自己PR

自己PRで継続力をアピールするポイント3つ【例文あり】

自己PRをしっかり伝えて評価を得よう


自分を相手に売り出し、また好印象を与えるために自己PRはなくてはならないものです。また自分にとって必要なものであると同時に、企業としても自分がどのような人物であり、入社後は、どのように活躍していけそうな人材なのかを測り知るために必要なものです。お互いが望ましい結果を出せるように、自分の強みを正確に把握し、有望な人材であることを積極的に発信していかなくてはなりません。

自己PRは自分の強みを発信するチャンスですが、採用をしてもらうことが目的であるため、他の人よりも自分が魅力的な人材であることを企業に認識してもらう必要があります。自分らしさを売り出しつつ、しっかりと企業の注目を集められるような自己PRを作成できるようにしましょう。

自己PRで継続力を述べる3つのメリット

自己PRにおいて、自分がそれまでおこなってきたことを元に企業に能力をアピールするのは大事なことです。特に就活生の間で自己PRの際によく使われるフレーズが「継続力」という言葉です。継続して何かに取り組むということは、それだけ仕事に対しても長く取り組めるということになります。

確かにひとつのことに継続して打ち込み、企業で活かせる能力を得られたのなら良いにこしたことはありません。では実際に、自己PRの場で継続力があることをアピールするメリットには、どんなものがあるでしょうか。

大きく分けて、継続力があることをアピールするのには3つのメリットがあります。ひとつは「真面目な人と評価される」こと、ひとつは「こつこつ積んだ経験が将来の貢献に期待される」こと、最後は「すぐに会社を辞めないだろうと思ってもらえる」ことです。

①真面目な人と評価される

ひとつのことを継続して続けてこれたという経験は、その人の物事に対する真面目さを測るための指針にもなります。特定のことを長く続けたということは、それをアピールした企業に対して「意図を持って物事を継続してきた真面目な人」という印象を持ってもらうことも可能なのです。

何かを継続することができるということは、そのことに対して真面目であるからこそ取り組めたことになります。継続して物事に取り組める人は、今後の仕事においても何に対しても真面目に対応することができるかもしれない、と思われることでしょう。継続力があるということは、真面目であると評価されることにもなるのです。

②こつこつ経験を積み将来の貢献に期待される

ひとつのことを継続して取り組めるということは、それに伴って経験を積み上げてきたということになります。何かに打ち込んできた分成長していることは、誰にでも必ずあるものです。そういう経験は、仕事に就いた際もこつこつ取り組み、経験を積み重ねていくことで成長することにつながります。

これは結果として、将来の企業に貢献するだけの実力を得られる人であると認識されるのです。今までの学生生活の中で自ら学び、経験を積み重ねてきたとアピールすることができれば、将来的に経験を重ねることで有能な社員になるかもしれないと企業は思うことでしょう。

③すぐに会社を辞めないだろうと思ってもらえる

継続して何かに取り組んだ経験があるということは、ひとつの場所で長く勤められるということにもつながります。企業にとっては、自社で長く勤めてくれる人材が欲しいもの。そして何かに集中して長く取り組める人は、結果としてひとつの企業で長く留まって仕事ができるということでもあります。

物事への継続力があり、就職を希望している企業で辞めずに仕事に取り組んでくれるなら、その人は採用する候補に挙がるでしょう。それに加えて仕事の中で地道に成長できる人、つまりコツコツと継続的に仕事に取り組める人であれば尚更です。そういう意味でも、継続力をアピールすることは大事と言えるでしょう。

自分の強みは「継続力」なのか、自己分析ツールで確認しよう

『継続力』を自己PRする人の中には、自分の強みを勘違いしている人もいます。強みを勘違いしていると自己PRは上手くいきません。

自分の本当の強みを見極めるには、自己分析ツール「My analytics」が便利です。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職をサクッと診断できます。

My analyticsで、あなたの強みが本当に『継続力』なのか確認してみましょう。もしかすると、思っていたものとは違う強みも発見できるかもしれません。

継続力をアピールするときに印象に残る話し方

null

実際に継続力があることをアピールする場合、やはり話し方が大事になってきます。自己PRで「長い間継続してアルバイトをしていました」と言うだけでは、企業へのアピールとしてはとぼしいものになってしまいます。自己PRとして具体的に継続力をアピールするなら、その継続したことによって「得られたこと」を話すことが大事なのです。

継続しておこなってきたことによって得られた結果が、採用の際にどういったメリットになるかにつながっていくのです。では、実際にどのような話し方をすれば、採用担当の印象に残ることができるのでしょうか?具体的にどういった話し方が印象に残るか、どういった内容を話すのがいいかを詳しく見ていきましょう。

一番始めに強みを伝える

自己prで継続力をアピールするためには、面接官に継続力があるという強みを伝えることが大切です。例えば、「私は、継続力があるために物事を目標に達するまでやり抜くことができます。」という自分の強みがあったとします。

このような強みを面接官にきちんと伝えるためには、伝え方がうまくなければなりません。伝え方が上手くなければ、せっかくの自分の強みがきちんと面接官に伝わらないまま終わってしまうでしょう。

まず初めに、自分の強みをエピソードを交えて伝えようとする就活生がいますが、面接官にうまく伝える方法とはいえません。面接官にうまく伝えるためには、一番初めに自分の強みを伝えることが良い方法です。エピソードは、あくまでも補足として使いましょう。

継続力を裏付ける経験もとに話す

継続力があると自分で思うようになったきっかけは、単にアルバイトやサークル活動などを長く続けていたからでしょうか?自分が長く取り組むことになったのには、必ずきっかけとなる何かしらの経験や理由がある筈です。それらの経験を見直し、継続力があると思った理由として具体的にアピールすれば、企業に自分のことがよりはっきり伝わります。

特に継続して取り組んだことであれば、その中で大きな経験はひとつではなく複数あることでしょう。その複数の経験をある程度絞り込んで、企業で活かせるものを探していくようにしましょう。具体的な経験を語ることで信憑性が増し、面接官も入社後の働きぶりをイメージしやすくなるはずです。

自分がどういう行動を継続したか具体例を話す

ダラダラと長く続けるだけなら、誰にでもできることです。企業が求めている継続力とは、目的を持って長期に渡り活動をしたことや、その結果として成長が見えてくるものになってきます。自分の継続力の有無についてアピールするなら、どういったことを継続したかを話すのは重要なことです。

例えば継続したことがアルバイトであるなら、その中でどういった仕事を積極的に継続したかをアピールする形になります。アルバイトの中でどういったことに取り組んだかは、実際に自己PRを作成する前に自分で思い返すなどして、分析をしておくといいでしょう。

自分のキャッチコピーを考える

継続力はすばらしい強みを持っているため、自己PRとして利用することに申し分のない特徴です。しかし継続力が自分の強みだと言われると、抽象的すぎるために相手はすぐに納得がいくまで理解を得られない場合があります。確かに結論としては継続力が強みであることですが、相手への印象に残りにくい自己PRになってしまいます。

自己PRを相手に印象づけるためには、継続力という言葉を自分の言葉に置き換えておく必要があります。例えば粘り強いことでもめげずに頑張ることができるという言葉であっても構いません。しっかりと相手におぼえて漏れるようなキャッチコピーを考えましょう。もし継続力が長期継続の経験によって裏付けられた結果である場合は、その続けた行為をアピールするといいでしょう。

自己PRで継続力をアピールするポイント

null

面接官に自己PRで継続力をアピールするためには、いくつかのポイントがあります。すべてのポイントに共通することは、具体的な事例などをうまく使って面接官にわかりやすいように伝えることです。

1つ目のポイントは、継続力を数字を使って具体的にわかりやすく見せる方法です。2つ目のポイントは、苦労を乗り越えたエピソードで継続力を強調する方法です。3つ目のポイントは、身に付いている継続力が、仕事にどのようにいかせるのかをアピールします。ここでは、3つのポイントについて具体的に説明していきます。

①数字を用いる

自己PRで継続力をアピールする際には、必ず数字を用いましょう。そして、何をどのくらい継続したことがあるのかというエピソードを用いて、継続力について説明しないとなりません。それがないと、継続力の度合いが伝わらず、いまいち魅力的な自己PRとはならないでしょう。度合を伝えるためには、数字を用いるということは必須なのです。

たとえば、数字を用いて、ある出来事を1月から12月までの1年間継続してきたと説明されるのと、去年それを続けてきたと言われるのでは、前者の方が明らかに伝わりやすいですし、努力の度合いも分かりやすいですよね。数字は誰にでも平等なものなので、自分の伝えたい意図通りに伝わっていくのです。だからこそ、自己PRで継続力をアピールする際には、必ず数字を用いて説明する必要があるのです。

②苦労の乗り越え方を説明

継続力の強さを分かってもらうためには、それを継続するにあたり、どんな苦労があり、それをどのようにして乗り越えてきたのかということも説明する必要があります。
ただただ続けてきたというだけなら、継続力の強さのアピールにならないこともあるので、こうしてエピソードに抑揚をつけ、より強さが伝わりやすくなるようにしていきましょう。

苦労の乗り越え方をアピールすることは、自己をアピールするための強力な材料です。しかし乗り越え方をアピールするあまり、結論が曖昧な自己PRになってしまっては相手にいい印象を抱かせることはできません。苦労の乗り越え方を説明するのであれば、しっかりと継続力をアピールすることのできる結論に持っていくようにしましょう。

苦労の乗り越え方をアピールすのであれば、もちろん解決方法は具体的に盛り込まなければいけません。自己PRの理想的な文字数は文字においても面接においても同じ300文字だと言われています。しっかりと300字程度に収まりきるようにしつつ、継続力が自分の強みであるという結論へ達する必要があります。大きな流れを決めて作成に取り掛かるといいでしょう。

③仕事への活かし方を述べる

自己PRで継続力をアピールする際には、その継続力を仕事にどう活かしていくかということを伝えることも大切です。それの活かし方をきちんと考えていることを知らしめるだけでも、いい自己PRになりますから、ここもしっかり忘れずにおさえておいてください。では、継続力はどのようにして仕事に活かしていけばいいでしょうか。

継続力の仕事への活かし方としては、「上手くいかない時でもコツコツと努力や工夫を続けることが出来るので、困難な営業先でも契約をとれるように活かしていきたいと思っています。」などという活かし方が挙げられます。自分の入りたい部署にもよるでしょうが、こうしてなるべく具体的に活かしたい場所を述べるようにしていきましょう。

自己PRが書けない時は、自己PR作成ツールを活用しよう

自己PRの内容が薄いと、志望企業に採用されません。選考を突破するには、自己PRを作り込む必要があります。

そこで活用したいのが、自己PR作成ツールの「自己PRジェネレーター」です。
このツールを使えば、簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの自己PRが完成します。

無料でダウンロードできるので、ぜひ活用して採用される自己PRを完成させましょう。

継続力をアピールするのにおすすめのエピソード

継続力をアピールするのであれば、その継続力を裏付ける何かしらの経験も、あわせて話すことになるでしょう。この場合に注意したいのが、単純に「継続してきたことの自分語り」にならないようにすることです。あくまでも継続してきたことから自分が得られたことや、その中でどのような工夫をしたかなどが採用の際に見られる大切な要素です。

自己PRで継続力をアピールする際は、どういった経験から継続力を身につけたかを話すことになります。実際に自己PRとして面接などで話す場合、継続力の有無を裏付けるエピソードの部分はある程度簡潔にまとめ、それらのエピソードによって得られたものをアピールすることを意識するようにしましょう。

小さい頃からのピアノや水泳などの習い事

小さい頃から継続して習い事をしている人も、就活生の中には多いことでしょう。人によってピアノだったり水泳だったりと違いはあると思いますが、こういった習い事をアピールに使うこともできます。こういう習い事を継続して取り組んでいたのなら、習い事の中で苦労した部分や工夫した部分、発表会などに向けて練習したことなどさまざまな経験がある筈です。

そういったことを思い出しながら、継続力の有無につながるアピール内容としてどう活かせるか考えましょう。また、こつこつと練習を積み重ねた結果成長した部分があるのであれば、それを自己PRに使うのもいいでしょう。

働くという点で共通するアルバイト経験

アルバイト経験のある就活生も、勿論多いことでしょう。将来の就職を意識してアルバイトをおこなった人もいるかもしれません。こういう場合、長く働いてきたこと自体を継続力があると自己PRしてしまうこともあるかもしれません。ですが、単に長く働いたことが継続力があるというのには無理があります。

継続力をアピールしたいのであれば、働く中での細かな経験から、実際に就職するにおいて企業の役に立つ内容を分析してアピールする必要があります。実際にどういったことが就職後に役に立つかについては、自己分析をおこなって見極めるようにしましょう。

資格取得や学生生活で得た勉強の経験

こういった学外での活動でアピールすることがない場合でも、自己PRの場において継続力をアピールする方法が、勉強に対する取り組み方や資格取得についての経験です。他の学生も同じように経験していることではありますから、自己分析をしっかりおこなった上で、自分の継続力の有無につながる経験としてまとめる必要があります。

また、資格を得るために勉強にこんな工夫をした、大学の勉強でこういったことに苦労しながらも取り組んだなど、今までしてきたことの中には継続して物事に取り組んだことをアピールするエピソードは意外と多いものです。それらをアピールしていくといいでしょう。

継続力をアピールするときの注意点

【面接でのマスク着用は絶対NG】就活で失敗しないために知っておきたいマナーをご紹介

継続力は仕事をする上でも大切な能力であり、上手にアピールすれば好印象を与えることができます。自己PRの題材としても使いやすいため継続力をアピールしている学生は多いですが、場合によってはマイナスの印象を与えてしまう可能性もあるので注意が必要です。

継続力はアピールの仕方によってはマイナスに思われてしまう可能性がありますので、気をつけなければなりません。継続力をアピールする際の注意点を知って、プラスの印象を与えられるようアピールを進めていきましょう。

頑固な印象を与えないように注意

継続力をアピールする際は、頑固な印象を与えないように注意しなければなりません。何かを続けた経験を伝えて継続力をアピールする人が多いですが、そのエピソードが自分のわがままなものになっていないかを確認しておく必要があります。周囲の人はやりたくないと感じているにも関わらず、自分だけが最後まで続けようとして、迷惑をかけている場合はマイナスの印象を与えてしまうので注意が必要です。

継続力はあくまで自分自身のためのものですし、他の人に押し付けるものではありません。他の人にまで継続力を求めてしまうと、ただ頑固に自分のこだわりを曲げられないだけでになってしまいます。周囲を巻き込んで何かを続けた経験をアピールする際には、頑固な印象を与えないように注意しましょう。

なぜ続けられたのかを明確にする

継続力をアピールする際には、ただ何を何年続けたのかを伝えるだけではなく、なぜやめずに続けることができたのか、その理由をアピールすることが大切です。何かを長期間続けていることは素晴らしいことですし、それが評価されることもありますが、それだけでは自己PRとしては不十分です。

さらに高評価を目指すのであれば、なぜ続けられたのかと理由を明らかにしておかなければなりません。何をどれだけ続けたのか、それはなぜなのかと理由付けをすることで、アピールの説得力も上がりますし、好印象を与えることができます。漠然と続けたのではなく、目的意識を持って物事に取り組み、続けることが大切ですので、やめずにこれた理由もアピールしておきましょう。

皆勤賞などは当たり前と思われる可能性がある

継続力をアピールするエピソードとしては、学校などを一度も休まずに皆勤賞を達成したと述べる人が多いです。皆勤賞を達成するのは大変なことですし、素晴らしいことでもありますが、必ずしも高く評価されるとは限りません。場合によっては無遅刻無欠席は当たり前と思われてしまい、評価の対象にならない可能性もあるので注意が必要です。

皆勤賞で評価されない可能性があるのは、学校などの行かなければならないものについてです。学校はきちんと行かなければ卒業できませんし、行くのが当たり前の場所でもあります。皆勤賞をアピールしたいのであれば、アルバイトなど自分の意思でおこなっているものを選び、能動的に行動し、皆勤賞を達成したと伝えることが大切です。

自己PRで継続力を伝える例文6選

自己PRで継続力を伝えるには、①継続してきた期間などの長さを数字を用いて説明すること、②苦労してきた事をどう乗り越えたかを説明すること③仕事のどう活かしていくか、を述べること、これら3つのポイントが大切だというお話をしました。

この3点に重きを置いて作成することで、相手に分かりやすく継続力を説明することが可能になります。また、同時に自分自身が人事に対して、何を評価して貰いたいのかを把握することもできるため、一石二鳥です。それでは具体的にどのような例文であれば、継続力を伝えることができるのか具体例を見ていきましょう。

例文①

私は中学生から大学まで、およそ8年間、剣道を行っていました。大学では剣道部に所属し、全国大会で準優勝をする事が出来ました。中学から部活動で剣道に所属しておりましたが、剣道では3つの事を学んだと自負しております。
1つは集中力、2つめに相手の空気を読む力、3つ目に諦めない力です、この剣道という1つの事を継続することでこのような力を養ってきたと自負しております。今後はこの剣道で培った力を、様々な世界へビジネス展開している御社の営業職で活かし、辛い局面でも逃げ出さずに挑戦したいと考えています。

ここでは、剣道を何年やっていたのか、また、その長い間に培った力として、ポイントを3つに絞って説明しています。続けることで得た物を分かりやすく説明することが出来ています。このような説明の方法は、相手に分かりやすく伝わるため、テクニックとして用いるとなお良いでしょう。

例文②

私は幼少期からそろばんを習い、珠算検定1級を取得しました。その後、学生時代には簿記検定3級に始まり、1級を取得いたしました。幼少期から15年以上数字に触れ、暗算をすることが出来るようになり、数字の楽しさを感じてきました。
暗算が出来ることで日常生活でも簡単なお金の計算や、家計簿の計算などを行ったりするなど役立っています。数字を見ることでどこが悪化しているのか、など気づきを得ることも出来ます。
今後は、企業の財務会計を多く取り扱う御社で、様々な企業の財務状況を把握し、自らコンサルティングができるよう、力をつけたいと考えています。ゆくゆくは税理士の資格を取り、戦力として役立ちたいと思います。

ここでは小さいときから数字に触れ、ただ計算が出来る事をアピールするだけでなく、計算する力を日常的にどのように活かしてきたのか、また、その数字から何が見えるのかを説明したことで、計算だけができるのではなく、数字を読むことができる力をアピールすることができています。また、今後の展望について、数字を用いてどのような仕事をしていきたいのかを説明できている点がポイントです。

例文③

私は小学1年生から大学3年までの15年間、水泳をしてきました。大学では体育会に所属し、昨年の全国大会では準優勝しました。しかし一昨年まで、代表に選ばれることもなければ、大会で入賞することもありませんでした。なんとか学生時代のうちに結果を出したいと思い、必要な筋力トレーニング、規則正しい生活、食事など、様々な点を見直し、自助努力を行い、これによって優勝することが出来たのだと思います。
ただ泳ぐのではなく、早く泳ぐためにはテクニックはもちろん、それに必要な要素を1つ1つ準備して揃えていくことで、良い結果に結びつくというということを水泳を通じて学ぶことが出来ました。この経験を活かし、与えられた仕事をただこなすのではなく、自分で仕事を作り出していけるようになりたいと考えています。

この自己PRの場合、長く続けてきた事でもなかなか結果が得られず、結果を出すためにどのような点に気をつけ、どう改善したのかを具体的に述べています。それによって継続してきたことによって得た物をアピールする事が出来ています。

このように、アピールする内容は違っても、それぞれ、どれくらい継続し、何を得て、またはどのように克服したのかを述べることで、相手に継続力のアピールをすることが可能となるのです。

例文④

私は、小学校4年生から現在までの約13年間、毎日かかさずに日記を書いています。その日にあった出来事を具体的に書いて、それだけではなくその時の気持ちを必ず書くようにしています。なぜなら、後から見直してみた時に、こういう出来事があってその時の自分の気持ちはこうだったんだとわかるからです。
そして、過去の出来事の見直しをして、今ならこう考えてこう行動をするべきだと再度思うことにより、人間的に成長できるようにしています。私は、日記を書くことは、過去の行動を見直して現在に繋げていくことができる最高の教材だと考えています。

この例文は、毎日だらだらと日記を書くことだけを目的としているのではなく、自分の成長のために日記を書いていることを強調しています。ただなんとなく続けているだけでは、継続力のアピールにはなりません。しかし、目的を持って続けていることを強調することで、継続力のアピールができるのです。

例文⑤

私は、中学1年生の時から約9年間陸上競技を続けています。種目は長距離で、1,000mが専門種目です。中学生になって陸上競技部に入ったの理由は、足が速かったからです。小学生の時は6年間リレーの選手だったため、中学校では短距離の選手になりたいと思っていました。しかし、陸上競技部に入ってくる同級生たちは、レベルが違いました。
どうしたら同級生たちに勝てるか考えた結果が、長距離への種目変更でした。それから、毎日長距離を走ることを日課として雨の日も走り続けた結果、大会でも優勝できるようになりました。

この例文は、自分よりもレベルの高い人達ばかりで挫折を味わった時のことが書かれています。どうやったらレベルの高い人に勝てるのかを考えた結果、他の人と違うアプローチで上のレベルに達することを思いついたのです。その後、努力を毎日継続することで結果がでるようになったことをアピールしています。

例文⑥

私は、大学の4年間応援団に所属していました。小さい頃から運動することが大好きで、小学生から高校までずっとサッカーを続けていました。しかし、高校生の頃に大ケガをしてしまい、遊び程度でしかサッカーができなくなってしまいました。
そのため、大学ではサッカー部に入ることができませんでしたが、運動が好きだったため応援する方で頑張ろうと想い応援団に入りました。応援団は上下関係も厳しく、何度も辞めようと思いましたが、サッカーができなくなった悔しさを思いだし、4年間続けることができました。

このように、自分の希望することが続けられなくなったとしても、次のステージで今までやってきた継続力が役に立った事例です。この例文では、今までサッカーを頑張ってきた自信が、応援団を続けるというさらなる継続力を生んでいるのです。

自己PRで継続力をアピールするには仕事にどう活かすか盛り込むこと

自己PRで継続力をアピールするには仕事にどう活かすか盛り込むことが大事です。もちろん、数字を用いた説明、苦労の乗り越え方についても言及することができれば、より信ぴょう性が増すでしょう。以上、継続力を自己PRでアピールする際のポイントという説明でした。

これらのポイントをおさえておけば、継続力は良いアピールになります。自分のもつエピソードをみて、これらのポイントをおさえられそうだったら、ぜひそうしてみてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ