身だしなみ

スーツ用コートの選び方【女性編】就活生が知っておくべき色や形とは

 

就活用コートの選び方

自分の好みでお洒落なコートを選ぶのとは違い、TPOに合わせなくてはならないので色や形、素材などにも気を配らなくてはなりません。しかしコートは色んなタイプがあるので、どこからどこまでがフォーマルなのか判断がつきにくいです。就活用のスーツを選ぶのも大変ですが、就活用コートを選ぶのはもしかするとスーツよりも難しいかもしれません。コートに関してあまりこだわらない企業もあるかもしれませんが、業種によっては厳しいチェックをされる可能性もあるので油断は禁物です。

コートは一着あれば長持ちするものなので、ずっと着られるように丈夫で汚れにくいものを選ぶといいでしょう。ただし金銭的に余裕がなくて就活のために新しくコートが買えないという人も中にはいると思います。そんな時は手持ちのコートでも大丈夫です。派手な色や形のもの以外でしたら問題ないでしょう。

色は黒かベージュ

コートを選ぶ際、種類の他に色合いも考えなくてはなりません。ビジネスシーンでは、黒とベージュの2色が使われている事が多いです。その他にもグレーや紺色もよく着られています。リクルートスーツも黒や紺、グレーやベージュなどの色が多いのでそれに合わせるように選ぶと自ずと、自分のリクルートスタイルに合ったものを探すことができるでしょう。

定番の色を着用することによって就活時にも落ち着いて見られます。逆にビジネスシーンにふさわしくない赤や黄色のような原色等の目立つ色は、やめた方が無難です。

丈はスカートが見える程度

コートを選ぶ時には丈のことも考えた方が良いでしょう。あまり短すぎるとカジュアルな感じになり、スーツには合いません。かと言って、足が全て隠れてしまうくらいのロング丈も就活には不向きです。程よい長さで活動しやすいものを選ばなくてはなりません。

スタンダードのトレンチコートは襟があって形もシンプルですし、就活時のスーツに合う色が揃っています。それに膝下や膝上等の丈が選べるのでおすすめです。スカートが少し見えるくらいの丈か、隠れる程度のショート丈は定番丈なので重宝するでしょう。

素材はナイロンがおすすめ

就活をしていて困るのは雨や雪が降っていたり、天候が悪くても行動しなくてはならないところです。急な雨に降られてコートがビチャビチャに濡れてしまって大変だったという経験はありませんか。就活中にそのようなことがあると自分のスーツも汚してしまいますし、先方の床や椅子などを濡らしてしまうことにもなりかねません。細かいことかもしれませんが、就活のコートは素材にもこだわってみることをおすすめします。

コートの素材は、雨や雪が降っても水が浸透せず、シワになりにくいナイロン素材がおすすめです。会場に入る際にサッとはらうだけでコートについていた水滴を落とすことができます。ただしその際も他の人にかからないようにスマートに行動することが大事です。
就活の際、折りたたんで手に持ったり置いたりすることがほとんどですので、レーヨン素材などのシワになりやすいものは避けた方が良いでしょう。

ダッフルコートはNG

人気のコートの中にダッフルコートがあります。しかし就活時にはダッフルコートを避けた方が良いかもしれません。理由としては下記のことがあげられます。

カジュアルな印象を与えてしまう

  • 就活ではフォーマルな服装が好ましい

ダッフルコートは暖かくてデザインも可愛いものが多く、選びやすいのですが普段使いの印象が強いです。就活の際にはなるべく華美な服装にならないように気を付けましょう。コートを購入する際はおしゃれ優先でなく、これから社会人生活をしていくうえで実用的なものを選ぶように心がけてください。

【39点以下は危険度MAX】
本番前に、面接偏差値を診断しておこう

今年はweb面接を行う企業も増えていますが、自分の弱点を把握し適切に対策しなければ、どんな形式であれ面接を突破することはできません。

そこで活用したいのが、面接偏差値診断ツールの「面接力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自分の強みと弱みをグラフで見える化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業の面接を突破しましょう。

就活生におすすめのスーツ用コート

女性用のコートは、ピーコートやチェスターコート、トレンチコート、ノーカラーコートなど、たくさんの種類が存在します。そのたくさんの種類の中から就活で着用できて、秋から春にかけて長く着用できるものや、社会人になってからも着用できるものを選ぼうと思うと、どんなコートを選ぶべきか迷う方も多いでしょう。

ここでは、就活生におすすめのコートをご紹介したいと思います。コート選びに迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

トレンチコート

就活女子の定番といえるのが、トレンチコートです。トレンチコートは流行に左右されず、丈の長さやシルエットがスーツに非常に合うため、街中や電車などで着用している就活中の女性をたくさん見かけます。色も、ベージュだけではなく、黒やグレーなどの落ち着いた色が多いので、リクルートスーツに合わせやすいのも特徴です。

また、トレンチコートの多くは、コートの裏側に「ライナー」と呼ばれる取り外しのできるベストのようなものが付いており、温度調整も簡単にできますので、季節を問わず着用することができます。シンプルなデザインで、素材や作りがしっかりとしたものを選べば、社会人になってからも長く着用できますので、コート選びに迷ったらトレンチコートを購入することをおすすめします。

チェスターコート

チェスターコートは、丈が膝ほどまであるやや長めのデザインで、背広に似た襟が付いているコートです。もともとは男性が着用しているイメージが強かったチェスターコートですが、昨今では女性の間でもフォーマルなシーンでの着用や、ビジネスウーマンからの人気も高く、普段使いに購入している女性も多いです。シルエットも非常にスマートで、スタイリッシュな印象を与えることができるため、チェスターコートは就活でも着用できるコートです。

ただし、最近のチェスターコートはデザイン性の高いものが多く、ノーカラーのものや派手な色味のものが多いので、就活用のコートとしてチェスターコートを選ぶ場合は、できるだけシンプルなデザインで落ち着いた色味のものを選ぶようにしましょう。

冬も春も使用できるコートを選ぼう!

少し暖かい春先はコート一枚でも十分なのですが、薄手のコート一枚で冬の寒さを防ぐのは厳しいものです。そのため、季節の変わり目でも着脱可能な裏地が付いているタイプを選べば、肌寒い程度の春先でも活用できます。裏地には寒さを防ぐだけではなく、着やすくする・表地を汚れや摩擦から守るという役割もあります。裏地の素材ですが、ポリエステル100%ですと耐久性はありますが、静電気が発生したり吸湿性が低いため、汗かきの人などにはおすすめしません。

そして最近ではキュプラという裏地(綿花の産毛を原料にした繊維のこと)がよく使われているケースがあり、これは静電気も起こりにくく吸湿性も高いです。たかが裏地、されど裏地で素材にこだわることによってより快適な着心地になります。現在は色々な柄の裏地を選ぶこともできますが、就活時は派手な裏地は避けた方が無難でしょう。

女性に人気の就活ブランド3選

就活用のコートとは言えど、やはりお洒落には着こなしたいものです。そこでここでは、女性に人気のあるスーツの有名ブランドを3つご紹介します。スーツに合うものはスーツに特化したお店に聞くのが一番良い方法です。コートも色々な種類がありますので、この中からお気に入りのコートを、見つけましょう。

AOKI

AOKIのキャンペーンキャラクターとして松坂桃李さんや松岡茉優さんら魅力的な方々が活躍しているので、AOKIブランドはご存知の方も多いのではないでしょうか。レディースも品ぞろえが多く、スーツはもちろんのことブラウス・ベルト・バッグ・パンプスまで揃えることができます。大きなサイズもあるので、なかなか大きめサイズのスーツやコートを探すのが大変という人もここなら安心です。

トレンチコートも充実していて、色・丈・値段が色々選べてとても便利です。たくさんの女性雑誌にも取り上げられていますので、それを参考にして就活以外でもコートをお洒落に着こなしてみてはいかがでしょうか。

ザ・スーツカンパニー

ザ・スーツカンパニーでも、レディースの品揃えがとても充実しています。スーツの種類はバラエティに富んでいて、選びごたえもあります。就活以外でも使えるようなアクセサリーなども扱っているので、会社のちょっとしたパーティーなどがある時にも利用できるものも豊富です。

コートやアウターも、就活というよりはもう少しラフでカジュアルな感じのものが多いので、就職が決まった後にも利用可能です。

スーツセレクト

スーツセレクトは店舗のデザインにも凝っているこだわり派のブランド。レディーススーツも美しさと機能性が考えられているので、一つ上のお洒落を考えている人にはピッタリです。気品があって敷居が高そうに見えますが値段は意外とリーズナブルです。

コートの種類はそんなに数多くはありませんが、その分デザイン的にも良質なのもが揃っています。コートもスーツも上品な感じでデザインも素敵なので、就活にはもちろん、よそ行きにも着用できます。

女性らしさを引き出してくれるコート

就活だからと言って、みんなと同じく地味で目立たなければ良いというものでもありません。ビジネスマナーを守り、就活と言うTPOをわきまえておけば女性としての魅力を引き出してくれるコートはたくさんあります。

色・形・丈など、ある程度制約のある中で自分が探し出したコートには愛着が湧くものです。本記事を参考にあなたの女性らしい魅力を引き出してくれるコートをぜひ見つけましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ