履歴書

履歴書を入れる封筒のサイズ|手渡しする際のマナーもご紹介

履歴書を入れる封筒の重要性

履歴書の内容が大切なのはわかりますが、どうしてそれを入れる封筒も大切になるのでしょうか。履歴書は内容はもちろん、字の綺麗さや丁寧さも評価の基準になります。それは字は人柄を表すものとされていて、日本の就活では特に人柄を重視して採用を決めることが多いからです。履歴書を入れる封筒の選び方など、細かいマナーを守れるかどうかということも非常に大切になってきます。

就活生の場合は失敗しても単にマナーを知らないだけや、知っていたが慣れないため忘れてしまったとされ大目に見てもらえることも多いです。しかし完璧なマナーで、相手への配慮もばっちりであれば当然高評価にもつながります。封筒を正しく選ぶことで細かいところにまで気を配れる人だという印象を与えることができるのです。履歴書を読む前から就活の選考はスタートしているので、細かい点まで気をつけましょう。

正しいサイズの選び方

封筒を選ぶときにまず気をつけたいのが、封筒のサイズです。履歴書のサイズに合わせて封筒のサイズを変えることができれば、他の就活生との差別化を図ることもでき、高評価も得やすくなります。サイズを間違えたからと言って、評価がマイナスになることはありませんが、プラスになることもありません。

少しでも就活を有利に進めるためには、小さなことの積み重ねが大事になるので、しっかりと覚えておきましょう。また封筒のマナーは社会人になってからも必要になるので、今のうちに覚えておくといいでしょう。

履歴書のサイズはB5とA4の2種類がある

まずは封筒の中に入れる応募書類のうち、購入して作成する書類である「履歴書」のサイズについて解説します。履歴書は文具店やデパート、書店、コンビニエンスストアなどあらゆる場所に置いてありますが、大きく2つの種類に分類されます。

まず一つ目は、A4サイズの履歴書(横210×縦297ミリ)です。これは日本標準規格のA4サイズに準拠したものです。名前はA4ですが、実際には2つ折りにしたサイズがA4となっていて、広げるとA3サイズになります。このことから、別名「A判」または「A3判」とも呼ばれています。

もう一つのタイプは、B5サイズの履歴書です。このサイズは横257×縦182ミリの日本標準規格に準拠しています。上記のA4サイズと比較すると一回りほど小さいものです。これも2つ折りにした大きさがB5サイズの履歴書で、広げた場合はB4サイズ(横257×縦364ミリ)の大きさと同じです。別の名称は「B4判」または「B判」です。

A4の封筒がベスト

封筒には様々なサイズがありますが、履歴書も封筒も、企業が保存しやすいA4がベストとされています。一般的な書類や資料はA4サイズであることが多く、サイズが違うとそれらとは別の場所で保存をしなければなりません。企業にはすでに大量の書類や資料があり、それらとは別に新たに保存場所を作るとなるとそれだけでも大変なことです。

一般的なサイズに大きさを合わせておくことで企業も保存がしやすく、相手に対する配慮が伝わりますので、高評価に繋がります。またA4サイズは万能でもありますので、どのサイズが正しいのかわからなくなれば、A4サイズを選べば失敗することはないでしょう。

履歴書がB5の場合は角形4号

封筒はA4サイズがベストですが、履歴書のサイズがA4でない場合にはサイズを変えることも考えましょう。履歴書にはA4とB5の2通りしかないので、履歴書がA4であれば封筒もA4で構いませんが、履歴書をB5で書いた場合は折らずに入れる事ができる角形4号がオススメです。角形4号はA4サイズより小さいため、B5サイズの履歴書を入れるには適しています。

もちろんA4サイズの封筒しかないという場合は無理に角形4号を準備する必要はありません。履歴書がB5でA4サイズの封筒がないという場合にだけ、角形4号の封筒を選ぶようにしましょう。

クリアファイルに入れる場合はA4

封筒の中には履歴書だけではなく、添え状なども複数の書類を一緒に送付することもあります。また履歴書は雨に濡れたり、汚れる事を防止するために新品のクリアファイルに入れてから封筒に入れる事が多いです。その場合はA4の封筒が好ましいでしょう。角形4号だとクリアファイルも入らないのですし、折り曲げて入れるわけにもいきませんので、A4サイズを選ばざるをえないと言えます。

またクリアファイルに入れておくことで履歴書を守ることだけではなく、その他の書類と合わせて管理もしやすくなるのでおすすめです。クリアファイルに入れるときは必ず新品であること、そして無地の透明であることを確認して封筒に入れるようにしましょう。

適切なサイズの封筒は事前に準備しておく

市販の履歴書と同じように、応募書類を入れるための封筒にも大きさの種類がいくつかあります。その中で就活用に使う場合は、白いA4サイズの封筒が最もふさわしいのですが、ここで注意しておきたいことがあります。

A4サイズの白い封筒は、履歴書についてくる封筒の中に含まれないことも多々あります。市販の履歴書には履歴書用紙の他に、封筒も必ずついてきます。しかし、これが長3や長4サイズの長封筒のことが多いのです。そこでこのような場合には、白い封筒を別途購入しなくてはなりません。A4の白い封筒は、お店によっては品切れをしていることもあるので、在庫を確認して用意しましょう。できればまとめて購入しておくことをお薦めします。

封筒は表書き・裏書ともに自分で記入する必要があります。そこで、納得いかない書き方になった場合には、破棄して別の封筒を使うというケースもされるのです。在庫枚数がギリギリしかない場合、書くときの失敗ができなくなってしまいかねませんので、常に余裕をもった数を余分に準備しておくとよいでしょう。

履歴書を封筒に入れる前に内容を確認しよう

封筒に入れる前に履歴書の内容を見直しましょう。履歴書には細かいルールや書き方が存在するため、きちんと守られているか郵送前にチェックすることが大切です。そこで活用したいのが「履歴書作成マニュアル」です。無料でダウンロードできるので、履歴書の書き方に自信がないという就活生におすすめです。実際に履歴書を作成する際のお手本としても、持っておいて損はありません。

履歴書を入れる封筒で使用しない方がいいサイズ

封筒と聞いて思い浮かぶのが、長封筒です。縦長の長方4号だと履歴書を折って入れなければならないので、避けた方がいいとされています。履歴書を購入したときに長封筒が入っていることがありますが、使用しないようにしましょう。

企業に提出する書類を折り曲げるのは、マナー違反です。書類に折り目がつくと読みにくくもなるため、せっかくいい内容を書いていても相手に悪い印象を与えてしまうかもしれません。マナーを守って提出するためにも長封筒は選ばずに、履歴書が余裕で入るA4サイズや角形4号などを選びましょう。

持参して手渡しする場合のマナー

履歴書は郵送するだけではなく、面接時などに企業に直接持参する場合もあります。直接持参する場合は切手は不要です。またそのときにも封筒のサイズや色の選び方にマナーがありますので、しっかりと覚えておきましょう。

このマナーは履歴書だけに限りらず、その他の書類や資料を求められた場合でも同じです。内定が決まった後でも企業に直接書類を持参するということはあります。そのときに恥をかかないためにも、持参して手渡しをする際のマナーも覚えておきましょう。

封筒のサイズは変わらない

履歴書を郵送する封筒のサイズや色には選び方がありましたが、履歴書を直接持参し、採用担当者に手渡しの場合でも封筒の色やサイズは変わりません。郵送する場合と同じように履歴書がA4であれば、封筒もA4を選びます。履歴書がB5であれば、A4または角形4号の封筒で色は必ず白色を選びましょう。

手渡しの場合でも、クリアファイルに履歴書を入れてから封筒に入れておくといいです。クリアファイルに入れておけば封筒から書類を取り出す際に渡しやすくなりますし、複数枚の場合は相手も管理がしやすくなります。企業に持っていくまでの間にカバンの中で履歴書が折れ曲がる心配もなくなるので、履歴書をクリアファイルに入れて封筒に入れましょう。

封筒のノリ付けはしない

履歴書を入れた封筒を郵送する場合には、途中で中身が出てしまわないように厳重に糊付けをする必要がありますが、手渡しの場合は必要はありません。企業に書類を持っていき、そのまま面接という場合は、面接官がその場で応募書類を確認するケースが多いため、手渡しの際は糊付けしない方が良いとされています。

面接官は1日何人もの就活生の対応するので、いちいち封を切るのは面倒な作業になります。手渡しの場合は、封をしていなくても中身をどこかに紛失するということはないので、面接官のことを考え封筒には、糊付けするのは控えましょう。

封筒は履歴書が折りたたまずに綺麗に入るサイズを選ぶ

履歴書を入れる封筒のサイズや色で迷ったら一度相手の立場になって考えてみましょう。面接官の見やすさを基準に選べば失敗することはないでしょう。たかが封筒ですが、されど封筒です。ほんの細かな点にまで気を遣えるかどうかで人間性を判断することができます。

また細部にまで気を遣える人は気が利くや視野が広いというだけではなく、その企業に対する志望度の高さまで感じてもらえます。それだけ企業のことを熱心に想っているということですから、企業もその想いに応えてくれるはずです。小さなことでも積み重ねれば大きな評価に繋がりますので、就活を有利に進めたいのであれば、ぜひ封筒のマナーについても覚えるようにしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ