身だしなみ

【就活コートの選び方】男女別おすすめデザインや相応しい色を紹介

就活には相応しいコートを選ぶ必要がある

就職活動での身だしなみが重要なことは、みなさんお分かりだと思います。身だしなみは、髪型やリクルートスーツ以外に、コートも同様です。就活には相応しいコートを選ぶ必要があります。しかし、色や形、素材など複数の種類があるコートです。

どれが就活に相応しいのか分からない人もいるでしょう。この記事では、就活に相応しいコートについてご紹介します。おすすめの色や形から、おすすめのブランドについても紹介しますので、ぜひチェックしてください。

おすすめのコートは「ステンカラー」か「トレンチ」

就活で使用するコートでおすすめなのは、「ステンカラーコート」か「トレンチコート」と呼ばれるタイプです。就活が終わり、社会人になってからも使用できるビジネスタイプのコートです。

ステンカラーコートとトレンチコートは男性女性関わらず、どちらも着用できる形のコートです。色や丈が種類によって異なるため、選び方については次で紹介していきましょう。

色は基本的に黒・紺・グレーが適切

スーツの丈とデザインを選べば、最後に色を決めていきましょう。就活用のコートですので、派手すぎる色のものはNGです。基本的には黒や紺、グレーなどですので、ベーシックな色を選んで落ち着きを表現しましょう。女性は、ベージュ系もおすすめです。

丈とデザインが正しいものであっても色が派手すぎるものであればカジュアルになってしまい、悪印象を与えてしまいます。

またトレンチコートはベージュなどの色も多いですが、できるだけ黒系の色でまとめるようにしましょう。コートは単体で考えるのではなく、スーツの色とい一緒に考えることが大切です。スーツの色に合わせるとワンランクアップの着こなしになりますので、スーツの色と合わせてコートを選び、身だしなみの印象をよくしていきましょう。

【39点以下は危険度MAX】
あなたの就活偏差値を診断しておこう!

今年の就活はコロナの影響もあり、先が見えない状況が続いていますが、自分の弱点を把握し適切に対策しなければ、内定を勝ち取れないのは同じです。

そこで活用したいのが、就活偏差値診断ツールの「就活力診断」です。
24の質問に答えるだけで自己分析や企業理解、就活マナーなどの中で、何が不足しているのかグラフで見る化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業からの内定を勝ち取りましょう。

ダウンコートなどのカジュアルなものはNG

就活は、ビジネスシーンに合わないカジュアルなコートはNGです。派手すぎるものも避けましょう。ダウンコートは防寒に優れ、愛用している人も多いですが、カジュアルな印象が強いため、就活には向いていません。

また、ピーコートやダッフルコートなどもNGです。デザインによっては落ち着いたものもありますが、素材や色、形によってはビジネスにふさわしくないと感じられてしまうため、着用しない方がよいでしょう。特に、フードが付いているコートは避けましょう。

ほかにも、ミリタリージャケットやファーやワッペンなどが付いているもの、柄が入っているコートはビジネスシーンにふさわしいとはいえません。無地で装飾がついていない、シンプルなコートを選んでください。リクルートスーツと同じ基準で考えるとよいでしょう。

知っておきたいコートの扱い方

コートの選び方を確認すれば、次はその扱い方のマナーを知っておきましょう。就活で使える正しいコートを選んでいても、扱い方次第ではマイナスの印象を与えてしまう可能性があります。コートは着ているときの身だしなみにも気をつけなければなりませんが、脱いでいるときのマナーにも気をつける必要があります。

コートの扱い方ひとつで印象は大きく変わりますし、評価が左右されることもありますので、些細なことですが、しっかりと気をつけるようにしましょう。

①着脱は会場の外

コートのマナーとしては、着脱のタイミングが挙げられます。いつ着るのか、いつ脱ぐのかにもマナーがありますので、しっかりと覚えておきましょう。寒い時期はコートを着て面接会場まで出かけますが、脱ぐ時は会場の入り口や手前で、着る時も同様で入り口を出てから着用することがマナーです。

コートを着たまま面接会場の企業に入ってはいけませんし、面接が終わったからといって企業の中ですぐにコートを着てもいけません。コートは外で着るものであり、室内で着るものではありません。室内で着ることはマナー違反ですので、面接の行き帰りで、外でコートを脱いだり、着たりするのは寒さもありますが、少しの間は我慢してマナーを守りましょう。


複合ビルの場合も入口で脱いでおく

複合ビルに企業が入っている場合も、コートは建物の入り口や玄関で脱ぐようにしましょう。企業に入る前でも、エレベーター内でコートを脱ぐと、周りの人の迷惑となる可能性があります。面接官以外でも、社員がみていることが考えられますので、ビルに入る前にコートを脱いでおきましょう。

ビジネスマナーでは、企業の受付に入る前にはコートを脱ぐのが理想だとされています。複合ビルの場合は、ビルの総合受付が入口付近にあり、そこから各オフィスに向かうことがあります。

ビルの受付は、企業の社員ではないことが多いですが、コートを着たまま受付にいくのはNGです。複合ビルでも、建物に入ったところからビジネスマナーを守らなければいけません。複合ビルのエントランスは、さまざまな人が往来する場所です。どこで企業の担当者にみられているか分かりませんので、建物に入るところから注意して行動しましょう。

 ②コートは畳んで腕にかける

コートは会場に入る前に脱ぎ、入り口で脱いだら立ったまま畳み、腕に掛けて持ち歩きます。脱いだものをそのままぐしゃぐしゃにして持ち歩くのはNGです。きっちり綺麗に畳む必要はありませんが、ある程度は見た目が整うように畳みようにしましょう。またコートを畳むときは、裏側が見えるようにして畳むのがポイントです。

コートの表は汚れがついていますので、汚れを見せないためにも裏側を見せて畳みましょう。コートを脱いだら内側を自分の方に向け、肩の部分に両手を入れます。手を返すようにしてコートの内側を引っ張り出し、肩と肩を合わせて、コートの前と後ろの幅を合わせたら半分に折って完成です。慣れれば簡単ですので、本番で焦らないように事前に何度か練習しておきましょう。

③着席する際イスに掛けるのはNG

コート脱いで畳んで腕に掛ければ、そのまま会場に入ります。控え室にコートを掛ける場所があればそれを利用しても構いませんが、用意されていない場合はそのまま面接会場まで持って入ります。面接会場に入室すれば、着席するときに腕に掛けておいたコートを三つ折りか四つ折りにしてバッグの上に置くようにしましょう。

この際にぐしゃぐしゃにしておくと見た目がよくありませんので、形が崩れないように、簡単にで構いませんので、折って綺麗にバッグの上に置くようにしましょう。また椅子に掛けるのはマナー違反となるため注意が必要です。たとえ綺麗に折っていたとしても、椅子に掛けてしまうとそれだけでマナー違反ですので、必ずバッグの上に置くようにしましょう。

コートは実店舗で購入する

コートなどは自分の体格にぴったりとフィットしたものでないと、みっともない見た目になってしまいます。コートは高級であればあるほど、シルエットを美しく保つような洗練されたデザインになっているのが特徴です。しかし新卒である学生が高級なスーツを用意することは非常に困難なことではありますが、シルエットを美しくみせられるコート選びをすることはできます。

ネットでの買い物は便利で気軽にいつでもできるというメリットがありますが、実際に試着してどんなシルエットになるのかをきちんと確認してから購入するようにしましょう。実店舗で試着してから購入するのをおすすめします。

スーツの上から試着する

試着するのであれば、実際に就活で着用するスーツの上から試着するようにしましょう。自分の体格に合わせて就活用のコートを購入するためには、スーツを着てからでないと正確なサイズを把握することができません。私服で試着してしまうと、場合によってはスーツよりもコートが小さかったり、大きすぎてしまう場合があります。

購入に出向くためにスーツを着ていくのが大変だという場合は、ジャケットとシャツ・ブラウスを着用しての試着で構いません。購入したあとに、サイズがうまくフィットしなかったとならないように気をつけましょう。特に肩口のラインが崩れてしまうと、フォーマルの服装が自分の体にフィットしていないことが目立ってしまいます。

肩や袖に余裕があるものを選ぶ

カジュアルなデザインの衣服とは違い、フォーマルのコートは肩や袖がぴったりサイズになっているように設計されていることが多いです。そのため普通の規格では着ていられるサイズであるはずのコートでも、自分の体格にフィットしない場合があります。

コートを試着して確認するのであれば、型や袖に余裕があるかどうかを確認するのもポイントです。コートがぱつぱつになっていないかどうかチェックしておきましょう。逆に余裕がありすぎるのも問題です。ほどよく余裕があり、無理なく着脱できるものが理想的です。もし自分で判断できないのであれば、お店の人に相談をしましょう。相手はプロなので、しっかりと的確なアドバイスをもらうことができます。

就活スーツの着こなしポイント

就活で使えるコートを選び、コートの扱い方を知れば、就活のコートのマナーは問題ありません。しかし、ここからさらにステップアップしようと思えばさらにいくつかのポイントがあります。コートには見た目も機能性もワンランクアップさせるコツがありますので、それを知れば、よりスムーズに就活を進めることができます。

見た目が良くなれば身だしなみの印象もよくなりますし、機能性が上がれば楽に就活を進めることができますので、ワンランクアップのコツも知っておきましょう。

男性のコートの丈はスーツより少し長めがよい

就活で使えるメンズコートを選ぶときには、コートの丈に注意して選ぶようにしましょう。コートの丈は短すぎてもNGなので、ジャケットの裾が出ない丈を目安にすることを意識するのがおすすめです。また丈の短いコートだとカジュアルになってしまい、就活には合いません。ジャケットより少し丈の長いものを選びましょう。

また丈が長ければ何でもいいわけでもありません。あまりに長すぎるものもカジュアルになったり、ぶかぶかな印象でだらしないイメージを与えてしまう可能性があります。長すぎないようにももとヒザの付け根の間を目安に選びましょう。コートは長すぎても短すぎてもいけませんので、ジャケットより長く、ももからひざにかけての長さで選ぶことが大切です。

女性のコートは膝上のショート丈が一般的

女性の場合はコートの丈は膝上のショート丈が一般的です。さらにショート丈のコートもありますが、それではカジュアルになってしまいますので、注意しましょう。また男性同様に長すぎるものもNGです。オーバーコートは暖かく、冬場の就活に着用したいと思う人は多いですが、カジュアルさが出てしまうのでよくありません。

また着ぶくれした姿だと見栄えがよくありませんので、ショート丈の見栄えのよいもの選びましょう。女性の場合はコートの丈も多彩で、選択肢も多いですが、コートにあまり個性を出さずに一般的なものを選ぶことが大切です。あくまで就活ですので、おしゃれをしたい気持ちはぐっと抑え、多少の寒さは我慢してショート丈のコートを選びましょう。

トレンチコートはベルト着用で見た目UP

トレンチコートの特徴は、肩当てやベルトの飾りが付いていることです。就活のコートの定番といえばトレンチコートですが、トレンチコートを着用しボタンを留める時は付属のベルトもキチンと着用するとワンランク上の着こなしになります。ベルトは飾りではありますが、付けている状態が正しい着こなしです。

中にはベルトが付いていないデザインのものもありますが、付いているものはベルトを着用するようにしましょう。ベルトが無いとあまりみた目がよくありません。ボタンを留めた時にベルトをしていないと全体が膨らんでしまいバランスが悪くなるため、なるべく着用するようにしましょう。

マフラーとのコーディネートでオシャレ感UP

コートの着こなしでは、スーツの色と合わせるだけではなく、マフラーなどの小物とも色を合わせるようにしましょう。就活であってもマフラーはしても構いませんし、華美過ぎないデザインであれば悪い印象を与えることはありません。コートがモノトーンの場合は少し明るめのものを、コートがベージュなどの明るめの時はモノトーンを取り入れるとバランスがよいでしょう。

コートが暗めの色だと落ち着いた印象を与えることができるものの、場合によっては暗い印象を与える可能性もあります。反対に明るい色のコートは場合によっては派手すぎる印象を与えてしまい、これも悪印象です。マフラーでバランスを取ることで、見た目の印象もよくなります。マフラーの色にも気を配って、ワンランク上の着こなしを目指しましょう。

「ライナー」取り外し可能で機能性UP

就活で使えるコートにはさまざまな種類があり、定番のトレンチにも複数の種類があります。おすすめなのはライナーが付いているタイプのトレンチです。ライナーとは裏地のことであり、これが付いていることで、薄手のコートであっても真冬の極寒期の就活を乗り越えることができます。

またライナーは取り外しができるタイプを選ぶのがおすすめです。寒い時期はライナーを取り付けることで暖かく過ごすことができますし、ライナーを取り外せば薄手のコートとなって春先や秋口の就活にも使用できます。ライナーが取り外しできるタイプであれば、長い期間一着のコートを着まわすことができ、ワンランク上の機能性を手に入れることが可能です。

おすすめのスーツブランド

ここからは、就活におすすめのスーツブランドをご紹介していきます。AOKI、洋服の青山、ザ・スーツカンパニーは量販店のため全国に店舗があり、購入しやすいのがメリットです。料金もリーズナブルで、学生にも買いやすい価格帯が人気となっています。

シンプルなデザインの就活生向けのコートも販売されているため、スーツ選びが初めてでも安心です。サイズ選びなどで迷った時には、スタッフに相談すれば的確にアドバイスしてくれるでしょう。それぞれのスーツブランドについて解説します。

AOKI

スーツ量販店のAOKIでは、就活に必要なものが全て揃ったセットがあり、スーツ、シャツ、ネクタイ、ベルト、シューズ、バッグなどがお得な価格で購入できます。就活用のコートは、はっ水加工がしてあり、雨や雪、汚れからスーツを守ります。伸縮性のあるストレッチ素材のコートは、スーツの上に羽織っても動きやすいよう作られています。

また、コートのライナーは取り外しが可能で、肌寒くなる11月頃から春先まで、季節を通して着用可能です。ほかにも、防風機能や発熱・保湿効果、など就活生に必要な機能が充実しています。AOKIの店舗にはプロのスタイリストが在籍していて、コート選びについても相談できます。

洋服の青山

豊富な品揃えとリーズナブルな価格が魅力の洋服の青山は、全国に店舗があるスーツ販売大手のブランドです。就活生向けのセットでは、スーツ、シャツ、ネクタイ、ベルトなど必要なアイテムが揃っています。コートはシンプルで就活中に使いやすいデザインが人気で、はっ水加工や防風機能が付いているため、雨の日や雪の日などにも安心して着用できます。

洋服の青山では店舗だけでなく、インターネットでの購入も可能です。オンラインストアでは専用スタッフに電話で相談ができるコンシェルジュサービスや、自分の体のサイズを登録することで、自動で合ったサイズを検索できるサービスなどがあり、時間がなく実店舗へ行けない時に便利です。

ザ・スーツカンパニー

デザイン性と低価格にこだわったスーツ作りをしているザ・スーツカンパニーは、流行にとらわれることなく、自分にぴったりなスーツを選ぶことができます。北海道から九州まで全国に店舗があり、実際に手に取って商品を確かめられます。ザ・スーツカンパニーで人気のコートは撥水加工が施されていて、保湿性の高いライナーが付いているため寒い時に重宝します。

取り扱いサイズが豊富ですので、自分の体型に合ったコートが選べるでしょう。幅広いカラーバリエーションも魅力です。メンズ・レディースともに、さまざまなデザインのコートが揃っていて、スーツに合わせたコーディネートが可能です。価格は2万円前後のものが多くなっています。

就活におすすめのコートは落ち着いた色のトレンチ

就活は春夏秋冬全てのシーズンでおこなわれるものであり、それぞれの時期で着こなしを変えていく必要があります。真冬の寒い時期であれば、スーツの上にコートを着て防寒する必要がありますが、コートの選び方にもさまざまなポイントがあります。コートの丈や色なども決まっていますし、カジュアルすぎたり、派手すぎるものは悪い印象を与えてしまうので注意が必要です。

就活で使えるコートのデザインはさまざまありますが、トレンチコートが一般的でおすすめです。一口にトレンチコートといってもさまざまな種類がありますので、就活に合わせて落ち着いた色を選ぶ必要があります。真冬だけではなく肌寒い時期の就活にもコートは使いますので、正しいものを選んで就活を乗り越えましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ