就活の悩み

就活で全落ちする学生の特徴|内定を得るための改善策も紹介

就活で全落ちしてしまう可能性も0ではない

就活で全落ちを経験する人も少なくありません。志望先がすべて不合格になってしまうと落ち込みますが、そこで就活をストップさせるのはNGです。

全落ちしたからといって就職できないわけではなく、そこから挽回をはかることは十分可能です。就活は最後まで諦めないことが大切であり、諦めずに取り組めば就職への道は開けます。

ただし、がむしゃらに取り組めばいいわけではなく、全落ちした理由を考えて改善を目指すことが大切です。

全落ちする場合は就活のやり方を間違えている可能性が高いため、挽回を目指すには大きく方向転換をしなければなりません。全落ちから成功を目指すためにも、上手な挽回方法を知っておきましょう。

就活で全落ちする人の特徴3つ

就活では全落ちを経験する人もいますが、すべての人が全落ちしているわけではありません。

不合格が続いても全落ちまでに内定を獲得できる人は多く、中にはひとつも落ちることなく一発で内定が決まる人もいます。

全落ちには必ず原因があり、全落ちを経験している人には共通した特徴もあります。どのような特徴を持った人が全落ちするのかを知り、自分に当てはまる点はないかチェックしておきましょう。

1.大手や有名企業に絞っている

就活で全落ちする人は、大手や有名企業の選考に絞っていることが多いです。意識を高く持って規模の大きい企業を目指すことは大切ですが、大手や有名企業の倍率は非常に高いです。

選考の水準自体も厳しく設定されていることが多く、通常の選考よりも難易度がはるかに高いと理解しておきましょう。

内定の獲得はそれだけで難易度が高いものですが、さらに高難易度の企業だけに選択肢を絞ってしまうと成功する確率は格段に下がります。大手や有名企業ばかりを志望することを大手病と言いますが、大手病にかかってしまうと就活の失敗率が跳ね上がるので注意が必要です。

難易度の高い企業ばかりに的を絞るのではなく、視野を広げて就活に取り組むことが必要でしょう。以下の記事では大手病について詳しく解説しています。是非参考にしてい見てください。

2.自己分析ができていない

自己分析は就活の基本であり、きちんとできていないと全落ちすることが多いです。自己分析は自身のアピールポイントを探したり、就活の方向性を定めたりするための重要な作業です。アピールポイントが見つけられていないと、企業に自分を売り込めずに選考で高評価を獲得しづらいでしょう。

就活の方向性がきちんと決まっていなければ、どの業界・企業を志望していいのか分からず就活の進め方に困ることも多いです。就活は闇雲に進めるだけでは成功する確率が低いでしょう。

自己分析を行うことで、自分が望む働き方を明らかにすることが可能になります。例えば上下関係がはっきりしている企業ではなく、役職の枠にとらわれないコミュニケーションが取れる企業に就職したい方は、体育会系の傾向が強い企業は向かないでしょう。

このようにこれまでの自身の経験を振り返り感情を思い返してみることで「自分が望む仕事内容は何なのか」「自分が望む職場環境はどのようなものなのか」など、自身が企業に求めるものが明確になるでしょう。自己分析をすることで、就活の方向性やアピールポイントを明確にしておきましょう。

以下の記事では自己分析の方法について詳しく解説しています。是非参考にしてみてください。

3.コミュニケーション能力不足

面接ではさまざまな要素によって評価を決定しますが、特に重要視されているのはコミュニケーション能力です。コミュニケーション能力は業界・企業を問わず、すべての仕事で必要な社会人の基礎能力です。乏しいと判断されれば合格は厳しいでしょう

そもそもコミュニケーション能力とは他者と意思疎通を図る力です。そして採用担当者は面接の受け答えから判断しています。具体的には、質問に対して的確に回答しているかや、端的に物事を伝えられているかからコミュニケーション能力を判断しています。

つまり就活においてコミュニケーション能力が不足していることは、面接官に自分の伝えたいことやアピールしたい事柄が十分に伝わっていない可能性があるのです。面接官に志望動機や自己PRで伝えたいことが伝わらないと、不合格になる可能性は高まるでしょう。

そのため就活において全落ちする人の特徴として、コミュニケーション能力が不足していることが挙げられるのです。

以下の記事ではコミュニケーション能力を向上させる方法について詳しく解説しています。是非参考にしてみてください。

【39点以下は危険度MAX】
就活力診断で"強み"を知らないと出遅れる

今年の就活はコロナで早期化している影響もあり、早めに動いている就活生は自分の強みや適性を把握しています。

そこで活用したいのが、就活偏差値診断ツールの「就活力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自己分析や企業理解、就活マナーなどの中で、何が不足しているのかグラフで見る化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業からの内定を勝ち取りましょう。

就活で全落ちしたときの対処法3選

全落ちしたことで自信をなくし、就活を続ける気力もなくなったという人は多いでしょう。不合格が続けば落ち込んでしまうのも仕方ありません。しかしいつまでも引きずっていては前進できません。

全落ちしたことをいつまでも引きずるのではなく、どうすれば改善できるのかを考えることが大切です。全落ちしても挽回は可能なので、全落ちした際にはどのように立ち上がればいいのかを知っておきましょう。

1.就活の軸を考え直す

就活の軸を考え直し、根本的な部分からの方向転換も大切です。全落ちする理由はさまざまですが、就活の進め方や志望先の選び方自体に問題がある場合も多いです。同じ軸のまま就活を続けても再び全落ちする可能性が高いため、軸を考え直さなければなりません。

就活の軸は非常に重要であり、適切に設定できていないと就活に失敗する可能性は高いです。就活の軸とは、どのような仕事を目指すか、仕事に何を求めるのかを定めたものであり、就活を進めるための指標となります。明確な指標がなく手探りで就活を進めても成果を得ることは難しいため、軸を再設定して最初からやり直しましょう。

以下の記事では就活の軸の見つけ方について詳しく解説しています。是非参考にしてみてください。

2.志望先の視野を広げる

全落ちした場合は選考のチャンスを確保する必要があるため、視野を広げて志望先の選択肢を増やしましょう。全落ちしてしまう人の多くは志望先を絞り込み過ぎている傾向にあり、そもそも応募数自体が少ないことも多いです。

就活は何十社と受けて内定が1社出るかどうかなので、数が少なければ内定獲得率も下がってしまいます。企業は年間を通して採用活動をおこなっているため、しっかり探せば応募先を見つけることは可能です。選考のチャンスを獲得しなければ就活は進まないため、視野を広げて自分に合った志望先を探しましょう。

以下の記事では企業選びのポイントについて詳しく解説しています。是非参考にしてみてください。

3.話し方や表情を見直す

面接の出来が悪いと、どれだけ事前準備を徹底していても全落ちする可能性が高いです。面接での話し方や表情など、細部までチェックすることを心がけましょう。面接では質問に対する回答内容だけではなく、それをどのように伝えるかどのような振る舞いをしているかという点でも評価が左右されます。

例えばグループ面接で、他人が質問に答えているときに暇そうにしていると面接官からの印象は悪くなるでしょう。このように面接では一挙手一投足に気を付ける必要があるのです。

また同じ内容の話をしていても、話し方や表情が違うだけで与える印象は大きく異なるでしょう。そのため話し方や表情を見直すことは有効な対策になります。

話し方や表情を見直すためには友人に模擬面接してもらうことや、カメラに向かって志望動機を伝えてみるとよいでしょう。友人からは客観的な意見を、カメラからは自分自身を自分で見直せるでしょう。

笑顔で志望動機を伝えられているか、話は長すぎないかに注意して確認してみるとよいでしょう。是非参考にしてみてください。

以下の記事では面接に受かる表情について詳しく解説しています。是非参考にしてみてください。

就活で全落ちしないための準備3選

全落ちしないためにできることは多くあり、それらをきちんとおこなうことが就活を成功させる近道と言えます。

全落ちしないためには何をすべきかを知り、事前の準備を徹底して効率的に就活を進めましょう。

$u[全落ちを防ぐためには、就活の基本ともいえる部分を強化することが大切です。ここからは、3つのポイントについてご紹介していきます。

1.自己分析を徹底する

就活を攻略するためには自己分析が必須であり、徹底しておこなうことが全落ちの回避につながります。自己分析は、就活の軸を設定するために必要不可欠なものです。基本がしっかりできていなければ就活の成功率は格段に下がるため、時間をかけておこないましょう。

おすすめの自己分析方法は、モチベーショングラフを作成することです。モチベーショングラフを作成すると、自分がどんな時にモチベーションが上がるのか、それはなぜかが明らかになります。つまり自分の価値観や特徴を理解することができるのです。さらにモチベーショングラフは、視覚的にモチベーションの上下がわかるため面接官に伝えやすくなるとともに、自分自身でも分析しやすくなります。

おすすめの方法としては、白い紙とペンを用いる方法です。2点を用意したら、そこに2つの軸を記入しましょう。横軸が年齢、縦軸がモチベーションの上下を表しています。

次に、年齢ごとにあなたのモチベーションが高かったのか低かったのかをグラフ化してください。そして、モチベーションの分岐点に詳細情報を記入してください。こうすることにより、自分のモチベーションが何かや、どのように乗り越えてきたかを可視化することができます。

是非参考に自己分析を進めてみてください。

また、自己分析は一度やればそこで終わりではありません。念入りに自己分析をしても、その結果が本当に正しいとは限りません。就活を進める中で価値観が変化し、自己分析の結果が変わることもあります。就活で行き詰まりを感じた場合は、自己分析を何度でもやり直してください。

以下の記事では自己分析を進める際のおすすめの本について詳しく解説しています。是非参考にしてみてください。

2.業界・企業研究をおこなう

業界、企業研究も就活を攻略するための重要なポイントであり、自己分析と並んで大切なものです。業界や企業を知ることは仕事への理解を深めることにも繋がり、志望度のアピールにも役立ちます。企業は学生がいかに自社に強い志望度を持っているか、仕事への熱意を持っているかをチェックしています。

志望度や仕事への熱意をはかる指標として業界や企業への理解度が見られており、理解度の高さ=志望度の高さと評価されることが多いです。

業界の現状や課題・将来性を知り関連する業界への知識もあれば高評価を得やすいです。志望する企業と同業他社との違いを知り、その企業ならではの特徴や魅力を知ることが高評価に繋がります。

おすすめの業界研究の方法はリクナビの「業界ナビ」を活用することです。業界研究ナビでは、、業界全体の平均年齢・平均勤続年数などの基本データから、業界の特徴や近年の動向まで詳しく記載されています。是非チェックしてみてください。

以下の記事では人気の業界や選び方のコツについて詳しく解説しています。是非参考にしてみてください。

3.選考の対策も重要

就活を上手に進めるためには事前準備が必要ですが、内定を獲得するためには具体的な選考の対策も必要です。選考の方式は企業によってさまざまであり、書類選考や面接・適性検査・グループワークなど対策すべきことは多くあります。

それぞれでチェックされているポイントは異なるため、選考ごとの特徴を把握して何が見られているかを理解することが大切です。

選考の対策は、企業ごとにおこなう必要があります。その企業が求める人材像を把握して、自分が持つ強みとの共通点を見つけましょう。企業に合った対策を心がければ、選考を突破できる可能性もアップします。

以下の記事では面接の対策方法について詳しく解説しています。是非参考にしてみてください。

全落ちを防いで就活を攻略しよう

全落ちしないためには事前の準備が大切であり、念入りに対策を立てることが就活を攻略するポイントです。もちろん準備を徹底しても全落ちする場合もあるため、その場合はしっかり挽回を図りましょう。

全落ちしても諦めずに就活を続ければ内定を獲得することは可能であり、自分に合った就職先も見つけられます。就活は念入りな対策を立てて取り組むことが大切なので、丁寧な準備をして内定獲得を目指しましょう。

1月でも間に合う!優良企業の内定が狙える「キャリアパーク就職エージェント」

「もう1月だけど、納得のいく内定がない...就活浪人しかないのかな...」と悩んでいませんか?

この時期になると、ナビサイトでも選考にエントリーしにくくなり、焦りますよね。

そんな時は、就職支援サービスの「キャリアパーク就職エージェント」が便利です。

キャリアパーク就職エージェントは、登録すると、あなた専属のエージェントが、上場企業などの優良企業の紹介や、面接トレーニングなどの就活サポートをしてくれるサービスです。

表向きはナビサイトで応募を終了した優良企業でも、キャリアチケット経由なら、選考にエントリーし、内定が狙えます。

さらに、就活のプロであるエージェント達から、模擬面接・ES添削などの徹底サポートもあるので、一人で就活するより、グッと内定が近づきます

キャリアパーク就職エージェントを活用して、納得のいく内定を勝ち取りましょう。

詳しくはこちら

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ