企業研究

タカタの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

タカタにおける最近の平均年収推移

タカタ株式会社は東京都港区に本社を置く、シートベルトやエアバッグなどの製造・販売を手掛ける企業です。シェアを順調に拡大してきたタカタですが、平成20年のエアバッグ事故を機に経営は低迷し、平成27年には経営破綻となっています。そんなタカタの平均年収や初任給について見ていきましょう。

タカタとは

正式名称(旧社名):タカタ株式会社(現社名:TKJP株式会社)
所在地:東京都港区赤坂二丁目12番31号
従業員数:905人
平均年齢:41.5歳
平均勤続年数:16年
//www.tkjpkk.com/
※有価証券報告書を参照

経営破綻したタカタの負債総額はおよそ1.7兆円で、国内製造業では戦後最悪の金額となりました。現在のタカタは、製品の安全・安心の確保や信頼回復に向けて、自動車メーカーと協力して事故の調査・分析と再発防止に取り組んでいる状況です。

近年の平均年収推移

タカタの近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 587.0万円
平成27年 663.0万円
平成26年 663.0万円
平成25年 637.0万円
平成24年 621.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

タカタの平均年収は概ね600万円台中盤で推移していましたが、直近の平成28年には587万円と、600万円を割り込む結果になりました。

人気企業内定者のESを覗き見!

人気企業に内定した先輩方は、どのようなESを作成したのでしょうか。内定者の回答から、どのような考え方、アピールをしているのかを把握しましょう。「内定者ES100社まとめ」では、なかなか見ることのできないESを100社分ご用意しました!

ANA、トヨタ、三菱東京UFJ銀行、伊藤忠商事、サントリー、IBMなど、就活でも人気が高い企業のESを無料でダウンロードできるため、内定者の回答だけでなく設問の確認がしたいという就活生にもおすすめです。

タカタにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 327.0万円 20.3万円 82.9万円
25~29歳 484.9万円 30.2万円 122.9万円
30~34歳 566.2万円 35.2万円 143.6万円
35~39歳 611.7万円 38.1万円 155.1万円
40~44歳 651.1万円 40.5万円 165.1万円
45~49歳 715.3万円 44.5万円 181.4万円
50~54歳 758.4万円 47.2万円 192.3万円
55~59歳 710.4万円 44.2万円 180.1万円
60~64歳 455.3万円 28.3万円 115.4万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

タカタの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 20.3万円 82.9万円 327.0万円
23歳 22.3万円 90.9万円 358.6万円
24歳 24.3万円 98.9万円 390.1万円
25歳 26.2万円 106.9万円 421.7万円
26歳 28.2万円 114.9万円 453.3万円
27歳 30.2万円 122.9万円 484.9万円
28歳 31.2万円 127.1万円 501.2万円
29歳 32.2万円 131.2万円 517.4万円
30歳 33.2万円 135.3万円 533.7万円
31歳 34.2万円 139.4万円 550.0万円
32歳 35.2万円 143.6万円 566.2万円
33歳 35.8万円 145.9万円 575.3万円
34歳 36.4万円 148.2万円 584.4万円
35歳 36.9万円 150.5万円 593.5万円
36歳 37.5万円 152.8万円 602.6万円
37歳 38.1万円 155.1万円 611.7万円
38歳 38.5万円 157.1万円 619.6万円
39歳 39.0万円 159.1万円 627.5万円
40歳 39.5万円 161.1万円 635.3万円
41歳 40.0万円 163.1万円 643.2万円
42歳 40.5万円 165.1万円 651.1万円
43歳 41.3万円 168.3万円 663.9万円
44歳 42.1万円 171.6万円 676.8万円
45歳 42.9万円 174.8万円 689.6万円
46歳 43.7万円 178.1万円 702.5万円
47歳 44.5万円 181.4万円 715.3万円
48歳 45.0万円 183.5万円 723.9万円
49歳 45.6万円 185.7万円 732.6万円
50歳 46.1万円 187.9万円 741.2万円
51歳 46.6万円 190.1万円 749.8万円
52歳 47.2万円 192.3万円 758.4万円
53歳 46.6万円 189.8万円 748.8万円
54歳 46.0万円 187.4万円 739.2万円
55歳 45.4万円 185.0万円 729.6万円
56歳 44.8万円 182.5万円 720.0万円
57歳 44.2万円 180.1万円 710.4万円
58歳 41.0万円 167.2万円 659.4万円
59歳 37.8万円 154.2万円 608.4万円
60歳 34.7万円 141.3万円 557.3万円
61歳 31.5万円 128.4万円 506.3万円
62歳 28.3万円 115.4万円 455.3万円
63歳 22.7万円 92.3万円 364.2万円
64歳 17.0万円 69.3万円 273.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

タカタの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 973.3万円
課長 761.3万円
係長 579.7万円
20~24歳の一般社員 327.0万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

タカタの大卒・大学院卒初任給について

タカタは現在採用活動を中止しているため、初任給に関する情報はありません。

自動車部品業界における年収の傾向と生涯賃金

自動車部品業界とは

自動車部品業界の景気は自動車メーカーの影響を受けやすく、比較的不安定なのが特徴です。近年は国内景気の回復に伴い、緩やかな回復傾向にあります。また自動車部品業界は、日本のみならず、海外にも進出してビジネスを展開する企業が多いと言われています。

自動車部品業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 タカタ 自動車部品業界
20~24歳 327.0万円 386.2万円
25~29歳 484.9万円 482.3万円
30~34歳 566.2万円 552.9万円
35~39歳 611.7万円 592.9万円
40~44歳 651.1万円 646.8万円
45~49歳 715.3万円 693.2万円
50~54歳 758.4万円 736.4万円
55~59歳 710.4万円 715.1万円
60~64歳 455.3万円 495.3万円
生涯賃金 2.64億円 2.65億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

タカタの年代別平均年収は、自動車部品業界全体の平均と比較すると、同程度か若干下回る程度だとの予測になっています。生涯賃金は2.64億円とのシミュレーション結果です。

まとめ

グローバルな大手自動車部品メーカーとして業界を長年牽引してきたタカタ。しかしエアバッグの不祥事で経営破綻となり、多くの事業が他企業に譲渡される結果となりました。今後の動向にも要注目です。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ