面接

【面接が怖いと感じる人必見】克服するための3つのコツと考え方~心身を休ませることも大切~

面接が怖いと感じる時はどうすれば良いか

就職活動において、ほとんどの就活生は数多くの面接を経験することになります。しかしそうは言っても面接慣れをしている人は少なく、面接に対して怖いと感じている就活生も多くいることでしょう。何故面接を怖いと感じてしまうのでしょうか?本記事では、面接を怖いと感じてしまう理由と、怖いという感情を克服するコツを解説していきます。

たしかに面接結果によって人生は大きく左右されることになります。面接に臨む際、不安に思うこともあるでしょう。しかし内定までの道のりにおいて必ず面接は行われます。面接を避けて内定を手に入れることは不可能なのです。ここで述べる要点をしっかりと押さえ、本番において実力を100%発揮できるよう準備を整えておくようにしましょう。

面接が怖く感じてしまうのはなぜ?

面接が怖いと感じる就活生は、意外と多くいます。なぜ面接が怖いと感じるのか、その理由は「自分が採用されるかどうかがかかっているから」です。書類審査と異なり、面接では、直接会ってから自分をアピールしなければいけません。

しかも、アピールする相手は、全く素性を知らないうえに、自分が就職できるかどうかのカギを握る人たちです。そこで高評価を与えられず、面接で落ちてしまえば、その企業からの内定を得られないことが決定してしまいます。そのプレッシャーから、面接が怖いと感じるのだと言えます。

自信がなく面接に落ちると思うから

面接が怖いと感じてしまう理由として、自信がなく面接に落ちると思ってしまうことが挙げられます。面接を受けるとしても、その面接を100%突破できるとわかっているのであれば、面接に対して怖いと思うことはないでしょう。突破できるかどうかわからないことで、不安になり、恐怖心を持ってしまうのです。

事前準備がしっかりと出来ていなければいないほど、このような傾向は強くなります。事前準備がある程度出来ているのであれば、「これだけやったんだから、大丈夫だろう」と自分に自信を持ち、面接に臨むことが可能になります。しかし十分な事前準備を行わずに面接に臨んでしまうと、「これだけの準備で本当に大丈夫かな」と自分に自信を持つことが出来なくなってしまうのです。

相手からどう思われているか気になるから

面接が怖いと感じる理由には、相手からどう思われているか気になるという理由も挙げられます。面接では、初めて会う面接官に対して、自分の気持ちを伝えたり、自分の良いところをアピールしなければなりません。また、面接を受けるときは自分一人で受けるのではなく、他の就活生と一緒に面接を受ける場合もあります。

自分が面接で発言した内容に対して、面接官や一緒に面接を受けている就活生からどう思われているかということが気になってしまうと、面接で発言することが怖くなってしまいます。面接官や他の就活生に「変なことを言っている」、「間違っている」と思われているのではないかと気になってしまい、自分の発言に自信がなくなってしまうのです。

面接に落ちる理由は面接が下手だから

就職活動の中で面接に落ち続けると、「自分は能力の低い人間なんだ」と落ち込み、自信をなくしてしまう人が多くいます。たしかに能力的な側面から不合格となることもあります。しかし、実際には「面接が下手」なことが理由で不合格となっていることも多いのです。

面接とは自分自身を面接官に向けてアピールする場であり、就活生は面接官にとって魅力的な人材に映るよう、自分自身をアピールする必要があるのです。いくら優れた強みを持っていても、それを限られた面接時間の中で面接官にアピールできなければ相手には伝わりません。

面接官は面接の内容により就活生の合否を決めているので、自分の強みをアピールし切れなかったがために不合格となってしまうことがあるのです。

【面接に苦手意識を持つ就活生必見】克服するための5つのコツと失敗したときの対処法を大公開

克服するコツ①想定質問と答えを用意する

面接が怖いという思いを克服するには、自分に自信をつけるのが一番です。しかし、面接力は目で見えないものですし、「自信を持て」と言われても、なかなか難しいものでしょう。面接を怖いと思わなくなるほどの自信を持てるようになるには、どうすれば良いのでしょうか。1つの方法として、企業からされそうな質問とその答えを、たくさん用意することが挙げられます。

質問と答えを書き出した量だけ自信に繋がる

企業からされそうな質問とその回答をノートに書き出せば、会話のやり取りが目に見えるようになります。実際の面接をイメージし、面接官がその質問をする意図を踏まえ、冷静に回答を考えてみてください。それが増えれば増えるほど、面接を怖いと思うことはなくなっていくでしょう。

多くの質問と回答をノートに書きだして読み込めば、面接でもすらすら答えられるようになります。その成功体験から、次の面接ではますます自信を持てるようになり、怖いという思いが小さくなっていくのです。ノートを1~2冊使い切るつもりで、考えられる質問とその答えを書きだしていきましょう。

面接でよく聞かれる質問100個【人間性・志望度・スキル・考え方】〜自己PRの例文3つあり〜

参考例をネットや本で調べるのでもOK

自分で想定質問と回答が思いつかないのであれば、ネットや本で情報収集するのも有効な手段だと言えます。ネットや本を活用することで、面接において良く聞かれるさまざまな質問を知ることが出来るでしょう。それらの質問に対する回答例も掲載されていることが多いです。またネットの口コミなどを活用すれば、直近で就職活動を行っていた先輩の意見も見ることが出来ます。

これらのツールを用いることで、面接における傾向と対策を企業ごとに調べ、行うことも可能になるのです。さまざまな情報を集め、それらをもとに準備を進めることで面接に対して自信を持って臨むことが可能になります。自身の視野を広げ、幅広く情報を集められるようにしておきましょう。

面接の予行練習をする

面接で想定される質問を考え、質問に対する答えを用意できたら、面接に対する恐怖を大分克服できます。しかし、質問と答えを用意するだけでは十分とは言えません。実際の面接になると、面接官の質問に対して自分の口で答えを伝える必要があります。頭では質問に対する答えが用意できていても、実際に言葉にすると上手く話せないという就活生は多いです。

そのため、面接の質問と答えを用意できたら、面接の予行練習をして自分の言葉で相手に伝える練習をすることが大切です。面接の予行練習をしてみると、思ったよりも言葉が上手く出てこないという人が多いと思います。最初は上手く答えられなくても、練習を繰り返すうちに必ず上達していくので、あきらめずに練習しましょう。

克服するコツ②練習のつもりで面接を受ける

面接を練習だと思えば、それだけで怖いという気持ちから解放されるケースがあります。面接を怖いと思う就活生の多くは、選考に落ちて内定が出ないことを恐れているでしょう。しかし、別にその一社からの内定が出ないからといって、全ての企業に落ちるわけではないのです。面接を練習と受け止め、1回ごとの面接の振り返りをきちんとし、次に活かしていけば、怖い気持ちの克服と共に合格率も上がるでしょう。

次の面接への練習だと思って望む

志望する企業に入れないからといって、それで人生が終わるわけではありません。あまり気負わずに、すべての面接を次の面接への練習だと思って受けるようにすれば、怖いという思いはなくなるでしょう。練習のつもりで面接を受ければ、不採用になっても、何が悪かったのかを冷静に考えられる余裕ができます。それを繰り返していくと、面接力も鍛えられながら、怖いと思う気持ちとは無縁になるのです。

もしどうしても入社したい第一志望の企業があるのであれば、その企業の面接を受ける前に、第二志望以下の企業の面接で面接慣れをしておくことも大切と言えるでしょう。面接慣れと、改善のための努力を行うことで、面接突破の可能性を着実に上げていくようにしましょう。

経験は自分を裏切らない

面接において上手く話すことが出来ない理由として、面接のような環境に不慣れであることも挙げられます。学生時代、自身の将来が左右されるというような緊張感を持ってプレゼンを行う機会はあまり多くないでしょう。そのため、就職活動における面接に最初から慣れている学生などほとんどいないのです。

しかし回数を重ね、経験を積み上げていくことで、そのような環境でも冷静にプレゼンを行うことが可能になっていきます。面接で失敗したとしてもその事実を受け止め、しっかりと反省を行うことで、次の面接に活かしていくことが出来るのです。

社会人となると、面接のような緊張感を持ってプレゼンを行う機会は多くあります。面接が例えうまくいかなかったとしても、その経験は面接だけでなく、自身の将来に役立つものなのだと言うことも出来るのです。

克服するコツ③答えられなくても大丈夫と考える

面接での評価基準を頭に入れておけば、面接を怖いと思うことはなくなるでしょう。面接では、理路整然と答えをすらすら言うことだけが評価されるわけではありません。答えられない質問があったときに、笑顔で「申し訳ございません、勉強不足でした。これから勉強していきたいです」と伝える落ち着きや素直さが大切なのです。面接はコミュニケーションの場ですから、良いことばかりを言おうとせず、自分が持つ考えを素直に伝えれば良いのです。

全ての質問に回答できる人は少ない

面接においては上述の通り、事前準備が重要なポイントになります。事前にどのような質問が来るか想定し、その回答を準備しておくことで、スムーズに受け答えを行うことが可能になるのです。しかしそうは言っても、全ての質問を予測するのは不可能です。どんなに事前準備を入念に行っていたとして、想定外の質問を受ける可能性は十分にあります。

そのため全ての回答にスラスラと答えられる学生はほとんどいないのです。想定外の質問に対して、急いで回答しようと焦ると、支離滅裂なことを口走ってしまう恐れがあります。想定外の質問をされたとしても慌てる必要はありません。「1分ほど考える時間をください」などと断り、ゆっくり頭の中を整理してから回答すれば良いのです。

面接で答えられないときは素直に言えば良い

面接で答えられない場合に、怖いと思う必要はありません。面接で答えられないときは、素直にその旨を伝えれば良いからです。質問する側の面接官としても、学生が全ての質問にスムーズに答えられるとは思っていません。自分の出来る限りの努力をして、それでも答えられないのであれば、それを伝えることが誠実な姿勢と言えるでしょう。

そう考えれば、面接はずいぶん楽だと思えてくるのではないでしょうか。正直に分からないことを伝えられれば、悪い評価はされません。完璧に答えられなくても面接を突破できることを、改めて頭に入れておきましょう。

克服するコツ④考え方を変える

面接を怖いと感じるときにそれを克服する方法として、考え方を変えることが挙げられます。面接の結果によって自分の未来は大きく変わります。そのカギを握る面接官に対して「怖い」という印象を持ってしまうのは当たり前と言えるでしょう。しかし考え方を変えてみると、面接官も自分と同じ人間なのです。

面接の場を離れれば、自分と同じように買い物をし、休日には友人と遊ぶこともあります。同じ人間である以上、臆する必要はないのです。このように考えることで「怖さ」は和らぐでしょう。また自分自身に自信を持てない就活生の方は、考え方を変え、「自分は優秀だ」と自己暗示をかけることもひとつの手です。自己暗示をかけることで、不思議と面接に冷静な気持ちで臨めるようになるものです。このようなことも「怖さ」を克服する手段となり得ます。

企業と学生はあくまでも対等な立場

企業と学生はあくまでも対等な関係であり、及び腰になる必要はありません。たしかに就活生にとって内定がもらえないことは大きな問題です。そのため企業に対して腰が引けることも、仕方のないことのように思えます。しかし、企業にとっても必要な人数、人材を確保できないことは大きな問題なのです。

企業は自社の発展に向け必要な人材を採用することを掲げ、採用活動をしています。そのため人材を十分に確保できない場合、自社の発展に直結する問題となりかねないのです。企業と就活生はどちらが偉いというわけではありません。あくまで対等な立場であることを念頭に置き、必要以上に臆することなく堂々と面接に向かいましょう。

人と比べず自分自身を受け入れる

面接を乗り越えるにあたっては、自分自身をしっかりと受け入れることが必要になります。周りの友人で就職活動を順調に進めている人がいると、「自分もあんな風になれたらな」と真似したくなることもあるでしょう。もちろん就職活動の進め方などで参考に出来る点があるのであれば、どんどん真似して、吸収していくべきです。

しかし、性格や強みまで真似をして、表面を取り繕って面接に臨むのはNGです。面接官は毎年多くの就活生と面接を行い、就活生を吟味しています。表面だけを取り繕ってもすぐにバレてしまうのです。また仮に表面を取り繕って内定を獲得できたとしても、入社後「自分には合わないかも」とミスマッチングを招いてしまう恐れもあるのです。面接ではしっかりと自分を持ち、自分に合った企業を選ぶようにしましょう。

面接で泣きそうなときは

極度のストレス状態により、面接で泣きそうになってしまう場合もあることでしょう。その場合は相手の立場になって考えてみましょう。相手も仕事のため採用面接をおこなっています。そのため泣かれてしまっては業務が滞るうえに、多くの場合相手も泣かせたくて面接をおこなっているわけではないはずです。

泣いてしまいそうになる人は、基本的に繊細な部分を持っていることが多いです。繊細な部分があるということは、相手の気持ちを思いやれるということなので、相手のためにも泣かないという気持ちを持つと泣くことを回避できます。

それでも余裕がなくなってしまうのであれば、コミュニケーションを上手く取る方法について書かれた本を読んでみるといいでしょう。学術的なものではなく、話し言葉で書かれたものがおすすめです。

克服するコツ⑤体を動かす

面接で怖いと感じた時には体を動かすことでそれを克服できることがあります。深呼吸によって気持ちが落ち着くように、体を動かし、心に言い聞かせることで心を動かすことは可能なのです。もちろんあまりにも露骨に体を動かしてしまうと、「落ち着きのない人だな」「面接の場で失礼だな」とマイナスの印象を残してしまいます。

あくまでも、面接官に違和感を与えない程度の動きに抑える必要はあります。例えば、いつもより多少胸を張って面接に臨んでみましょう。胸を張り、自信を持つよう自分に言い聞かせることで、本当に自信を持てるようになることがあります。

自信を持って話すことで面接官にも好感を与えやすく、良い流れで面接を進めることが可能になります。面接で怖さを感じた時には、体を動かし、それに合わせて心に言い聞かせることで、気持ちを落ち着かせるようにしましょう。

ジェスチャーを交えて回答をする

上述の通り、体を動かしてみることでリラックスして受け答えを行えるようになる可能性があります。しかし面接の場であまり動くのも不自然です。そのような際には、ジェスチャーを交えて回答するようにしましょう。プレゼンを行う際、身振り手振りを交えて話すことは良くあることです。あまりにも過度に行わない限り、これらのジェスチャーに対して違和感を持つ面接官はあまりいないでしょう。

ジェスチャーを上手く取り入れることで自然な形で体を動かし、気持ちを落ち着かせることが可能になるのです。またジェスチャーを効果的に交えて話すことで、話の内容が面接官に伝わりやすくなります。そのような点においてもジェスチャーを交えて回答することは有効なのです。

とくに大事なのが笑顔を絶やさないこと

体を動かすことに関して、特に大事なのが笑顔を絶やさないことです。笑顔というと、相手に与える印象が大きいように思われがちです。笑顔を絶やさず、快活に話すことで、面接官には好感を持たれやすく、多少緊張によるミスが生じたとしても、高評価を残せる可能性が高くなります。

しかし笑顔の効果はそれだけではありません。笑うことで自身の心拍数が落ち着くケースがあります。笑顔により気持ちを落ち着けることも可能になるのです。また、笑顔により脳の血流量が増加するケースもあります。血流量が増加することにより集中力を高めることも可能になるのです。面接では、仏頂面でいるよりは笑顔でいるほうが良いことは明らかです。「笑う門には福来る」と言います。面接においては笑顔を絶やさないようにしましょう。

面接で緊張しない方法5選|事前の準備と心構えで解決する【就活生の面接での攻略法】

大きな声で話すこと

面接において大きな声で話すことは非常に重要です。大きな声で話すことは、面接官の印象を良くするだけでなく、自分の気持ちを落ち着けるという効果もあります。大きな声で話せる人は、一般的に自信を持って話しているというイメージがあります。「自分は自信を持って話せている」と自分で思い込むことができるのです。

面接に対する恐怖を克服するために、面接が始まって最初の第一声を「一番大きな声で話す」ということを意識しましょう。面接が始まって最初の第一声は、面接をする部屋に入るときの挨拶の場合が多いので、部屋に入るときに大きな声であいさつをします。最初に大きな声を出せれば、その後の面接でも大きな声で話すことができ、面接に対する恐怖を感じにくくなります。

面接を怖がっているのは自分だけじゃない

面接を怖いと感じる人が、克服するためのコツを見てきました。全てにおいて言えるのは、「面接を怖がっているのは自分だけではない」ということです。面接を怖いと感じてしまうと、そこからどんどんプレッシャーを感じ、本番で緊張するようになってしまいます。

しかし、そう感じているのは自分だけではなく、周りの応募者も同じなのです。面接で緊張しない人の方が珍しいといっても、過言ではないでしょう。企業にもよりますが、面接がおこなわれる時間は大体10~15分程度です。人数が多ければ、5分で終わるところもあります。

どんなに緊張しても、それだけの時間で終わってしまえば、あっけなく感じるものではないでしょうか。ですので、「面接の時間は長くないから」と気楽に考えて、肩の力を抜くのも1つの方法なのです。

あらかじめ自分の状態を伝えておく

面接の始めに自分の状態を伝えておくのもひとつの手段です。緊張しているのであれば、緊張していると伝えましょう。泣いてしまう場合が多いのであれば、泣いてしまったことがあるとさり気なく伝えると相手も理解してくれます。まず相手に自分の状態を言う勇気がないかもしれませんが、面接をするのであれば、ある程度の勇気が必要なのでここで挫けてしまうと、最終的に面接で泣いてしまうかもしれないので頑張りましょう。

相手もコミュニケーションを取りやすい人材を求めています。報連相ができる相手であることは、企業に勤めるのであれば必要なスキルです。自分のみっともない状態を恥ずかしいと思うのであれば、恥じらいを捨てて伝えるようにしましょう。

面接が怖いのは病気ではない

人によっては面接が怖いことを病気ではないかと懸念する人もいます。しかし基本的に病気ではありません。面接を怖いと思ってしまうきっかけは必ず存在するので、しっかりと自己分析をおこないましょう。もしどうしても心当たりが無いのであれば、第三者の意見を頼るという方法もあります。専門家のカウンセリングであるなら、大抵の場合理由を見つけられることでしょう。

怖いという感情は、精神に多大な負荷をかけるストレスです。就活を続けていくのであれば、ストレスは蓄積され、発散することは容易ではありません。ストレスはホルモンのバランスなど体調に影響を及ぼすので、怖さのあまりに吐き気を催したり、体調不良になる人もいます。当日どうしても面接に行けそうにない場合は、必ず企業に連絡を入れましょう。

面接に行きたくないときは

当日になってどうしても面接に行きたくないという人もいるでしょう。理由は様々だと思いますが、怖いという感情から行きたくないというのであれば、相手のために面接に行く必要があると考えるのも一つの手段です。企業はあなたと面接をおこなうために、時間を作り費用をかけています。あなたが面接の場にやってこなければ面接をする相手は、迷惑なうえにあなたを採用面接へと進ませた人事のメンツが立ちません。迷惑をかけたくないと思い奮起しましょう。

それでも行きたくないのであれば自分の将来を想像してみましょう。面接を受ける企業に受かる可能性を面接に行かないことによって潰してしまうかもしれない、面接を乗り切らなければ今後も困難に太刀打ちできないなど自分を叱咤する内容だと面接に体が動くはずです。

面接が怖い就活生は気分転換をすることも大切

面接日が近づくと、緊張したり憂鬱になって、どうしようもなく不安になったり、逃げだしたくなったりする人もいるかもしれません。面接の練習をいくら重ねたところで、どんどん自信を喪失し、マイナスのことばかり考えてしまうようでは、本番の面接に、はつらつとした表情で臨むのは難しいでしょう。

内定を勝ち取るためには、四六時中就活のことで頭をいっぱいにするのではなく、適宜気分転換を図ることも大切です。これから気分転換の方法を紹介しますので、面接が怖いと感じてナーバスになっている人は試してみてください。

SNSなどの情報を遮断して過ごしてみる

スマートフォンは、就活において役に立つアイテムです。企業を訪問するためのルートを確認できたり、時刻表を調べたりできます。就活のスケジュール管理をスマートフォンでする人もいるでしょう。しかし、スマートフォンを触るのが癖になっている場合、ついSNSなどを使って他人の就活情報を仕入れようとします。

SNSで誰がどこに内定が決まったとか、何社企業を回ったとかいう周囲の情報を目にすることで、かえって重圧を感じることがあるのです。面接を怖いと感じている中、さらに他人の就活の状況を仕入れることで、余計に萎縮してしまったり、パニックになることもあります。就活のことで頭がいっぱいになって焦りを感じている人は、他人を気にせず、SNSなどの情報をしばらく遮断して過ごしてみるとよいでしょう。

充実した睡眠や入浴で心身を休ませる

心身ともにリフレッシュできれば、気持ちも頭もスッキリします。就活で気持ちが煮詰まってしまったら、気分を切り替えて早めに就寝したり、ぬるめの風呂で心身を休ませてみてはいかがでしょうか?自律神経が高ぶっている時は、ベッドに入ってもあれこれ不安要素ばかり考えてしまいますので、好きな香りのアロマをたいてみたり、ストレッチなどの軽い運動や血流を促すセルフマッサージをしてみるのもリラックスできるのでおすすめです。

数か月間におよぶ就活は、人生を左右する重要な期間です。自覚がなくても心身の疲労が溜まっていることがありますので、休息を心掛けることが大切です。休息後は、気分を一新し、また就活に向けて一歩を踏み出しましょう。

自分の悩みを誰かに打ち明ける

面接に怖いという感情を持つ人は、ストレスを溜め込みやすい可能性があります。ストレスを発散させるためにも、誰かに悩みを打ち明けるようにしましょう。就活に関する愚痴をこぼすだけでは気分転換の効果は薄く、しっかりと面接を受けるのが怖いということを打ち明けて相手に聞いて貰う必要があります。相手によって悩みへの回答は、慰めであったりアドバイスであったりと様々なので、答えが欲しいのであればアドバイスがほしいとしっかり伝えましょう。

別の人の価値観は、自分の考えに別の風を吹き込みます。もし納得できないのであれば別の人に同じ悩みを打ち明けるなどして、自分で口に出して悩みを何度も見つめなおしましょう。頼る相手がいないのであれば、就職課や大学のカウンセリングに相談してみるのも効果的です。

関連記事

【就活うつの対処法特集】ストレスを溜めてしまう原因・自分でできる5つの対策・相談すべき人についても徹底紹介

面接が怖いと感じる就活生は3つのコツを活かして克服しよう

怖いと感じる面接を克服するコツは、「企業からされそうな問題と答えを多く書き出すこと」、「練習のつもりで臨むこと」、「答えられない事を恐れないこと」の3つです。これらのコツを活かして、面接を怖いと思う気持ちを克服していってください。

怖さは、面接がどうなるのか予測できないことから引き起こされることが多いでしょう。先の3つについて十分に準備を重ねることで、面接の内容がある程度想定できるようになりますし、自信も付くはずです。怖いという思いは、表情にダイレクトにでてしまうものです。それが敗因となってしまえば、元も子もありません。予定している日までにしっかり克服して、面接突破を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ