自己PR

【真面目さを長所としてアピール】文章作成のポイントと例文3選

長所で真面目さをよりアピールする方法


働く上で真面目さや勤勉さは大きな長所となります。その長所を今よりもっとアピールすることが出来れば、当然面接官の心証は良くなり内定へと繋がりやすくなることでしょう。そうしたアピール方法を具体的に教わる機会があればいいのですが、機会に恵まれない方も多くいると思われます。

以下の各章で具体的な文章構成からエピソードの選び方、例文まで余すことなくご紹介いたしますので、自身の就活においても参考にしてみて下さい。真面目さを強調するのは全ての就活生が行っています。大切なのはどう真面目かを掘り下げてあなた自身が理解しておくことです。

真面目さをアピールする際のポイント

一言に真面目と言っても人によって持つ印象が違うことがあります。その真面目さが企業にとってどう有益なのか、切り口を変えるだけで結果が変わることになりますので、深い自己分析は必要不可欠と言えるでしょう。

不真面目な態度で就活をする就活生はいませんので、ある程度当然だと思われがちな「真面目」という長所も、掘り下げて知っていけば企業に対して大きな武器になりますし、そのアピールの良し悪しで採用率が変わることになりますので、しっかりと事前準備も含めアピールする方法を知ることを怠らないようにしてください。

真面目にも種類がある

まず初めに、あなたはどういった真面目さを持つ人でしょうか。当然ではありますが、真面目にも種類があります。与えられた目標に対して責任感を持って最後までやり通す真面目さと、コツコツと継続して物事をやり続けられる真面目さがあります。どちらも兼ね備えている方もいらっしゃるかもしれませんが、大半の方がどちらか、もしくはどちらか寄りの真面目さを持っていると思います。

その自身の真面目さを理解していないとアピールの仕方を間違えてしまうことになりかねませんので、あらかじめ理解しておくようにしましょう。似て非なる部分ではありますので判断が難しく感じられるかもしれませんが、アルバイトや勉強面で当てはめてみると分かりやすいかもしれませんね。

自分の特性が分かったら構成を決める

自分がどういった真面目さを持っているか理解することができたら、文章構成を考えるようにしましょう。その真面目さをアピールするための文章構成であるという事を念頭に置いてください。基本的な文章構成は①結論②エピソード③まとめとなりますが、その中でどう見せていくかを考えてみることになります。

前章で自身の特性を掴んでから考えることになりますので、責任感の強さをアピールしたいと考えている方が、継続力をアピールしてしまうのは間違いになりますし、その逆もまたしかりです。全く効果が無いという訳ではありませんが、最も効果があるとも言えませんので、自身の特性をしっかりとアピールできる見せ方を工夫するようにしましょう。

エピソードをひとつに絞る

そして最も中心となるのはエピソードの部分だと思いますが、基本的にエピソードはひとつに絞る様に心がけましょう。複数のエピソードを話してしまうと、話が抽象的になってしまうのでエピソードはひとつに絞った方が効果的です。

具体的で内容の詰まった話が出来るという点で大きなメリットになりますので、いくつかのエピソードを話すのではなく、最も自信が有り、なおかつつ真面目さをアピールする上で有効だと感じられるエピソードを採用するようにしてください。キャッチ―な印象を持たれながらも、思わず面接官が聞き入ってしまう様な文章構成を目指すようにしましょう。

志望する企業で長所をどう活かすのか

ただエピソードを述べて自身の長所を語り終えるのではなく、その長所を志望する企業でどう活かすのかまで話せるようにしてください。文章の中で、自分の長所を仕事でどう活かしていけるのかを述べるまでが大切です。そうすることによって、企業の方に会社にとって必要な人材であると判断してもらえる要因になります。

気を付けて頂きたいのが、「~ですので活かせます」という断定表現ではなく、「~ですので活かして行けるように尽力いたします」といったあくまでも今後の意気込みとして述べるのがポイントです。謙虚な姿勢の中にも強い熱意があり、真面目さと同時に向上心もアピールすることが出来ますので覚えておくと良いでしょう。

真面目さをアピールする例文3選

真面目さだけで自己アピールを表現しようとすると、どうしても地味で華の無いものになってしまいがちです。真面目さとはあくまで物事の過程に対しての評価ですから、真面目さを示すエピソードだけで完結してしまうのではなく、その真面目さからこういう成果を挙げたとか、こう成長できたというエピソードを結びつけましょう。

そうすればあなたの真面目さは、ビジネスシーンで活きる魅力的なアピールポイントになることでしょう。さらにその場合、内向的なエピソードだけで終わるのではなく、結果的に他の人に対しどう働きかけたかなどを盛り込めると、同時に社交性や協調性をアピールできます。

例文①

私はよく周囲から「真面目」だと言われます。学生時代のアルバイト先で、日頃から与えられた仕事は責任持ってやり切ることが当然だと感じていたのですが、同じ様に考えている同僚があまり見受けられませんでした。ある日店長から呼ばれ、昇給とリーダーへの昇格を任じられました。
その際に「みんな君くらい働いてくれれば良いんだけど」というご相談を受けました。それからは私個人だけではなく、同僚と協力し仕事の質を高めるよう意識的に努めました。結果としてお店の売り上げも上がり、店長からも感謝のお言葉を頂けました。私の真面目さが周囲の方々のモチベーション増加に繋がる様に尽力したいと共に、御社の営業成績により良い影響を与えられるよう貢献して行きたいと考えております。

上記の例文では、学生時代のアルバイトに関するエピソードを述べています。個人としてだけではなく、周囲の人達も巻き込んで真面目さを発揮した内容です。一緒に働くメンバーと協力して課題を解決する協調性が伝わる文章といえるでしょう。

例文②

私の長所は真面目さです。大学では野球部に所属していましたが、ケガを理由に、2年生からはマネージャーとして活動することになりました。部員数も多かったので、レギュラーになれないような部員は、部活に参加しなくなる人も多かったです。
しかし私は、せっかく始めた部活なのでマネージャーとして裏方をしっかり務め、あまり部活に参加しなくなった部員にも声をかけたり、一緒に練習を手伝ったりしました。その部員がやがてレギュラーに選ばれたときに、お前のおかげでレギュラーになれたと言ってくれた時は本当に嬉しかったです。社会人になっても自分の出来ることを全力で取り組んでいきたいと思います。

真面目さを自分自身の中だけで完結せずに、他者に対しても働きかけているエピソードです。社会人として仕事をするという事は、チームワークと自分自身の役割を全うすることが重要になるので、たとえレギュラーで活躍できなくても魅力的なエピソードとしてアピールできるでしょう。

例文③

私は周りの友人に真面目な人だねとよく言われます。授業も1回も休まず、ノートもしっかりとっているので、テスト前に友人にノートを見せることも多いです。自宅が学校から遠いのでアルバイトやサークルはできず、学生時代の特筆すべきエピソードもありません。
しかし、多くの先生から君の授業に臨む姿勢は素晴らしいと褒められましたし、授業やゼミを通じてたくさんの友人もできました。大学生活を通じて日々努力を重ねることで忍耐力や継続力も身に付いたと思います。仕事でもコツコツ努力し、結果を出していきたいと思います。

全ての人が魅力的なエピソードを持っているとは限りません。社会人生活は地道な仕事を実直にコツコツ続けることで成果を出していくことも多いものです。そういう部分を強みとすれば地味な学生生活と思っていても素晴らしいアピールとすることができます。

面接では長所をさらにアピールする

長所は、書類段階で全てを伝えてしまわないように気を付けてください。書類では簡潔にわかりやすくまとめて、面接時に話を膨らませるようにしましょう。最低限のコミュニケーション能力や発言力は、どんな企業でも必要となります。

自身のアピールポイントに加え、そういった常識的な点も備えているということを伝えるためにも、書類に書いてあることをそのまま話すだけではなく、掘り下げて話せるように意識を向けましょう。書類の段階で長所をアピールし、面接では更なるアピールに繋げることが大切です。

真面目という長所をどう活かすのかを伝えよう

こちらの記事では「真面目」という点に着目して長所をアピールする方法をご紹介いたしました。長所をアピールする際には、それを企業でどう活かしていくのかを述べることが大切です。真面目さはありきたりな長所だと感じる人も多いかもしれませんが、働く上では大切な要素のひとつです。伝え方を工夫して、例文を参考にアピール方法を考えてみましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ