企業研究

アストラゼネカの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

アストラゼネカの平均年収

アストラゼネカは1975年に設立された医薬品の開発・製造・販売をおこなう企業です。主にガン・循環器系・代謝疾患・呼吸器・自己免疫疾患の新薬開発に力を入れています。

時短制度や育休制度など男女共に働きやすい職場だという口コミが見られます。全国に営業拠点が本社を含め69箇所、工場が1箇所、物流センターが1箇所あります。資本金は20億円です。

正式名称:アストラゼネカ株式会社(AstraZeneca K.K.)
所在地:大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪タワーB
従業員数:3,000人
//www.astrazeneca.co.jp/

複数の口コミを参照すると、アストラゼネカの年収事例は以下のようになっています。

  • 20代前半・MR、MS:500万円
  • 20代後半・MR、MS:500万円
  • 20代後半・MR、MS:450万円
  • 20代後半・MR、MS:680万円
  • 30代前半・MR、MS:850万円
  • 30代後半・MR、MS:900万円

これらの事例から、年齢別・役職別の平均年収を算出をしてみました。

志望業界を選ぶ前に、自己分析をしよう

自分に合った業界を探すには、自己分析をして、あなた自身の適性を把握しておく必要があります。でも、そんな時間がとれない人も多いはず。

そこで、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づくあなたに適した業界を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして適性を把握し、業界研究を効率的に進めましょう。

アストラゼネカにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 471.0万円 29.4万円 118.1万円
25~29歳 638.6万円 39.9万円 160.1万円
30~34歳 737.0万円 46.0万円 184.7万円
35~39歳 805.3万円 50.3万円 201.9万円
40~44歳 869.5万円 54.3万円 217.9万円
45~49歳 941.9万円 58.8万円 236.1万円
50~54歳 987.3万円 61.7万円 247.5万円
55~59歳 950.9万円 59.4万円 238.3万円
60~64歳 636.4万円 39.7万円 159.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

アストラゼネカの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 29.4万円 118.1万円 471.0万円
23歳 31.5万円 126.5万円 504.5万円
24歳 33.6万円 134.9万円 538.0万円
25歳 35.7万円 143.3万円 571.6万円
26歳 37.8万円 151.7万円 605.1万円
27歳 39.9万円 160.1万円 638.6万円
28歳 41.1万円 165.0万円 658.3万円
29歳 42.3万円 169.9万円 678.0万円
30歳 43.6万円 174.9万円 697.7万円
31歳 44.8万円 179.8万円 717.3万円
32歳 46.0万円 184.7万円 737.0万円
33歳 46.9万円 188.2万円 750.7万円
34歳 47.7万円 191.6万円 764.3万円
35歳 48.6万円 195.0万円 778.0万円
36歳 49.4万円 198.4万円 791.7万円
37歳 50.3万円 201.9万円 805.3万円
38歳 51.1万円 205.1万円 818.2万円
39歳 51.9万円 208.3万円 831.0万円
40歳 52.7万円 211.5万円 843.8万円
41歳 53.5万円 214.7万円 856.7万円
42歳 54.3万円 217.9万円 869.5万円
43歳 55.2万円 221.6万円 884.0万円
44歳 56.1万円 225.2万円 898.5万円
45歳 57.0万円 228.8万円 913.0万円
46歳 57.9万円 232.5万円 927.4万円
47歳 58.8万円 236.1万円 941.9万円
48歳 59.4万円 238.4万円 951.0万円
49歳 60.0万円 240.7万円 960.1万円
50歳 60.5万円 242.9万円 969.2万円
51歳 61.1万円 245.2万円 978.3万円
52歳 61.7万円 247.5万円 987.3万円
53歳 61.2万円 245.7万円 980.0万円
54歳 60.7万円 243.8万円 972.8万円
55歳 60.3万円 242.0万円 965.5万円
56歳 59.8万円 240.2万円 958.2万円
57歳 59.4万円 238.3万円 950.9万円
58歳 55.4万円 222.6万円 888.0万円
59歳 51.5万円 206.8万円 825.1万円
60歳 47.6万円 191.1万円 762.2万円
61歳 43.7万円 175.3万円 699.3万円
62歳 39.7万円 159.5万円 636.4万円
63歳 31.8万円 127.6万円 509.1万円
64歳 23.8万円 95.7万円 381.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

アストラゼネカの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,402.0万円
課長 1,096.6万円
係長 835.0万円
20~24歳の一般社員 471.0万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

アストラゼネカの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 24.7万円
修士了 26.3万円

日本国内の大卒平均初任給は20万円、修士了の平均初任給は23万円です。この数値を踏まえてアストラゼネカの初任給を見るとどちらも3万~4万円高い初任給が設定されています。

医薬品業界における年収の傾向と生涯賃金

医薬品業界とは

医薬品業界は病院で処方される「医療用医薬品」やドラックストアで販売されている「一般用医薬品」の開発・製造・販売、「ジェネリック医薬品」の製造・販売を行う業界です。

日本の医薬品は世界第2位のシェアを誇っており、今後も伸び続けると見込まれています。

医薬品業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 アストラゼネカ 医薬品業界
20~24歳 471.0万円 476.7万円
25~29歳 638.6万円 595.2万円
30~34歳 737.0万円 682.4万円
35~39歳 805.3万円 731.8万円
40~44歳 869.5万円 798.3万円
45~49歳 941.9万円 855.6万円
50~54歳 987.3万円 908.9万円
55~59歳 950.9万円 882.6万円
60~64歳 636.4万円 611.4万円
生涯賃金 3.52億円 3.27億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

アストラゼネカは、20~24歳の間は医薬品業界全体の平均より5.7万円年収が低いと予測されますが、その後は他の医薬品業界より25万円から86.3万円高い年収が得られると予測できます。また、生涯賃金も2,500万円高いと予測されます。

まとめ

アストラゼネカは医薬品の開発・製造・販売を行う比較的新しい企業です。一般的に名前が知れ渡っているという商品はありませんが、医療で使用される薬品を多く開発しています。口コミではワークライフバランスの評価が高く、趣味や子育てなど私生活を重視する人にとっても働きやすい職場のようです。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ