企業研究

SMBCコンシューマーファイナンスの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

SMBCコンシューマーファイナンスにおける最近の平均年収推移

SMBCコンシューマーファイナンスは、1962年に設立された消費者金融サービスを提供している企業です。創立50周年にあたる2012年に、三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)の一員となっています。

そんなSMBCコンシューマーファイナンスの平均年収と生涯賃金について見ていきます。

SMBCコンシューマーファイナンスとは

正式名称:SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
所在地:東京都中央区銀座四丁目12番15号
従業員数:2,267名(男性1,268名、女性999名)
平均年齢:39.64歳
平均勤続年数:14.25年
//www.smbc-cf.com/corporate/outline.html
※有価証券報告書を参照

三井住友コンシューマーファイナンスは、消費者金融サービスを提供している会社です。社員の平均年齢についておよそ平均的で、平均に勤続年数についても14.25年という長さはおおよそ平均的とみてよいと考えられるでしょう。

近年の平均年収推移

SMBCコンシューマーファイナンスの近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 -
平成27年 -
平成26年 -
平成25年 575.0万円
平成24年 586.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

※平成26年以降は三井住友グループの一会社のためデータなし。

近年は三井住友グループの一会社のためデータがないため現在の年収は正確には分からないが、平成25年と平成24年に関してはほとんど変動がなく安定していると言えます。また、平均年収は580.5万円です。

SMBCコンシューマーファイナンスにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 372.0万円 25.2万円 69.1万円
25~29歳 452.4万円 30.7万円 84.0万円
30~34歳 533.2万円 36.2万円 99.0万円
35~39歳 601.0万円 40.8万円 111.6万円
40~44歳 660.6万円 44.8万円 122.7万円
45~49歳 693.4万円 47.1万円 128.7万円
50~54歳 707.1万円 48.0万円 131.3万円
55~59歳 638.8万円 43.4万円 118.6万円
60~64歳 519.3万円 35.2万円 96.4万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

SMBCコンシューマーファイナンスの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 25.2万円 69.1万円 372.0万円
23歳 26.3万円 72.1万円 388.1万円
24歳 27.4万円 75.0万円 404.1万円
25歳 28.5万円 78.0万円 420.2万円
26歳 29.6万円 81.0万円 436.3万円
27歳 30.7万円 84.0万円 452.4万円
28歳 31.8万円 87.0万円 468.5万円
29歳 32.9万円 90.0万円 484.7万円
30歳 34.0万円 93.0万円 500.8万円
31歳 35.1万円 96.0万円 517.0万円
32歳 36.2万円 99.0万円 533.2万円
33歳 37.1万円 101.5万円 546.7万円
34歳 38.0万円 104.0万円 560.3万円
35歳 38.9万円 106.6万円 573.9万円
36歳 39.9万円 109.1万円 587.4万円
37歳 40.8万円 111.6万円 601.0万円
38歳 41.6万円 113.8万円 612.9万円
39歳 42.4万円 116.0万円 624.8万円
40歳 43.2万円 118.2万円 636.7万円
41歳 44.0万円 120.4万円 648.7万円
42歳 44.8万円 122.7万円 660.6万円
43歳 45.3万円 123.9万円 667.1万円
44歳 45.7万円 125.1万円 673.7万円
45歳 46.2万円 126.3万円 680.3万円
46歳 46.6万円 127.5万円 686.8万円
47歳 47.1万円 128.7万円 693.4万円
48歳 47.2万円 129.3万円 696.1万円
49歳 47.4万円 129.8万円 698.9万円
50歳 47.6万円 130.3万円 701.6万円
51歳 47.8万円 130.8万円 704.4万円
52歳 48.0万円 131.3万円 707.1万円
53歳 47.1万円 128.8万円 693.5万円
54歳 46.1万円 126.2万円 679.8万円
55歳 45.2万円 123.7万円 666.1万円
56歳 44.3万円 121.2万円 652.5万円
57歳 43.4万円 118.6万円 638.8万円
58歳 41.7万円 114.2万円 614.9万円
59歳 40.1万円 109.7万円 591.0万円
60歳 38.5万円 105.3万円 567.1万円
61歳 36.9万円 100.9万円 543.2万円
62歳 35.2万円 96.4万円 519.3万円
63歳 28.2万円 77.1万円 415.4万円
64歳 21.1万円 57.9万円 311.6万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

SMBCコンシューマーファイナンスの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,107.4万円
課長 866.2万円
係長 659.6万円
20~24歳の一般社員 372.0万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

SMBCコンシューマーファイナンスの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 24万円
修士了 -
博士了 -

※リクナビ2018より参照しています。

初任給は大学院、短大、高専、専門学校など学歴問わず一律です。昇給は年1回4月にあり、賞与は年2回6月と12月にあります。時間外勤務手当や住宅手当、通勤手当(全額)など手当は充実しています。

リース・クレジット業界における年収の傾向と生涯賃金

リース・クレジット業界とは

リース業界は平成17年~平成19年頃に急速な業界規模の拡大が見られ、平成19年から平成23年に向けて横ばい、平成24年以降は再び増加に転じています。

売上げ上位の企業としてはオリックス、東京センチュリーリース、三菱UFJリースなどが挙げられます。

リース・クレジット業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 SMBCコンシューマーファイナンス
リース・クレジット業界
20~24歳 372.0万円 376.2万円
25~29歳 452.4万円 496.1万円
30~34歳 533.2万円 610.6万円
35~39歳 601.0万円 693.2万円
40~44歳 660.6万円 740.7万円
45~49歳 693.4万円 837.2万円
50~54歳 707.1万円 841.1万円
55~59歳 638.8万円 761.0万円
60~64歳 519.3万円 556.9万円
生涯賃金 2.59億円 2.96億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

SMBCコンシューマーファイナンスは、リース・クレジット業界の平均年収と比較すると、年収は低いと予測されます。しかしながら、香港、タイ、中国等アジアを中心に海外進出しているため、今後売り上げ増加を見込むことができます。

30~34歳では約77万円、40~44歳では約80万円ほど、リース・クレジット業界全体の平均年収のほうが高い予測となります。

まとめ

ここまで、SMBCコンシューマーファイナンスについて調査してきました。年収は業界平均値と比較すると下回っていることが分かりました。しかしながら、今後の成長が見込まれる会社であり、さらにはお客様から信頼される安心される企業を目指している企業であり今後の展開を期待したいところです。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ