業界研究

【ゲーム会社のインターン探し方】参加方法から就職を目指すまでのフローなど徹底解説

ゲーム会社に就職したい場合どうするか

仕事をするなら自分のやりたいこと、好きなことがやりたいと考える人は多いでしょう。自分の好きなことがゲームであれば、当然ゲーム会社で働いてみたいとも思うはず。そんなゲーム会社のイメージとしては、自分の好きな格好で出社してゲームをやったり、自由な社風というのが一般的ではないでしょうか。確かに実際のゲーム会社では世間のイメージ通りそういった環境のところも多いです。

もちろんですが、ゲーム会社もしっかりと仕事はしています。あくまで仕事にゲームが含まれているということを忘れてはいけません。ゲームで遊べるからゲーム会社に就職するのではなく、ゲームを仕事にしたいから、またはゲームを作りたいからという理由でなければ受かりませんし、続けることが難しいでしょう。このことは大前提に考えておいてください。

自分の応募したい職種を見つけよう

ゲーム会社の主な仕事はやはりゲームを作ることです。会社の商品なので、これは欠かせません。しかし、一口にゲームを作るといってもゲーム会社の社員はゲームの開発職だけではありません。ゲームの構想や企画を考えたり、実際に作ったり、デザインをしたりと様々な職種の人、たくさんの人が一つのゲーム作りには関わっています。

ゲームをクリアしたときのエンドロールをイメージすれば分かりやすいかもしれませんね。画面いっぱいに人の名前が映し出されて、それだけの人がそのゲームに関わっているということになります。ゲーム会社に就職したいのならまずはその職種を知る必要があります。その上で、自分はどの職種を目指したいのか、ゲームを作る上でどの工程を担当したいのかを決めていきましょう。

プランナー

ゲーム会社にはどのようなゲームを作るかなどの「企画」をするプランナーと呼ばれる人たちがいます。その人たちの企画から、実際のゲームは生まれてきています。プランナーはただ面白いゲームを考えるというだけではありません。倫理的な思考を持って「なぜそのゲームを作るのか」「なぜ面白いのか」まで企画することが求められます。

自分たちはどうしてそのゲームを作るのか、なぜ作ろうと考えているのかという会社の存在意義にまで到達する仕事なので非常に重要な職種です。またこの段階でアイデアが出なければゲームを生み出すことができません。会社を動かし、成長させていく中核となるのがプランナーです。

プログラマー

どのようなゲームを作るのか、その企画が決まれば次にそれを形にしていきます。その企画に合わせてプログラミングするのがプログラマーの仕事です。ゲーム会社でゲームを作る人として一般的にイメージされているのがこのプログラマーの仕事でしょう。企画からゲームを作り上げ、完成したら正常に作動するかのチェックまでを行うのがプログラマーの役割です。仕事で実際にゲームをプレイすることが多いのもこの職種になります。

自分たちの作ったものが問題なく最後までプレイできて、クリアできるか。ゲームに故障個所はないかを調べる非常に重要な役割になります。ゲームを販売した後でバグが見つかれば、ユーザーへの補償なども大変なのでミスなく正確に作るという能力が必要になります。またクリア間近で重大なバグを発見し、プログラムを大幅に書き換えるということもざらにあるそうなので、根気強く自分の作品に向き合うことが求められます。

デザイナー

ゲームはストーリーや操作性も大事ですが、グラフィックの良さというのもゲームの中で重要な要素になります。このグラフィックを担当するのはデザイナーと呼ばれる人たちです。デザイナーは登場するキャラクターや背景など、ゲームの世界観に必要なアイテムをデザインすることが仕事です。ゲームの企画やストーリーにあったデザインをしなければならないので、よりそのゲームの世界観というものを理解している必要があります。また、デザインもとにかくリアルな綺麗なグラフィックを目指すのか、それともあえてレトロなデザインにするのかなどでもゲームの印象は大きく変わってきます。

キャラクターのデザインはもちろんですが、背景やアイテムの一つ一つからゲームの世界観というものは決まってきます。よりゲームの世界観にマッチし、かつ親しみがもてる、感動できるものをデザインしなければなりません。デザイン次第でユーザーのゲームへの評価も大きく変わるので、デザイナーもまた重要な仕事です。

インターンへの参加は効果的

インターンへの参加は効果的

ゲーム会社の職種については理解したものの、採用試験までにどのような準備をすればいいのか、そしてどれくらいのスキルを身に着けておけばいいのか分からないという学生も多いでしょう。ゲーム会社は特殊な職場で、募集している職種も多彩です。それぞれの職種に必要なスキルは違いますので、まずは自分がどの職種を目指すのか決める必要があります。そしてインターンに参加してより深くその業務を知ることが効果的だと言えます。
情報を聞くのと実際にやってみるのではやはり違います。自分のやりたい職種があっても体験してみれば自分にはあまり適性がなく、他の職種への適性を発見できるかもしれません。

また応募したい職種がまだ決まっていないという場合でもインターンへの参加は効果的です。とにかく実際に体験してみるということが必要なので、インターンには積極的に参加するようにしましょう。

実際にゲームの開発に携われる

インターンに参加する最大のメリットは実際にゲームの開発に携われるということでしょう。インターンでは学生の体験が重要視されるため、様々な部署の仕事を経験することができます。ゲーム会社は特に職種が複数に分類されているので、それぞれの業務理解を深める事ができるという点では企業研究、業界研究においてもインターンがベストの策であると言えるでしょう。
また実際に携わる事によって入社意欲が高まったり、逆に自分のイメージとのギャップを感じる事もあるので、インターンに参加することで自分が想像していたゲーム会社の像が固まってきます。志望動機や自己PRを考えるにあたってもこの企業へのイメージというものがしっかりと定まっている必要があるので、インターンに参加することは就活を進める上でも非常に効果的だと言えます。

就職までに必要なスキルが身につく

ゲーム会社での仕事は特殊なものが多く、スキルに関しても専門性を要するものも多いです。インターンに参加するメリットとして、実務を通して業務に必要なスキルが身に付くということも挙げられます。それはどの職種に関しても言えることで、プランナーであれば、どんな考え方をするのか、プログラマーならどんなプログラミングスキルがいるのか、デザイナーならどんなデザインを勉強していればいいのかなどを学ぶことができます。

インターンが終わってからも自身での勉強にも役立てることができるでしょうし、実際に働いている人に入社前にどのようなスキルを身につけておけばいいのかなどを聞くこともできます。事前に必要なスキルを身に着けておけば就活でも良いスタートダッシュになるので、インターンには参加するようにしましょう。

ミスマッチングを防げる

就活で一番大切なことは自分がその企業とマッチしているかどうかです。自分が就職したいと強く思っていても実際に就職してみれば理想とは全く違っていたとなると、この先働き続けることが大変になります。就職前にインターンを経験していれば、企業の文化や業務内容を知る事ができます。入社前にマッチング度を確かめる事ができればそういったミスマッチを防ぐことができます。

ですので、志望度の高い企業ほどインターンへの参加は必要ということです。ゲーム会社でもA社とB社では全く印象が違うというのもよくあるので、業界内でも自分に最もマッチした企業を選ぶためには、複数の企業のインターンに参加してみるとよいでしょう。

インターン先の探し方

インターンに参加してみようと決めたら、次はどの企業にインターンに行くのかを決めなければなりません。しかし、ゲーム会社のインターンの募集をあまり見かけたことがないという人は多いのではないでしょうか。大学などで紹介されているインターン先は、いわゆる普通のサラリーマンの企業が主になっています。
ゲーム会社は少し特殊なので、そういったところでは紹介されていない場合が多いです。それでは一体どうやってインターン先を探せばいいのか。いくつか方法を次でご紹介していきます。

企業のHPを確認する

ゲーム会社のインターン先の探し方として最も主流になるのが、企業のHPを確認するということです。インターンを募集している場合は必ずHPに記載があるので、志望度の高い企業は、直接HPを見てインターンの募集を確認するようにしましょう。
また外部サイトには情報はなく、企業のHPのみでインターンを募集している場合もありますので、必ず確認が必要です。まだどの会社を志望するのか具体的に決まっていない人は自分のやっているゲームやお気に入りのゲームを作った会社へのインターンの参加をおすすめします。

無料サービスを利用する

インターンを探すなら無料の就活サイトを利用するのもおすすめです。キャリアバイトでは様々な企業へのインターンを紹介しており、インターンでは珍しい有給のインターン先を紹介している大規模のサイトです。有給のインターンはより実務への責任が増しますがそれだけ得るものも大きいでしょう。マイナビのインターンでは業務の1日体験の案件を多く紹介しています。気軽に参加したい、色々な企業をみたいという人にはおすすめです。リクナビは企業掲載数が業界トップクラスなこともあり、紹介しているインターン先も膨大です。色々な企業を比較しながら選びたいという人にはおすすめのサイトです。インターン先を決めるにあたって大事なことは志望する業界や職種に特化したサイトを利用したり、様々な職種を総合的に扱っているサイトを利用するということです。

ゲーム会社は特に特殊な業界なので、どのサイトなら多くの企業を紹介しているのか、様々な職種を紹介しているのかを見極めることが大切です。就活では無料のナビサイトを眺める時間が多いので、その時間を出来るだけ短縮し、そして自分にあった企業を探すためにも志望する業界に強いサイトを探しておきましょう。

「好き」を職業にしよう!

null

仕事をしていると辛いこと大変なことはたくさんあります。投げ出したくなること、辞めたいと思うこともあるでしょう。そこで仕事を続けられるかどうか、折れずに頑張れるかどうかはその仕事が好きかどうかで変わってきます。自分の仕事を好きだと感じている人は少ないようです。生活のため仕方なくやっている、そう感じている人が大半です。

しかし同じ仕事をするなら好きな仕事ができる方がいですよね。好きなことであれば、大変なこと辛いことでもきっと乗り越えていけます。仕事は続けるうちに好きになる場合もあります。でも最初から好きな仕事をしているという人もいます。どちらを選ぶのかは自由です。もし好きなことがすでにあるのなら、それを職業にしてみるのはいかがでしょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ