職種研究

ビル管理の平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

ビル管理とは

ビル管理とは、百貨店などの商業施設やオフィスが入居しているビルの設備管理や点検、メンテナンス、清掃などを行う職種です。日本ではビルオーナーが直接ビル管理を行うことは希なため、基本的には専門の管理会社がビル管理を担当します。

ビル管理の種類について

  • 設備管理
  • 清掃
  • 警備・防災
  • ビル管理責任者

ビル管理の種類は、大きく設備管理、清掃、警備・防災、ビル管理責任者に分けられます。

ビル管理の業務内容

設備管理は、ビルの水道や電気、空調設備などの設備点検とメンテナンスを行います。蛍光灯の取替や水漏れの対処、受水槽の管理なども業務の範囲です。

清掃は、ビル内部やその周辺部を清掃するのが主な業務です。害虫の駆除などを行うこともあります。

警備・防災は、事件や事故、災害時の被害拡大を防止するために、巡回や監視を行います。

ビル管理責任者は、各業務の担当者の管理に加えて、ビルオーナーや親会社との折衝などを担当します。

ビル管理に求められる能力について

  • 専門知識
  • 体力
  • コミュニケーション能力

ビル管理では、各種設備の総合的な知識や、防災などに関する専門知識が必要になります。

勤務が不規則になることも多いため、最低限の体力は必要です。特に警備や清掃を担当する場合は、体力が非常に重要になります。

ビル利用者やビルオーナーとのやり取りが発生する場面も多いため、コミュニケーション能力があると業務に役立つでしょう。

ビル管理の平均年収と他職種との比較

ビル管理の平均年収について

DODAによれば、ビル管理者の平均年収は415万円となっています。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  • 警備・清掃・設備管理関連職:341万円
  • 施工管理(建設・土木):451万円

ビル管理者の平均年収は、日本の平均年収(422万円)と比較するとマイナス7万円と、さほど差はありません。似た職種の平均年収を見てみると、警備・清掃・設備管理関連職が341万円、施工管理(建設・土木)が451万円となっています(転職会議調べ)。

ビル管理のボーナス・昇給事情

ボーナスについて

ボーナス事情については、雇用されている会社の給与形態や雇用状況によって変わってくるため、一概には断言できません。

昇給について

昇給についても同様に、雇用されている会社の給与形態や雇用状況によって事情は変わってきます。そのため一概には断言できません。

ビル管理の年齢別平均年収推移シミュレーション

ビル管理の年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 259.2万円 17.8万円 45.8万円
25~29歳 337.6万円 23.2万円 59.6万円
30~34歳 388.9万円 26.7万円 68.7万円
35~39歳 426.2万円 29.2万円 75.3万円
40~44歳 459.3万円 31.5万円 81.2万円
45~49歳 485.6万円 33.3万円 85.8万円
50~54歳 505.9万円 34.7万円 89.4万円
55~59歳 498.6万円 34.2万円 88.1万円
60~64歳 373.7万円 25.6万円 66.0万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は388.9万円、うちボーナスは68.7万円になると予測されます。40~44歳では平均年収が459.3万円、うちボーナスは81.2万円になると予測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ビル管理と日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 ビル管理の平均年収 日本の平均年収
20~24歳 259.2万円 263.5万円
25~29歳 337.6万円 343.3万円
30~34歳 388.9万円 395.5万円
35~39歳 426.2万円 433.4万円
40~44歳 459.3万円 467.1万円
45~49歳 485.6万円 493.8万円
50~54歳 505.9万円 514.4万円
55~59歳 498.6万円 507.0万円
60~64歳 373.7万円 380.1万円

ビル管理の平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較するとほど同等と言えるでしょう。30~34歳の平均年収は388.9万円で、日本の平均と比較すると7万円ほど低くなると推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ビル管理の生涯賃金シミュレーション

  ビル管理の平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 1.87億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金とビル管理者の生涯賃金を比較してみましょう。ビル管理者の平均年収は415万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

ビル管理の生涯賃金は、1.87億円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較すると0.03億円ほど低いと推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

まとめ

ビル管理は、業務範囲が非常に幅広く大変な仕事ですが、ビルの維持には欠かせない重要な職種です。常に一定の需要がある職業なため、関連資格を取得するなどしっかりしたキャリア設計をしておけば、ある程度安定した収入を見込めるようになるでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ