職種研究

診療放射線技師の平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

診療放射線技師とは

診療放射線技師とは、主に医師または歯科医師の指示を受けて、患者にX線検査やMRI検査を担当する職業です。国家資格が必要であり、医療職の一を構成する職業です。放射線は、量が過ぎると人体にとって極めて有害な影響があるために、それらを管理して放射線を当てる職業でもあります。広範な医療知識が必要なのはもちろんのこと、強い責任感や専門知識をもっている必要があります。

診療放射線技師の業務内容

医師または歯科医師の指示を受けて、放射線を人体に照射してX線画像やMRIの画像を撮影し、それらの映像から診断を助ける職業です。人体にとって有害となりえるものを扱うため、極めて高度な専門的知識が必要です。

今の時期に「強みや適職」を知らないと
優良企業に内定できない

就活が本格的に始まる前の今の時期、自分の強みや適性を把握するために自己分析をする必要があります。

もし自己分析をしていないと、自分に合った企業が分からず、企業選びに失敗してしまいます。そうなると入社後やインターン中にミスマッチが生じたり、そもそも選考を突破できないケースが多いです。

そこで、無料の自己分析ツール「My analytics」を活用しましょう。 簡単な質問に答えるだけで、自分の強み・弱み、適性をすぐに診断できます。

今すぐ診断し、自分にあった企業を探すのに役立てましょう!

診療放射線技師に求められる能力について

診療放射線技師に、まず求められる能力は医療的専門知識です。放射線に関するあらゆる知識を習得し、国家試験に合格する必要があります。そのためには、かなりの勉強と実技を経験する必要があります。

コミュニケーション能力も欠かせません。職務上、医師または歯科医師の指示を受けて、患者に放射線を放射して測定するわけですので、医師や歯科医師とのコミュニケーションが必須となります。放射線の特質上、何度もやり直すとそれだけ患者に負担がかかってくるために、コミュニケーションをしかりとって失敗のないように業務をおこなう必要があります。

最後に必要な能力は、責任感です。一歩間違えると人体に大きな影響を与える放射線を扱っているので、極めて強い責任感が求められます。放射線は、照射しすぎると発ガンの原因になったり、遺伝子を傷つける原因になります。患者さんが年間でどの程度放射線を受けてきているのか確認するなど、仕事の細やかさに通じる責任感が求められます。

診療放射線技師の平均年収と他職種との比較

診療放射線技師の平均年収について

診療放射線技師の平均年収は、厚労省の賃金構造基本統計調査によると、545万円です。経験年数や勤務場所によっても異なります。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  • 医師:1300万円

診療放射線技師を日本の平均と比較すると、診療放射線技師の年収のほうが100万円以上高いです。参考までに、医師の平均年収は1300万円程度ですので、これと比べてると低いことがわかります。

診療放射線技師のボーナス・昇給事情

ボーナスについて

診療放射線技師のボーナスは、ある場合とない場合があり断言はできませんが、経験年数や、どの病院で勤務しているかによっても異なってきます。

昇給について

経験年数に応じて上昇していくことが一般的です。大きな病院であれば、勤務年数に応じて徐々に昇給していくと考えてよいでしょう。

診療放射線技師の年齢別平均年収推移シミュレーション

診療放射線技師の年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 340.3万円 23.4万円 60.1万円
25~29歳 443.3万円 30.4万円 78.3万円
30~34歳 510.7万円 35.0万円 90.2万円
35~39歳 559.7万円 38.4万円 98.9万円
40~44歳 603.2万円 41.4万円 106.6万円
45~49歳 637.7万円 43.8万円 112.7万円
50~54歳 664.4万円 45.6万円 117.4万円
55~59歳 654.7万円 44.9万円 115.7万円
60~64歳 490.8万円 33.7万円 86.7万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は510万円、うちボーナスは90万円になると予測されます。40~44歳では平均年収が603万円、うちボーナスは106万円になると予測されます。

診療放射線技師と日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 診療放射線技師の平均年収 日本の平均年収
20~24歳 340.3万円 263.5万円
25~29歳 443.3万円 343.3万円
30~34歳 510.7万円 395.5万円
35~39歳 559.7万円 433.4万円
40~44歳 603.2万円 467.1万円
45~49歳 637.7万円 493.8万円
50~54歳 664.4万円 514.4万円
55~59歳 654.7万円 507.0万円
60~64歳 490.8万円 380.1万円

診療放射線技師の平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると高いと言えるでしょう。30~34歳の平均年収は510万円で、日本の平均と比較すると88万円ほど高くなると推測されます。40~44歳では603万円の予測です。

診療放射線技師の生涯賃金シミュレーション

診療放射線技師の平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 2.45億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金と診療放射線技師の生涯賃金を比較してみましょう。診療放射線技師の平均年収は545万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

診療放射線技師の生涯賃金は、2.45億円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較すると0.55億円ほど多いと推測されます。

まとめ

診療放射線技師は、医師や歯科医師からの指示を受けて放射線に関するあらゆる業務をおこないます。高度に専門的な知識と技術が要求されることはもちろんのこと、患者さんや同僚とのコミュニケーション、強い責任感など、要求される内容がどれも高度であることもあり、年収は比較的高くなっています。そのぶん仕事の内容は専門的です。学習してきた経験を活用できる職場環境ではありますが、一歩間違えれば人体に影響がでてしまう恐れもありますので、患者さんの状態を管理し正確に職務をこなしていく能力が求められるでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ