職種研究

ビジネスコンサルタントの平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

ビジネスコンサルタントとは

ITコンサルタントや建築コンサルタントなど、コンサルタントといっても実に様々な職種があります。ここでは、ビジネスコンサルタントについて紹介します。ビジネスコンサルタントは、主に戦略・経営について企業を相手にコンサルティングをおこないます。どのような職種か詳しくご紹介します。

また、そのビジネスコンサルタントの平均年収や賞与などは、どのようになっているのでしょうか。詳しい情報を調べてみました

ビジネスコンサルタントの業務内容

ビジネスコンサルタントは、企業や団体の戦略や経営の悩みを解決するために、問題点を調査、分析し提案策を出していくことが主な業務内容となっています。戦略・経営の悩みというと、例えば新規事業の立ち上げで合ったり、適切な人員数で業務をおこなえているかなどといった相談があります。ビジネスコンサルタントは、こういった課題解決のために、問題の核となっているものはなにか調査し、分析をおこないます。そして問題の核がわかったところで改善に向けての銅線を作る役目を担うのです。

これらの業務内容から分かるように、ビジネスコンサルタントは市場の流れだけでなく、課題の内容によっては時に企業の内部まで把握し、課題解決にむけて戦略を立てる必要があるのです。

就活生に人気の業界とは?

職種だけではなく、自分自身に合った業界を知ることも大切です。そのためには、まず業界について知っておく必要があります。そこでおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。こちらでは、就活生に人気の21業界をピックアップしています。

21の業界ごとに主要企業の売上高や年収も公開しているため、この1冊でたくさんの情報を無料でダウンロードすることができます。就活は、時間との戦いでもあります。就活を効率よく進めるためにも、GETしておきましょう。

ビジネスコンサルタントに求められる能力について

  • コミュニケーション能力
  • 提案力
  • 察知力

ビジネスコンサルタントに一番必要といえるのが、コミュニケーション能力です。ビジネスコンサルタントは、クライアントがあってこその業務です。クライアントからなるべく多くの情報を得るためにも、コミュニケーションは欠かせません。

提案力もビジネスコンサルタントに必要です。ビジネスコンサルタントがいくらコミュニケーション能力を発揮して情報を収集したとしても、改善策や戦略の提案ができなくては、クライアントが依頼した意味がなくなってしまいます。キャリアが必要になることかもしれませんが、クライアントの期待を上回る提案を出していく必要があります。

察知力も必要といえるでしょう。新規事業立ち上げの相談もあるのが、ビジネスコンサルタントです。市場の動向については、常にアンテナを張っておく必要があります。ビジネスコンサルタントの場合、どういった業種からの依頼を受けるのか特定されていません。多岐に渡る業種から戦略・経営のコンサルティングを依頼されてもいいように、常に各業界の動向を察知できるようにしておきましょう。

ビジネスコンサルタントの平均年収と他職種との比較

ビジネスコンサルタントの平均年収について

転職会議調べによれば、ビジネスコンサルタントの平均年収は672万円となっています。特にビジネスコンサルタントの平均年収は、30代前半以降がそれ以前と比べて高くなる傾向があるようです。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  • 弁護士:972万円
  • 金融アナリスト:925万円

ビジネスコンサルタントの平均年収は、日本の平均年収422万円と比較して、250万円高くなっています。また類似職の弁護士で972万円、金融アナリストで925万円です。

ビジネスコンサルタントのボーナス・昇給事情

ボーナスについて

ビジネスコンサルタントのボーナスの有無については、企業によって異なります。多くの企業では、年2回の賞与があるようです。しかし、企業によってないこともあるなど、ボーナス事情には差があります。

昇給について

ビジネスコンサルタントの昇給についても、企業によって異なります。コンサルタント業界では、定期的な昇給のための制度を整備している企業も多いですが、企業によって事情が異なるため、一概にあるなしを断定できるわけではありません。しかし、コンサルティング業界は個人の成約実績に応じたインセンティブを設ける企業も多いため、昇給以外にも給与面で確認しておきたい部分になります。

ビジネスコンサルティングの年齢別平均年収推移シミュレーション

ビジネスコンサルティングの年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 421.5万円 28.9万円 74.5万円
25~29歳 549.1万円 37.7万円 97.0万円
30~34歳 632.6万円 43.4万円 111.8万円
35~39歳 693.2万円 47.6万円 122.5万円
40~44歳 747.1万円 51.3万円 132.0万円
45~49歳 789.8万円 54.2万円 139.5万円
50~54歳 822.9万円 56.5万円 145.4万円
55~59歳 810.9万円 55.6万円 143.3万円
60~64歳 607.9万円 41.7万円 107.4万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は632.6万円、うちボーナスは111.8万円になると予測されます。40~44歳では平均年収が747.1万円、うちボーナスは132.0万円になると予測されます。年収に応じて、ボーナスや月給自体も高い傾向にあります。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ビジネスコンサルタントと日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 ビジネスコンサルタントの平均年収 日本の平均年収
20~24歳 421.5万円 263.5万円
25~29歳 549.1万円 343.3万円
30~34歳 632.6万円 395.5万円
35~39歳 693.2万円 433.4万円
40~44歳 747.1万円 467.1万円
45~49歳 789.8万円 493.8万円
50~54歳 822.9万円 514.4万円
55~59歳 810.9万円 507.0万円
60~64歳 607.9万円 380.1万円

ビジネスコンサルタントの平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると年齢を問わず高くなると予測されています。20代からはっきりと差が出ており、30~34歳の平均年収は632.6万円で、日本の平均と比較すると237.1万円ほど高くなると推測されます。40~44歳では747.1万円の予測です。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ビジネスコンサルタントの生涯賃金シミュレーション

  ビジネスコンサルタントの平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 3.04億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金と、ビジネスコンサルタントの生涯賃金を比較してみましょう。ビジネスコンサルタントの平均年収は672万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

ビジネスコンサルタントと日本の平均的な生涯賃金をシュミレーションした場合、ビジネスコンサルタントの生涯賃金の方が大幅に高くなると予測されています。金額にして、1億1,400円ほど、日本の平均より高くなると推測できます。

まとめ

コンサルタントといっても実に幅広くなっていますが、戦略・経営を中心にコンサルティングするのはビジネスコンサルタントとなります。クライアントとなる企業や団体の経営課題の改善策の提案や、新規事業立ち上げの際の相談にのることが主な仕事内容です。

日本の平均年収と比べると大幅に高いビジネスコンサルタントの職種ですが、仕事内容から、十二分なキャリアをもった人材が求められます。そのため、経営についての豊富な知識だけでなく、コミュニケーション能力や市場の動向をいち早く知るための察知力などが必要となります。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ