業界研究

保険業界の志望動機の書き方|例文5選やNG例をご紹介

保険業界の志望動機に悩む就活生は多い

「保険業界を志しているが、就活で話せる志望動機がない」ということはありませんか?保険業界は人気の業界ですので、自信を持って話せる強い志望動機を持っていないとライバルたちに勝ち抜くことは難しいです。

就活で話せるような志望動機を持てないのは、業界への理解が足りないことことも原因のひとつといえます。業界理解を深めて、自分のやりたいことと照らし合わせて志望動機を考えられるようにしましょう。この記事では、保険業界を目指す志望動機の書き方や例文をご紹介していきます。

保険業界とは

保険業界は就活生に人気の業界であり、選考を勝ち抜くためには、アピール力の高い志望動機を作成する必要があります。保険業界は金融業界に含まれる業界であり、安定性や給料の高さなどから人気の業界です。

人気は高いですが、業界について詳しく知っている人は少ないので、まずは業界研究を進めることが大切です。保険業界についてしっかりと業界研究をおこない、業界の動向や基本的な知識を身に付けて志望動機の作成に役立てていきましょう。

保険業界

保険業界は業績も好調であり、業界規模も堅調に推移している業界です。2008年から2009年にかけては業績は伸び悩みを見せていましたが、その後は回復傾向にあり、現在まで堅調に業績は回復しています。業績好調の背景には景気の回復や消費税の増税などが挙げられます。

景気の回復や増税前の駆け込み需要によって自動車の売上も増大し、それに伴い自動車保険などが高い収益を上げたことが、業績回復の要因のひとつです。保険の需要は高まりを見せていますが、国内市場は頭打ちも見え始め、海外へと事業を展開する企業も増えています。メガ損保などを中心に海外企業の買収が進められており、今後は国内だけではなく、国外市場への事業進出が盛んになる見込みです。

保険業界の業績推移について

  • 業界規模:9兆4,581億円
  • 平均年収:904万円
  • 平均継続年数:15年

保険業界の業界規模は9兆4,581億円であり、国内の業界としては大規模です。金融業界の中でも銀行に次いで大きな業界であり、国内産業としては重要な位置づけを誇っている業界です。平均年収は904万円であり、他業界と比べてもかなり高い水準にあります。

企業ごとに年収の差はありますが、業界全体として高い年収をもらっている人が多いです。保険業界の中でも大手企業であれば、1,000万円を超える年収を獲得している人もたくさんいます。平均継続年数は15年であり、他業界と比べてもやや高い水準にあります。業界としても実績が高いこと、平均年収が高いことなどから長く続けている人は多いです。業界全体として働きやすい環境にあると言えます。

保険業界の細かい職種分類について

  • 商品開発
  • 営業
  • サービス支援
  • 専門サービス

保険業界の職種としては商品開発、営業、サービス支援、専門サービスが挙げられます。商品開発は新たな保険商品の開を行う職種です。新しい保険を考えるだけではなく、監督官庁への許可の申請なども行います。

営業は顧客に対して自社の保険商品を売り込んでいく職種です。個人・法人と両方の営業がありますが、自社の商品を売り込む点では共通しています。サービス支援は営業のサポートなどを行う職種です。保険の代理店での対応やサポートなどをおこなうこともあります。

専門サービスは顧客の資産運用を考えたり、資産計画などを提案する職種です。個人だけではなく、法人の資産運用や資産計画を担当することもあります。コンサルタントのような働きをすることもある、特殊な職種です。

保険業界の志望動機を書くポイント3つ

志望動機を作成するためには、業界研究を進めるだけではなく、書き方のポイントを学ぶことも大切です。志望動機は書き方次第で印象が大きく変わりますし、ポイントを踏まえて作成することで印象的な志望動機にすることができます。

就活を勝ち抜いていくためには、採用担当者の印象に残り、高評価を獲得することができる志望動機を作成することが大切です。志望動機の書き方のポイントを正しく理解して、保険業界を勝ち抜ける志望動機を作成していきましょう。

①なぜ保険業界なのか

採用担当者の心に響く志望動機を作成するためには、なぜ保険業界を志すのか、その理由を明記する必要があります。さまざまな業界がある中で他の業界ではなく、なぜ保険業界を志望したのかを明確にアピールしましょう。

業界を志望する理由を伝えるためには、その業界の特徴を踏まえてアピールをすることが大切です。保険業界であれば、保険商品を勧めることで安心できる生活を提供したい、保険によって幸せな生活のサポートをしたいなどの理由が挙げられます。

他にもさまざまな理由が考えられますが、どんな理由を伝える場合でも保険業界でなければならないこと、保険業界だからこそ志望したことを伝えることが大切です。業界の特徴をしっかり踏まえて、志望動機を作成していきましょう。

②その中でもなぜ該当企業なのか

なぜ保険業界を志すのか、その理由を伝えれば保険業界の中でもなぜ該当企業を志望するのかを明記しましょう。保険業界と一口に言ってもさまざまな企業があり、企業ごとに特徴や強みは異なっています。

業界を志望する理由を伝えるだけでは他の企業でもいいのではないかと思われてしまうため、その企業だからこそ志望した理由を伝えることが大切です。企業を志望する理由を伝えるためには、その企業にしかない特徴や強みを挙げてアピールしていきましょう。

企業独自の強みや特徴を理由に志望動機を語ることで、他の企業ではなく、その企業だから志望したことを伝えることができます。志望する企業はしっかりと企業研究を進め、その企業にしかない強みを発見して志望動機に役立てましょう。

③自分に何が貢献できるのか

保険業界を志望した理由、企業を志望した理由を伝えれば、さらに企業で自分に何が貢献できるのかを明記しましょう。志望動機では仕事に対するやる気、意欲を伝えることが大切ですが、気持ちだけでは仕事で活躍することはできません。

就活の目標は就職を決めることではなく、仕事で活躍することですし、企業の採用活動もそれは同じです。企業も就職してくれる人ではなく、仕事で活躍し、成長してくれる人を求めていますので、自身が仕事でどのように活躍できるかを伝える必要があります。

能力を提示し、それがどのように貢献できるのか、仕事でどのように役立てることができるのかを具体的に伝えることが大切です。自身の能力を示し、仕事での再現性があることをアピールしていきましょう。

志望動機作成ツールで、保険業界の志望動機を完成させよう

保険業界の志望動機を作成する際、伝えたいことは沢山あっても、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。

そんな時は、「志望動機ジェネレーター」を活用してみましょう。

志望動機ジェネレーターなら、簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの志望動機が完成します。
無料でダウンロードして、効率的に保険業界に採用される志望動機を完成させましょう。

保険業界の志望動機例文5選

志望動機の書き方のポイントを知れば、次は実際の就活で使う志望動機を作成していきましょう。志望動機の作成は難しいものですので、ポイントを知ったからといってすぐに完成させられるものではありません。

時間がかかってもいいので、投げやりにならず、じっくりと考えながら作成に取り組むことが大切です。志望動機の例文なども参考にしながら、書き方のポイントについてもさらに理解を深め、保険業界を攻略できる志望動機を作成していきましょう。

例文①

私は保険商品の提供を通じて、一人でも多くの人の安心な生活のサポートをしたいと考え、貴社を志望しました。貴社は生命保険に強みがあり、包括的なサポートを行っている商品も多いです。幅広いサポート体制の整った商品を提供することで、安心出来る生活を提供したいと考えています。
私は大学時代に居酒屋でアルバイトをし、体力とコミュニケーション能力を身に付けました。貴社では粘り強い営業で商品をお勧めし、お客様とのコミュニケーションを大切にすることで、企業の実績に貢献したいと考えています。

例文の①では保険商品の提供を通じて、安心な生活のサポートがしたいと志望動機が語られています。志望動機を最初に語ることで、アピール内容を明確にすることができていますし、印象深く志望理由を伝えることができています。

企業を志望する理由も生命保険に強みがあること、包括的なサポートを行う商品が多いなど企業独自の特徴が挙げられており、好印象です。企業で貢献できることについても、どのように活躍するかが具体的に語られており、活躍している姿もイメージしやすくなっています。

例文②

私は保険という安心を売ることで、人々の生活に安心をもたらし、豊かにしたいと考え貴社を志望しました。貴社では自動車保険に強みがあり、保険料も他の企業より安く加入しやすいことが特徴です。加入のハードルは低いものの補償額が大きい貴社の保険を提供することで、豊かな生活を作るお手伝いをしたいと考えています。
私は大学時代にボランティア活動を行い、時には外国にも足を運ぶなど行動力を身に付けました。貴社でも行動力を活かして様々な人に保険商品を勧め、新規のお客様を獲得することで実績に貢献したいと考えています。

例文の②では保険を売ることで人々の生活に安心をもたらしたいと志望動機が語られています。保険業界を志望する理由が明確にされていますし、企業を志望する理由についても企業独自の強みが語られており、その企業を志望する理由が強くアピールされています。

企業の保険商品について詳細な特徴を挙げることで、企業研究ができていることが伝わり、好印象です。企業で貢献できることについても、どのように活躍するかが具体的に語られており、企業で活躍する姿もイメージしやすいです。

例文③

私は新たな保険商品を開発することで、安心出来る暮らし作りのお手伝いがしたいと思い、貴社を志望しました。貴社は商品開発力に強みがあり、他の企業にはない独自の保険商品を数多く開発しています。私は保険商品の開発に携わり、多くの人が安心して暮らせる保険を作っていきたいと考えています。
大学時代はバックパッカーとして世界中を旅し、広い視野と行動力を身に付けました。貴社では広い視野で市場を分析し、求められているものを知り、行動力を活かして他にはない保険商品の開発を進めていきたいと考えています。

例文の③では保険商品の開発によって安心できる暮らし作りの手伝いがしたいと志望動機が語られています。商品開発の職種を志望していることで、保険業界を志望する理由がアピールできています。

また企業を志望する理由についても、企業独自の強みから語られていますので、志望度の高さが伝わり好印象です。企業で貢献できることについても、バックパッカーの経験で培った能力をもとに具体的に語ることで、企業で活躍する姿がイメージしやすくなっています。

例文④

私は困っている人を助ける仕事をしたいと思っています。保険業界を志望した理由は、保険はまさに困っている人のためにあるものだと考え、保険を広めることで社会に貢献していきたいと思ったからです。
数多くある保険業界の中でも、貴社は他社にはない○○や○○などの保険サービスを生み出しています。私はその点に魅力を感じ、これからの未来を切り拓く保険サービス開発をすることで社会に貢献したいと思います。

例文の④では、困っている人を助けたいという保険業界への志望理由と様々なサービス開発ができるという企業への志望理由が述べられています。また、具体的な商品名を取り上げることで、他社ではなく志望する保険会社でなくてはいけないというアピールにも繋がっている例文です。

例文⑤

私は、大学生協で共済を紹介するバイトをした経験があります。そこで保険商品を正しく知ることなく、契約する人が多いことを知り、そういった人に保険商品を正しく伝えるために保険業界を志しました。
保険業界の中でも特に店舗型の集客に強みを持つ貴社は、お客様とのコミュニケーションを大事にすることを掲げており、実際に顧客満足度も高いことから自分が目指す保険商品を正しく伝えることを達成できると感じました。バイトの経験で得た傾聴力や相手に寄り添う姿勢を強みに、営業として活躍したいと思っております。

例文⑤では、保険業界を目指す明確なビジョンを話すことで、企業でやりたいことを具体的に示せています。また、他にはないバイトの経験から得られる自分だけの強みをアピールすることで志望動機の説得力を増しています。

保険業界の志望動機NG例文3つ

志望動機の作成は難しいものであり、ここで行き詰まりを感じてしまう人は多いです。志望動機の作成に悩んだ場合は視点を変えることが大切です。同じ視点で考え続けてもいいアイデアは生まれませんので、視野を広く持って、さまざまな可能性について検討してみる必要があります。

志望動機の作成に行き詰った場合は、あえてNG例文に目を向けてみることも大切です。NG例文と自身の志望動機を照らし合わせ、共通する部分があれば改善し、志望動機をさらに磨き上げていきましょう。

NG例文①

私は保険商品の提供を通じて、世の中に安心を提供したいと思い、貴社を志望しました。保険は安全な生活を送るためには欠かせないものであり、保険があるからこそ、安心して生活をすることが出来ていると考えています。
私は大学時代に居酒屋でアルバイトをしており、アルバイトの経験を通じてコミュニケーション能力を身に付けました。貴社でもコミュニケーション能力を活かしてお客様と良好な関係を築き、信用してもらうことで保険商品の提供を進めていきたいと考えています。

NG例文の①では保険商品の提供を通じて、世の中に安心を提供したいと志望動機が語られています。保険業界を志望する理由については問題ありませんが、企業を志望する理由が語られていないのがNGです。

保険業界であれば他の企業でもいいと思われてしまいますので、志望動機のアピール力が弱くなっています。企業でどのように活躍するかについて具体的に語られており、しっかりアピールはできていますが、企業を志望する理由が弱いことで、全体的にNGとなっています。

NG例文②

私は心配性な性格であり、小さなことでもすぐに不安になってしまいます。しかし心配性であることは反対に、慎重であることでもあり、リスク管理が徹底出来るという強みでもあります。私は石橋を叩いて渡る性格で、しっかりと準備を進めることで、ミスなく物事を達成することが出来ます。
問題を発見した場合でも事前に準備をしていることで被害を最小限に抑えることができ、リスク対応能力もあります。私はリスク管理能力やリスク対応能力を活かして、貴社でも新たな保険商品を開発して企業に貢献したいと考えています。

NG例文の②では冒頭で志望動機が語られていないことがNGです。最初に結論から語ることで、志望動機を強くアピールすることができますが、例文では志望動機が語られておらず、効果的なアピールができていません。

また、全体を通して自身の能力をアピールしていることもNGです。志望動機と自己PRは別物ですので、それぞれを分けて考えなければなりません。志望動機であるにも関わらず、ほとんど自己PRになっており、質問の意図が正しく掴めておらずNGです。

NG例文③

私は保険を提供することで、安心出来る暮らしを提供したいと考え、貴社を志望しました。貴社では保険商品の開発力に強みがあり、他の企業にはない新しい保険商品が開発されています。私は保険の開発に携わり、業界初となる商品を開発していきたいと考えています。
大学時代はスーパーでアルバイトをしており、接客の業務を経験したことでコミュニケーション能力を身に付けました。私はコミュニケーション能力を活かして、保険商品を売り込み、企業の実績に貢献したいと考えています。

NG例文の③では保険を提供することで、安心できる暮らしを提供したいと志望動機が語られています。しかし、最後の結論では営業として活躍したいとあり、やりたいことがバラバラに語られていることがNGです。志望動機を伝える場合は、何かひとつに絞って、分かりやすく伝えることが大切です。例文ではさまざまなことを伝えすぎているため、結局何がしたいのかが分かりづらくなっています。

あなたは保険業界に受かる実力があるのか?自分の就活力を診断してみよう

保険業界は目指す人の多い人気業界。中途半端な実力では内定は厳しい。だから、いま自分が、どのくらいの実力があるのか、気になりますよね。

そんな時は、「就活力診断」が役立ちます。24の質問に答えるだけで、あなたの現在の就活力を診断。あなたは、何が得意で、何が苦手なのかをグラフで見える化します。

苦手な分野を早めに把握しておけば、内定に向けて効果的な対策が立てられます。

80点以上のSランクを取れれば、かなり安心。一度、あなたの実力を診断してみましょう。

保険業界の志望動機をマスターして選考を有利にしよう

保険業界は就活生に人気の高い業界であり、毎年多くの人が志望している業界です。倍率が高く、就職難易度が高い業界でもありますので、しっかりと対策をして選考に臨まなければなりません。

選考を勝ち抜くためには志望動機をしっかりと練り上げることが大切です。志望動機は書類選考だけではなく、面接でも必要なものですので、じっくりと考えて作成する必要があります。ポイントをマスターして志望動機を作成することで、選考を有利に進めることができます。上手な志望動機の書き方をしっかりとマスターし、就活生人気の高い保険業界での就活を攻略しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ