面接対策

【就活のメガネの選び方】色や形を選ぶ基準や面接でNGなフレーム

かける眼鏡で第一印象は左右される!

当然ですが、メガネは顔にかけるものです。そのため面接官に何度も見られることになります。これは面接に大きな影響を与えることになります。眼鏡をかけているのとかけていないのとでは、第一印象が大きく変わってくるからです。そのため、かけるメガネに関してもこだわった方が良いでしょう。

では、就活でどんなメガネだと第一印象が良くなるのでしょうか。そのポイントを理解し押さえておかなければ、下手をすると印象が良くなるどころか悪くなる可能性さえ出て来るのです。メガネが理由でライバルに負けて後悔する羽目にはなりたくないでしょう。そんなことにならないよう、就活で印象が良くなる眼鏡を解説いたしますのでぜひ参考にしてみてください。

就活中のメガネとコンタクトそれぞれの利点

メガネをかける目的は基本的に視力の悪さをカバーすることです。これはコンタクトも同じです。そのため視力の悪さをカバーするだけであれば、就活ではメガネでもコンタクトでもどちらでも良いでしょう。

しかし就活生として自分の印象を良くするための演出を考えれば、どちらを選べば良いのかはなかなか難しい判断となります。メガネとコンタクト、どちらがより印象が良くなるのか、それぞれの利点について解説します。

メガネの利点

メガネをかける利点としては知的さ、真面目さなどを印象づけられます。例えばドラマや漫画などに出て来るキャラクターを思い出してみてください。そのキャラの描かれ方にもよる部分はありますが、メガネをしていると「知的」・「真面目」という印象をそのキャラクターに持つ人は多いでしょう。

現実の世界でも初対面の人が、服装も髪もきちんとしているだけではなくメガネもしていると、「知的だな」、「真面目そうだな」という印象を持つことはないでしょうか。また、誠実さという演出でも効果が期待できるのです。知的、真面目、誠実という印象を見た人に与えることは、就活では採用されやすくなります。こういった部分がメガネの利点と言えるでしょう。

コンタクトの利点

普段はメガネをしていても、場合によってはコンタクトを選んだ方が良い人もいます。これは、自分の顔にも左右されます。例えばメガネがあまり似合わない人ならコンタクトを選ぶことは十分理由になるでしょう。

もちろんメガネは真面目そうに見せられるなど利点は多いです。しかしかけることによって「暗い」と面接官に思われそうなのでしたらコンタクトを選んで損はありません。また、コンタクトは目元をすっきりさせるという利点もあります。

メガネといってもさまざまなデザインがあり、ある面接官には良い印象を与えたデザインであったとしても、違う人にはあまり好印象を与えられなかったということもありえます。しかしコンタクトは素顔と同じです。冒険より無難さを考えるならコンタクトにしても良いでしょう。

自分に合っているものをチョイス

就活のためにメガネを選ぶ時にはプライベートで使うものではないことを意識してください。そのためには、ビジネスの現場でも違和感の無い物を選ぶ必要があります。同時に、自分に合っているものを選ぶようにしましょう。また、忘れてはいけないポイントがあります。それはメガネがNGとなる職種もあるということです。なぜかと言えば、視力が悪いことが業務に支障をきたす可能性があるからです。

例えば、消防官や警察官、自衛官などは視力が一定以上必要となります。ただ、メガネやコンタクトレンズをしてある一定の視力があればOKという場合もあります。しかし、就活では面接官にあまり良い印象を与えない可能性があるのは否定できません。また、法務教官や刑務官なども、一定以上の裸眼視力が必要です。他にも美容関係の業界や接客業でも仕事をする上でメガネはかけてはいけないと言われる場合があります。

関連記事

【メガネで印象が変わる】ビジネスや就活で好印象が狙えるフレームの選び方【職種別】

面接官によい印象を与える眼鏡の特徴

就活でメガネをするのでしたら、印象が良くなるようにすることが基本でしょう。ただ、これまでメガネをあまりしていなかった人は、どうすれば印象が良くなるのか分からないものです。印象を良くするためにはどんなメガネを選べば良いのか、そのポイントを押さえてください。

基本は自分に合ったものを選ぶということです。流行もありますが、自分に合っていなければ印象は悪くなります。では就活でかけるメガネはどこをポイントにして選べば良いのか解説していきます。

①サイズが合うもの

基本中の基本は自分の顔に合ったサイズのメガネを選ぶことでしょう。まず抑えておきたいのが縦と横のサイズです。縦のサイズは眉からあごまでにかけて、1/3以内の長さにすることです。

このサイズだと顔に大きな変化をもたらさないと言われています。流行で、浅いものや深いものもありますが、就活という状況を考えると無難なものが良いでしょう。もしこれが極端なサイズになると、顔の輪郭についてバランスが乱れる可能性も出てきます。

また、横のサイズにも注意してください。顔の幅と同じか狭めのものを選ぶのが基本でしょう。もし顔の幅よりメガネフレームが広い場合、顔の輪郭についてバランスが崩れる、寄り目に見えるなどの可能性があるので、少し意識してみてください。

②顔の形に合うもの

メガネはフレームや色も多種多様で、同時に顔の形も人それぞれです。就活でメガネを使い好印象を面接官に与えたいのでしたら、自分の顔の形に合わせたフレームや色を選ぶ必要があります。

例えば、丸顔の場合には優しい印象と同時に幼い感じもあります。そのため縦幅が少なく、直線的なシャープなライン、あるいはスクエアタイプのメガネだと顔が引き締まった印象となるでしょう。

顔の形が逆三角形の方は引き締まって精悍なイメージがあります。しかし中には少しきつい印象も見受けられます。そのため丸型のレンズにすることで少し印象を和らげることができるのです。

顔が逆三角形の方はウエリントン型などのメガネも良いでしょう。一方で細長いタイプのメガネは冷たさを感じさせる可能性があるので注意してください。他にも、四角顔では太いフレームや丸みのあるボストン型などが似合いやすいです。このように自分の顔の形に合わせたメガネを選ぶようにしましょう。

③企業の雰囲気に合うもの

眼鏡を選ぶ際は、企業の雰囲気も加味するといいでしょう。例えば金融業などのお堅いとされる業種では、個性が強い眼鏡はいいイメージを抱かれません。自由な社風が売りの企業であれば、個性的な眼鏡の色や形をしていた場合、反対にいい印象を与えることも考えられます。

どのような企業にもマッチする眼鏡を選ぶには、ビジネスマンとしてふさわしいものを選ぶと間違いないでしょう。面接官の記憶に残るために個性的な眼鏡を選ぶという考え方もありますが、マイナスのイメージで覚えられても意味がありません。企業のイメージと合う眼鏡を選ぶといいでしょう。

関連記事

就活で好印象を与えるメガネの選び方4つ~面接に向かないNG色も紹介~

就活におすすめのメガネフレーム【男性編】

メガネも多種多様で多くのメーカーが出しています。その中で就活におすすめできるメガネフレームと言えば何処のどんなメガネなのでしょうか。メーカーが異なれば、シャープ型やウエリントンと同じ形だとしても少し違った印象になるものです。

同時に、就活ではファッション性より面接官に好印象を与えなければなりません。そのためには就活に合わせたメガネフレームを持ったメガネを選ぶ必要があります。就活生にオススメできるメガネフレームについて解説いたしますので参考にしてみてください。

①ダンヒル

ダンヒルは英国のブランドです。特にフォーマルアイテムは30~40代の男性に支持されています。ダンヒルはネクタイやタイピンなどが人気ですが、メガネフレームも多くの支持者がいます。

基本的にシンプルなデザインのものが多いのですが、同時にスタイリッシュさもあるのは魅力と言えるでしょう。クラッシック、あるいはモダンだとしても、どこかにきちんとした個性が輝いているのです。

英国のブランドらしい伝統と上品さがありますので、全体的に落ち着いた雰囲気を演出することができます。それはメガネフレームだけではなく、ネクタイにも見ることができます。そのためダンヒルのメガネフレームとネクタイを合わせるのもなかなか良いでしょう。英国紳士的な落ち着きを持って、面接に挑むことができます。

②JINS

JINSは就活生にはとてもとっつきやすいメガネフレームと言えます。何故かと言うと、その価格帯が非常に手頃だからです。ダンヒルはとても魅力的なメガネフレームを提案してくれていますが、ハイブランドのカテゴリに入るので少し価格帯が高めになっています。

しかしJINSはフレームやレンズ、ケースがセットになっていて、提示されている値札の価格で購入ができます。だからと言って素材や機能性が極端に劣っているわけでもありません。種類も非常に多いただけではなく店員さんはメガネ選びのプロですから、就活生に相応しくその人の顔の形に合ったメガネを提案してくれます。だからこそ就活生の強い味方と言えるでしょう。

就活におすすめのメガネフレーム【女性編】

多くの女性は就活だと言っても、ついついファッション性を取り入れたくなるものでしょう。しかし、やはりプライベートと就活はきちんと分けなければなりません。流行しているからと言って安易に選ぶと、採用されるものもしてもらえなくなる可能性さえあります。

ただ、就活用のメガネについてもファッション性はありながら、面接官にも好印象なメガネフレームを出しているメーカーはあるのです。就活をがんばる女性にオススメのメガネフレームについてご紹介します。

①MIUMIU

Miu Miuはプラダのセカンドラインとして発表されたブランドです。Miu Miuの特徴は清楚かつスタイリッシュなデザイン性であり、特に若い女性たちに支持されています。そんなMiu Miuのメガネフレームの魅力は、親ブランドのプラダの顔を潰さないそのクオリティーと言えるでしょう。

柔らかさと落ち着いた印象がありながら、遊び心も感じさせるデザインとなっています。フレームが大きめなものも多いので、小顔を意識する女性に良いでしょう。しかし気をつけたいのは、あくまで就活用ということです。あまりに大きなフレームを選ばないようにしてください。プライベート用のメガネと思われる可能性があるので、その点を注意してメガネフレームを選びましょう。

②JIMMY CHOO

JIMMY CHOOはマレーシア出身のデザイナーJIMMY CHOOと、ファッション雑誌の編集者だったタマラ・メロンが共同で設立したブランドです。クオリィティーの高さとデザイン性は評価が高いだけではなく高級感に溢れており、世界のセレブリティにも人気です。また、デザイナーのJIMMY CHOOは靴職人として腕を磨き多くの魅力ある靴を生み出しました。

メガネフレームは基本的にポピュラーな形のメガネフレームを出しています。就活だけれども、少しだけファッション性も意識をしたいなら検討する価値のあるメガネフレームと言えるでしょう。もちろん大前提としては就活であることを忘れないことです。

あまり奇抜なものや遊び用のメガネに思われないよう注意しながら、JIMMY CHOOのメガネを選んでみてください。

面接でメガネをかけるときの注意点

ここまで面接の場でメガネをかける利点、相応しいメガネの選び方について解説してきました。ここからは、メガネを面接でかける際の注意点について解説していきます。メガネは髪型や服装同様、第一印象を大きく左右するものです。「第一印象で多少マイナスを食らっても、そのあと挽回すれば大丈夫」と考える就活生もいるでしょう。

しかし面接時間は限られており、その中でアピールできる回数も限られています。そのため、第一印象でマイナスの評価を受けてしまうと、限られた面接時間の中で挽回することは非常に難しくなるのです。以下の注意点をしっかりと押さえておきましょう。

レンズの汚れはマイナスの印象を与える

面接でメガネをかける際は、レンズに汚れが付着していないか事前にチェックしましょう。「レンズの汚れなんて気付かれないだろう」と思う人もいるでしょうが、光が当たったときは特に手垢などが目立つことがあります。

汚れが付着したまま面接に臨んでしまうと、「細かいところへ気を回すのが苦手なのかな」と面接官に思われてしまう恐れもあります。細かいところにも配慮する気遣いが、清潔感を感じさせる秘訣です。メガネで面接に臨む際は、レンズの手入れを事前にしっかりと行い、綺麗な状態で面接に臨みましょう。

予備のメガネやコンタクトを用意する

メガネで面接に臨む際は、予備のメガネやコンタクトを用意しておきましょう。移動中に、何かの拍子に眼鏡を落としてしまう可能性も考えられます。最悪の場合、それによって壊してしまうこともありえます。そのようなときに、「メガネがなくてもある程度は見える」という人であれば、問題はないでしょう。

しかし「メガネがないと面接官の顔もよく見えない」という人は、そのまま面接を続けても面接に集中できない可能性が高いのです。集中力が欠けた状態で面接に臨んでも、いい結果を得ることは難しいでしょう。メガネが原因で集中力が途切れてしまうような事態は避けなければならないのです。メガネをかけて面接に臨む場合は、予備のメガネやコンタクトを用意して臨むようにしましょう。

赤などの派手な色のフレームは避ける

就活用のメガネを選ぶ際にはフレームの形はもちろんですが、カラーには特に注意をしてください。カラー次第ではプライベート用や遊びのためのメガネと面接官に思われる可能性があります。そうなると、社会性や一般常識がないと判断されます。

基本的に就活用のメガネはシンプルなカラーのフレームを選ぶようにしましょう。特に注意したいカラーは派手なものです。派手なカラーのメガネは主張が強すぎて、就活には向かないと考えた方がいいでしょう。

派手ではない黒縁だとしても、サイズが極端に大きなメガネには注意してください。そのようなメガネはファッション性が強いため、就活に向いていないと判断されます。メガネ屋さんの店員に「就活用のメガネ」ということを伝え、アドバイスを受けたり相談しながら決めていくと失敗のリスクを低くすることができます。

就活マナーについても知識を付けておく

メガネ以外にも、就活において守らなければならない服装マナーは多くあります。身だしなみに気を付けるということは、社会人としての基本です。入社後も服装マナーは守らなければならないものですので、就活生の身だしなみも面接などで評価されることになるのです。
就活の未来では、就活マナーマニュアルの資料を公開しています。身だしなみマナーはもちろん、就活の際に必要な持ち物などについても記載されています。メールや電話をするさいの言葉遣いについても知ることができるなど、就活生にとって役に立つ情報が満載です。無料の資料となっていますので、就活マナーについて効率よく知っておきたいという人にもおすすめといえるでしょう。

履歴書の写真におけるメガネの着用について

履歴書用の写真とは、証明写真の一種です。そうであれば、「履歴書用の写真でメガネ着用はOKか」という問題は、履歴書用の写真は証明写真のルールやマナーを通して考えるべきでしょう。履歴書写真におけるメガネ着用の問題は、実のところさまざまな見解があります。

しかし、履歴書写真の上位カテゴリである証明写真のルールに従うことで、少なくとも社会的な常識からの逸脱は回避できます。どんな就活のルールやマナーも、もとはこうした社会的な常識から形成されていますので、履歴書写真であっても同様に考えるとよいでしょう。

履歴書用写真はメガネでもOK

日中のほとんどすべてにおいてメガネを着用している人であれば、メガネ着用が普段の姿と感じている人は少なくありません。そうした人は証明写真でもメガネ着用で撮影したいものです。パスポートや運転免許証などの証明写真では、そうした人への配慮からメガネ着用で撮影することを禁じていません。

履歴書も証明写真の一種なので、同様に許されていると考えてよいでしょう。もちろん、レンズの反射が激しい、レンズに色が付いている、フレームが大きすぎるなど、本人証明を著しく困難にする場合にはメガネを外して撮影するのが望ましいとされます。しかし本人を証明できる範囲のメガネであれば、着用したままの撮影を制限されることはありません。

フレームやレンズの反射に注意

メガネ着用で履歴書写真を撮影する場合、本人を証明するための写真であるという点に注意しましょう。気を付けたいポイントは、フレームとレンズです。輪郭から大きくはみ出るようなフレームは控えましょう。大きいフレームは顔の輪郭線を不明瞭にするので、本人確認を困難にする場合があります。レンズは反射に気をつけることはもちろんですが、ブルーライトカット加工を施したものは着用を避けましょう。

ブルーライトカットレンズの中には、撮影すると茶色っぽく写ってしまうものがあるからです。また本人証明とは別に写真写りの面で注意したいのが、フレームの歪みです。正面から撮影する証明写真では、フレームの左右非対称な歪みが際立ちます。これは決して印象の良いものではありませんので、気を付けたいところです。

面接では写真と同じメガネを着用しよう

履歴書用の写真でメガネを着用して撮影したのであれば、そのとき使用したのと同じメガネで面接に行くことが望ましいです。違うメガネであっても、写真のものと大きく印象が変わらないものを選びましょう。面接において履歴書の写真は本人確認の利用を兼ねています。したがって、写真のメガネと大きく異なるものを着用することは本人確認を困難にする可能性が生じます。

もちろん違うメガネであっても、よく見てもらえば本人確認は可能です。しかし面接開始早々に、こうした一瞬の戸惑いを面接官に与えることは望ましくありません。第一印象でつまづかないためにも、面接でのメガネは履歴書の写真と同じものを選ぶのが無難です。

自分の魅力を最大限に引き出せるメガネを選ぼう

就活中で選ぶメガネに関しては、とにかく「自分の魅力を最大限に引き出せるメガネはどれなのか?」を意識してください。ただ、注意しないといけないのは「就活用のメガネを選んでいる」ということです。

メガネならなんでも良いわけではありません。就活用のメガネで感じさせるのは「知的」・「真面目」・「誠実さ」が基本です。女性の場合、ここに「可愛い」という要素を入れすぎると、就活にはふさわしくないメガネになってしまいます。

もちろん形についても同じです。可愛いからといって、奇抜さや極端に大きいものをしていけば面接官に良い印象を与えません。そのことを踏まえながら、無難で、なおかつ好印象を与えるメガネを選んでいきましょう。そうすることで、就活の成功が一歩近づくのです。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ