履歴書

【エントリーシートと履歴書における違い6つ】就活生が知っておきたい作成時のコツもご紹介

エントリーシートと履歴書の違いとは

就職活動において、必ず一人一枚は履歴書やエントリーシートの作成をすることになるでしょう。それぞれの作成には意外に時間がかかるため、できたら書きたくないと思う人も多いかもしれません。

ところでその履歴書とエントリーシート、普段はひとまとめにされることも多いですが、厳密には異なる性質を持っているということをご存知だったでしょうか。知らない方はこの機会に知っておくと、さらに効率的に自分をアピールできることにつながるかもしれません。

この記事では「エントリーシートと履歴書の違い」にフォーカスし、それぞれの特徴から見える相違点を細かく解説していきます。併せて、履歴書・エントリーシートそれぞれを作成するときのコツもお伝えしていくので、ぜひ参考にしてください。

履歴書とエントリーシートの違い6つ

冒頭でも少し触れましたが、履歴書とエントリーシートは似ているようで実は性質が異なっているものです。ここではそれぞれの特徴を解説しながら5つの違いをご紹介していきます。

ここでご紹介する情報を頭に入れておけば、採用担当者にどのような伝え方をするのが効果的なのかが少しでも見えてくるはずです。今まで知らなかったという就活生の方は、ぜひ参考にしてそれぞれの書類の作成に取り掛かるようにしてください。

違い①エントリーシートは企業が独自に作成している

履歴書・エントリーシート双方のもっとも顕著な違いが、その「発行元」です。履歴書に関しては市販・大学・ネットなど、それを作っているところを数えると枚挙にいとまがありません。どれを使うかによって、自分の伝えたいことがどれだけ書き入れられるかも変わってくるので、履歴書のフォーマット選びは大切なことです。

一方で、エントリーシートを作っているのは企業です。履歴書と違って、同じ選考を受けるのであれば誰もが同一のシートに記入して提出することになります。

このエントリーシートですが、複数の企業のそれを見てみると、基本的な要素以外はまったく異なるものであることが分かるでしょう。それぞれが独自のフォーマットを用意することによって、聞きたいと思っていることや見出したいと思っている要素を的確に質問項目に落とし込んでいるのです。

違い②エントリーシートを書くには自己分析が必須

2つ目に挙げられる違いが、「自分を表現する欄の多さ」です。多くの履歴書では「志望動機・特技・自己PR」とひとまとめにされた欄があるくらいですが(フォーマットによって異なる)、エントリーシートはそのほとんどで自分について語らなくてはなりません。

そのため、エントリーシートの提出が求められている際には「自己分析」をしっかりすることが肝心です。就職活動はよく「就活生自身が『自分』という商品を企業に売り込むためのセールス活動」と例えられます。その「自分」をよく見せるためには、自身の長所・短所それぞれを理解していなければ不可能と言ってもよいでしょう。

自らが気付いていない性格というのも多くあるため、自分を深堀りするためには一人でやっていてもどうにもなりません。友人や知人に自分のことを聞いて回ったり、自己分析ツールなどを使ったりするようにしましょう。

違い③エントリーシートにはインパクトも必要

エントリーシートに記載する内容にはインパクトを与えることが大切です。これは違い①からも言えることなのですが、その理由は「企業に提出しなければならないエントリーシートのフォーマットは全員同じもの」だからです。

多くの学生が同一のものを提出するということは、それだけ埋もれてしまう可能性が高いということを意味しています。また、似たり寄ったりな構成が続いていると、読んでいてゲシュタルト崩壊のような現象が起こらないとは限りません。それゆえに、読み手の目を引く要素を何かしら入れ込んでおくことが重要になってくるのです。

インパクトを与えるためには、必ず言いたいことが先に来る「結論先行型」で書くようにしましょう。ほかにも、項目の最初に印象に残るようなタイトル名を付けることや、伝えたいことの重要度によって文字の太さ・大きさを変えるというのも効果的です。

違い④履歴書は自分の基本情報を書くもの

エントリーシートが「自分の内面」についてのことを記入するものである一方で、履歴書は単に「自分の基本情報」を書くものにとどまっていることが多いです。

履歴書の基本的構成は、「氏名」、「住所」、「電話番号」、「学歴・職歴」、「資格」、「志望動機」です。「志望動機」に関しては、多くの履歴書のフォーマットでは枠が大きくとられていないません。そのためエントリーシートに比べると、「自分の内面・個性を伝える」という性格は薄くなっています。

それゆえ、履歴書の効果を最大限に発揮するためには、住所や資格名などを「正式名称」で正しく書くことが大切です。

違い⑤履歴書はエントリーシートを裏付けるもの

違い④でもご紹介した特徴から、履歴書はエントリーシートを裏付けるものだということができます。

そのため、履歴書に記載する情報には書き間違いや書き落としがないように細心の注意を払うようにしましょう。双方の情報に違いが出てしまった場合、それが単なる書き間違いであったとしても「虚偽ではないのか」と捉えられるかもしれません。

また、違い④でも触れたように、書き入れる言葉は「正式名称」にする必要があります。普段から覚えているものが実は略称だったということは多くありますので、記入する前に一度確認するようにしたほうが良いでしょう。

違い⑥これまでの自分を書くかこれからの自分を書くか

ここまでの双方の特徴を見てきた中で気付いた人もいるかもしれませんが、履歴書とエントリーシートでは「どの時点の自分のことを書くか」という部分が大きく異なります。

履歴書は「過去~今の自分」を記入する書類と表現することができます。「学歴」・「資格」などは、書類を提出する時点までの自分の歩みを紹介するものであり、単なる事実を事実として書き連ねているだけです。

一方で、エントリーシートは「今現在~これからの自分」のことを記入する書類です。そのため、「自分がこれから社会に出てどういうことをしていきたいのか」・「どういう人物になりたいのか」という未来に関することも堂々と書くことができます。

履歴書を書く際のコツ

  • 正式名称で記入する
  • 年号は統一する
  • 書きやすいフォーマットのものを選ぶ

履歴書を書く際のコツが上記3点です。まず、履歴書はフォーマルな文書なので、正式名称を書き入れなければなりません。
住所は住民票に記載されている通り都道府県から、学校名や資格名も略称は用いず正式名称で正しく書きましょう。

「生年月日」をはじめ年号を書く項目では、「西暦」「和暦」のどちらか一方にそろえる必要があります。分からなくなりそうな場合には、「西暦」を選んだほうが無難でしょう。

最後に、書きやすいフォーマットのものを選ぶことも重要です。履歴書の種類はさまざまです。自分の書きやすい項目で構成されているもの、または自分の伝えたいことが多く書き記せるものを選ぶようにしましょう。新卒は職務経歴がないので、志望動機や自己PR欄が多いものを選ぶと良いでしょう。

エントリーシートを書く際のコツ

  • 結論先行型を意識する
  • 質問されることを意識して書く
  • 具体的に書く

エントリーシートを書くコツは上記3点です。まずは「結論先行型」で書くようにしましょう。そうしておくと、自分が何を言おうとしているのかを読み手側が理解しやすくなります。

続いて、面接ではエントリーシートに記入されている内容をもとに担当者からの質問を受けることが多いです。そのため、「こういうことを質問されたい」ということを初めから意識して書くのも効果的です。

最後に、選考は読み手が就活生自身のことをまったく知らない状態からスタートします。そのため、情報は具体的に伝えることが重要です。その簡単な方法としては、「6W2H」を意識するということが挙げられます。6W2Hとは、When(いつ)、Where(どこで)、Who(誰が)、What(何)、Why(なぜ)、Whom(誰に)、How(どのように)、How much(いくら)の頭文字をとったものです。

選考書類の目的を理解して効果的にアピールしよう!

この記事では「エントリーシートと履歴書の違い」にフォーカスし、それぞれの特徴から見える相違点のほか、それぞれの書類を作成する際のコツをまとめてご紹介してきました。履歴書とエントリーシートは実は違う性質の書類であり、それぞれの特徴を押さえた書き方をすることが大切です。

履歴書は「過去~今の自分」、エントリーシートは「今~これからの自分」を書き入れるものだということをご紹介しました。両者の特徴を押さえ、それぞれに合った書き方をしていくことが大切です。

この記事で紹介した履歴書・エントリーシートの書き方のコツを踏まえ、完成度の高い履歴書・エントリーシートを作成してください。そしてその先の選考をクリアしていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ