職種研究

臨床心理士の平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

臨床心理士とは

言語聴覚士とは

臨床心理士は、臨床心理学にもとづいた技術や知識を使って、人の心の問題と向き合う「心のスペシャリスト」です。近年うつ病などをはじめとした心の問題で、教育・医療・福祉・司法など様々な分野でニーズが高まっている職種です。

では、臨床心理士とは一体どのような職種なのでしょうか。また、臨床心理士の平均年収や賞与などは、どのようになっているのでしょうか。詳しい情報を調べてみました。

臨床心理士の業務内容

臨床心理士の仕事は活動の場所にもよりますが、主に4つあるといわれています。臨床心理査定(アセスメント)は、テストや面談を使って相談者がどのような状態にあるのかを知ることです。臨床心理面接も業務のひとつです。相談者の特徴に応じて、精神分析をはじめとした、様々な臨床心理学的技法で心の支援をおこないます。

臨床心理的地域援助は、地域住民や学校、職場に所属する人々(コミュニティ)の心の健康や地域住民の被害の支援活動をおこなうことです。心の問題への援助をおこなっていくうえでの技術や知識の研究、調査も仕事のひとつです。さまざまな問題や課題の事例を研究して自己の専門性やスキルを磨いていきます。これらをおこないながら心の問題と向き合っていきます。

臨床心理士に求められる能力について

  • 相手に寄り添う気持ち
  • 精神力・忍耐力
  • コミュニケーション能力

 

臨床心理士は、心の問題のスペシャリストです。そこには相談者に対して、寄り添う気持ちが大切になってきます。クライアントの抱える問題を理解し共に解決していくことが求められます。

クライアントとのカウンセリングは時間を要します。時には、相談者が心を開かない場合もあるでしょう。臨床心理士に焦りは禁物です。じっくりと相談者と向き合う精神力、忍耐力が大切です。

人と向き合う仕事である以上、コミュニケーション能力は必須です。特に心を専門とするため、相談者とどのように接していくのかが重要となります。心を開いてもらえるように接することが大切です。

臨床心理士の平均年収と他職種との比較

臨床心理士の平均年収について

転職会議によると、臨床心理士の全世代平均年収は341万円程度です。臨床心理士は公共施設や企業など、勤務先が幅広くなっていますので、どこで働くかによって条件がかなり変わってきます。また、フルタイムの「常勤」、アルバイトのような「非常勤」があるため、勤務形態も変わってきます。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  • 看護師:411万円
  • ホームヘルパー・ケアワーカー:285万円

 

臨床心理士の平均年収は、日本の平均年収の422万円と比較して81万円ほど下回っています。

近い医療関係の職種で見てみると看護師が411万円、ホームヘルパー・ケアワーカーが285万円となっています。(DODA調べ)看護師とホームヘルパー・ケアワーカーの中間くらいの平均年収となります。

臨床心理士のボーナス・昇給事情

ボーナスについて

臨床心理士のボーナスですが、勤務先や雇用形態によって変わってきます。医療機関、公共施設、企業など様々な勤務先があり得るので、一概にあるなしを断定することはできないでしょう。

昇給について

臨床心理士の昇給ですが、こららもボーナスと同様に、勤務先や雇用形態によって変わってきます。医療機関、公共施設、企業など様々な勤務先があり得るので、一概にあるなしを断定することはできないでしょう。

臨床心理士の年齢別平均年収推移シミュレーション

臨床心理士の年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 236.0万円 16.2万円 41.7万円
25~29歳 307.5万円 21.1万円 54.3万円
30~34歳 354.2万円 24.3万円 62.6万円
35~39歳 388.2万円 26.6万円 68.6万円
40~44歳 418.4万円 28.7万円 73.9万円
45~49歳 442.3万円 30.3万円 78.1万円
50~54歳 460.8万円 31.6万円 81.4万円
55~59歳 454.1万円 31.2万円 80.2万円
60~64歳 340.4万円 23.4万円 60.1万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は354.2万円、うちボーナスは62.6万円になると予測されます。40~44歳では平均年収が418.4万円、うちボーナスは73.9万円になると予測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

臨床心理士と日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 臨床心理士の平均年収 日本の平均年収
20~24歳 236.0万円 263.5万円
25~29歳 307.5万円 343.3万円
30~34歳 354.2万円 395.5万円
35~39歳 388.2万円 433.4万円
40~44歳 418.4万円 467.1万円
45~49歳 442.3万円 493.8万円
50~54歳 460.8万円 514.4万円
55~59歳 454.1万円 507.0万円
60~64歳 340.4万円 380.1万円

臨床心理士の平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると低いと言えるでしょう。30~34歳の平均年収は354.2万円で、日本の平均と比較すると40万円ほど低くなると推測されます。40~44歳では◯◯万円の予測です。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

臨床心理士の生涯賃金シミュレーション

  臨床心理士の平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 1.70億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金と臨床心理士の生涯賃金を比較してみましょう。臨床心理士の平均年収は341万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

臨床心理士の生涯賃金は、1.7億円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較すると0.2億円ほど少ないと推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

まとめ

臨床心理士の平均年収は、日本の平均年収と比べるとやや低い状況です。しかし、勤務先も多岐にわたっています。勤務先によっては、平均より高い年収を得られることもあるでしょう。また、臨床心理士であればカウンセラーとしての仕事も期待できるので、別のキャリアという選択肢もあります。

臨床心理士は「クライアントの心の問題をケアする」というやりがいのある仕事です。やりがいを大切にしたいという人にとっては、ぴったりの職種といえるでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ