面接

【面接が怖いと感じる人必見】克服するための3つのコツと考え方~これであなたも大丈夫~

面接が怖く感じてしまうのはなぜ?

面接が怖いと感じる就活生は、意外と多くいます。なぜ面接が怖いと感じるのか、その理由は「自分が採用されるかどうかがかかっているから」です。書類審査と異なり、面接では、直接会ってから自分をアピールしなければいけません。

しかも、アピールする相手は、全く素性を知らないうえに、自分が就職できるかどうかのカギを握る人たちです。そこで高評価を与えられず、面接で落ちてしまえば、その企業からの内定を得られないことが決定してしまいます。そのプレッシャーから、面接が怖いと感じるのでしょう。

面接に落ちる理由は面接が下手だから

就職活動の中で面接に落ち続けると、「自分は能力の低い人間なんだ」と落ち込み、自信をなくしてしまう人が多くいます。たしかに能力的な側面から不合格となることもあります。しかし、実際には「面接が下手」なことが理由で不合格となっていることも多いのです。

面接とは自分自身を面接官に向けてアピールする場であり、就活生は面接官にとって魅力的な人材に映るよう、自分自身をアピールする必要があるのです。いくら優れた強みを持っていても、それを限られた面接時間の中で面接官にアピールできなければ相手には伝わりません。

面接官は面接の内容により就活生の合否を決めているので、自分の強みをアピールし切れなかったがために、不合格となってしまうことがあるのです。以下、面接に苦手意識を抱いている就活生が、それを克服するためのコツをいくつか挙げています。これらを押さえ、面接に必要以上に緊張することなく、自分自身をアピールできるようにしておきましょう。
【面接に苦手意識を持つ就活生必見】克服するための5つのコツと失敗したときの対処法を大公開

克服するコツ①想定質問と答えを用意する

面接が怖いという思いを克服するには、自分に自信をつけるのが一番です。しかし、面接力は目で見えないものですし、「自信を持て」と言われても、なかなか難しいものでしょう。面接を怖いと思わなくなるほどの自信を持てるようになるには、どうすれば良いのでしょうか。1つの方法として、企業からされそうな質問とその答えを、たくさん用意することが挙げられます。

質問と答えを書き出した量だけ自信に繋がる

企業からされそうな質問とその回答をノートに書きだせば、会話のやり取りが目に見えるようになります。それが増えれば増えるほど、面接を怖いと思うことはなくなっていくでしょう。多くの質問と回答をノートに書きだして、読み込めば、面接でもすらすら答えられるようになります。

その成功体験から、次の面接ではますます自信を持てるようになり、怖いという思いが小さくなっていくのです。ノートを1~2冊使い切るつもりで、考えられる質問とその答えを書きだしていきましょう。

面接でよく聞かれる質問100個【人間性・志望度・スキル・考え方】〜自己PRの例文3つあり〜

オトクな就活資料【無料】

【採用基準を丸裸】人事が"ホント"は見せたくない面接評価シート

・入退室、身だしなみ、話し方はどこを見られる?・質問の流れ・意図が見えてくるなど、面接官の視点が一目でわかる!!

克服するコツ②練習のつもりで面接を受ける

面接を練習だと思えば、それだけで怖いという気持ちから解放されるケースがあります。面接を怖いと思う就活生の多くは、選考に落ちて内定が出ないことを恐れているでしょう。しかし、別にその一社からの内定が出ないからといって、全ての企業に落ちるわけではないのです。

次の面接への練習だと思って望む

志望する企業に入れないからといって、それで人生が終わるわけではありません。あまり気負わずに、すべての面接を次の面接への練習だと思って受けるようにすれば、怖いという思いはなくなるでしょう。練習のつもりで面接を受ければ、不採用になっても、何が悪かったのかを冷静に考えられる余裕ができます。それを繰り返していくと、面接力も鍛えられながら、怖いと思う気持ちとは無縁になるでしょう。

克服するコツ③答えられなくても大丈夫と考える

面接での評価基準を頭に入れておけば、面接を怖いと思うことはなくなるでしょう。面接では、理路整然と答えをすらすら言うことだけが、評価されるわけではありません。答えられない質問があったときに、笑顔で「申しわけありません、勉強不足でした。これから勉強していきたいです」と伝える落ち着きや素直さが大切なのです。面接はコミュニケーションの場ですから、良いことばかりを言おうとせず、自分が持つ考えを素直に伝えれば良いのです。

面接で答えられないときは素直に言えば良い

面接で答えられない場合に、怖いと思う必要はありません。面接で答えられないときは、素直にその旨を伝えれば良いからです。そう思うと、面接はずいぶん楽だと思えてくるのではないでしょうか。しっかりと分からないことを伝えられれば、悪い評価はされません。完璧に答えられなくても面接を突破できることを、改めて頭に入れておきましょう。

克服するコツ④考え方を変える

面接を怖いと感じるときにそれを克服する方法として、考え方を変えることが挙げられます。面接の結果によってあなたの未来は大きく変わってきます。そのカギを握る面接官に対して「怖い」という印象を持ってしまう就活生が多くいます。しかし考え方を変えてみると、面接官も自分と同じ人間なのです。

面接の場を離れれば、あなたと同じように買い物をし、休日には友人と遊ぶこともあります。同じ人間である以上、臆する必要はないのです。このように考えることで「怖さ」の克服が可能になります。

自分自身に自信を持てない就活生の方は、考え方を変え、「自分は優秀だ」と自己暗示をかけることもひとつの手です。自己暗示をかけることで、不思議と面接に冷静な気持ちで臨めるようになるものです。このようなことも「怖さ」を克服する手段となり得るのです。

企業と学生はあくまでも対等な立場

企業と学生はあくまでも対等な関係であり、及び腰になる必要はありません。たしかに就活生にとって内定がもらえないことは大きな問題です。そのため企業に対して腰が引けることも、仕方のないことのように思えます。しかし、企業にとっても必要な人数、人材を確保できないことは大きな問題なのです。

企業は自社の発展に向け必要な人材を採用することを掲げ、採用活動をしています。そのため人材を十分に確保できない場合、自社の発展に直結する問題となりかねないのです。企業と就活生はどちらが偉いというわけではありません。

克服するコツ⑤体を動かす

面接で怖いと感じた時には体を動かすことでそれを克服できることがあります。深呼吸によって気持ちが落ち着くように、体を動かし、心に言い聞かせることで心を動かすことは可能なのです。もちろんあまりにも露骨に体を動かしてしまうと、「落ち着きのない人だな」「面接の場で失礼だな」とマイナスの印象を残してしまいます。

あくまでも、面接官に違和感を与えない程度の動きに抑える必要はあります。例えば、いつもより多少胸を張って面接に臨んでみましょう。胸を張り、自信を持つよう自分に言い聞かせることで、本当に自信を持てるようになることがあります。

自信を持って話すことで面接官にも好感を与えやすく、良い流れで面接を進めることが可能になります。面接で怖さを感じた時には、体を動かし、それに合わせて心に言い聞かせることで、気持ちを落ち着かせるようにしましょう。

とくに大事なのが笑顔を絶やさないこと

体を動かすことに関して、特に大事なのが笑顔を絶やさないことです。笑顔というと、相手に与える印象が大きいように思われがちです。笑顔を絶やさず、快活に話すことで、面接官には好感を持たれやすく、多少緊張によるミスが生じたとしても、高評価を残せる可能性が高くなります。

しかし笑顔の効果はそれだけではありません。笑うことで自身の心拍数が落ち着くケースがあります。笑顔により気持ちを落ち着けることも可能になるのです。また、笑顔により脳の血流量が増加するケースもあります。血流量が増加することにより集中力を高めることも可能になるのです。

面接では、仏頂面でいるよりは笑顔でいるほうが良いことは明らかです。「笑う門には福来る」といいます。面接においては笑顔を絶やさないようにしましょう。

面接で緊張しない方法5選|事前の準備と心構えで解決する【就活生の面接での攻略法】

面接を怖がっているのは自分だけじゃない

面接を怖いと感じる人が、克服するためのコツを見てきました。全てにおいていえるのは、「面接を怖がっているのは自分だけではない」ということです。面接を怖いと感じてしまうと、そこからどんどんプレッシャーを感じ、本番で緊張するようになってしまいます。

しかし、そう感じているのは自分だけではなく、周りの応募者も同じなのです。面接で緊張しない人の方が珍しいといっても、過言ではないでしょう。企業にもよりますが、面接がおこなわれる時間は大体10~15分程度です。人数が多ければ、5分で終わるところもあります。

どんなに緊張しても、それだけの時間で終わってしまえば、あっけなく感じるものではないでしょうか。ですので、「面接の時間は長くないから」と気楽に考えて、肩の力を抜くのも1つの方法なのです。

面接が怖いと感じる就活生は3つのコツを活かして克服しよう

怖いと感じる面接を克服するコツは、「企業からされそうな問題と答えを多く書き出すこと」「練習のつもりで臨むこと」「答えられない事を恐れないこと」の3つです。これらのコツを活かして、面接を怖いと思う気持ちを克服していってください。怖いという思いは、表情にダイレクトにでてしまうものです。それが敗因となってしまえば、元も子もありません。予定している日までにしっかり克服して、面接突破を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年2月、北海道生まれ。小樽商科大学卒業。 2010年4月に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。 IT・小売・外食など幅広い業界にわたって300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学の就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を行なう。 現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。