身だしなみ

【就活でストライプのスーツはOKなのか】与える印象と好印象な服装の選び方を徹底解説

就活生はストライプのスーツを着ていいのか

就職活動を本格的に始める際、多くの学生が頭を悩ませることの一つが「スーツ選び」でしょう。入学式や成人式でスーツを着たことがあるものの、どんなスーツが就活にふさわしいのかよくわからない、そんな人も多くいるはずです。

最近では、定番中の定番であった、黒の無地スーツでの就活が「没個性的」などという批判的な声もあり、売り場でも黒の無地以外を薦められることも珍しくありません。その代表的なスーツの一つにストライプのスーツがあります。しかし、本当にストライプのスーツでの就活に問題はないのでしょうか。

この記事では「就活生がストライプのスーツを着ること」について取り上げ、就活で選ぶべきスーツをお教えします。

就活のマナーを確認しよう

リュックに気を付けること以外にも、きちんとしたマナーを身に付けていないとマイナスの印象を与えてしまいかねません。マナーは身だしなみだけではなく、到着時間や荷物の取り扱いなど細かいところでも求められます。他の就活生がマナーを守る中、振る舞い方を知らないでいると慌てることになります。

そこでおすすめなのが「就活マナーマニュアル」です。こちらでは、就活で必須のマナーを詳しく紹介しています。無料でダウンロードできるため、マナーに自信がない就活生は手に入れておきましょう。

ストライプのスーツが与える印象

そもそも、ストライプのスーツとは、どのようなものを指すのでしょうか。わかりやすく言えば、縦縞模様が入った柄のスーツです。縦縞の太さや間隔幅によって随分受ける印象は変わりますが、一般的にはストライプには「スタイリッシュで知的に見せてくれる効果がある」と言われています。

そのため、大切な商談や交渉の場でストライプのスーツを選ぶビジネスマンや政治家は少なくありません。しかし、主張が強いと思われることもあり、上司の結婚式など、目上の人と接するときには不向きともされています。

会社説明会・面接での印象

それでは、会社説明会や面接など就活での着用はどうなのでしょうか。結論から言えば、男女を問わず基本的にはストライプのスーツは避けるべきでしょう。確かにストライプのスーツには、華やかで洗練された印象を与える効果が期待できます。しかし残念ながら、未だに日本での就職活動の現場においては「就活は黒の無地スーツで臨むべき」と考えている企業の採用担当者が多いのが実情です。

先述した「主張が強い」という印象が大きくなり、ストライプのスーツを着用していることによって「この人はマナーすらわきまえていない」と悪い評価につながってしまうことすらあるのです。

ただ、あくまでも「基本的には」です。「ストライプのスーツなんて」と絶対NGな業界がある一方で、OKの可能性がある業種も存在します。

ストライプのスーツがOKの可能性がある業種

中にはストライプのスーツがOKの可能性がある業種もあります。そのような業種から、代表的なものを紹介しましょう。

アパレル業界は、ファッションへの興味やセンスについても求められます。場合によってはストライプのスーツを着ていることで、その人の個性が評価される、ということもあるかもしれません。

広告代理店は、より良く見せられる能力について評価されます。広告の本質が、その商品の良さを引き出して表現することにあるからです。その意味では、ストライプのスーツを着て、洗練された印象を与えることは有効な方法とも言えます。

外資系企業は、一般的には成果主義を貫く企業が多く、スーツの柄や色についてはこだわらないという傾向があります。そもそも、黒の無地スーツでの就活は日本独自の慣習であるため、そういった慣習について企業文化がそぐわないということもあるでしょう。

好印象な就活用スーツの選び方

ストライプのスーツは、上記の業種を除けば避けた方が無難です。それでは、どのようなスーツであれば就活において好印象を得られるのでしょうか。

就活用のスーツは、決して高価なものやファッション性が高い必要はありません。面接官に不快感を与えないよう、清潔感があって身だしなみが整っていれば良いのです。そのような印象を与えられるようになるために、ここではオススメのスーツとその選び方について解説します。

色は黒やダークグレー・ネイビーなど

就活用のスーツの色としては、やはり黒が最も無難です。大きな合同説明会などの会場に行ってみれば、ほとんどの就活生が黒のスーツを着ていることに気付くはずです。黒以外の色であれば、ダークグレーやネイビーなどでしたら問題ありません。

と言うのは、今の管理職世代が就活をしていた頃は、実は黒のスーツは少数派で、ほとんどの就活生がダークグレーやネイビーを着ていたのです。そのため、むしろダークグレーやネイビーのスーツに好感を抱く、という面接官も少なくはありません。いつ頃から黒が主流になってきたのかは定かではありませんが、現在の就活において、黒・ダークグレー・ネイビーの3色であれば、悪い印象を持たれることはないでしょう。

柄は無地が無難

スーツの柄と言えば、ストライプ以外にもいろいろな柄が存在するのをご存知でしょうか。チェックや千鳥格子、ヘリンボーンなど、売り場に足を運んでみるとトレンドにも合わせて多種多様な柄のスーツが売られています。

しかし、いずれの柄についてもストライプ同様、就活では避けた方が良いでしょう。柄に関しては、無地のものを選ぶべきです。また、一見、無地に見えるシャドーストライプなども、無地のスーツばかりの就活の現場では目立ってしまいますので注意が必要です。

先に述べた通り、黒・ダークグレー・ネイビーのスーツで、無地のものであれば無難な選択です。柄で必要以上に目立ってしまうことなく、体型に合ったスーツを選ぶようにしましょう。

ジャケットのボタンは2つか3つ

ボタンの数については、特にルールはありません。売り場に目にする多くのスーツは2つボタンか3つボタンですので、そのどちらかであれば全く問題ないでしょう。体型や好みに合うものを、売り場のスタッフと相談して決めてみても良いかもしれません。

一般的には3つボタンのスーツは細身な人に向いており、2つボタンのスーツは体型を問わず着られると言われています。いずれの場合においても、一番下のボタンは外すのがルールですので、うっかりはめてしまわないよう、注意が必要です。

また、1つボタンや4つボタンのスーツも存在します。これらは就活には全く向いていませんので、絶対に着用しないようにしてください。1つボタンの多くはタキシードや喪服など正装として着用されるものです。4つボタンはファッション性が高いものに見られます。

ストライプのシャツはOK?

ここまで、スーツの柄と色味、ボタンについて見てきました。黒やダークグレー、ネイビーの無地がスーツとしては無難ということは既に述べましたので、どのようなスーツを選ぶべきかは具体的にイメージができたでしょう。

しかし、選ぶ必要があるのはスーツだけではありません。スーツの下に着るシャツにも、いろいろな柄や色味、種類があり、就活にふさわしいものとそうでないものがあります。果たして、ストライプのシャツはOKなのでしょうか。

ストライプのシャツも避けた方が無難

結論から申し上げると、ストライプのシャツも避けた方が無難です。理由はスーツと同様、面接官の多くは白シャツで就活に臨むべきと考えており、多くの就活生が白シャツを着用している中でのストライプのシャツは、非常に目立ってしまうからです。

ですが、これもスーツ同様、業界や職種によっては問題にならない可能性があります。ベンチャー企業やアパレル、マスコミ、広告関係などです。こういった会社の面接等でストライプのシャツを着ていきたい、という場合は事前にしっかりとその会社の服装に対する考え方について情報を集めておくべきでしょう。

ただ、ほとんどの会社において白シャツを着ていくことで不利になることは、先ずありません。よほどストライプのシャツを着ていきたい方でなければ、白シャツの着用をお勧めします。

シャツ選びの基本

先述した通り、シャツを選ぶ際には基本的には白シャツを選ぶべきですが、白シャツであれば何でも良いのかと言えばそうではありません。レギュラーカラー、ワイドカラー、ショートカラー、ホリゾンタル、ボタンダウンなど、シャツは襟の違いによっていくつかの種類があり、就活に相応しくないものが存在します。

よく就活生が間違って着用してしまいがちなのが、ボタンダウンです。襟の先端をボタンで留めているシャツのことで、ビジネスシーンではカジュアルなシャツとしてみなされます。就活の場ではマナー違反と考えられることもありますので、ご注意ください。

シャツの種類としては、レギュラーカラーを選んでおけば間違いないでしょう。選ぶ際にも、きちんと自分のサイズを採寸した上で、体型に合ったシャツを選んでください。

就活中にストライプスーツは着ない方がいい!

面接は、面接官とのコミュニケーションの場です。面接を通して内面を評価してもらう上で、実は、外見の身なりを整えることは非常に重要なポイントだと言えます。面接官も人である以上、第一印象で相手に対する感じ方や考え方は大きく左右されるからです。

この記事では、就活中のスーツ選びについて取り上げました。結論として、ストライプのスーツは就活中には着用すべきではないでしょう。また、スーツの中に着るシャツも同様に、ストライプはもちろん、色味の付いたシャツについても避けるべきです。

周りと同じスーツを着ているからと言って、決してあなたの個性が失われることはありません。むしろ、周りと合わせられることで初めて、あなたの個性についてきちんとフォーカスされることだってあるのです。記事に挙げたポイントをおさえた上で、就活に臨んでください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ