身だしなみ

女性スーツのインナー着こなし術|季節に合わせた選び方も紹介

女性のスーツはインナーで印象が変わる

就職活動において、第一印象はとても大切です。第一印象が悪ければ、面接でいくら良い内容を話しても、面接官の胸に響かない可能性があるからです。身だしなみを整えることが、就職活動成功への第一歩ともいえます。では、身だしなみを整えるとはどういう事でしょうか。

1つ目は清潔感のあるきちんとした服装です。これは社会人として最低限のマナーとされています。汚れたスーツやしわだらけのインナーはNGです。

2つ目はTPOに合った服装です。女性の場合は、業界や企業に合わせスーツの下に着るインナーを使い分けると、面接で好印象を持ってもらえます。インナー選びのコツをつかんで、明日からのスーツの着こなしをワンランクアップさせましょう。

インナーの種類は大きく3つに分けられる

女性が就活や仕事でスーツを着るときは、どのようなインナーが合っているのでしょうか?女性のビジネス用インナーは大きく分けると3つに分類できます。そして自分が入社を希望している業界によって、そのインナーの選び方も変わってきます。就活の服装においてインナーは、顔のすぐ近くに位置しているため、面接官の目に入りやすいものです。そのため、面接官からの印象を大きく左右するアイテムともなり得るのです。

女性におすすめのビジネスインナーは主に、シャツ、ブラウス、カットソーに分けられます。ここではそれぞれの特徴と、おすすめのインナーも紹介ます。自分が実際に面接を受けることを想定しながら、見ていきましょう。

インナーの種類①:シャツ

最もビジネスの服装でスタンダードなインナーといえば「ビジネスシャツ」です。リクルート活動の定番で、きちんとした服装には一番ピッタリのインナーです。襟つきのシャツは業界でいうと金融や伝統のある企業など、真面目な印象を演出したい場合に合います。シャツの色は就活では白が一番望ましいです。

また、淡い目立たないパステル色であれば、色付きでも構いません。しかし、銀行などの金融はやはり白色が基本となり、就活生側の印象も高まります。清潔感や真面目さ、勤勉さを表すには白色がおすすめです。そして、柄に関しては無地を選択しましょう。

インナーの種類②:ブラウス

次におすすめしたいインナーのタイプは、女性ならではのブラウスです。生地のしなやかさと襟のデザイン、全体のシルエットが柔らかい印象を与えます。ブラウスはさまざまなデザインがあります。リクルートで使用できるブラウスは、襟付きのもの、襟なしのブラウス、タックの入ったデザイン、フリルが入ったブラウス、上着の隙間からギャザーが見えるデザインなど、多数のデザインがあります。

女性らしい優しい、柔らかな印象を相手に与えたいときにピッタリのインナーです。デザインがさまざまなので、自分に合うものを着るように工夫してみましょう。色は白が基本ですが、淡い色などもおすすめです。スーツとの相性や業界の特徴に合う色や形を選びたいところです。もし自分で決められないときは、スーツを扱うお店などでアドバイスを貰って購入してみましょう。

インナーの種類③:カットソー

女性用のスーツのインナーとしておすすめしたいものの3つ目は、カットソーです。カットソーというと普段の女性の服装を連想してしまいますが、シンプルなデザインで色に気を付ければ、充分に普段のビジネス用のインナーとして活用できます。但し、カットソーは襟がないインナーで、生地も綿やポリエステルなどのカジュアルなデザインですので、就活のときには比較的お固くない業界や、ITなどのベンチャー企業、本人の服装のセンスがPRできる業界、など限られてきます。

このようにインナーにカットソーを着用するときには、企業の特徴をよく研究してから選ぶようにしましょう。カットソーは日常的に女性が着るインナーとして活躍しますので、着回しができるというメリットがあります。また、シャツのようにシワやアイロンがけをする手間が省けて、気軽に洗濯ができます。たくさん揃えておくと便利な服の一つですね。

パンツかスカートかでも選ぶインナーは異なる

女性用のスーツのインナーは、合わせるスーツのタイプによっても変わってきます。パンツスタイルに合うものと、スカートの方が合うインナーがありますので、よく見極めて着こなすことが大切です。一般的にパンツスーツは動きがあって活発な印象を与えられるため、カットソーを合わせることでより元気の良い活発なムードを演出できるでしょう。また、スカートは大人っぽい印象や落ち着いた印象、エレガントな印象と万能なスーツと言えます。

面接を受ける企業ごとにインナーも使い分けしてみましょう。以前は女性が就活をするときは、圧倒的にスカートのスタイルが多かったのですが、最近はパンツスーツを選ぶ人が随分と増えてきています。このことからも、スーツがスカートタイプかパンツタイプかでは面接が不利になることはない現状といえます。自分に合うタイプや好みのタイプでどちらかを選ぶとよいでしょう。

女子学生必見の就活マニュアルをチェックしよう

就職先の選び方に悩んでいる女子就活生も多いのではないでしょうか。結婚・妊娠などのライフイベントやキャリアアップを考えると、特に慎重になりますよね。そこで活用したいのが女子学生必見の働きやすい会社の選び方マニュアルです。

女性が働きやすい企業の選び方や、先輩社会人が教える「こんな会社はやめておいた方がいい」という特集も収録しています。無料でダウンロードでき、企業研究をする際に注目したいポイントを多くご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

女性スーツのおすすめインナー

女性が就活や仕事をする上でスーツを着るときに、個性を出して自分らしさをアピールしていきたいと思う人もいるのではないでしょうか。ありきたりの真面目一辺倒の印象では、自分の良さが出ないと考えるかもしれません。そのようなときには、スーツはそのままのものでインナーでアレンジしてみると良いでしょう。

スーツは常に同じものでありきたりのデザインでも、インナーをアレンジすることで、かなりの印象の変化をもたらします。これまで女性におすすめのインナーとして、シャツ・ブラウス・カットソーの大きな分類をご紹介してきました。ここでは更に女性におすすめしたいタイプのインナーを見ていきましょう。

Vネックはよりキリッと感がでる

就活時に着用するインナーは、色ではあまり冒険をしない方が無難ですので、その形や質感・素材でアレンジしてみることもポイントとなります。中でもVネックのシャツやブラウスはおすすめしたいデザインの一つです。胸元がスッキリを見えて、縦に長く見せる効果も抜群です。

また、夏の暑い時期は汗をかいてもすぐにハンカチなどで拭き取り、爽やかに動くことができます。襟付きのスタンダードなシャツは、典型的なリクルートのインナーで街を歩くのが恥ずかしい!というような人でも、おしゃれに着こなすことが可能なインナーがVネックなのです。大人っぽい印象になり、パンツスーツにもぴったりのおすすめのインナーです。

ストライプシャツはカジュアルな印象も出せる

シャツのなかで、おすすめしたいタイプの一つが縦のストライプのシャツです。ストライプは男女ともにリクルートのみならず、普段のビジネスシーンにおいても大活躍間違いなしです。色はブルーやピンク、パープルの淡い色か白がおすすめです。ストライプは柄物の中でも、爽やかでカジュアルな印象も出すことができます。

また、スーツとのコーディネートを考えたときにも、シャツも無地だと寂しい印象にもなります。そのようなときにストライプのシャツは、無地のスーツにとても自然に合いますので1枚持っていると便利でしょう。注意したいのは、ストライプの柄が目立ち過ぎないタイプのものを選ぶことです。またストライプの一つ一つの幅が広くて大きな柄のものは目立ちすぎるため、あまりおすすめできません。

丸首のカットソーは女らしさが出る

丸襟のカットソーは、女性らしいフォルムで優しい印象を残すことができるます。スーツの襟元からのぞく丸いネックのラインが、固い印象にならずに柔らかなイメージを演出します。

このことから、就活のときに丸首のカットソーを着用したいところですが、丸首インナーはカジュアルすぎる印象のため、就活用としてはNGです。マナー違反にならないように、カットソーは面接以外の入社後の女性のスーツのインナーとして活用しましょう。動きやすく、シワも気にならないので、仕事をする場面にピッタリなのが丸首のカットソーです。

季節に合わせたインナー選び

春休みに書類やエントリーシートの受付が始まり、春から夏に掛けて面接のピークがやってくる就職活動。業種によっては秋や冬に選考があることもあり、一年を通してリクルートスーツを着られるように準備しておく必要があります。

リクルートスーツで暑さ・寒さを乗り切るためには、夏用スーツを着たり、アウターや下着で体温調節をしたりしなければなりません。加えて、季節によってインナーを使い分けることができれば、より良いコンディションで就職活動をすることができます。

春と秋のインナー

春と秋の季節の特徴は、時間や場所にかかわらず一日を通して気温が安定している点です。家を出るときに「快適だな」と思える、白の長袖のインナーを着るようにしましょう。

就職活動中は、一日でいくつもの企業を訪問することがあります。快適な気候の中でも、移動距離が多くなると汗をかいてしまう恐れがあります。また、面接などで緊張した場合も汗をかくことがあるでしょう。汗をかいたら透けてしまうようなインナーは、春秋でも避けたほうが良さそうです。また、上着を脱ぐことも考え、インナーにアイロンをかけることを忘れないでおきましょう。

夏と冬のインナー

暑い夏と寒い冬は、スーツで就職活動を行う学生にとって、洋服選びが難しくなる季節です。

夏はジャケットを着ると、汗まみれになってしまいます。移動中はもちろん、会社内でもジャケットを脱ぐことを考え、ノースリーブや半そでのインナーは避けましょう。汗じみやしわを防ぐため、速乾性のある生地や形状記憶で作られているシャツの利用がおすすめです。

冬だからといって、生地の厚いインナーを就職活動で着ることはやめましょう。冬の寒さは、アウターか下着で調節するべきです。寒々しい印象を与えないよう、襟元が開いたシャツやカットソーは避けたほうが無難です。

夏や冬だからといって、インナーを大きく変えることはできません。コートや下着などを上手に使って、いつでも爽やかに面接に臨めるよう準備してください。

インナー選びの注意点

就職活動での面接のときに、インナーを準備するときには、どのような点に注意して選択すえばよいのでしょうか。女性がスーツを着用するときには、インナーで大きく全体の印象が変わってきます。面接での自分のイメージを悪くしないために、注意しておくべき点があります。

この注意点をおさえたうえで、正しいインナーを選び、就職活動を実のあるものにしていきましょう。ここでは、インナーを選ぶときと着用するときの注意点をみていきたいと思います。

原色は職種によってマイナスイメージとなる

就活の面接・筆記試験などで企業を訪問するときに、気を付けたいことの一つは服装の色です。派手でビジネス上に不向きな原色を使った服装は、避けるべきでしょう。スーツが紺やグレーなどのシックな色合いだとしても、インナーが赤や黄色などの原色のカラーを身につけていったら、相手はどう感じるでしょうか?インパクトが強すぎることもあり、原色の服装はNGと言えます。

原色は華やかすぎる色で、どうしても周りの人の目も、気をとられてしまいます。白色以外の色ならば、紺色やベージュ、黒などの落ち着いた色合いにすべきです。もし面接で一人だけが原色のインナーを着ていった場合、とても目立つために印象に残るかもしれません。しかし採用担当者は「常識がない人だ」とのイメージをその人に持つ可能性もあるのです。

下着がインナーに透けないような対策も大切

面接の服装は細かいところにまで気を配り、きちんと目配りをしてチェックしてから、試験会場に足を運びましょう。特に季節で言えば、初夏や夏、梅雨の季節などジメジメとして厚いときには、汗をかきがちですので注意が必要です。この時期はスーツのインナーに汗がついて湿ってしまい、下着が透けて見える可能性も考えなければなりません。特に薄い生地を使用して作られたインナーを着用する際は、充分な注意が必要です。

自分の下着がインナーから透けて見えてしまうと、相手に不快な思いをさせてしまうので、配慮が必要となります。特に白色のインナーを着用するときは要注意です。中の下着はベージュなどの色にして、透けて見えないように気を使いましょう。

女性のスーツはインナーまで気を配ろう

就活では、服装マナーがあり、マナーから大きく外れると印象は下がります。特にインナーの着こなし方によって、だらしない人か、マナーをきちんと守る人かが明確に分かりますので気をつけましょう。

就活のインナーは、白いビジネスシャツが一般的です。多くの就活生が着用しており、業界を問わないので、迷ったらビジネスシャツを選びましょう。業界に応じた遊び心や気分転換で気分を変えたいときは、上記で紹介したブラウスやカットソー、ストライプのインナーにも目を向けてみてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ