職種研究

アナウンサーの平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

アナウンサーとは

アナウンサーとは、テレビやラジオを通して、ニュースなどの情報を提供する職業のことです。地上波のテレビやラジオの他にも、衛星放送のBSやCS、ケーブルテレビやインターネットテレビなどを担当します。

アナウンサーの仕事は多岐に渡りますが、例を挙げると、現地取材のリポーターやニュース報道のキャスター、バラエティー番組の司会、ラジオのパーソナリティーなどがあります。そんな日本語の正しい話し方や発音が必要になるアナウンサーの、平均年収や賞与などはどうなっているのでしょうか。詳しい情報を調べてみました。

アナウンサーの業務内容

アナウンサーの業務内容は、全国にあるテレビ局やラジオ局での番組出演、イベントの司会者、リポーターとして取材、収録、原稿読み、報告書の作成、書類整理などさまざまです。

出演する番組の種類はバラエティーからニュースなど多岐にわたり、出演だけでなく番組の制作にも携わります。出演者の情報収集や制作スタッフとの打ち合わせ、番組のリハーサル、番組後の反省会など、始めから終わりまで番組作りに関わっているのです。

あなたが受けない方がいい職業をチェックしよう!

就活では、自分に適性のある仕事を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は「適職診断」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

強み・弱みを理解し、自分がどんな仕事に適性があるのか診断してみましょう。

こんな人に「適職診断」はおすすめ!

インターンの志望先を決められない人
・楽しく働ける仕事を見つけたい人
・簡単に自己分析をしたい人

今すぐ診断する【無料】

アナウンサーに求められる能力について

  • 魅力的な人間力
  • 正しい日本語の知識や話し方
  • 自己管理能力

 

アナウンサーには、魅力的な人間力が必要になります。理由は、アナウンサーが人気の職種だからです。企業によっては1,000倍以上の倍率があるといわれており、就職後はその狭き門を通り抜けたアナウンサー達でしのぎを削ることになるのです。大衆を惹きつける個性が無ければ、アナウンサーとして働いていくのは難しいでしょう。

また、アナウンサーには、正しい日本語の知識や話し方も必要となります。とくに、ニュース番組などでの読み間違いは許されず、万が一読み間違いをした場合には一旦番組を止めて訂正やお詫びをしなければならない場合も、少なくありません。話し方についても、誰にでも聞き取りやすいような、はっきりとした発音をしなくてはいけないでしょう。

アナウンサーは、番組の予定に合わせたスケジュールをこなさなければならないため、自己管理能力も必要です。例えば、早朝や深夜番組、レポーターとしての出張などで、長時間勤務が続く場合があります。この際、一般的にアナウンサーは休むことができません。そのため、体調やメンタル面をしっかり整えておかなければならないのです。

アナウンサーの平均年収と他職種との比較

アナウンサーの平均年収について

転職会議によると、アナウンサーの平均年収は618万円程度になりますが、局や担当番組によって大きく変わる傾向があるようです。そのため、一般的なアナウンサーだと平均年収を下回ることがあり、逆に人気アナウンサーだと平均年収は1,000万円を超える場合があるようです。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  • プロデューサー:493万円
  • ディレクター:365万円

アナウンサーの平均年収と日本の平均年収を比べた結果、アナウンサーの平均年収の方が196万円高いとわかりました。また、類似職のプロデューサーと比較すると、アナウンサーの方が125万円高く、ディレクターと比較すると、アナウンサーの方が253万円高くなります。アナウンサーの平均年収は、比較的高いということがうかがえます。

アナウンサーのボーナス・昇給事情

ボーナスについて

アナウンサーのボーナスについては、企業により異なります。一般的には、年2回支給している企業が多いようです。平均年収と同じように、局や担当番組によって大きく変わる傾向があるといえるでしょう。

昇給について

アナウンサーの昇給についても、ボーナスと同様、企業により異なります。しかし、一般的には年2回おこなっている企業が多いようです。また、ボーナスや平均年収と同じように、局や担当番組によっても、大きく変わる傾向があるようです。

アナウンサーの年齢別平均年収推移シミュレーション

アナウンサーの年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 385.9万円 26.5万円 68.2万円
25~29歳 502.7万円 34.5万円 88.8万円
30~34歳 579.2万円 39.7万円 102.3万円
35~39歳 634.7万円 43.5万円 112.1万円
40~44歳 684.0万円 46.9万円 120.8万円
45~49歳 723.1万円 49.6万円 127.8万円
50~54歳 753.4万円 51.7万円 133.1万円
55~59歳 742.4万円 50.9万円 131.2万円
60~64歳 556.6万円 38.2万円 98.3万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は579.2万円、うちボーナスは102.3万円になると予測されます。40~44歳では平均年収が684.0万円、うちボーナスは120.8万円になると予測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

アナウンサーと日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 アナウンサーの平均年収 日本の平均年収
20~24歳 385.9万円 263.5万円
25~29歳 502.7万円 343.3万円
30~34歳 579.2万円 395.5万円
35~39歳 634.7万円 433.4万円
40~44歳 684.0万円 467.1万円
45~49歳 723.1万円 493.8万円
50~54歳 753.4万円 514.4万円
55~59歳 742.4万円 507.0万円
60~64歳 556.6万円 380.1万円

アナウンサーの平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると高いです。30~34歳の平均年収は579.2万円で、日本の平均と比較すると80万円ほど高くなると推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

アナウンサーの生涯賃金シミュレーション

アナウンサーの平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 2.78億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金とアナウンサーの生涯賃金を比較してみましょう。アナウンサーの平均年収は618万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

アナウンサーの生涯賃金は、2.78億円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較すると0.88億円ほど多いと推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

まとめ

アナウンサーは非常に人気の高い職種であり、とくにテレビ局の女性アナウンサーは倍率が高い仕事だといわれています。また、近年はテレビ局やラジオ局のアナウンサーの求人自体が減少傾向にあるため、さらに倍率が高くなっているようです。

最近では、インターネットによるテレビ番組の配信によって、活躍の場に変化が出てきています。人気が出れば年収が高くなるだけでなく、タレントのように活躍することができるのです。また、独立してフリーアナウンサーとして活躍をしている方もいます。

一昔前は、人気アナウンサーといえば、美人・かっこいいなど憧れのイメージが多い傾向にありました。しかし、近年では、かわいい・おもしろいなど愛着のイメージが多い傾向にあるようです。そのため、アナウンサーに求められる能力で解説した魅力的な人間力が、重要になってくるでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ