職種研究

歯科衛生士の平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

歯科衛生士とは

歯科衛生士とは、患者に対して歯科予防処置や保健指導、診療補助などの業務をおこなう専門職です。歯科衛生士になるには、歯科衛生法に基づいた国家資格である「歯科衛生士」を取得する必要があります。また、歯科助手は資格を有さない職業で、受付事務や雑務を担当する職種のことで、歯科衛生士とは異なります

。歯科衛生士は、歯科診療所や病院での勤務が中心ですが、保育所や学校、保健所などへ出向き、歯の健康づくりや虫歯予防の指導をおこなうこともあります。歯科医院だけでなく、幅広い現場で活躍している歯科衛生士。その年収やボーナス水準とは、どのようになっているのでしょうか。

歯科衛生士の業務内容

歯科衛生士の業務内容は、歯科予防処置、歯科診察の補助、歯科保健指導の三つに大別されます。

歯科予防処置では、歯石や歯垢などの汚れを取り除いたり、歯や口腔内の疾患を予防するためのフッ素などの薬物の塗装を行います。

また、歯科診察の補助もおこないます。歯科診察の際に、歯科医師の指示を受けて医師に医療器具を手渡したり、治療の一部を担当することもあります。また、患者に安心して治療を受けてもらうために、患者とコミュニケーションを図ることも、歯科衛生士の役割の一つです。

さらに、虫歯の予防のために、患者に対して歯磨きなどの歯口洗浄法指導をおこないます。幼児から高齢者、また健康な人から障害のある人まで、様々な人を対象に歯科指導をおこない、生活習慣の改善やセルフケアのスキルアップを支援します。また、要介護者に対して訪問口腔ケアをすることもあります。さらに、食べ物の食べ方や噛み方などに関する指導や、高齢者に対する摂食・嚥下機能訓練も行っています。

歯科衛生士に求められる能力について

  • 清潔感
  • 手先の器用さ
  • コミュニケーション能力

歯科衛生士は、患者の歯に触れる仕事なので、自身の身だしなみを整え、清潔感を保つことが大切です。また、医療機関では、院内感染を防ぐために、常に清潔な環境を整えなければいけません。手先の消毒や器具の滅菌など、徹底した衛生管理をおこなうことが重要です。

また、歯科衛生士は、歯石や歯垢を取るような細かい作業をするため、細かい作業が得意で手先の器用な人が向いています。

歯科衛生士は、幼児から老人まで、様々な患者と接する仕事です。幅広い年代の患者に笑顔で対応し、患者がリラックスして治療を受けられるようなコミュニケーション能力は必須です。歯磨き指導をする際も、分かりやすい指導や、患者のやる気を引き出すような声掛けができる人材が求められます。

大学3年生のうちに、あなたが受けないほうがいい職業をチェックしよう

就活では、自分が適性のある職業を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My analyticsで強み・弱みを理解し、自分がどんな職業に適性があるのか診断してみましょう。

歯科衛生士の平均年収と他職種との比較

歯科衛生士の平均年収について

厚生労働省によると、歯科衛生士の平均年収は352万円です。平均年齢は34歳です。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  • 看護補助者:294万円

日本の平均年収422万円と比較すると、歯科衛生士の平均年収は低いです。類似職種と比較すると、厚生労働省による看護補助者の平均年収は294万円で、歯科衛生士のほうが高い金額となっています。

歯科衛生士のボーナス・昇給事情

ボーナスについて

厚生労働省によると、歯科衛生士のボーナスは40万円です。年に何回支給されるかは、委員によって異なるでしょう。また、ボーナスの支給があるかないかは断定することができません。

昇給について

歯科衛生士の昇給は、ほとんどの医院において年に1回あるようです。支給額の決めかたは、院長や理事長などが色々な点を考慮して決めたり、特定の評価制度に当てはめて決定するなど、医院によっても異なります。

歯科衛生士の年齢別平均年収推移シミュレーション

事務職の年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 219.8万円 15.1万円 38.8万円
25~29歳 286.3万円 19.6万円 50.6万円
30~34歳 329.9万円 22.6万円 58.3万円
35~39歳 361.5万円 24.8万円 63.9万円
40~44歳 389.6万円 26.7万円 68.8万円
45~49歳 411.9万円 28.3万円 72.8万円
50~54歳 429.1万円 29.4万円 75.8万円
55~59歳 422.9万円 29.0万円 74.7万円
60~64歳 317.0万円 21.8万円 56.0万円

歯科衛生士と日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 歯科衛生士の平均年収 日本の平均年収
20~24歳 219.8万円 263.5万円
25~29歳 286.3万円 343.3万円
30~34歳 329.9万円 395.5万円
35~39歳 361.5万円 433.4万円
40~44歳 389.6万円 467.1万円
45~49歳 411.9万円 493.8万円
50~54歳 429.1万円 514.4万円
55~59歳 422.9万円 507.0万円
60~64歳 317.0万円 380.1万円

歯科衛生士の平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると低いです。30~34歳の平均年収は329万円で、日本の平均と比較すると66万円ほど低くなると推測されます。40~44歳では389万円の予測です。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

歯科衛生士の生涯賃金シミュレーション

歯科衛生士の平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 1.58億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金と歯科衛生士の生涯賃金を比較してみましょう。歯科衛生士の平均年収は352万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

歯科衛生士の生涯賃金は、1.58億円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較すると3,200万円ほど低いと推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

まとめ

歯科衛生士は、結婚や出産の後でもライフスタイルに合わせて働きやすいという点で、女性に人気の職業です。個人の歯科医院に就職するケースが多く、保健所や歯科大学付属病院に勤める人もいます。そのほかにも、学校や福祉施設での歯科指導など、活躍の場はたくさんあります。また、高齢化社会を受けて在宅診療が始まったことにより、歯科衛生士の需要はますます高まるといわれています。

歯科衛生士の年収水準は日本の平均と比較すると低いですが、長く働きやすく、需要も高い職業です。今後さらに活躍が期待される職種といえるでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ