その他

【医療事務で正社員になるための方法】仕事内容・資格・給料・必要なスキルについてご紹介

医療事務の仕事について

近年、比較的安定した職種として人気の高い医療事務の仕事ですが、パートや契約社員の採用ばかりとの声も聞かれます。正社員として医療事務の仕事をしてみたいと考えるのであれば、その仕事内容や必要な資格などの知識は最低限知っておきたいものです。

この記事では医療事務に関する知識と、正社員として働くためにぜひ抑えておきたいポイントを解説していきます。

医療事務の仕事内容

医療事務と聞くと、なにか医療に関わる難しい専門知識が必要なのではないかと思われるかもしれません。しかし実際には医療に直接関わる業務はほとんど行いません。医療事務の主な仕事は窓口での受付、医療報酬を取りまとめるレセプト処理や、病棟の全般的な管理といったものになります。

医療事務の業務区分には大きく分けて4つあります。1つめは窓口での受付。ここでは会計業務も担当します。2つめはオペレーション。レセプトを入力するコンピュータを管理します。3つめの病棟クラークは、患者の入退院手続きなど病棟内全般の事務を担当するものです。4つめはより高い知識と技能を持つ人に任される事務の専門職、例えば調剤事務などがあります。

このように専門性が比較的高い業務内容も存在しますが、医療関係の中でも医者や看護婦などの直接医療に関わる職種と違い、基本的には未経験でも就労のチャンスがあります。

医療事務に関する資格について

医療事務の仕事は、国家資格もなく、ある程度までは資格を必要とするような高い専門性を必要とはしません。しかしながら民間による認定資格が数多く存在し、医療事務業界全体の質の向上を図っています。中でも有名なのが日本医療教育財団の医療事務技能です。

試験では医療事務に関する基本的な知識と能力を問われ、合格すればメディカルクラークという称号が与えられます。また、調剤事務を担当するのであれば、調剤報酬請求資格の能力が有利になります。調剤報酬能力検定は学習の範囲が比較的狭いことから難易度が低めといわれています。

他にも、日本病院協会が行う診療情報管理士の資格の取得は、診療録の管理などの専門職を担当するのに役立ちます。この診療情報士に関しては、日本病院会の指定する通信教育を終了するなどの受験資格が必要な上、合格率も高くないので難易度は高めです。

関連記事

【医療事務の正社員になるメリット・デメリット】就活を有利に進める資格についてもご紹介

医療事務に正社員雇用はあるのか?

医療事務の募集はどのような状況なのでしょうか。正社員とそれ以外ではどういった扱いの違いがあるのでしょうか。その違いを見れば、正社員以外の労働形態で医療事務をに就くことはデメリットばかりではないことがわかります。またこのように比較することで、医療事務に関する理解を深めていくことにつながります。

一般的には契約社員や派遣のケースが多い

医療事務のなかでも受付業務などは、特に専門性や知識を必要としない場合も多く見られます。このことから、近年は契約社員や派遣社員を採用することが一般的なようです。

収入や安定感はともかく、正社員ではないゆえのメリットもなくはありません。例えばレセプト処理の締め日近くになると、その業務対応に追われることもままある正社員と比べ、残業が少ないといわれます。また勤務スタイルの自由度も正社員に比べれば高いといえるでしょう。

残業が少ないメリットを活かし、働きながら医療事務のスキルをじっくりと磨き上げつつ、空いた時間を資格のための勉強などに費やすことも可能です。

正社員の場合はレセプト業務となり責任も求められる

医療事務において、正社員とそれ以外に求められる要素は大きく異なります。円滑な業務処理はどちらにおいても必須の能力ですが、正社員はそれに加えて業務上の大きな責任を果たさなければなりません。

医療事務の仕事のなかでも、レセプト業務は病院の売上計上に直結し、かつ患者の個人情報も取り扱うことから、とても責任が重大な業務です。正社員は契約社員や派遣社員に任せられない、こうした重大な責任が求められる役割を担うことになります。

また、社会保障や安定した収入は正社員ならではの魅力ですが、勤務先によってはグループ病院内での転勤などの可能性もありえます。

医療事務の給料

医療事務の給料について、例を交えてご紹介します。その職種でもそうですが、大企業と中小企業によって給料は違います。大企業は年収の平均が370万円で、中小企業であれば、年収約300万円だといわれています。

もちろん、正社員でなく、パートや派遣社員であればこの限りではありません。それでは、正社員とパートにおいての違いについてご紹介致します。それぞれの特徴について押さえておき、自分ならどちらの雇用形態が望ましいかを理解しておきましょう。

正社員

医療事務の正社員は、お世辞にも給料が高いとは言えません。ですが、その業界の安定性から事務職を希望する方であれば密かに人気の職業です。医療事務の正社員ともなると、業界、雇用形態含めその安定性は抜群です。しかし、中途採用で未経験でいきなり正社員として雇用されるのは難しいかもしれません。

そのため、新卒で医療事務を受ける方も少なくはありません。強い責任感と守秘義務が課せられるので楽な仕事ではありませんが、医療業界という性質上、「人の役に立っている」と実感できる職業です。

パート

先に述べたように正社員でなく、一般的にはパートや契約社員、派遣社員のケースが多いのは事実です。人の命を預かるという責任感という点では、正社員と同じですが、やはり任せられる業務の幅は違ってくるでしょう。また、正社員と比べると時間の融通などもききます。

そして、これは正社員でもパートでもそうですが、一般企業よりも「育児」に関しての理解はあるということもメリットといえます。また、パートとはいえ、医療事務に勤めていたという実績は、事務職を雇いたいという会社にとって信頼されやすく、重宝されるでしょう。

関連記事

【医療事務の自己PR作成】働く際に求められるスキルと書き方ポイント|好印象を与えられる例文もご紹介

正社員化について

医療事務はいくら探しても派遣や契約社員ばかりの募集で、肝心の正社員雇用が見つからない――しかし諦めることはありません。契約社員として始めても、効果的なアピールによって正社員登用の途がひらくこともあるからです。以下にその主なアピールポイントを2つ紹介します。

経験を積むことが重要

もし契約社員やパートとして医療事務に就いたとしても、経験を積むことで正社員への途は大きくひらけます。先述したように医療事務には保有すべき資格がないので、働き方次第では正社員登用の声がかかる可能性もあるからです。

そのためには、ともかく与えられた業務に誠心誠意取り組むことが重要です。業務の重要性や責任について深く理解できていることを、その仕事ぶりからアピールすることができれば、きっと正社員登用の道はひらけるでしょう。

またそのような努力は、どの業界においても共通して重要視される姿勢ですので、仮にうまくことが運ばなくても決して無駄にはならない貴重なスキルといえます。

資格を保有することでアピール

正社員登用へのもうひとつのアピール方法をみていきます。何度も述べたように医療事務の仕事には必須の資格がありませんが、あえて取得するという方法です。

働きながらでも資格を取得することは可能です。必須の資格はないとはいえ、それでも関連の資格を保有していれば、正社員としての適性を強くアピールすることができます。また資格を取得する行為そのものが、医療事務という仕事に対する自らの熱意をアピールすることにもつながります。

働きながらの受験勉強などの苦労は伴いますが、正社員以外は残業も少ないという状況を活用して正社員への道を目指すことができるでしょう。

関連記事

医療事務資格は1つではない!その選び方と難易度

正社員化へのフローを理解してキャリアに繋げよう!

派遣社員や契約社員ばかりの募集が多いとされる医療事務の仕事。そんな風潮の中で正社員を目指すにはどのようにすればよいのか? というポイントを軸として解説してまいりました。

まずは、医療事務にはどのような業務があり、どのような資格を必要とされているのかを知りましょう。それは、医療事務の世界へ近づくための最低限の準備です。そして医療事務の仕事に歩み寄ることができたなら、さらにアピールできるような勤勉さや熱意を示すことが重要になってきます。これが、医療事務における正社員登用へのフローです。

勤勉な姿勢と熱意を持って取り組めば、難しいと思われたことも実現への途が開けます。そのための道標としてこの文章が参考になれば幸甚です。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ