職種研究

大学講師の平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

大学講師とは

大学講師とは、大学の授業において講義や授業を行う職種のことを指します。大学の場合、講師は教授や准教授に次ぐポジションとして位置づけされています。

大学講師になるには、博士号を取得して大学に就職したのち、まずは助手となって知識をつけていく必要があります。大学講師には常勤と非常勤の講師がおり、常勤の講師は「専任講師」や「常勤講師」と呼ばれ、非常勤講師は「専任講師」や「委託講師」と呼ばれることもあります。

そんな大学講師の平均年収やボーナス事情などについて見ていきましょう。

大学3年生のうちに、あなたが受けないほうがいい業界をチェックしよう

就活では、自分が適性のある業界を選ぶことが大切です。向いていない業界に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、志望業界と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My analyticsで強み・弱みを理解し、自分がどんな業界に適性があるのか診断してみましょう。

大学講師の種類について

  • 常勤講師
  • 非常勤講師

大学講師は、常勤講師と非常勤講師の二つに大別されます。常勤講師と非常勤講師の違いは、常に大学に在籍しているか否かだけではなく、大学教授に昇格できるかどうかの差もあります。大学教授を目指すならば、常勤講師に就いて知識や経験を積む必要があります。一方、非常勤講師は自身の受け持つ講義があるときのみ出勤します。大学に雇われている職員とは違い、他の大学でもかけもちをして講師の仕事をしているケースが多いです。

大学講師の業務内容

常勤講師は、授業を行うことはもちろん、会議の出席や管理業務も行います。また、教育や研究の事情によって、直接教授の職務を助けることもあります。また、自分の担当する専門分野の研究や、学生の管理に関する業務を担当するケースもあります。

非常勤講師の勤務は基本的に授業のみとなります。また、常任講師とは違い、大学での研究や会議などの仕事は行いません。業務の中心は授業ですが、試験に向けた問題作成や採点作業、専門分野の研究などを行うこともあります。

大学講師に求められる能力について

  • 専門知識と研究スキル
  • 教材や教授法の知識
  • コミュニケーション能力

大学講師には、担当する分野の専門知識はもちろん、研究スキルも必要です。大学講師は、学生に指導を行うだけでなく、文献調査や実験をはじめ、学会への参加や発表、論文製作や専門書の執筆などにも携わります。そのため、データの評価能力などの研究スキルも重要です。

また、授業での指導方法を模索したり、学生のレベルに合わせた教材を選んだりするために、教材や教授法に関する知識もあるとよいでしょう。

生徒とのコミュニケーション能力も重要です。生徒の能力や理解力には、個人差があります。それを考慮して、すべての学生にとって分かりやすい言葉で説明するための言語スキルや対人スキルが必要です。また、学生の質問や相談に真摯に対応できる誠実さも求められます。

大学講師の平均年収と他職種との比較

大学講師の平均年収について

厚生労働省の調査によると、大学講師の平均年収は683万円で、平均年齢は43歳です。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  • 大学教授:1,069万円
  • 大学准教授:848万円

平均年収を大学講師と日本の平均422万円と比較すると、261万円ほど高いです。また、厚生労働省によると大学教授の初任給は1,069万円、大学准教授は848万円となっており、大学講師の平均年収は大学教授や大学准教授よりも低い水準にあります。

大学講師のボーナス・昇給事情

ボーナスについて

厚生労働省の調査によると、大学講師の平均ボーナス額は年間で141万円です。

昇給について

大学講師の昇給に関する詳しいデータはありません。ただし、大学によってある・ないとも断言できないため、所属先によって事情は異なります。

大学講師の年齢別平均年収推移シミュレーション

大学講師の年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 426.5万円 29.3万円 75.4万円
25~29歳 555.6万円 38.1万円 98.2万円
30~34歳 640.1万円 43.9万円 113.1万円
35~39歳 701.4万円 48.1万円 123.9万円
40~44歳 756.0万円 51.9万円 133.6万円
45~49歳 799.2万円 54.8万円 141.2万円
50~54歳 832.6万円 57.1万円 147.1万円
55~59歳 820.5万円 56.3万円 145.0万円
60~64歳 615.1万円 42.2万円 108.7万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30代前半での平均年収は640万円、うちボーナスは113万円になると予測されます。40代前半では平均年収が756万円、うちボーナスは133万円になると予測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

大学講師と日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 大学講師の平均年収 日本の平均年収
20~24歳 426.5万円 263.5万円
25~29歳 555.6万円 343.3万円
30~34歳 640.1万円 395.5万円
35~39歳 701.4万円 433.4万円
40~44歳 756.0万円 467.1万円
45~49歳 799.2万円 493.8万円
50~54歳 832.6万円 514.4万円
55~59歳 820.5万円 507.0万円
60~64歳 615.1万円 380.1万円

大学講師の平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると高い言えるでしょう。

20代前半においても163万円の差がついており、最も差が大きい50代前半では日本の平均よりも318万円高くなると予測されます。40代前半では、756万円の予測です。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

大学3年生のうちに、あなたが受けないほうがいい業界をチェックしよう

就活では、自分が適性のある業界を選ぶことが大切です。向いていない業界に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、志望業界と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My analyticsで強み・弱みを理解し、自分がどんな業界に適性があるのか診断してみましょう。

大学講師の生涯賃金シミュレーション

大学講師の平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 3.07億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金と事務職の生涯賃金を比較してみましょう。大学講師の平均年収は683万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

大学講師の生涯賃金は、3.07億円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較すると1.17億円ほど多いと推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

まとめ

大学での教育には欠かせない大切な職種である大学講師。専門的な知識や教えるスキルなど、様々な能力が求められますが、そのぶんやりがいも大きいといえるでしょう。平均年収も日本の平均を上回ると見られており、魅力的な職種のひとつであると言えそうです。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ