業界研究

【アパレル業界の平均年収と生涯賃金】主要25業界と比較してわかりやすく解説!

アパレル業界とは

アパレル業界とは衣類の企画・製造・販売をする業界のことです。従来のアパレル業界は企画・製造・販売のそれぞれの分野に優れた企業が担当をしていましたが、近年ではSPA(製造小売業)業態の企業がアパレル業界を牽引しています。

SPA(製造小売業)業態とは「speciality store retailer of private label apparel」の略で、企画から製造・販売までを包括的におこなう業態です。日本ではユニクロが最も知名度が高く、国内のみならず国外でも大きな売上を誇ります。

アパレル業界について

近年のアパレル業界は二極化が進んでおり、従来のアパレル業態のワールドやオンワードホールディングスは売上が減少しています。しかし、SPA(製造小売業)業態のファーストリテイリングやしまむらは好調に規模を拡大しており、国内の売上ではユニクロやGUのファーストリテイリングが首位を独走しています。

また、海外のSPA(製造小売業)業態であるスペインのZARA、スウェーデンのH&M、アメリカのFOREVER21なども日本へ進出していますが、国内全体の市場は縮小傾向にあるため、今後はZOZOTOWNなどのインターネット通販や海外へと販路を広げていく企業が増えると予想されています。

アパレル業界の職種について

  • デザイナー
  • パタンナー
  • マーチャンダイザー
  • バイヤー
  • 販売員

デザイナーは、商品の企画に携われる仕事です。商品のデザインだけでなく、市場調査などで商品コンセプトを定めて、素材選び、縫製方法、コストなどを考慮する必要があります。

パタンナーは、デザイナーの企画をもとに型紙作成、仕様書作成、コスト交渉などを縫製工場とやりとりします。海外事業などでは直接工場におもむき、縫製技術の指導などをおこなう場合もあります。

マーチャンダイザーは、市場、トレンド、販売店、商品配分などを分析して、商品の企画から予算まで統括的に管理します。マーチャンダイザーはMDとも呼ばれ、最近ではインターネット販売のECサイトの対応をすることもあります。

バイヤーはMDの管理の下、必要な商品の買い付け、販売計画作成、販売員向けの商品勉強会などを担当します。また、海外ブランドの商品は直接海外で仕入れをおこなうこともあります。

販売員は販売店のショップスタッフです。各販売店のブランドやコンセプトに沿って、お客様に最適な商品を提案します。企業により異なりますが、ショップスタッフは契約社員、派遣社員、アルバイトでの募集が多く、店長や店長候補になると正社員での募集があるようです。

アパレル業界の平均年収について

アパレル業界の平均年収

業界 平均年収
介護 361 万円
百貨店 443 万円
ブライダル 489 万円
アパレル 491 万円
人材業界 524 万円
ドラッグストア 529 万円
旅行会社 540 万円
農業 557 万円
食品業界 564 万円
鉄道 597 万円
専門商社 603 万円
出版社 610 万円
IT 631 万円
ゲーム業界 637 万円
パチンコ 662 万円
不動産 665 万円
銀行 668 万円
物流業界 676 万円
生命保険・損害保険 682 万円
電機・家電大手 688 万円
自動車 707 万円
証券 722 万円
テレビ局 910 万円
総合商社 1135 万円
コンサルティング 1263 万円

アパレル業界の生涯賃金

業界 生涯賃金
介護 1.58億円
百貨店 1.94億円
ブライダル 2.14億円
アパレル 2.15億円
人材業界 2.29億円
ドラッグストア 2.31億円
旅行会社 2.36億円
農業 2.44億円
食品業界 2.47億円
鉄道 2.61億円
専門商社 2.64億円
出版社 2.67億円
IT 2.76億円
ゲーム業界 2.79億円
パチンコ 2.90億円
不動産 2.91億円
銀行 2.92億円
物流業界 2.96億円
生命保険・損害保険 2.98億円
電機・家電大手 3.01億円
自動車 3.09億円
証券 3.16億円
テレビ局 3.98億円
総合商社 4.97億円
コンサルティング 5.53億円

アパレル業界の生涯賃金は2億1,500万円です。図表①の平均生涯賃金は2億8,600円ですので、アパレル業界の生涯賃金は平均と比較した場合、7,100万円低くなります。このため、アパレル業界の生涯賃金は全体と比較すると、低めであることがうかがえます。

また、ブライダル業界の生涯賃金は2億1,400万円のため、アパレル業界とほぼ同じ生涯賃金です。その他に生涯賃金の近い業界としては、百貨店業界が1億9,400億円でアパレル業界より2,100万円低く、人材業界が2億2,900万円で1400万円高めになっています。

比較的に生涯賃金の低いアパレル業界ですが、ブランド開発、インターネット通販、SPA(製造小売業)業態などに成功した企業は高い平均年収の場合もあります。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値です。

自己分析の浅さは人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るには、自己分析が必須です。自己分析を疎かにしていると、選考で説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化し、人事を唸らせる回答ができるようになります。

ツールでサクッと自己分析を終わらせて、選考を有利に進めましょう。

自己分析の浅さは人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るには、自己分析が必須です。自己分析を疎かにしていると、選考で説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化し、人事を唸らせる回答ができるようになります。

ツールでサクッと自己分析を終わらせて、選考を有利に進めましょう。

まとめ

アパレル業界は人口減少の影響もあって国内需要も縮小傾向にあり、従来のアパレル業態は厳しい状況です。特に販売部門ではファッションビル、百貨店、路面店などの売上が伸びず、店舗の縮小や撤退を余儀なくされている企業もあります。

一方、新しいビジネスモデルで成功している企業はこの限りではありません。ブランド戦略としての開発・買収・統合により、V字回復した企業、ZOZOTOWNなどのインターネット通販により販路の拡大に成功した企業、SPA(製造小売業)業態で低コストで良品質な製品の提供ができるようになった企業などは成長を続けています。

このように二極化が進んでいるアパレル業界では業種選びだけでなく、企業選びにおいても慎重な判断が必要になってきます。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ