企業研究

スギ薬局の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

スギ薬局における最近の平均年収推移

スギ薬局は、全国に約1,000店舗もの地域医療対応型ドラッグストアを運営しています。処方箋の調剤や化粧品のカウンセリングを行うだけでなく、健康相談や育児相談にも応じ、薬剤師が患者の自宅へ薬剤を届ける在宅医療も手掛けています。

面白い取り組みとしては、乳がん患者へウィッグを提供する取り組みや、健康増進セミナーなどのイベントも定期的に開催しています。

「かかりつけドラッグストア」を目指して、私たちの健康を支援する取り組みを行っているスギ薬局ですが、その年収とはいったいいくらぐらいなのでしょうか。

スギ薬局とは

正式名称:スギホールディングス株式会社
所在地:愛知県大府市横根町新江62番地の1
従業員数:31人
平均年齢:38.8歳
平均勤続年数:10.2年
//www.drug-sugi.co.jp/hd/company/outline/index.html
※有価証券報告書を参照

スギ薬局は、2008年にスギホールディングス㈱に商号を変更しています。 スギ薬局は本店を愛知県に置き、関西や東京に6つの拠点を構えています。

ドラッグストアのみならず、食品や日用雑貨などを豊富に揃えた「ジャパン」という店舗も展開しています。さらに、居宅介護支援や、訪問介護事業も行っています。

近年の平均年収推移

スギ薬局の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 694.0万円
平成27年 646.0万円
平成26年 711.0万円
平成25年 714.0万円
平成24年 658.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

スギ薬局は、毎年順調に業績を伸ばし続けています。年収は、業績に関わらず毎年変動しています。平成24年から平成25年にかけて上昇し、以降2年間はやや減少し、平成28年には再び回復しています。

スギ薬局における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 412.1万円 29.0万円 63.5万円
25~29歳 590.3万円 41.6万円 91.0万円
30~34歳 668.6万円 47.1万円 103.0万円
35~39歳 736.5万円 51.9万円 113.5万円
40~44歳 775.1万円 54.6万円 119.5万円
45~49歳 793.9万円 56.0万円 122.4万円
50~54歳 808.1万円 57.0万円 124.5万円
55~59歳 804.9万円 56.7万円 124.0万円
60~64歳 652.1万円 46.0万円 100.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

スギ薬局の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 29.0万円 63.5万円 412.1万円
23歳 31.6万円 69.0万円 447.7万円
24歳 34.1万円 74.5万円 483.4万円
25歳 36.6万円 80.0万円 519.0万円
26歳 39.1万円 85.5万円 554.6万円
27歳 41.6万円 91.0万円 590.3万円
28歳 42.7万円 93.4万円 605.9万円
29歳 43.8万円 95.8万円 621.6万円
30歳 44.9万円 98.2万円 637.3万円
31歳 46.0万円 100.6万円 652.9万円
32歳 47.1万円 103.0万円 668.6万円
33歳 48.1万円 105.1万円 682.2万円
34歳 49.0万円 107.2万円 695.8万円
35歳 50.0万円 109.3万円 709.3万円
36歳 51.0万円 111.4万円 722.9万円
37歳 51.9万円 113.5万円 736.5万円
38歳 52.5万円 114.7万円 744.2万円
39歳 53.0万円 115.9万円 752.0万円
40歳 53.6万円 117.1万円 759.7万円
41歳 54.1万円 118.3万円 767.4万円
42歳 54.6万円 119.5万円 775.1万円
43歳 54.9万円 120.0万円 778.9万円
44歳 55.2万円 120.6万円 782.6万円
45歳 55.4万円 121.2万円 786.4万円
46歳 55.7万円 121.8万円 790.1万円
47歳 56.0万円 122.4万円 793.9万円
48歳 56.2万円 122.8万円 796.8万円
49歳 56.4万円 123.2万円 799.6万円
50歳 56.6万円 123.7万円 802.4万円
51歳 56.8万円 124.1万円 805.3万円
52歳 57.0万円 124.5万円 808.1万円
53歳 56.9万円 124.4万円 807.5万円
54歳 56.9万円 124.3万円 806.8万円
55歳 56.8万円 124.2万円 806.2万円
56歳 56.8万円 124.1万円 805.5万円
57歳 56.7万円 124.0万円 804.9万円
58歳 54.6万円 119.3万円 774.3万円
59歳 52.4万円 114.6万円 743.8万円
60歳 50.3万円 109.9万円 713.2万円
61歳 48.1万円 105.2万円 682.7万円
62歳 46.0万円 100.5万円 652.1万円
63歳 36.8万円 80.4万円 521.7万円
64歳 27.6万円 60.3万円 391.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

スギ薬局の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,226.7万円
課長 959.5万円
係長 730.7万円
20~24歳の一般社員 412.1万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

スギ薬局の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.8万円
修士了 20.8万円

※リクナビ2018より参照しています。

上記の表は総合職における初任給の金額です。スギ薬局の初任給は、大卒・修士了卒による違いはありませんでした。短大卒および専門卒の初任給は、18.2万円です。

薬剤師の初任給は総合職より高く、総合薬剤師は31.8万円、調剤薬剤師は29.3万円となっています。

昇給は年に1回、賞与は年に2回の支給ですが、さらに業績連動型賞与が支給されることもあります。

ドラッグストア業界における年収の傾向と生涯賃金

ドラッグストア業界とは

ドラッグストアは、処方箋が不要な「一般医薬品」をはじめ、化粧品や日用品などの様々な商品を販売しています。中には、調剤薬局を併設しているドラッグストアもあります。

ドラッグストア業界は、新規出店とM&Aによって売り上げを伸ばし、平成17年から平成27年にかけて堅調に業績を上げています。しかし、新しい店舗が増えたことで既存店の売り上げは伸び悩み、各社で競争が激化している状況です。そこで、各社は医薬品以外の食品や飲料物などの日用品を、スーパーより安価で販売する取り組みを進めています。

スギ薬局は、地域医療型ドラッグストアとして、医薬品や日用品の販売をはじめ、在宅医療や訪問介護などといった福祉関連事業にも注力しています。各社で業界再編が行われて店舗数が拡大し、競争が激化しているドラッグストア業界ですが、その年収とはいったいいくらぐらいなのでしょうか。

ドラッグストア業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 スギ薬局 ドラッグストア業界
20~24歳 412.1万円 285.3万円
25~29歳 590.3万円 463.5万円
30~34歳 668.6万円 524.9万円
35~39歳 736.5万円 573.9万円
40~44歳 775.1万円 594.6万円
45~49歳 793.9万円 606.4万円
50~54歳 808.1万円 622.6万円
55~59歳 804.9万円 610.1万円
60~64歳 652.1万円 479.9万円
生涯賃金 3.12億円 2.38億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

スギ薬局の年収をドラッグストア業界の年収と比較すると、各年齢層において業界平均を上回っています。特に差が大きいのは50代前半で、業界平均より194万円も高い予測となっています。生涯賃金を比較しても約7,000万円の差がついていることから、スギ薬局の業界における年収水準は高いと言えるでしょう。

自分が小売業界に向いているか診断しよう

自分の適性や性格が、小売業界の仕事に向いているか気になりませんか?

そこで活用したいのが、自己分析ツール「My analytics」です。36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱みに基づく適職を診断できます。

自分が小売業界に向いているか、サクッと診断してみましょう。

まとめ

国内市場が頭打ちとなっている状況で、ドラッグストア業界は各社で経営統合やM&Aなどの業界再編の動きが活発になり、今後もさらに競争が激しくなると見込まれています。業界全体では業績の伸び率が鈍くなっていますが、スギ薬局は毎年好調に業績を伸ばし続けている状況です。

スギ薬局は、病院よりも手軽に健康相談や育児相談を受けられるような「かかりつけドラッグストア」を目指しています。ただ単に医薬品や日用雑貨を販売するだけでなく、健康や美容、食に関するプロが顧客の相談に応じたり、健康セミナーなどのイベントも積極的に行っています。

顧客の健康をあらゆる面からサポートし、多くの顧客に支持されているスギ薬局に、今後も注目が集まりそうです。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ