職種研究

不動産営業の平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

不動産営業とは

賃貸マンションや分譲マンション、一軒家の賃貸や売買に関わるのが、不動産営業の仕事です。営業職ということで体力的に大変な部分もありますが、不動産業界になくてはならない存在だといえます。そんな不動産営業の仕事内容や平均年収などについて見ていきましょう。

不動産営業の種類について

  • 賃貸の営業
  • 建物売買の営業
  • 土地売買の営業

不動産営業は主に、賃貸の営業、建物売買の営業、土地売買の営業に分けられます。

不動産営業の業務内容

賃貸の不動産営業では、最初に顧客が探している物件の条件と予算を聞きます。そして顧客の希望に合った物件を紹介し、家主や管理会社との連絡を行います。契約書の作成も仕事のうちに含まれます。

建物売買の不動産営業は、建物を売りたい顧客との商談や、物件を売るための外回り営業などを行います。

土地売買の不動産営業の場合、その仕事内容は建物売買の営業とほぼ同じで、建物の代わりに土地を扱います。

不動産営業に求められる能力について

  • ヒアリング力
  • 諦めない精神力

土地売買の営業には、ヒアリング力が求められます。顧客の中には物件の知識に乏しい人もいます。そんな顧客の要望をしっかりと聞いて、最適な物件を紹介するには、ヒアリング力が不可欠です。

諦めない精神力も、不動産営業には不可欠です。賃貸の不動産営業ではある程度顧客の方から来てくれますが、物件売買や土地売買の不動産営業は、攻めの営業をしなければいけません。そのため、諦めずに営業を続ける精神力が必要です。

不動産営業の平均年収と他職種との比較

不動産営業の平均年収について

DODAによれば、不動産営業の平均年収は394万円となっています。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  • 不動産管理 : 426万円
  • 住宅メーカー : 440万円

不動産営業の平均年収は日本の平均年収と比較して、28万円低いです。不動産管理と比較すると、32万円低くなっています。住宅メーカーとの比較では、46万円低い結果となっています。

不動産営業のボーナス・昇給事情

ボーナスについて

不動産営業は伝統的に歩合給手当が多いので、ボーナスも歩合給を基本に支給するケースが多いでしょう。不動産屋によっては、歩合給とは関係なくボーナスを支給しているケースもありますが、一概には断言できません。

昇給について

不動産営業でも、年齢や勤続年数による昇給制度を設けているケースはあるでしょう。しかし完全実力主義の企業風土が強い業界なので、一概には断言できません。

不動産営業の年齢別平均年収推移シミュレーション

不動産営業の年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 246.0万円 16.9万円 43.5万円
25~29歳 320.5万円 22.0万円 56.6万円
30~34歳 369.2万円 25.3万円 65.2万円
35~39歳 404.6万円 27.8万円 71.5万円
40~44歳 436.1万円 29.9万円 77.0万円
45~49歳 461.0万円 31.6万円 81.5万円
50~54歳 480.3万円 33.0万円 84.9万円
55~59歳 473.3万円 32.5万円 83.6万円
60~64歳 354.8万円 24.3万円 62.7万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は369.2万円、うちボーナスは65.2万円になると予測されます。40~44歳では平均年収が436.1万円、うちボーナスは77.0万円になると予測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

不動産営業と日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 不動産営業の平均年収 日本の平均年収
20~24歳 246.0万円 263.5万円
25~29歳 320.5万円 343.3万円
30~34歳 369.2万円 395.5万円
35~39歳 404.6万円 433.4万円
40~44歳 436.1万円 467.1万円
45~49歳 461.0万円 493.8万円
50~54歳 480.3万円 514.4万円
55~59歳 473.3万円 507.0万円
60~64歳 354.8万円 380.1万円

不動産営業の平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると低いと言えるでしょう。30~34歳の平均年収は369.2万円で、日本の平均と比較すると25万円ほど高くなると推測されます。40~44歳では436.1万円の予測です。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

不動産営業の生涯賃金シミュレーション

不動産営業の平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 1.77億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金と不動産営業の生涯賃金を比較してみましょう。不動産営業の平均年収は394万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

不動産営業の生涯賃金は、1.77億円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較すると1,300万円ほど少ないと推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

不動産業界の業界・企業研究を進めよう

不動産業界で働きたいという就活生は、不動産業界の仕組みや各企業について把握することが大切です。業績推移や各社の強みを知っておくことで、「この企業でなければならない」という入社意欲を志望動機に反映させることができるでしょう。

そこでおすすめなのが「不動産業界の業界研究マニュアル」です。無料でダウンロードできるため、効率的に業界・企業研究を進めたい就活生におすすめです。

まとめ

今も昔も、不動産業界に欠かせない、要の仕事とも言える不動産営業。体力的、また精神的に大変なことも多い仕事ですが、その分成約したときの喜びにはかなりのものがあります。今後も安定的な需要が見込まれる職種だと言えるでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ