職種研究

雑貨屋の志望動機|3つの例文とポイント・NG例を紹介

雑貨屋について

雑貨屋の種類は豊富です。例えば、部屋のインテリアを中心に取り扱う雑貨屋や、台所用品や皿などのキッチン雑貨を扱う店などがあります。雑貨屋で働くには、店の形態に限らず志望動機が重要です。志望する雑貨屋に採用されるためには、どのような志望動機を作成すればいいのでしょうか。この記事では、雑貨屋で働きたい方に向けて志望動機のポイントや例文をご紹介していきます。

雑貨屋の主な業務内容

雑貨屋の業務内容は、レジなどの接客の他に品出しや商品の陳列などもあります。雑貨屋では「レジだけ」「品出しだけ」ではなく、様々な業務をバランスよくおこなう必要があるのです。

また、雑貨屋は季節感を大切にすることが多いため、クリスマスやバレンタインデーなどのイベントに合わせた店内の装飾も仕事のひとつです。雑貨を魅力的に見せるためのディスプレイや丁寧な商品説明などで、リピーターを増やすことが求められます。

志望動機を書く際の注意ポイント

志望動機を書く際のポイントは3つあります。1つ目は「なぜ自社を希望したのか」です。たくさんある雑貨屋の中で、ここで働きたい理由は何なのかを店側は知ろうとしています。そこに明確な理由がある場合は、熱意を効果的に伝えられるのです。2つ目は「業界・企業研究をしているか」です。

どのような雑貨屋があるのかや、志望先の雑貨屋が販売している商品について調べておきましょう。雑貨屋のコンセプトまで知っておくといいでしょう。3つ目は「どんなビジョンを持っているか」です。雑貨屋の仕事をする上で掲げているビジョンを伝えると、一緒に働く仲間として迎え入れてもらいやすくなります。

志望動機に困ったら「志望動機作成ツール」がおすすめ!

「この仕事に就きたい!」と思っていても、なぜそうなのかをうまく説明できないと悩む学生は多いです。

そんな時は無料の「志望動機作成ツール」を活用しましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの回答をもとに、熱意が伝わる具体的な志望動機が完成します。

ぜひ活用して、志望企業の選考を突破しましょう。

実際にツールで作成した志望動機例文
(鉄道会社の場合)

私には、将来社会に貢献していることを肌で実感できる鉄道職で働きたいという思いがあります。中でも貴社は、日本の大動脈である東海道新幹線のサービス充実を促進しつつも超電導リニア開発を推進しており、日本の今と未来を背負っているという強い使命感を持っておられる点に魅力を感じました。そして、ユーザーに最も近い位置で働き、サービスを提供する運輸系統を志望します。インターンシップやOB訪問、社員懇談会でお会いした全ての社員の方々から、安全・安定輸送への情熱や人としての魅力を肌で感じ、私も貴社の最大の財産である「人」の一翼を担いたいと強く思いました。

雑貨屋の志望動機NG例

雑貨屋の志望動機を書くにあたり、どのような内容だと不採用になりやすいのかを例文で説明していきます。

NG例

私が御社を志望した理由は、雑貨屋で働くことにより多くの人の役に立ちたいと考えたからです。御社には色々な種類の商品が売っているので、たくさんの人の欲しい物が手に入ると考えています。御社に入社しましたら、雑貨を販売することで人々の役に立てるよう頑張ります。

この例文では「雑貨屋で働くことにより多くの人の役に立ちたい」と述べていますが、具体的なことが一切書かれていません。たくさんの人の欲しい物が手に入る=人の役に立てるという考えであれば、雑貨屋で働かなくても実現できます。人の役に立ちたいということをアピールする場合は、「自分がお客様の役に立つにはどうすればいいか」を考えてから盛り込みましょう。

具体的な志望理由がなくても、受かる志望動機を作れます

「この仕事に就きたい!」と思っていても、なぜそうなのかをうまく説明できないと悩む学生は多いです。実は、具体的な理由がなくても受かる志望動機を作ることは可能です。

無料の「志望動機作成ツール」を活用しましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの回答をもとに、熱意が伝わる具体的な志望動機が完成します。

ぜひ活用して、志望企業の選考を突破しましょう。

実際にツールで作成した志望動機例文
(鉄道会社の場合)

私には、将来社会に貢献していることを肌で実感できる鉄道職で働きたいという思いがあります。中でも貴社は、日本の大動脈である東海道新幹線のサービス充実を促進しつつも超電導リニア開発を推進しており、日本の今と未来を背負っているという強い使命感を持っておられる点に魅力を感じました。そして、ユーザーに最も近い位置で働き、サービスを提供する運輸系統を志望します。インターンシップやOB訪問、社員懇談会でお会いした全ての社員の方々から、安全・安定輸送への情熱や人としての魅力を肌で感じ、私も貴社の最大の財産である「人」の一翼を担いたいと強く思いました。

雑貨屋の志望動機例3選

雑貨屋に採用されるためには、どのような志望動機を書けばいいのでしょうか。ここからは、志望動機の例文を3つご紹介していきます。

志望動機の例文①

私が御社を志望した理由は、生活に彩を添えるインテリアの素晴らしさを多くの人に広めたいと考えたからです。御社では北欧のインテリアを中心に取り扱っており、どれもホッと落ち着けるデザインが魅力だと感じております。以前友人から御社のランプシェードをプレゼントしてもらったことがきっかけで、御社のファンになりました。
商品の素晴らしさはもちろん、ラッピングが可愛らしくて感動したのを覚えています。御社に入社できましたら、お客様に満足して頂く商品を提供するために、自分自身インテリアの知識を高めていきたいと考えております。

※この例文は志望動機作成ツールで作成しました。
たった3分で受かる志望動機が完成する「志望動機作成ツール」

この例文では、友人からのプレゼントをきっかけに雑貨屋のファンになり、その素晴らしさを多くの人に広めたいということを伝えています。扱っているインテリアについても取り上げ、雑貨屋についての知識があることもアピールできています。入社意欲をアピールするために、入社後のスキルアップについて触れると効果的です。

志望動機の例文②

私が御社に入社しようと思ったきっかけは、高校時代のアルバイト経験を活かしたいと考えたからです。私は高校時代、カフェでアルバイトをしていました。アルバイトで接客の楽しさを覚え、お客様に「ありがとう」と言って頂けることが喜びでした。
御社でも、お客様に気持ちよくお買い物をして頂けるような接客をしたいと思い志望いたしました。御社に入社しましたら、接客以外にも、レジや品出し、商品の陳列なども精力的におこないたいと考えております。

※この例文は志望動機作成ツールで作成しました。
たった3分で受かる志望動機が完成する「志望動機作成ツール」

この例文では、高校時代のカフェでのアルバイト経験を取り上げています。アルバイトでの接客経験を、雑貨屋でも活かしたいとの思いをアピールした例文です。雑貨屋の業務は接客だけではないので、接客だけを重点的にアピールすると「他の業務には興味がないのだろうか」と思われる可能性があります。その点をカバーするためにも、レジや品出しなどの業務にも力を入れることをアピールするといいでしょう。

志望動機の例文③

私が御社を志望した理由は、今までにない新しい形態のスタイルに興味を持ったからです。御社にはパン屋や花屋が併設されており、まるでひとつの町がそこにあるように思わされます。県内の新名所としても取り上げられており、自分も御社の一員として盛り上げていきたいと考えました。
御社で取り扱う雑貨はどれも洗練されていますが、手に入れやすい価格帯で学生にも人気を集めています。私が御社に入社しましたら、居心地のよい空間作りに貢献できるよう、精一杯努力いたします。

※この例文は志望動機作成ツールで作成しました。
たった3分で受かる志望動機が完成する「志望動機作成ツール」

この例文では、雑貨屋の形態に興味を持ったことを伝えています。独自のスタイルを確立していることを述べており、他の雑貨屋とは違うという点をアピールしている例文です。実際に売られている商品の感想も伝えており、企業についてよく調べていることが分かります。最後に雑貨屋への貢献をアピールする1文を入れることで、入社意欲を伝えられるでしょう。

雑貨屋の志望動機を作成する際は「なぜその企業なのか」を明確にしよう

雑貨屋で働くには、「なぜその雑貨屋でなければいけないのか」という部分を明確にする必要があります。色々な雑貨屋に足を運び志望先と比べて違うところやいい点を見つけておくと、入社意欲を伝えるための材料になります。志望先の雑貨屋で取り扱っている商品や、コンセプトを把握しておきましょう。

また、自分なりのビジョンを志望動機に盛り込むことで、目標を持って働く姿勢をアピールすることができます。ここで紹介した例文を参考に、自分なりの志望動機を作成しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ