面接対策

面接の流れを事前におさらい!入室から退室までのマナーを徹底解説

面接の流れとマナーについて知っておくことが大切

エントリーシートが通り、いよいよ面接という場面で、実際にどのように振る舞えば良いかイメージできているでしょうか。面接の際の流れをイメージできているか、そうでないかで心持ちが大きく変わってきます。

この通常の流れができていないと、面接官の目があなたの動作に集中してしまい、マイナスのフィルターがかかった状態で見られてしまう危険性があります。

ここでは、入室から退室までの流れを丁寧に解説していきます。入室から退室までの注意点を事前に把握することで、気持ちに余裕を持って面接に臨みましょう。入退室に限らず、待ち時間の過ごし方にも焦点を当てていますので、一緒に確認してみてください。

面接が始まる前の注意点

・入室前に身だしなみチェック
・社員に出くわしたら挨拶する
・待機中の姿勢と態度に気を付ける
・タバコやスマホいじりはしない
・他の学生との雑談はNG

面接が始まる前の注意点をご紹介します。面接のスタートとは、面接官がいる部屋に入ってからではありません。面接は会場に入る前から始まっています。この章では入室前に確認すべきこと、待機中に確認すべきことを状況別に解説していきます。上記の5つのポイントについて詳しくみていきましょう。

面接の流れが事前にわかっているだけで、心に余裕ができます。企業によって、面接の部屋のドアの位置や、待機部屋の様子など様々に違いますが、面接が始まる前に意識すべきことは一緒です。どこの会社の面接に行っても大丈夫なように、面接が始まる前の注意点のコツを抑えておきましょう。

入室前に身だしなみチェック

面接室に入る前には、事前に身だしなみのチェックをしておきましょう。面接が始まる前までは、待合室が準備されていることと思います。会社の建物内に入る前に、最寄りの公衆トイレ等で最低限の身だしなみは整えてきてください。その後、会社の中でトイレの場所を確認することは問題ありません。化粧直し等で鏡を使用する際も、必ずトイレの中でおこなうにしましょう。

身だしなみのチェックポイントは、スーツ・ネクタイによれがないか、髪型が乱れていないか、歯に食べ物が付着していないか等です。「自分は大丈夫」と思っていても、一度は鏡の前に立ち、身だしなみの再確認をすることをお勧めします。移動途中等で、何が起きているかはわからないためです。男性はチャックが開いていないかも確認しておいてください。

社員に出くわしたら挨拶する

面接の前後の時間で、会社の建物内にいるときは他の社員の方とすれ違ったり、一緒になったりする場面もあるかと思います。そのようなときは「こんにちは」等、一言で大丈夫なので必ず挨拶をするようにしましょう。

しかし、話しかけたりするのは基本的にはやめましょう。社員の皆さんは勤務中で大変お忙しいです。迷惑をかけないような配慮は常に必要になります。もちろん、会社内で迷子になってしまった時や、トイレの場所がわからないときには、躊躇せずに聞いても構いません。後述しますが、社外の人に社内をウロウロせれる方が、会社にとっては迷惑になってしまいます。

待機中の姿勢と態度に気を付ける

自分の順番が回ってくるまでの時間の使い方にも注意しましょう。だいたい20分前には面接会場に到着するかと思います。椅子に座って待つ場面が多いかと思いますが、その際は椅子の背中部分に大きくもたれかかって、だらしない格好にならないようにしましょう。

常に緊張感を持つことが必要です。建物の中に入った時点で、すでに面接は始まっていると考えた方が無難です。そうすれば、緊張感を持って行動することができるはずです。緊張感を持つことは大切ですが、緊張しなければいけない訳ではありません。落ち着いて着席していれば、基本的に問題はありません。今後のスケジュールを確認したり、志望動機を見直したりしていれば、自然と時間は経ってしまいますので、安心してください。

タバコやスマホいじりはしない

社内での喫煙も控えましょう。先ほども述べましたが、会社の建物に入った時点ですでに面接が始まっていると考えましょう。そうすれば、タバコを吸うことはないかと思います。「タバコミュニケーション」という言葉もありますが、そのようなコミュニケーションは、入社後に思う存分発揮してください。

タバコは好き嫌いがはっきり分かれます。タバコに限らず、他の方を不快にするような行動は控えるようにしましょう。スマートフォンの使用も極力控えた方がよいです。あなたはスケジュール管理をしているかもしれませんが、他者から見たら遊んでいるのか、何をしているのかわかりません。勤務中はプライベート携帯の使用を控えている会社も多いです。気をつけましょう。

他の学生との雑談はNG

他の学生とのおしゃべりにも配慮をしましょう。複数人が待合室にいて沈黙の状態が続くと、どうしても緊張してしまうかもしれませんが、不必要にベラベラとおしゃべりをするのは考えものです。

話しかけられたり、なにかの用事で話す時には、会話をするボリューム・時間・内容には配慮しましょう。もちろん、部屋に入った時に挨拶をしたり、簡単なコミュニケーションをとることは場の雰囲気が少し和みますし、そういうところも実は見られているものです。例えば、グループディスカッションの集まりで事前に話すこともコミュニケーションの一つとして問題ないと思います。節度を持って会話をすれば問題ありません。

入室のマナーと流れ

入室のマナーを解説していきます。面接は質疑応答の時間だけではなく、扉をノックするところからすべてが見られています。どの所作にも気を抜かないように気をつけましょう。かなり具体的に詳細まで解説していきますが、これが基本の型になります。

基本の型ができれば、心にも余裕が生まれてくるはずです。心に余裕が生まれてくれば、一つ一つの所作に気を取られることなく、面接そのものに集中することができます。

①ドアをノックして入室する

入室時には、ノックを「3回」します。ノックを2回行う人もいますが、一般的に2回のノックはトイレのノックです。その後、室内にいる面接官から「どうぞ」や「お入りください」等の合図があります。入室の許可をもらった後、扉を開けます。入室するときは「失礼します」と一言断りましょう。入室後、扉は後ろの手で閉めずに、扉に正対して、大きな音を立てないように丁寧に閉めます。

②椅子の横に立って名前を名乗る

面接官の前に椅子が用意されていると思いますので椅子の近くに立ち、名乗りましょう。面接官の「大学名と名前をお願いします。」という呼びかけの後に、大学名、学部名、氏名の順に名乗ります。「○○大学○○学部の佐藤未来と申します。本日はよろしくお願いいたします。」と早口にならないように注意して挨拶するようにしましょう。

③椅子に座って荷物を置く

その後、「おかけください」や「お座りください」と声をかけられるので、着席します。その際、荷物は椅子の横に置くようにしてください。カバンは立てて置き、コートはその上にかけます。

面接中は、座る姿勢にも気を配りましょう。背筋は伸ばして、椅子には浅く腰をかけます。背もたれは基本的には使いません。身体の都合でうまく座ることができない場合は、この際に一言断りを入れておくと安心かと思います。

退室のマナーと流れ

続いて、退室するさいのマナーについてみていきます。基本は入室するときのマナーと同じですが、挨拶や一礼を忘れないようにしましょう。面接が終わったことで気を抜いていると、退室の仕方を間違えてしまいますので要注意です。ドアを閉めて立ち去るところまで、マナーを守って対応するようにしましょう。

④面接のお礼を述べて立ち上がる

面接が終わったら、座ったまま「ありがとうございました」とお礼を述べます。その後、立って一礼し、「それではよろしくお願いいたします」と一言添えるのも良いでしょう。面接の出来不出来に関わらず、最後は爽やかに挨拶をしましょう。

挨拶後は荷物を手に取り、扉に向かいます。椅子から扉までは気を抜かずに歩きましょう。面接が終わってホッとしてしますが、扉を出るまで見られていると思ってください。

⑤ドアの前まで歩き一礼してから退室する

ドアの前で向き直り、「失礼します」と一礼します。その後ドアに向き直り、静かに会釈をしながら扉を閉めます。面接官に背中を向けないような体制でドアを閉めましょう。入室時と同様に、大きな音を立てないように丁寧にドアを閉めるように心がけてください。ここまでをして、面接の一連の流れが終了となります。退室後は、速やかにその場を離れるようにしましょう。

【39点以下は危険度MAX】
本番前に、面接偏差値を診断しておこう

今年はweb面接を行う企業も増えていますが、自分の弱点を把握し適切に対策しなければ、どんな形式であれ面接を突破することはできません。

そこで活用したいのが、面接偏差値診断ツールの、「面接力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自分の強みと弱みをグラフで見える化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業の面接を突破しましょう。

面接を成功させるためのポイント

・面接練習を繰り返して慣れる
・志望動機には具体的なエピソードを交える
・企業に貢献できるスキルをアピールする
・逆質問を事前に用意しておく

それでは、面接を成功させるためのポイント4つをご紹介します。面接中での受け答えに関するポイントに絞って説明します。ぜひ読んで覚えておきましょう。

入室前の対応は完璧にできていても、面接中に言葉に詰まってしまったり、頭が真っ白になって回答がうまくできなかったりしたら元も子もありません。面接の受け答えが無事に終わり、ほっとしているときに予期していなかった質問が飛んできたときなど、少しでも冷静に対応できるように、面接を成功させるためのポイントを抑えておきましょう。

面接練習を繰り返して慣れる

面接を成功させるためのポイント1つ目は「面接練習を繰り返して慣れる」です。面接では、笑顔を意識しながら、言葉が詰まらないようにすらすら話す必要があります。

面接をうまくこなすためには場数を踏むことも大切ですし、頭の中で面接をイメージすることも大事です。実際に口に出して練習をした方が、体で覚えるので忘れにくいでしょう。緊張すると早口になりがちという方は、ゆっくり話す練習もしてください。

練習をする際のポイントは、自分を客観的に見ることです。鏡を見ながら練習したり、スマホで動画撮影をしたりするのもおすすめです。特に動画はおすすめです。自分の顔と立ち方を第三者の目線で見ることで、面接官から見えている景色を知ることができます。自然な笑顔ができているか、はきはきと話せているか、早口になっていないかを注意しながら見てみましょう。

また、面接官がどこをチェックしているのか確認しておくのもおすすめです。この「面接評価シート」は実際の面接でも使用されているもので、入室から退室までの間に面接官がチェックしているポイントがまとめられています。このポイントを踏まえて面接練習をすれば、本番でも良い印象を与えられるでしょう。

志望動機には具体的なエピソードを交える

面接を成功させるためのポイント2つ目は「志望動機には具体的なエピソードを交える」です。面接官が志望動機を聞くメリットは、応募者の人柄、経験、どのような動機で入社を希望したかなど、その人の本質を知ることができる点です。そして、自身のエピソードを交えることで、面接官が共感しやすい内容にすることができます。

志望動機は、応募者は今までにどのようなことを学んできたのか、どのような目標を持っているのか、そのために何をしてきたかのかなど、人間性と志望度の高さを一度に知ることができます。難易度が高いと感じるかもしれませんが、分かりやすく共感しやすいエピソードを共に話すことで、自分の志望度をアピールしやすくなります。そして、面接の緊張に負けないように笑顔で伝えてください。

企業に貢献できるスキルをアピールする

面接を成功させるためのポイント3つ目は「企業に貢献できるスキルをアピールする」です。企業には何千もの応募が来ます。多数の応募者の中から内定者を決めるためには、より優秀な学生を選びたいと思うのが企業の本音です。また、たくさんの応募の中から多様なスキルを持つ学生を面接して内定を出すことは、多くの労力をつかいます。「就活生」という括りの中にいる学生の中から人材を探し出すため、やはりアピールが強い学生は目に入りやすいのです。

自分のスキルを、会社のどの事業・業務で活かしたいのかを話してください。そうすることで、面接官にあなたの入社後のイメージを膨らませることができます。会社の一員となって働く姿を想像することで、印象深い応募者になることができます。多数の応募者の中から、より印象の強い人物になることによって、次のステップに進みやすくなることを目指しましょう。

逆質問を事前に用意しておく

面接を成功させるためのポイント4つ目は「逆質問を事前に用意しておく」です。面接官から最後に「質問はありませんか」と逆に質問されることがあります。このときに「何もありません」と答えてはいけません。逆質問があることで、志望意欲の高さをあらわすことができます。必ず逆質問用の質問をいくつかストックしておき、面接官に質問するようにしましょう。

例えば、「配属先はどの部署になりますか」「配属先はどのような社員構成ですか?」という逆質問は入社後のイメージを連想させます。共通して言えることですが、入社後のイメージを面接官に想像させることで、印象に残る人物になれるでしょう。選考を有利に進んでいくためにも、印象付けは必須です。逆に質問がない人は、志望度が低く、簡単な質問にも答えられないと思われてしまうかもしれませんので注意してください。

面接の流れを把握して堂々と挑もう!

面接の流れをイメージすることはできましたでしょうか。面接は何回も数を重ねると慣れてくるものではありますが、最初の面接が第一志望の可能性もありますし、事前に準備することは非常に重要です。

友人と面接の練習をする際は、入退室からスタートするのが非常にオススメです。また自分が面接官役をすれば、どのようなところに目がいくのか、自分でもはっきりわかります。くりかえし繰り返しやってみてください。

面接のための事前準備は非常に重要ですが、ポイントは周りの人に配慮することであり、それらは日常生活でも実践できることです。常に心配りをする習慣があれば、今回の注意点も基本的には何も問題にならないはずです。就職活動は、日々の自分を見てもらう場所だと考えて臨みましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ