれ、内定に近づくことができます。諦めずに行動し続けることで内定を獲得しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ