業界研究

【不動産業界の就職ランキング】就活生に人気の企業10選

不動産業界とは

不動産業界は就活生に人気のある業界のひとつです。不動産業界は、土地や建物にかかわる仕事をする業界です。不動産という言葉は、一般市民が居住する一軒家やマンション、商業施設などのビルやショッピングモール、建物が建設されるために必要な土地などを指します。

これらの不動産にかかわる売買や仲介、管理、建設などを主におこないます。不動産業界は、私たちの暮らしに関わる産業であり、生活の基盤を取り扱う業界です。不動産業界と一括りにしても、多様な業務があります。戸建住宅を中心に不動産を扱う会社があれば、ビルやマンションなどの建設をする総合建設企業もあります。扱う物件ごとに、企業の特性も変わってくるのが不動産業界の特徴ともいえます。

仕事内容

不動産業界の主な仕事内容について解説します。不動産業界の仕事には大きく分けて4つのジャンルが存在します。

・物件を建てる
ゼネコンやハウスメーカーなどの企業が、マンションやビル、戸建住宅を建設します。

・物件を販売する
デベロッパーや、住居・マンション販売会社がゼネコンやハウスメーカーが建設した物件を販売したり、物件の宣伝を行ったりします。

・物件を貸す
賃貸物件を管理します。貸主と借主の間に立ち、賃貸契約を成立させる不動産仲介をおこないます。

・物件を管理する
物件の保守・点検・清掃・管理に関わる業務をします。

以上のように、4つの業態に分けることができます。扱う物件や業務内容が違えば、志望する企業も変わるため、企業研究を念入りにおこないましょう。

求められる人材

不動産業界に求められる人材は、コミュニケーション能力と不動産に関わる知識に長けていて、探求心が強い人といえます。顧客の要望を聞き出すためには、コミュニケーション能力が大きく役立ちます。また、不動産に関わる知識とは、法律や業界の動向、最新設備、ガスや水道、電気などのインフラにまつわることを指します。

知識がなければ顧客の相談も十分に対応できませんし、顧客の要望もうまく聞き出せなくなり、信用を失いかねません。不動産に関わる情報を把握していなければ、顧客に最適な物件を勧めることは難しいといえます。そして、不動産は人々の暮らしに直結します。

顧客の生活や、街の活性化などに大きく影響するのです。どのような物件が人気の傾向にあるのかなどを調べて把握するような探求心を常に持っておくことで、新しい業界の動きや成約にも結びついてくるでしょう。

就活生に人気の不動産ランキングTOP10

さて、それでは実際に就活生に人気のある不動産会社をランキング形式でご紹介していきます。ここでは、リクナビ2019の「人気企業ランキング」のデータを参考にしました。実際に人気のある企業を知ることで、不動産業界のリーダー的存在である企業を一挙に把握することができます。

不動産業界を牽引する企業を確認して、業界研究だけではなく、企業研究もしてみましょう。就職活動で納得できる企業と出会うためにも、業界研究や企業研究は非常に役立つので大変おすすめです。

就活生に人気の不動産ランキングTOP10

  1. 住友不動産販売株式会社
  2. 東建コーポレーション株式会社
  3. 東急リバブル株式会社
  4. 大東建託グループ
  5. 三井不動産リアルティ株式会社
  6. みずほ不動産販売株式会社
  7. 株式会社MDI
  8. 株式会社オープンハウス
  9. 三井住友トラスト不動産株式会社
  10. 野村不動産アーバンネット株式会社

①住友不動産販売株式会社

就活生に人気の不動産ランキング第1位は「住友不動産販売株式会社」です。企業HPによると資本金は29億7,000万円、従業員は3,441名(2018年3月末現在)です。主な事業は「不動産の売買・賃貸の仲介業務、不動産の受託販売業務、不動産の賃貸業務、その他付帯関連業務」です。

住友不動産販売株式会社は1975年の設立以来、受託販売業務を柱として事業を拡大していき、現在では268店もの売買仲介店舗を出店しています。不動産の売買仲介実績は業界でもトップクラスで、安定性のある地位を誇っています。

②東建コーポレーション株式会社

就活生に人気の不動産ランキング第2位は「東建コーポレーション株式会社」です。企業HPによると資本金は48億円、従業員は5,701名(パート社員含む、2018年1月)です。主な事業は「リース建築事業、新商品開発事業、設計事業・建設事業、入居仲介事業・賃貸管理事業、リフォーム事業、ネット広告事業」です。

東建コーポレーション株式会社は1974年の創業以来「土地の有効活用及び活性化」をモットーに、賃貸マンション・アパートなど賃貸住宅の企画、設計から施工、仲介管理、経営代行まで手がけ、総合建設企業として不動産業界を盛り上げてきました。

③東急リバブル株式会社

就活生に人気の不動産ランキング第3位は「東急リバブル株式会社」です。企業HPによると資本金は13億9,630万円、従業員は3,024名(2016年9月時点)です。主な事業は「売買仲介、不動産ソリューション、賃貸仲介、新築販売受託、不動産販売」です。

東急リバブル株式会社は設立が1972年です。現在では事業所数(リバブルネットワーク)が全国179ヵ所も展開されています。今後も事業拡大予定で、不動産業界では大注目の企業です。

④大東建託グループ

就活生に人気の不動産ランキング第4位は「大東建託グループ」です。企業HPによると資本金は290億6,099万円、従業員は16,054名(2017年3月末現在、グループ含む)です。主な事業は「アパート・マンション等の建設業務、入居者斡旋等の不動産仲介・建物管理等の不動産管理業務」です。

大東建託グループは、独自の「賃貸経営受託システム」を開発しており、建築事業、不動産仲介、管理事業などを展開しています。住宅供給戸数・賃貸仲介件数・全国賃貸建物管理戸数は業界ナンバーワンの実績を誇ります。

⑤三井不動産リアルティ株式会社

就活生に人気の不動産ランキング第5位は「三井不動産リアルティ株式会社」です。企業HPによると資本金は1兆5,680億円(2017年度、連結)、従業員は4,058名(2018年4月1日現在)です。主な事業は「不動産仲介事業(個人向け不動産売買仲介、個人向け不動産賃貸、不動産資産コンサルティング、法人向け不動産仲介、外国人向け不動産仲介 )、駐車場事業(駐車場および駐輪場の管理、運営、カーシェアリング )」です。

三井不動産リアルティ株式会社は「三井のリハウス」「三井のリパーク」でお馴染みの不動産事業と駐車場事業を行っています。店舗数は279店舗(2018年4月26日時点)もあり、全国にネットワークを展開しています。

⑥みずほ不動産販売株式会社

就活生に人気の不動産ランキング第6位は「みずほ不動産販売株式会社」です。企業HPによると資本金は15億円、従業員は901名(2017年4月1日現在)です。主な事業は「不動産の売買・交換の仲介、代理およびこれに付帯・関連する業務」です。

みずほ不動産販売株式会社は、みずほフィナンシャルグループの企業で、安定した基盤があることが特徴です。平均有給休暇取得日数は8.8日(2016年度実績)となっています。

⑦株式会社MDI

就活生に人気の不動産ランキング第7位は「株式会社MDI」です。企業HPによると資本金は1億円、従業員は1,526名(2018年4月現在)です。主な事業は「アパート・マンションなどの建築請負、及びその後の運営・管理、コンサルティング事業」です。

創業は2008年です。事業を始めて10年にして社員は1,500名を超え、売上高は810億円に達成した勢いのある会社です。土地の調査から地権者との交渉、契約、設計、施工、工程管理、入居者募集、その管理にいたるまで、賃貸住宅に関わる業務を扱っています。

⑧株式会社オープンハウス

就活生に人気の不動産ランキング第8位は「株式会社オープンハウス」です。企業HPによると資本金は40億6185万円、従業員は1,522名(2017年9月末日現在、連結)です。主な事業は「不動産仲介事業、新築戸建開発分譲事業 、マンション開発分譲事業 、収益不動産事業」です。

平均年齢は30歳で、20代の管理職比率は75%と、比較的若い世代が躍進しています。新卒採用で募集している総合職(営業・企画)は、初任給が30万円となっています。

⑨三井住友トラスト不動産株式会社

就活生に人気の不動産ランキング第9位は「三井住友トラスト不動産株式会社」です。企業HPによると資本金は3億円、従業員は1,027人(役員、出向、アルバイト、派遣、非常勤計59名を含む、 2017年11月時点)です。主な事業は「不動産流通業(土地、戸建、マンションの売買仲介業務・コンサルティング業務)」です。

三井住友トラスト不動産株式会社は、三井住友信託銀行グループの不動産会社です。平均年齢は37.6歳、平均勤続勤務年数は10.1年(2017年11月現在)となっています。

⑩野村不動産アーバンネット株式会社

就活生に人気の不動産ランキング第10位は「野村不動産アーバンネット株式会社」です。企業HPによると資本金は10億円、従業員は1,388名(2017年4月1日現在)です。主な事業は「住宅流通事業(個人のお客様を対象とした不動産仲介)、投資用・事業不動産流通事業(投資家や法人を対象とした不動産仲介)、新築受託販売事業(事業主から依頼を受けた新築不動産の販売)、保険代理店事業、不動産情報サイト運営事業」です。

野村不動産アーバンネット株式会社は、2000年に野村不動産から分社独立しました。働き方改革に向けて、年間休日124日、6種類の休暇メニューで有給休暇の取得促進をしています。

不動産ディベロッパーを目指す就活生におすすめ

不動産業界を目指す就活生の中には、ディベロッパーを志望する人も多くいるでしょう。不動産ディベロッパーに就職するためには、業界や仕事内容についてよく知っておく必要があります。そこで活用したいのが「不動産業界大研究Book」です。

この資料では不動産ディベロッパーの詳しい情報のほかにも、三菱地所で実際に働く社員のインタビューも掲載しています。不動産ディベロッパーだけでなく、不動産業界への就職を目指すなら、持っておきたい資料です。

ランキングから自分にあった不動産会社を探そう!

不動産業界は就活生に人気の業界であり、毎年多くの学生が志望しています。しかし一口に不動産業界といっても、仕事はさまざまなものがありますし、企業によっても特徴や強み、仕事の内容などは違っています。

不動産会社に就職すれば、すべて同じ仕事ができるわけではありません。企業の方針や得意分野などによってできる仕事、できない仕事も出てきますので、志望する企業では自分のやりたいことが実現できるかを知っておくことも大切です。

また、そこが本当に自分に合った企業かも見極めなければなりません。就活では自分に合った企業に就職することが大切であり、どれだけ憧れの企業でも自分に合っていなければ続けることが難しくなります。ランキングを参考にしながら、自分に合った企業を見極め、就職先を正しく選択していきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ