職種研究

漫画家アシスタントの平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

漫画家アシスタントとは

漫画家のアシスタントはその名のとおり、漫画家のアシスタント業務のことです。近年ではアシスタントの業務内容がアニメや漫画、ラノベ、ドラマなどで話題に取り上げられていることがよくあり、漫画家のアシスタント業務について知る機会が多くなりました。

多くの漫画家はアシスタントで下積みを経て、プロの漫画家を目指している場合が多いです。ワンピースの漫画家、尾田栄一郎さんもその1人として知られています。そんな漫画家アシスタントですが、業務内容や平均年収、平均月給、平均ボーナス、生涯賃金はどれくらいでしょうか予測してみました。

漫画家アシスタントの業務内容

漫画家という職業は分業で、著名なプロの漫画家には多くのアシスタントが在籍しています。漫画家アシスタントの業務内容は、週刊誌や月刊誌で連載中の漫画家のアシスタント業務を一般的としています。

基本的には画力が高い人なら背景やメインキャラの作画、小物系の作画、服の柄の作画、モブキャラの作画、ペン入れといった重要な業務を漫画家から任せられることもあります。中にはネームネタの情報収集等をおこなわせる漫画家もいるようです。

画力が低いの場合は、消しゴムかけやホワイトによる修正、スクリーントーンの切り貼り、ベタ塗りや効果線の作画といった補助作業を任せられます。デジタルの場合は、パソコンのイラストソフトを使ってデザインをおこなうところもあります。当然画力によって、アシスタント料も変わってきます。

基本的にはフリーランス形態ですので、漫画家によっては時間の拘束が厳しかったり、仕事がなかったりという場合も多いでしょう。また、プロアシスタントで生活しようと考えいている人は珍しく、一般的にアシスタントはプロの漫画家になるための下積みとしてアシスタントをしている人が多いようです。

週刊雑誌の編集部や月刊雑誌の編集部などでは、持ち込みにきた漫画家志望者で画力があり、プロの漫画家を目指す人に対して、アシスタントの仕事を紹介する場合が多いようです。

漫画家アシスタントに求められる能力について

  • 背景や効果線を描けるぐらいの画力
  • イラスト作成ソフトの基礎知識
  • コミュニケーション能力

画力は、漫画家アシスタントに最も必要な能力です。特に背景や効果線、服のデザイン、装飾等を描けるほどの画力があると良いでしょう。漫画家は背景や服のデザインを描くのが苦手な人が多く、ほとんどキャラにだけ専念していたりする場合も多いです。背景や服のデザインを描ける人は、特に重宝されます。

また、イラストソフトを基礎レベルで使える技量が求められます。これは必須というわけではありませんが、デジタル漫画家の場合、イラスト作成ソフトを使って描いている場合が多いので、漫画家さんが使用されているソフトを使える知識は必要です。一般的に認知されているクリップスタジオ、sai、firealpaca、photoshopのようなソフトの基礎情報は、知っておいたほうがいいでしょう。効果線、集中線、漫画におけるコマのデザイン等、イラストソフトを使って表現できる技量が求められます。

コミュニケーション能力も、漫画家アシスタントには求められます。アシスタントの作業場は雇い主の漫画家の作業場兼、自宅となっている場合が多く、閉鎖的な空間です。その中で一緒に働いている、仲間のアシスタントや漫画家さんたちと上手くコミュニケーションを取る必要があり、配慮が足りないと当然トラブルをおこしかねません。特に漫画家さんとのコミュニケーションは、今後の進退問題にもかかわってくるでしょう。どんな仕事においても、人間関係が重要なのは当然のことです。

漫画家アシスタントの平均年収と他職種との比較

漫画家アシスタントの平均年収について

漫画家アシスタントの平均年収の公開情報はありませんでしたが、アシスタント料の最低金額が日給8,000円だった場合で考えてみると、年収はおよそ220万円ほどになると考えられます。漫画家アシスタントの給料は月給制もしくは日給制になっていて、月給は約18万円が一般的といわれているようです。

一般的に、人気漫画家に雇われているアシスタントの場合は、年収が高くなります。あとは、本人の画力や描くスピードによる技量の差で、大きく年収の幅が広がります。平均年収は、人によって200万円~600万円程の差が出るでしょう。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  • イラストレーター:309万円
  • 漫画家:420万円(原稿料のみ)

日本の平均年収は422万円です。類似職のイラストレーターの年収は約309万円で、漫画家の平均年収は原稿料のみの場合約420万円となっています。アシスタントの年収の幅は200万円~600万円です。単行本による印税を加えると、売れっ子漫画家と売れてない漫画では、数千万円~数億円単位の差が出るようです。

アシスタントの平均年収は、日本の平均年収や類似職のイラストレーターの平均年収と比べると高い、低いとも一概には言えません。本人の技量や画力で平均年収も高くなるようです。

漫画家アシスタントのボーナス・昇給事情

ボーナスについて

漫画家アシスタントというのはフリーランス形態になりますので、ボーナスや昇給は基本ないと考えていいでしょう。したがって、専属の漫画アシスタントの場合は支給される可能性もありますが、人によって千差万別です。漫画家さん次第では多少のボーナスはあるかもしれません。しかし、あくまでそれは漫画家さん個人からのボーナスとなるでしょう。

昇給について

こちらもボーナスと同様ですが、昇給はない場合が多いといえるでしょう。ただ画力の高い人や仕事が出来る人には、技術料が加算されたりすることがあるようです。本人の技術や雇い主によって、昇給があるかないかは断定できません。

漫画家アシスタントの年齢別平均年収推移シミュレーション

漫画家アシスタントの平均年収を5歳刻みでシミュレーション算出しました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているのでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 137.4万円 9.4万円 24.3万円
25~29歳 179.0万円 12.3万円 31.6万円
30~34歳 206.2万円 14.1万円 36.4万円
35~39歳 225.9万円 15.5万円 39.9万円
40~44歳 243.5万円 16.7万円 43.0万円
45~49歳 257.4万円 17.7万円 45.5万円
50~54歳 268.2万円 18.4万円 47.4万円
55~59歳 264.3万円 18.1万円 46.7万円
60~64歳 198.1万円 13.6万円 35.0万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は約206万円、うちボーナスは約36万円になると予測されます。40~44歳では平均年収が約243万円、うちボーナスは約43万円になると予測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

漫画家アシスタントと日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 漫画家アシスタントの平均年収 日本の平均年収
20~24歳 137.4万円 263.5万円
25~29歳 179.0万円 343.3万円
30~34歳 206.2万円 395.5万円
35~39歳 225.9万円 433.4万円
40~44歳 243.5万円 467.1万円
45~49歳 257.4万円 493.8万円
50~54歳 268.2万円 514.4万円
55~59歳 264.3万円 507.0万円
60~64歳 198.1万円 380.1万円

漫画家アシスタントの平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると低いといえるでしょう。30~34歳の平均年収は約206万円で、日本の平均と比較すると約215万円ほど高くなると推測されます。40~44歳では約243万円の予測です。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

漫画家アシスタントの生涯賃金シミュレーション

漫画家アシスタントの平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 0.99億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金と漫画家アシスタントの生涯賃金を比較してみましょう。漫画家アシスタントの平均年収は220万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

漫画家アシスタントと日本の生涯賃金を比べてみると、漫画家アシスタントの生涯賃金は9,900万円、日本の平均生涯賃金は1億9,000万円になるという予測になりました。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

まとめ

漫画家アシスタントの年収は、技量やアシスタントを担当している漫画家さん次第でより大きく変わるようです。アルバイト感覚で月給が7~10万円の場合もあれば、プロアシスタントで40万円稼ぐ人もいる業界です。漫画家アシスタントは漫画家になるための下積みという面が強くアシスタントだけで生活している人も少ないと言えるでしょう。大体はアルバイトを掛け持ちしながら新人戦の応募をしたりと漫画家になるために割り切ってる人が多いのが現状です。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ