企業研究

伊予銀行の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

伊予銀行における最近の平均年収推移

伊予銀行は愛媛県に本店を置く地方銀行です。愛媛県の他、東京都や大阪府にも支店を持っています。パソコン等の機器のリースやローンの債務保証など、それぞれに特化したグループ会社も持つ伊予銀行ですが、平均年収はどうなっているのでしょうか。

伊予銀行とは

正式名称:株式会社 伊予銀行
所在地:愛媛県松山市南堀端町1番地
従業員数:2,756人
平均年齢:37歳
平均勤続年数:14.2年
//www.iyobank.co.jp/
※有価証券報告書を参照

上場企業の平均年齢が40.44歳ですので、伊予銀行は少し若い層が多いと言えるでしょう。伊予銀行自体は、明治11年に創業されています。本店と支店、出張所、駐在員事務所を合わせて、154の拠点があります。

近年の平均年収推移

伊予銀行の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 672.0万円
平成27年 682.0万円
平成26年 687.0万円
平成25年 667.0万円
平成24年 677.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

ここ5年の伊予銀行の平均年収推移は、非常にフラットです。各年の変動はすべて10万円以内ずつに収まっています。また、5年間を通しても最低額が667万円〜最高額が687万円と、20万円しか差がありません。

伊予銀行における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 376.8万円 22.3万円 109.6万円
25~29歳 527.5万円 31.2万円 153.4万円
30~34歳 630.3万円 37.3万円 183.3万円
35~39歳 708.5万円 41.9万円 206.0万円
40~44歳 757.2万円 44.8万円 220.1万円
45~49歳 842.3万円 49.8万円 244.9万円
50~54歳 858.6万円 50.8万円 249.6万円
55~59歳 798.5万円 47.2万円 232.2万円
60~64歳 549.2万円 32.5万円 159.7万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

伊予銀行の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 22.3万円 109.6万円 376.8万円
23歳 24.1万円 118.3万円 407.0万円
24歳 25.8万円 127.1万円 437.1万円
25歳 27.6万円 135.8万円 467.2万円
26歳 29.4万円 144.6万円 497.4万円
27歳 31.2万円 153.4万円 527.5万円
28歳 32.4万円 159.3万円 548.0万円
29歳 33.6万円 165.3万円 568.6万円
30歳 34.8万円 171.3万円 589.2万円
31歳 36.0万円 177.3万円 609.8万円
32歳 37.3万円 183.3万円 630.3万円
33歳 38.2万円 187.8万円 646.0万円
34歳 39.1万円 192.3万円 661.6万円
35歳 40.0万円 196.9万円 677.2万円
36歳 41.0万円 201.4万円 692.8万円
37歳 41.9万円 206.0万円 708.5万円
38歳 42.4万円 208.8万円 718.2万円
39歳 43.0万円 211.6万円 727.9万円
40歳 43.6万円 214.5万円 737.7万円
41歳 44.2万円 217.3万円 747.4万円
42歳 44.8万円 220.1万円 757.2万円
43歳 45.8万円 225.1万円 774.2万円
44歳 46.8万円 230.0万円 791.2万円
45歳 47.8万円 235.0万円 808.2万円
46歳 48.8万円 239.9万円 825.2万円
47歳 49.8万円 244.9万円 842.3万円
48歳 50.0万円 245.8万円 845.5万円
49歳 50.2万円 246.8万円 848.8万円
50歳 50.4万円 247.7万円 852.1万円
51歳 50.6万円 248.7万円 855.4万円
52歳 50.8万円 249.6万円 858.6万円
53歳 50.0万円 246.1万円 846.6万円
54歳 49.3万円 242.6万円 834.6万円
55歳 48.6万円 239.2万円 822.6万円
56歳 47.9万円 235.7万円 810.6万円
57歳 47.2万円 232.2万円 798.5万円
58歳 44.3万円 217.7万円 748.7万円
59歳 41.3万円 203.2万円 698.8万円
60歳 38.4万円 188.7万円 648.9万円
61歳 35.4万円 174.2万円 599.1万円
62歳 32.5万円 159.7万円 549.2万円
63歳 26.0万円 127.7万円 439.4万円
64歳 19.5万円 95.8万円 329.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

あなたが受けない方がいい職業をチェックしよう!

就活では、自分に適性のある仕事を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は「適職診断」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

強み・弱みを理解し、自分がどんな仕事に適性があるのか診断してみましょう。

伊予銀行の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,121.8万円
課長 877.4万円
係長 668.1万円
20~24歳の一般社員 376.8万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

伊予銀行の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.5万円
大学院卒 21.3万円

※リクナビ2018より参照しています。

伊予銀行の初任給は、大卒と大学院卒で差が出ています。大卒は20.5万円ですが、大学院卒は21.3万円です。

あなたが受けない方がいい職業をチェックしよう

就活では、自分に適性のある仕事を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My analyticsで強み・弱みを理解し、自分がどんな仕事に適性があるのか診断してみましょう。

地方銀行業界における年収の傾向と生涯賃金

地方銀行業界とは

地方銀行は、全国に支店を持つメガバンクとは違い、特定の地域を中心に営業しています。そのため扱う金額はメガバンクよりも少ないですが、地域に根差したサービスを提供することが多いです。メガバンクよりも、より身近な銀行と言えるでしょう。

地方銀行業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 伊予銀行 地方銀行業界
20~24歳 376.8万円 364.7万円
25~29歳 527.5万円 481.0万円
30~34歳 630.3万円 592.1万円
35~39歳 708.5万円 672.1万円
40~44歳 757.2万円 718.2万円
45~49歳 842.3万円 811.7万円
50~54歳 858.6万円 815.5万円
55~59歳 798.5万円 737.9万円
60~64歳 549.2万円 539.9万円
生涯賃金 3.02億円 2.87億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

予測によると、伊予銀行の平均年収は、地方銀行業界の平均年収よりも全年齢において上回っています。地方銀行業界の平均年収はもともと他の業界の平均よりも高めなので、伊予銀行の年収は全国的に見ても高水準であると言えるでしょう。

まとめ

伊予銀行のここ5年の平均年収に大きな変動はありませんでした。また、地方銀行業界の平均年収や全国的な平均年収よりも高い年収といえます。伊予銀行の年収は安定性があり、かつ高い水準であるようです。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ