職種研究

スポーツインストラクターの平均年収・ボーナス事情│比較シミュレーションで比べてみよう

スポーツインストラクターとは

スポーツインストラクターは、主にトレーニングジムやフィットネスクラブでトレーニングの指導や練習メニューの作成をおこなう仕事です。エアロビクス、スイミング、ヨガなど多くの分野があり、それぞれの技能と知識が必要とされます。

昨今では、高齢化社会における健康志向の上昇により、生活習慣や食事の改善指導をおこなうインストラクターも増えています。

スポーツインストラクターの種類

  • トレーニングジムのインストラクター
  • フィットネスクラブのインストラクター
  • エアロビクスのインストラクター
  • スイミングのインストラクター
  • ヨガのインストラクター

スポーツインストラクターの業務内容

トレーニングジムのインストラクターは、筋力トレーニングの指導をおこなう仕事です。トレーニングマシンの使い方や、効率の良いトレーニング方法の指導をおこないます。

フィットネスクラブのインストラクターは、健康維持のためのトレーニング方法を指導する仕事です。主に有酸素運動や柔軟体操の指導をおこないます。

エアロビクスのインストラクターは、ダイエットを主とした健康トレーニングを指導する仕事です。ダンスのような音楽に合わせた有酸素運動を指導します。

スイミングのインストラクターは、水泳の指導をおこなう仕事です。競技指導の他、ダイエットやリハビリ指導をおこなう仕事もあります。

ヨガのインストラクターは、主に美容と健康を目的としたトレーニングを指導する仕事です。ストレス解消にも効果がある独特の呼吸法やポーズを指導します。

  • 各分野の技能と知識
  • コミュニケーション能力
  • 体力

スポーツインストラクターになるには、その分野の技能と知識が必要になります。お手本を見せられるだけの高い技能と、初心者でも理解できる説明をおこなえることが重要です。

また、指導者とはいえお客様を相手にする仕事なので、コミュニケーション能力も必須です。指導がわかりやすい、インストラクターの教え方がうまいと評判になれば、その文お客様も増えていくでしょう。お客様からの人気によって、収入が変わってくるケースもあるようです。

また、スポーツなので体力が必要なことは言うまでもありません。1日体を動かし続けることになりますので、それなりの体作りが必要です。また、インストラクターなのに体力がないとなると、ちゃんとした技能があるのか疑われてしまう可能性もあるでしょう。

スポーツインストラクターの平均年収と他職種との比較

スポーツインストラクターの平均年収について

スポーツインストラクターの平均年収について正確な情報はありませんでしたが、DODAによると、スポーツ・ヘルス関連の平均年収は354万円程度です。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収 422万円
  • 体育教師 689万円
  • スポーツトレーナー 570万円

スポーツインストラクターの平均年収は日本の平均年収と比較して、68万円ほど低いようです。また、類似職の体育教師とは335万円、スポーツトレーナーとは216万円の差があることから考えても、スポーツインストラクターの平均年収は高いものではないことがうかがえます。

スポーツインストラクターのボーナス・昇給事情

ボーナスについて

スポーツインストラクターのボーナスの有無については、企業によって差があります。年2回の賞与があることもあれば、事情によってないこともあるなど、ボーナス事情には差があります。

昇給について

スポーツインストラクターの昇給についても、企業によって事情が異なります。定期的な昇給制度を整備している企業もあるようですが、専門的な資格を取得したり、インストラクターとして人気が出た場合に昇給することもあるようです。

また、事情によっては昇給がない場合もあるので、一概にあるなしを断定できるわけではありません。

スポーツインストラクターの年齢別平均年収推移シミュレーション

事務職の年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 221.1万円 15.2万円 39.1万円
25~29歳 288.0万円 19.8万円 50.9万円
30~34歳 331.7万円 22.8万円 58.6万円
35~39歳 363.6万円 24.9万円 64.2万円
40~44歳 391.8万円 26.9万円 69.2万円
45~49歳 414.2万円 28.4万円 73.2万円
50~54歳 431.5万円 29.6万円 76.2万円
55~59歳 425.3万円 29.2万円 75.1万円
60~64歳 318.8万円 21.9万円 56.3万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は331.7万円、うちボーナスは58.6万円になると予測されます。40~44歳では平均年収が391.8万円、うちボーナスは69.2万円になると予測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

スポーツインストラクターと日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション


年齢 スポーツインストラクターの平均年収 日本の平均年収
20~24歳 221.1万円 263.5万円
25~29歳 288.0万円 343.3万円
30~34歳 331.7万円 395.5万円
35~39歳 363.6万円 433.4万円
40~44歳 391.8万円 467.1万円
45~49歳 414.2万円 493.8万円
50~54歳 431.5万円 514.4万円
55~59歳 425.3万円 507.0万円
60~64歳 318.8万円 380.1万円

スポーツインストラクターの平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると低いといえるでしょう。30~34歳の平均年収は331.7万円で、日本の平均と比較すると63.8万円ほど低くなると推測されます。40~44歳では75.3万円ほど低くなる予測です。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

スポーツインストラクターの生涯賃金シミュレーション

スポーツインストラクターの平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 1.59億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金とスポーツインストラクターの生涯賃金を比較してみましょう。スポーツインストラクターの平均年収は354万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が上記の表です。

スポーツインストラクターの生涯賃金は、1億5,900円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較すると3,100万円ほど低いと推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

まとめ

スポーツインストラクターは、学歴よりもスポーツの能力や経験が重要視されることが多い仕事です。特別な資格も必要ありません。年収が高いとはいえないものの、スポーツが得意な人にはとてもやりがいのある仕事といえるでしょう。

ただし、職種によっては非常に高い技術や体力を要求されることもあり、40代以降は続けることができず転職を余儀なくされるケースもあるようなので、注意が必要です。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ